美容

フルーツを食べるタイミングは食前?食後よりダイエットや体にいい理由も

2018年11月26日更新
フルーツを食べるタイミングは食前?食後よりダイエットや体にいい理由も

フルーツを朝食や食前に食べたほうがいい理由は? 食前に食べたほうがいい理由①毒素を体外へ出しダイエット効果があるから Instagram 朝の時間にフルーツに含まれている「酵素」を取り入れることで、排泄の際に毒素も一緒に身体の外に出してくれます。

なので、ダイエット効果があります。

また、フルーツが熟している場合は消化がすでに終わっているので、身体の中で「酵素」を作らなくても10分から20分で身体にエネルギーを補給することができます また、下記の関連記事ではダイエットにおすすめのスリッパを紹介しています。

フルーツと一緒に取り組むことでよりダイエット効果がアップします。

気軽にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

食前に食べたほうがいい理由②便通がよくなりダイエット効果があるから Instagram 人間は、朝の4時からお昼の時間までに排泄するのが適した消化時間です。

なので、食後よりも朝食の食前にフルーツを食べることによって便秘解消にもなります。

フルーツの「酵素」の働きによって、体内の消化酵素を助けます。

便通がよくなることで、痩せる効果もあります。

フルーツを朝食や食前に食べる時のポイント4選 フルーツを食前に食べる時のポイント①食べる量 Instagram 食前ポイント1つめは「食べる量」です。

フルーツの適量は1日に80カロリーです。

重さにするとだいたい200gになります。

200gはだいたいリンゴだと半分から1個です。

桃は1個で、ぶどうの場合は10粒から15粒となります。

バナナは1本です。

適した量を食べることで痩せる効果がしっかりと発揮できます。

フルーツを食前に食べる時のポイント②水分の多いフルーツを食べる Instagram 食前ポイント2つめは「水分の多いフルーツ」です。

噛んだ時に果汁がジュワッとでるようなフルーツがおすすめです。

朝の乾いた身体にしっかりと食前に水分を補給することができます。

水分は多いほうがいいので、より水分の多いフルーツを選ぶことをおすすめします。

フルーツを食前に食べる時のポイント③食後ではなく消化時間30分前 Instagram 食前ポイント3つめは「時間」です。

朝食や食前にフルーツを食べる際は、食後でなくできるだけ食事の30分前の空腹時に食べることがおすすめです。

フルーツにはたくさんの食物繊維が含まれています。

この食物繊維は、吸収するのに時間がかかります。

血糖値の上昇を穏やかにする効果や脂肪になりにくい効果が期待できます。

フルーツを食前に食べる時のポイント④できるだけ生のフルーツを食べる Instagram 食前ポイント4つめは「生のフルーツ」です。

腸内細菌を活性化させます。

痩せる効果もあります。

あとから、摂った食事もしっかりと分解吸収してくれエネルギーにすぐに変えてくれます。

「酵素」は加熱したフルーツには含まれません。

食後に生のフルーツは、あまり効果がないので注意してください。

食前に食べるのにおすすめのフルーツ3選 ①水分たっぷりの「スイカ」 Instagram 朝一番の水やコーヒーをスイカなどの水分の多いフルーツにかえるといいです。

代謝活性化に必要なビタミンやミネラルが配合されています。

また、胃腸を刺激して便通をよくする食物繊維や目覚めをよくする糖質が補給できるので、朝の身体をより効率よく動かせることができます。

②痩せる「りんご」 Instagram りんごには「ペクチン」という食物繊維の成分が配合されています。

そのため「便秘の予防・生活習慣病の予防」になります。

りんごは腸内をしっかりときれいにしてくれる効果があります。

りんごは糖質の吸収をおだやかにするので、食前に食べることで身体に脂肪がつきにくく痩せる効果もあります。

ダイエットにもおすすめです ③食物繊維豊富の「もも」 Instagram ももは、90%水分のため朝食の前におすすめのフルーツです。

糖質と食物繊維を多く含んでいます。

食物繊維が豊富なので、腸内の善玉菌を増やして、腸の調子を整えてくれます。

なので、便秘解消になります。

皮膚に潤いを与えてくれるので、お肌を若々しく保つことができ美容にもいいフルーツです。

また「ペクチン」という成分も含まれていて、糖質や脂肪の吸収を抑える働きもあります。

なので、ダイエット効果痩せる効果もあります。

カリウム」という成分も含まれているので、むくみ解消や高血圧の予防にもなります。

糖質も多いフルーツなので、すぐにエネルギーに変換されるため、疲労回復します 食前におすすめスムージーのレシピ13選 レシピ①定番の痩せる「グリーンスムージー」 Instagram ほうれん草がメインのスムージーです。

体にいい朝のスムージーの定番ともいえます。

ほうれん草には「シュウ酸」が含まれているので、茹でずに生のほうれん草をそのままスムージーにしてください。

気になる方は、茹でる時はサッと熱を通すだけで大丈夫です。

作り方は、下記になります。

グリーンスムージーのレシピ ほうれん草とりんご(2個)、バナナ(2本)を適当な大きさに切ります。

ミキサーに水400ccを入れて、なめらかになるまでよく回してください。

レシピ②朝のタイミングがおすすめ「バナナとイチゴのスムージー」 Instagram バナナとイチゴのスムージーは、便秘解消と美肌の効果があります。

朝のタイミングで飲むことで、しっかりと便通の調整ができます。

バナナは食物繊維が多く、イチゴにはビタミンCが多く含まれています。

ヨーグルトを入れることで腸内環境の改善になります。

作り方は、下記になります。

バナナとイチゴのスムージのレシピ バナナ(1本)を5等分にし、レモン汁(お好みの量)をかけてください。

ミキサーに、いりご(200g)ヨーグルト(150g)牛乳(250ml)はちみつ(大さじ1)を入れて、よくかき混ぜます。

ヨーグルトが入っているので、冷たいうちに飲むことをおすすめします。

レシピ③飲みやすい「小松菜・りんご・キウイのスムージー」 Instagram 小松菜、りんご、キウイのスムージーは、カルシウムや鉄分、ビタミン類を多く含んでいます。

栄養満点で、貧血な方にもおすすめです。

作り方は、下記になります。

小松菜、りんご、キウイスムージーのレシピ 小松菜(1カップ)をよく水で洗います。

りんご(1個)は、種と芯を取り除いてください。

キウイ(1個)は、薄く皮を剥いてください。

りんごとキウイと適当な大きさに切ってください。

ミキサーに、水(100cc)と材料を全て入れて、なめらかになるまで混ぜてください。

レシピ④ダイエットにおすすめ「アボカドりんごヨーグルトのスムージー」 Instagram アボカド、りんご、ヨーグルトのスムージーは、脂肪の代謝を活発にしてくれるのでダイエットしたい方におすすめです。

また、ヨーグルトの善玉菌が腸内の働きをサポートしてくれるので便通もよくなります。

作り方は、下記になります。

アボカド、りんご、ヨーグルトスムージーのレシピ アボカド(80g)は皮を剥いて、りんごも適当な大きさに切ります。

ミキサーに、アボカドとりんご、ヨーグルト(大さじ4)砂糖(小さじ1)水(200ml)を入れて、なめらかになるのでよく混ぜます。

レシピ⑤ダイエットにおすすめ「アサイー・ヨーグルトのスムージー」 Instagram アサイー、ヨーグルトのスムージーは、食物繊維が豊富で満腹感もでるので女子からも人気が高いスムージーです。

糖質の吸収も穏やかにするので、血糖値の上昇を抑えてくれます。

また、鉄分も豊富に含まれています。

作り方は、下記になります。

アサイー、ヨーグルトスムージのレシピ アサイーの粉(6g)とヨーグルト(200g)をミキサーに入れます。

しっかりと混ぜてください。

レシピ⑥体にいい「紫キャベツのスムージー」 Instagram 紫キャベツのスムージーは、アントシアニンが豊富に含まれています。

視覚機能がよくなるのと、心臓病などにかかりにくくなる効果があります。

また、カロテンも豊富に含まれているので代謝をよくして美肌効果もあるので女性にもおすすめです。

作り方は、下記になります。

紫キャベツスムージーのレシピ 紫キャベツ(250g)をざく切りにします。

りんご(1個)は、芯をとって小さく切ります。

ミキサーに、水(200ml)と材料を全て入れてなめらかになるまで混ぜます。

レシピ⑦ブロッコリー・キウイのスムージー Instagram ブロッコリーは、茹でずに生のものを使用します。

ブロッコリーとキウイにはビタミンCが豊富なので、ダブルの効果でアイチエイジング効果があります。

また、ここにスーパーフードのチアシードを入れることでオメガ脂肪酸も摂ることができます。

ブロッコリー、キウイスムージーのレシピ キウイを皮を剥いて、適当な大きさに切ります。

ミキサーに、キウイを入れてチアシードを少し入れます。

生のブロッコリーを半分小さく切ってミキサーに入れます。

水(150ml)をいれて、なめらかになるまで混ぜます。

レシピ⑧果物だけの「ザクロ・イチジクのスムージー」 Instagram 果物だけのザクロ、イチジクのスムージーは、脳細胞を損傷から保護する「レスベラロール」が配合されています。

脳の老化を防止します。

また、ポリフェノールも配合されているので美肌効果もあります。

作り方は、下記になります。

ザクロ、イチジクスムージーのレシピ ザクロ(半分)の実を取り出して、ミキサーに入れます。

イチジク(2個)をしっかりと洗って、ヘタを取り適度な大きさにカットします。

ミキサーにイチジク、はちみつ(大さじ1)牛乳(100ml)を入れてよく混ぜます。

レシピ⑨ビーツのスムージー Instagram ビーツのスムージーは、ビタミン12が豊富に含まれています。

血色のいい肌を作ってくれます。

妊娠中の方にもおすすめで、葉酸を摂取できます。

ビーツ自体にほんのりと甘みがあるので、砂糖なしでも美味しく飲むことができます。

作り方は、下記になります。

ビーツスムージのレシピ ビーツは皮を剥いて、一口サイズに切ります。

ミキサーに、ビーツ、バナナ(1本)、牛乳(150cc)無糖ヨーグルト(大さじ2)氷(2個)を入れてよく混ぜてください。

レシピ⑩黄パプリカ・枝豆スムージー Instagram 黄パプリカ、枝豆のスムージーは、ビタミンCが豊富に含まれています。

ストレスを和らげる作用もあるので、忙しい方にもおすすめのスムージーです。

作り方は、下記になります。

黄パプリカ、枝豆スムージーレシピ パプリカ(1個)を種をとって、ざく切りにします。

枝豆(50g)は、薄い皮をとっておきます。

ミキサーに、豆乳(150ml)牛乳(150ml)オリーブオイル(小さじ1)全ての材料をいれて、よく混ぜます。

レシピ⑪食後にも「紫イモのスムージー」 Instagram 紫イモのスムージーは、寒い朝にも人気です。

肝臓の疲れを和らげたり、腸内環境を整えてくれる効果があります。

熱に強いビタミンCなので、温めて飲んでも美味しいです。

なので、食後の落ち着いた時に飲むとリラックス効果もあります。

作り方は、下記になります。

紫イモスムージーのレシピ 紫イモ(150g)を皮を剥いて、やわらかくします。

ミキサーに、小さく切ったイモと甘酒(200cc)レーズン(お好み)シナモンパウダー(お好み)を入れて、なめらかになるまで混ぜてください。

レシピ⑫目の健康に「黄桃・バナナスムージー」 Instagram 黄桃、バナナのスムージーには、「ゼアキサンチン」という成分が配合されています。

黄桃、バナナはパソコンやスマホのブルーライトから目を守ってくれます。

作り方は、下記になります。

黄桃、バナナスムージーのレシピ バナナ(1本)を皮を剥いて切ります。

黄桃も適当な大きさに切ります。

ミキサーに材料と、豆乳(150ml)ヨーグルト(50ml)を入れて、なめらかになるまでよく混ぜます。

レシピ⑬ブルーベリー・ニンジンのスムージー Instagram ブルーベリー、ニンジンのスムージーは、目の健康保持と大腸炎におすすめです。

また、ヨーグルトと合わせることでより健康的な身体にしてくれます。

作り方は、下記になります。

ブルーベリー、ニンジンスムージーのレシピ ニンジン(半分)を皮つきのまま輪切りにします。

ミキサーに、ニンジン、ヨーグルト(1カップ)ブルーベリー(100g)はちみつ(大さじ1)をなめらかになるまでよく混ぜます。

食前フルーツでより綺麗で健康的な身体に フルーツは食後ではなく、食前に摂ることでメリットはたくさんあります。

旬のフルーツを食べることで季節も感じることもできます。

スムージは、自分の身体の悩みに合わせて飲むことをおすすめします。

なかなか痩せない人や、もっと健康に気を付けたい方はぜひ、食前フルーツを始めてみてください。

また、下記の関連記事ではスムージやフルーツと合うヨーグルトについて紹介しています。

おすすめや効果について紹介しています。

参考にしてください。

キーワード

  • フルーツ
  • スムージー
  • レシピ
  • 食前
  • りんご
  • ヨーグルト
  • ミキサー
  • ダイエット
  • 下記
  • 作り方
  • バナナ
  • 水分
  • 食物繊維
  • 食後
  • キウイ