恋愛

付き合う前の2回目のデートの誘い方は?女性心理は?告白のタイミングも

2018年11月27日更新
付き合う前の2回目のデートの誘い方は?女性心理は?告白のタイミングも

付き合う前の2回目のデートの誘い方は、どうするのが正解なのでしょうか。

この記事では、男女ともが気になる付き合う前の2回目のデートについてあらゆる観点から迫ります。

女性心理と男性心理からデートの場所、告白のタイミングまでこれを読めばバッチリです。

あなたも相手に脈があるか確認して告白に踏み切りましょう! 付き合う前の2回目のデートの誘い方は? 付き合う前の2回目のデートの誘い方①1回目とは違う場所に誘う 付き合う前の2回目のデートの誘い方一つ目は、この前とは違うジャンルの場所に行ってみたいと切り出すことです。

例えば、1回目のデートで映画館など静かな場所に行った場合は、2回目のデートで遊園地を選択肢として提示するなどといった具合です。

前のデートを例に出すこの誘い方なら、自然に切り出せるでしょう。

また、1回目も2回目もディナーデートをするという場合は、一度行ったのとは違うジャンルの料理を提示すると良いでしょう。

例えば、1回目がフレンチだった場合は2回目のデートでイタリアンに行くといった具合です。

これなら飽きずに二人の時間を楽しむことができること間違い無いでしょう。

付き合う前の2回目のデートの誘い方②話し足りないことがあると言って誘う 付き合う前の2回目のデートの誘い方二つ目は、話し足りないことがあると言って誘うことです。

1回目のデートでは十分に伝えきれなかったことがあると言って誘うことで、前回の続きとしてスムーズに約束を取り付けることができます。

2回目のデートに誘うときは前回に絡めて誘うのが最もスマートな誘い方と言えるでしょう。

ですが、この誘い方をするならもちろん何か話のネタを用意しておかなければならないということになります。

本当に何か話し足りないことがあるならよいですが、何も無いというのであれば、適当に話題を見繕っておきましょう。

この時に話す話題としては、1回目のデートで盛り上がった話題に関連した話だと、なお良しです。

以下に、関連記事として異性の友達との会話が盛り上がる話題を5選にしてまとめたものがあります。

これを参考にすれば、付き合う前のデートでの話題にも困らないでしょう。

2回目のデートをする際、まだ話し足りないことがあるといって誘った場合はぜひこの記事を参考に話題を練ってみてください。

付き合う前の2回目のデートの誘い方③前回のお礼がしたいと言って誘う 付き合う前の2回目のデートの誘い方三つ目は、前回のお礼がしたいと言って誘うことです。

1回目のデートが楽しかったこと、またそのお礼がしたいことを伝えることで相手も悪い気はせず乗ってきてくれるはずです。

いい気分でデートに来てもらうに越したことはないので、相手を持ち上げて2回目のデートの約束をしましょう。

前回相手がデートの場所や内容を決めてくれたという場合は、今度はあなたがセッティングする番です。

行く場所も何時からにするかについても、すべて自分から決めるようにしましょう。

お礼を言って誘うからには、場所や時間、内容のセッティングは自らすべきです。

それでこそ、相手も快くデートに来てくれるはずです。

以下に関連記事として、付き合う前は映画デートがおすすめな理由について7つにまとめた記事があります。

1回目のデートですでに映画に行ったという場合を除いて、2回目のデートに参考になること間違いなしの内容となっています。

2回目のデートの場所に映画館を検討している場合は是非一度目を通してみてください。

2回目のデートの女性心理とは? 付き合う前の2回目のデートの女性心理①進展を期待している 2回目のデートの女性心理一つ目は、進展を期待しているというものです。

1回目のデートではお互いの腹を探ることに精一杯ですが、2回目ともなると余裕が出てきます。

そのため、少しは進展を期待してしまう人が多いようです。

相手の脈ありサインに敏感になるのも、ちょうどこの2回目のデートと言えるでしょう。

また男性心理としても進展を期待していることに変わりはないので少しは積極的になって良いはずです。

2回目のデートとなると、男性は女性にグイグイ攻めて良いものか迷っている場合が多いので、女性が男性心理を後押ししてあげるのが早く関係を進展させる近道と言えるでしょう。

もし嫌でないなら積極的になるべきです。

付き合う前のデートの女性心理②まだ付き合うのは早いと思っている 2回目のデートの女性心理二つ目は、まだ付き合うのは早いと思っているというものです。

女性は2回目のデートで相手の男性との進展を期待してはいるものの、付き合うとなるとそれはまだ早すぎると思っているようです。

まだたったの2回では、相手の本当の気持ちも性格もわからないため、不安要素が多すぎるのです。

女性は付き合う前、恋愛に対して慎重な傾向にあります。

そのため、いくら2回目のデートだからと言って、付き合うという判断を下してしまうのは難しく感じるのです。

相手の男性に対して好印象を持っていたとしても、付き合うと決意するには至らないでしょう。

付き合う前の2回目のデートの女性心理③相手について詳しく知りたい 2回目のデートの女性心理三つ目は、相手について詳しく知りたいと思っているというものです。

1回目のデートをしただけではまだ、相手について詳しく知ることは不可能な場合が多いでしょうが、2回目となると徐々に余裕が出てくるはずです。

相手についてより深くまで知りたいと、あれこれ詮索することもあるでしょう。

それによって本性まで知ることには至らなくても、1回目のデートの終了時よりは明らかに得られるものが多いはずです。

付き合う前の2回目のデートは、女性にとって相手のことを知るきっかけとなる大切なものなのです。

2回目のデートの男性心理とは? 付き合う前の2回目のデートの男性心理①良い所を見せたいと思っている 2回目のデートの男性心理一つ目は、良いところを見せたいと思っているというものです。

1回目のデートで満足のいく振る舞いができなかったと感じている人は特に、今度こそ良いところを見せたいと奮い立っているに違いありません。

男性にとって、付き合う前の2回目のデートとはリベンジの機会でもあるのです。

2回目のデートで女性にいかに良いところを見せられるかが、男性にとっては勝負所です。

そのため、1回目のデートより少々気合いが入っているように見えるでしょう。

女性は相手の男性がなぜ1回目より2回目の方が緊張をしているのか不思議に思ったら、裏にはこういった背景があると思っておいて間違いないはずです。

付き合う前の2回目のデートの男性心理②あわよくば先に進みたい 付き合う前の2回目のデートの男性心理二つ目は、あわよくば先に進みたいというものです。

男性は女性より、関係性を早く進展させたがる傾向にあります。

そのため、たとえ2回目のデートだろうと付き合うことになっても全くむ問題だと考えている人が多いでしょう。

その先に進むことを望んでいる人すらいるほどです。

そのため女性にとっては男性が少々積極的過ぎるように映ることもあるでしょう。

まだそんなに進展する心の準備ができていないのに、どんどん先走られてしまって困ってしまう人もいるはずです。

そんな時は、男性と女性とでは2回目のデートに対する受け止めかたが違うのだと思っておきましょう。

付き合う前の2回目のデートの男性心理③脈があるか探りたい 付き合う前の2回目のデートの男性心理三つ目は、脈があるか探りたいということです。

1回目のデートで相手の女性に脈があるかないかということまでは分からないことがほとんどのため、2回目のデートにて詮索しようという男性が多いようです。

脈があるまでは用心してかかるのが2回目のデートでの男性心理というものです。

ですが、そもそも2回目のデートができている時点でほとんど脈ありなことはわかっているため、あとはそれに確信を持たせるための確認をとるのみであることが大半でしょう。

自分が感じている手応えは本物なのか、2回目のデートではそれをハッキリさせるのが目的なのです。

2回目のデートで告白のタイミングはいつ? 付き合う前の2回目のデートで告白のタイミング①別れる間際 付き合う前の2回目のデートで告白のタイミング一つ目は、別れる間際です。

デートも終盤に差し掛かってもうお別れをする雰囲気になった頃、告白をすることでその日1日のデートをキチンと締めることができます。

それに、もし残念な結果になったとしても、そう気まずい時間を二人で過ごさなくて済むというのもメリットです。

デートの終了直前というのは、その日のうちで一番盛り上がる時間帯でもあります。

そんな時間に告白をすれば、きっと成功率も上がるでしょう。

付き合う前の2回目のデートで告白をするにあたっては、まさにうってつけの時間帯なのです。

その上もし成功したらその日のデートは最高の思い出になること間違い無いでしょう。

付き合う前の2回目のデートで告白のタイミング②ディナー中 付き合う前の2回目のデートで告白のタイミング二つ目は、ディナー中です。

二人でディナーを楽しんでいる雰囲気和やかなときに告白をすれば、成功する確率も上がること間違いなしです。

それに、お酒によっているのでムーディーな気分になっているであろうこともディナー中に告白をすることの利点の一つです。

それでも、もし振られてしまえばディナー中の雰囲気が最悪になってしまうというデメリットはありますが、それでも気を取り直して仕切り直す覚悟があれば問題ありません。

2回目のデートで確実に告白をして成功させたいなら、ディナー中に挑むのが一番良いでしょう。

成功率を高めるためには多少のリスクはつきものです。

付き合う前の2回目のデートで告白のタイミング③会ってすぐ 付き合う前の2回目のデートで告白のタイミング三つ目は、会ってすぐです。

待ち合わせ時間に相手と会って、その後すぐに告白をするというのも一つの方法なのです。

出会い頭に告白をすれば、うまくいった場合その日1日を恋人同士として過ごすことができます。

幸せな気分も倍増すること間違い無いでしょう。

ただ、ここで振られてしまうとその日1日気まずい気分で過ごすことになってしまうため、注意が必要なのも事実です。

相手が脈ありであることをあらかじめ確認しておいて、間違いなくOKされるであろうことをある程度予測できてから告白をするようにしてください。

以下に、関連記事として告白される前兆を15選にしてまとめたものがあります。

2回目のデートで相手から告白される可能性も見ておけば、自分から言い出すまでもないはずです。

相手に前兆が見られないかチェックしてみてください。

また恋人ができる前触れや雰囲気についても紹介されているので、ぜひ参考にしてくださいね。

2回目のデートは勝負どころ! 2回目のデートは、まさに勝負どころだということができます。

1回目のデート以上に気を引き締めてかかるようにしてください。

前のデートで何か挽回したいところや心残りがあるという人は2回目こそそれをカバーできるように、また告白をしたいという人はしっかりとタイミングを見極めて挑むべきです。

付き合う前のデートでは、付き合った後のデートよりも慎重に行動しないといけないことがほとんどです。

ここでどう行動するかで、相手と付き合えるか付き合えないかさえ変わってくるからです。

本気で落としたい相手なら、この記事を参考にしてデートの誘い方から告白をするタイミングまで完璧にこなせるようにしてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

#女性の心理 #男性の心理 KEYWORD 関連のキーワード #コーデ #写真 #夫婦 #動物占い #前兆 #夢占い #星座占い #ボディー #手相 #名前

キーワード

  • デート
  • 2回
  • 告白
  • 1回
  • タイミング
  • 誘い
  • 2
  • 進展
  • 場所
  • 男性心理
  • ディナー
  • 話題
  • 女性心理
  • 成功
  • 期待