ライフスタイル

自作LINEスタンプの作り方は?作成アプリや自分専用にする方法も

2018年11月26日更新
自作LINEスタンプの作り方は?作成アプリや自分専用にする方法も

LINEスタンプの作成ガイドラインとは? LINEスタンプの作成ガイドラインとは販売に必要なことをまとめたもの! LINEスタンプの作成ガイドラインとは、LINEクリエーターズマーケットでLINEスタンプを販売するために必要なことをまとめたものです。

LINEスタンプの販売には、LINEクリエーターズマーケットによる審査に通る必要があります。

販売審査でこのLINEスタンプの作成ガイドラインに書かれている内容がチェックされるため、LINEスタンプを販売したい方は以下のLINEスタンプの作成ガイドラインをあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

パソコンからでもスマホからでもアクセスできます。

LINEスタンプの作成ガイドライン LINEスタンプの作成ガイドラインでは作成に必要なものがチェックできる LINEスタンプの作成ガイドラインでは、LINEスタンプの作成に必要なものをチェックすることができます。

LINEスタンプを販売するためには、実際に使用するLINEスタンプのデータだけでなく、スタンプショップで表示される関連画像や、トーク画面でスタンプを選ぶ時に表示される画像が必要になります。

こういった必要な画像のことの他にも、データの形式や解像度、データのサイズなどさまざまなことが決められています。

こういった内容については、初めてLINEスタンプを作って販売される方は、作り直しを防ぐために特に注意が必要なポイントとなります。

LINEスタンプの作成ガイドラインでは審査に通りやすいスタンプも分かる LINEスタンプの作成ガイドラインをチェックすることで、審査に通りやすいLINEスタンプをチェックすることもできます。

反対に、審査に通りにくいNGなLINEスタンプの例も記載されていますので、こちらについてもLINEスタンプの作成をする前にチェックしておきましょう。

例えば、審査に通りやすいLINEスタンプとして、内容が簡潔で分かりやすく、普段のLINEでのトークの中で使いやすいものなどが挙げられています。

逆に、販売が却下されるLINEスタンプとしては、文字のみのものなど、LINEでのトークの中では使いにくいものなどがピックアップされています。

自作LINEスタンプの作り方の基本3選 自作LINEスタンプの作り方の基本①申請に必要なデータのサイズを守る 1つ目の自作LINEスタンプの作り方の基本は、「申請に必要なデータのサイズを守る」ということです。

LINEスタンプの申請に必要なデータのサイズは、以下の通りとなっていますので参考にしてみてくださいね。

データのサイズについては、先ほどご紹介した通りLINEスタンプの作成ガイドラインで指定されています。

このため、他の条件を守って申請に必要なデータを揃えても、サイズが守られていないとLINEクリエーターズマーケットからの販売許可や使用許可が下りません。

こういったことを防ぐためにも、LINEスタンプを作り始める前に、あらかじめサイズを合わせてから作成するようにしましょう。

申請データのサイズ スタンプ 縦・横:240ピクセル スタンプショップで表示される画像 縦:320ピクセル以内、横:370ピクセル以内 トークルームで表示される画像 縦:74ピクセル、横:96ピクセル 自作LINEスタンプの作り方の基本②作成ガイドラインに沿った解像度で Amazonで詳細を見る 2つ目の自作LINEスタンプの作り方の基本は、「LINEスタンプの作成ガイドラインに沿った解像度で画像データを作る」ということです。

LINEスタンプの作成ガイドラインでは、解像度を72dpi以上にするように指定されています。

dpiは画像の密度のことで、数値が高いほどより鮮明な画像になります。

解像度は、後ほどご紹介するLINEスタンプアプリのLINE Creators Studioや、画像編集ソフトであるAdobe Photoshop Elements 2019を使用することで調整することができます。

Adobe Photoshop Elements 2019 値段(税込) 17,463円 対応 Windows、Mac メーカー名 アドビシステムズ 自作LINEスタンプの作り方の基本③アカウントの作成と販売申請 3つ目の自作LINEスタンプの作り方の基本は、「LINE Creators Marketにアカウントを作成して販売申請をする」ということです。

LINEスタンプの販売を申請するためには、まずLINEスタンプを販売しているLINE Creators Marketのアカウントを作成する必要があります。

アカウントを作成することで販売申請はもちろん、申請の結果や販売許可が下りて実際に販売を始めた後の売り上げや、LINEスタンプを買ってくれた人の使用頻度などを確認することができます。

アカウントは、LINEのアカウントで簡単に作成可能です。

LINEスタンプアプリLINECreatorsStudioの使い方は? LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方①アプリをダウンロードする LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方の1段階目は、「LINEクリエイターズスタジオアプリをダウンロードする」という作業になります。

LINEクリエイターズスタジオアプリは、以下のLINEクリエイターズスタジオアプリのサイトからダウンロードすることができます。

LINEクリエイターズスタジオアプリ なお、以下の記事では画像の色を変えることができるアプリについて紹介されています。

LINEスタンプに使用する画像の編集に、こちらの記事で紹介されているアプリもぜひ活用してみてくださいね。

LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方②タイトル決めと方法選択 LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方の2段階目は、「LINEスタンプのタイトル決めとLINEスタンプデータの作成方法を選択する」という作業になります。

具体的な流れは以下の通りです。

なお、LINEスタンプのタイトルは後から変更することも可能です。

また、データ作成方法の選び方については、鉛筆のマークを押せば手書き、風景のようなイラストのマークを選択すればアルバムからのデータ転送、カメラのマークをタップすればカメラモードになります。

LINEスタンプのタイトル決めとデータ作成方法の選択までの流れ LINEクリエイターズスタジオアプリを起動する。

LINEスタンプのタイトルを入力する。

プラスボタンをタップする。

データの作成方法を選ぶ。

LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方③手書きイラストを取り込む LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方の3段階目は、「手書きイラストを取り込む」という作業になります。

この作業は、事前に手書きしたイラストを土台にスタンプを作りたい人のみ必要な作業になります。

手書きイラストを取り込む手順については以下の通りですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

なお、一度LINEスタンプにしたい部分を選択してしまえば、完成を意味するチェックマークをタップする前に細かい調整をすることができますので、最初は大まかになぞってもOKです。

手書きイラストを取り込んでLINEスタンプを自作する方法 データの作成方法を選ぶ際に、カメラのマークをタップする。

手書きイラストを撮影する。

LINEスタンプにしたい部分のみをなぞる。

チェックマークをタップする。

LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方④テキストを追加する LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方の4段階目は、「テキストを追加する」という作業になります。

LINEスタンプにしたいデータができたら、以下の作業をしてテキストを追加しましょう。

なお、テキストの場所やサイズについてはスマートフォンで画像を拡大や縮小するやり方で簡単に調整することができます。

また、テキストのフォントについても画面の下に表示されるメニューから選ぶことが可能となっています。

LINEスタンプのデータにテキストを追加する方法 右上にある「編集」ボタンをタップする。

テキストを入力する。

右上のチェックマークをタップする。

指でテキストの場所やサイズ、カラーなどを調整する。

LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方⑤販売申請をする LINEクリエイターズスタジオアプリの使い方の5段階目は、「販売申請をする」という作業になります。

具体的な作業のやり方は以下の通りとなっています。

なお、LINEスタンプは、8種類以上作成すればスタンプの一覧画面に「販売」というメニューが出てきて、LINEクリエーターズマーケットに販売申請をすることができるようになります。

LINEクリエーターズマーケットに販売申請をする方法 作成したLINEスタンプの一覧画面の右上にある「販売」をタップする。

ご自身のアカウントを使ってLINEスタンプを販売することへの同意を求められるので、問題がなければ「同意する」をタップする。

販売するLINEスタンプの数をタップする。

販売するLINEスタンプの順番でデータを選択していく。

スタンプショップに表示される画像をタップする。

画面に沿ってLINEスタンプの説明や値段などの情報を入力し、「次へ」をタップする。

「リクエスト」をタップする。

パソコンでLINEスタンプを自作する方法は? パソコンでLINEスタンプを自作する方法①画像編集ソフトでデータ作成 Instagram パソコンでLINEスタンプを自作する方法の1段階目は、「画像編集ソフトでLINEスタンプのデータを作成する」という作業になります。

画像編集ソフトは、先ほど自作LINEスタンプの作り方の基本の項目でご紹介した「Adobe Photoshop Elements 2019」などのソフトがおすすめです。

なお、データ形式を選択する画面が出てくる画像編集ソフトの場合には、LINEスタンプの作成ガイドラインに沿って「PNG形式」を選択するようにしましょう。

画像編集ソフトでLINEスタンプのデータを作成する方法 スマートフォンのカメラモードで作成した画像を画像編集ソフトに取り込む。

はっきりとした画像にするために、色彩を調整する。

LINEスタンプの作成ガイドラインに合ったサイズに調整する。

パソコンでLINEスタンプを自作する方法②販売を申請する Instagram パソコンでLINEスタンプを自作する方法の2段階目は、「LINEクリエーターズマーケットへLINEスタンプの販売を申請する」という作業になります。

LINEクリエイターズスタジオアプリを使用する場合と違って、パソコンから直接LINEクリエーターズマーケットにログインして作業をすることになります。

LINEクリエーターズマーケットへLINEスタンプの販売申請をする方法 LINEクリエーターズマーケットへログインして、マイページにアクセスする。

アイテム管理→スタンプ→スタンプ画像→編集の順番にタップする。

LINEスタンプにしたいデータをタップする。

画面に沿って、販売価格などの必要事項を入力する。

「リクエスト」をタップする。

自作LINEスタンプの作り方の注意点3選 自作LINEスタンプの作り方の注意点①販売許可後はサイズなどの変更不可 1点目の自作LINEスタンプの作り方の注意点は、「一度販売が許可されるとLINEスタンプのサイズなどの修正ができない」ということです。

LINEスタンプは、一度販売申請をしてしまい、販売許可が出されるとデータを修正することができません。

このため、販売申請をする際には二度と修正ができないかもしれないという心構えで最終チェックをしましょう。

自作LINEスタンプの作り方の注意点②白塗りのイラストは縁を忘れずに! 2点目の自作LINEスタンプの作り方の注意点は、「白塗りのイラストは縁を忘れずに書く」ということです。

LINEスタンプの背景は真っ白ですので、イラストを作成しても白塗りの場合は見えなくなってしまいます。

このことから、吹き出しなど中身が白いイラストを入れたい場合にはグレーなど目立たない色でイラストに縁を書くことを忘れないようにしましょう。

自作LINEスタンプの作り方の注意点③内容に合わせて向きを調整する 3点目の自作LINEスタンプの作り方の注意点は、「内容に合わせてLINEスタンプの向きを調整する」ということです。

LINEでは、トークをする側の発言は右からの吹き出し、トークを受け取る側の発言は左からの吹き出しの中に内容が表示されます。

このため、自分が承認したい時に使うことの多い「OK」などは右向きに、トークをする相手が使うことが多い疑問文の内容のLINEスタンプについては左向きにすると審査が通りやすくなるとされています。

自作LINEスタンプを自分専用にする方法は? LINEスタンプを販売しないで自分専用に無料配布する方法①データの作成 自作LINEスタンプを販売しないで自分専用に無料配布する方法の1段階目は、「LINEスタンプとして使いたいデータを作成する」という作業になります。

自作LINEスタンプを販売せずに自分専用に無料配布したい場合には、LINEスタンプを販売申請するときの作り方では対応することができません。

このため、販売されているLINEスタンプを自分だけに無料で配布することはできない仕様になっていますので、画像編集アプリであるLINEブラッシュを使ってお好みのデータを作成することになります。

具体的なやり方は以下の通りです。

画像編集アプリを使ってスタンプデータを作成する方法 無地の白い紙を撮影する。

画像編集アプリを起動して、キャラクターなどのイラストを書く。

お好みのデコレーションを施す。

LINEスタンプを販売せずに自分専用に無料配布する方法②画面に送信 自作LINEスタンプを販売しないで自分専用に無料配布する方法の2段階目は、「トーク画面に送信する」という作業になります。

作業は簡単で、LINEブラッシュを使ってデータを作成したら、トーク画面に送信すれば完了です。

スタンプ画面からではなく、画像送信という方法で使うことにはなりますが、トーク画面を盛り上げることができますのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

LINEスタンプ作りは自宅で簡単にチャレンジできる! この記事では、自作LINEスタンプの作り方などについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

LINEスタンプは、ご自分でも簡単に作ることができます。

自作イラストやペットの画像などを使って、ぜひ自分好みのLINEスタンプ作りにチャレンジしてみてくださいね。

なお、以下の記事ではLINEスタンプの支払いに使うことができるLINEプリペイドカードの使い方などについて紹介されています。

参考に他の人が作ったLINEスタンプも使ってみたいという方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

キーワード

  • LINE
  • スタンプ
  • 自作LINEスタンプ
  • データ
  • クリエイターズスタジオアプリ
  • 販売
  • 作成
  • 作成ガイドライン
  • 作り方
  • タップ
  • 作業
  • クリエーターズマーケット
  • 使い方
  • 以下
  • 画面