ファッション

ミニマリストの冬用アウター5選!ウールのコートやジャケットの枚数は?

2018年12月04日更新
ミニマリストの冬用アウター5選!ウールのコートやジャケットの枚数は?

ミニマリストのアウターを選ぶ基準5選 ミニマリストのアウターを選ぶ基準①着回しがきく色を優先する Instagram ミニマリストのアウターを選ぶ基準の1つ目は、着回しが利く色を優先することです。

コーディネートをする際に赤や黄色や紫などの目立つ色のアウターを選ぶと、そのアウターの印象が強くコーディネートを変えても同じ服を着ているように見えます。

また合わせる洋服が限定されてしまいコーディネートが上手くいかなくなります。

インパクトが強くなくどんな洋服にも合わせやすい色を選びましょう。

おすすめのカラーは、ブラック、グレー、ブラウン、ベージュ、ネイビーです。

これらの色は多くの色と調和しやすいです。

ミニマリストのアウターを選ぶ基準②手持ちの洋服とのコーデをイメージする Instagram ミニマリストのアウターを選ぶ基準の2つ目は、手持ちの洋服とのコーデをイメージすることです。

冬用アウターを購入したはいいけれど、持っている洋服と合わせられるものが少ないと結局買い足す羽目になります。

アウターを購入する前に一度手持ちの洋服を確認しましょう。

確認後は購入を考えているアウターと手持ちの洋服でどれだけのコーディネートが組めるか考え、多くの組み合わせができそうなものを選べば冬には大活躍するアウターになります。

ミニマリストのアウターを選ぶ基準③何年も長く使えるものか考える Instagram ミニマリストのアウターを選ぶ基準の3つ目は、何年も長く使えるものか考えることです。

一時的な流行で人気になっているコートやジャケットは、次の年から着れなくなってしまうことがよくあります。

リバイバルする可能性もありますが、再ブームが来るまでかなりの年月を要することがほとんどです。

コートやジャケットは昔から愛されているスタンダードなデザインを選びましょう。

基本的にはショッピングサイトなどで売れ筋の高いアウターや、街中で着ている人が多いタイプのアウターが、トレンドに左右されない毎年でも使えるアウターです。

また特殊な装飾があるものではなくシンプルなデザインを選ぶのもポイントです。

ミニマリストのアウターを選ぶ基準④機能性に優れているか見極める Instagram ミニマリストのアウターを選ぶ基準の4つ目は、機能性に優れているか見極めることです。

薄手で寒い日に役に立たないアウターは買う意味がありません。

冬用アウター選びは温かさに注目します。

裏地が保温性の高い素材で尚且つ取り外しができると気候の変化に対処できます。

フードや袖が取り外し可能なら着回しが増えます。

またアウターはミニマリストには数少ない貴重な存在です。

なるべくなら自宅で洗える素材、かつ乾きやすい素材を選ぶと、汚すなどのアクシデントが起きても最短で解決できます。

防水加工のついているアウターだと、汚れはもとより雨や雪で湿ることがなく洗濯の頻度も少なくて済みます。

ミニマリストのアウターを選ぶ基準⑤本当に欲しいものを買う Instagram ミニマリストのアウターを選ぶ基準の5つ目は、本当に欲しいものを買うことです。

本当は好みのコートじゃないのに値段が高いからといって好みではない安いコートを買うと、後に使わなくなることがほとんどです。

値段で決めず自分が本当に欲しいと思ったものを手に入れてください。

例え個性的なデザインのアウターであっても、本当に欲しいと思って買ったものは何年も大事使い続けられます。

ただし一目ぼれで購入を決めてはいけません。

購入前に本当に欲しいかを判断するための時間を一定期間設けてください。

好み以外に品質なども考慮し何度も考えた末に本当に欲しいと思ったら購入を決意しましょう。

ミニマリストにおすすめ冬用アウター5選 ミニマリストにおすすめ冬用アウター①ウールのチェスターコート Instagram ミニマリストにおすすめ冬用アウター1つ目は、ウールのコートです。

ウールのコートは冬のスタンダードなアイテムなのでミニマリストにはおすすめです。

ウールは熱伝導率が低いのでとても温かです。

吸水性があり蒸れが少なく、水もはじきやすいです。

他にも型崩れしづらく、しわができづらいなどメリットも多いのです。

ウールのコートでおすすめなのは、チェスターコート、ノーカラーコート、Pコート、オーバーコートです。

これらはウールの素材のものが多くキレイめな着こなしができるのでミニマリストの冬のアウターに適しています。

なかでもチェスターコートは通勤や冠婚葬祭や遊びと色んな場面で使えます。

ミニマリストにおすすめ冬用アウター②ティーラードジャケット Instagram ミニマリストにおすすめ冬用アウター2つ目は、ティーラードジャケットです。

普段はカジュアルなアウターでも問題ないですが、フォーマルな場面ではカジュアルなアウター1つではとても乗り切れません。

ティーラードジャケットならフォーマルな場所に適していますし、場合によってはカジュアルな着こなしも可能です。

ティーラードジャケットは薄手で保温性のない素材が多かったりしますが、ウール素材なら温かさも十分確保できます。

またベロア素材はパーティなどの華やかな場所で活躍してくれます。

あらゆる場面で活用するためには無地のブラウンやグレーなどを選びましょう。

1番のおすすめは万能の無地のブラックです。

ミニマリストにおすすめ冬用アウター③ダウンジャケット Instagram ミニマリストにおすすめ冬用アウター3つ目は、ダウンジャケットです。

ミニマリストは着回しやすいアウターを優先しますが、それよりも防寒対策の方が大事になります。

さすがに雪の降る日に薄手のトレンチコートでは、中に服を着こんでも冷気を遮断しきれません。

ダウンジャケットは1着だけでかなりの保温性があるので、手持ちの洋服が少ないミニマリストにはすごく重宝します。

ボリュームがあるものは着太りして見え個性が強く出るので、すっきりしたデザインの方がコーディネートしやすいです。

ダウンジャケットの代わりにダウンコートにしても同じように活躍してくれます。

ミニマリストにおすすめ冬用アウター④デニムジャケット Instagram ミニマリストにおすすめ冬用アウター4つ目は、デニムジャケットです。

デニムジャケットは実はオールシーズン使えるアイテムです。

春と秋の肌寒い季節にちょうどよく、夏にはノースリーブのトップスを着用した時などに肩にかける着こなしもあります。

さほど寒くない冬でしたら程よい温かさのデニムジャケットが快適です。

寒さが強い日はパーカーの上から着たり、アウターの下に着るおしゃれなコーディネートもできます。

デニムジャケットによっては襟や裏地にボアやファーなどの保温性のある素材が使われてあり、取り外しができるものもありますので、そういうものを選ぶと温度調節ができ気候にも対応できます。

ミニマリストにおすすめ冬用アウター⑤トレンチコート Instagram ミニマリストにおすすめ冬用アウター5つ目は、トレンチコートです。

トレンチコートはコートの定番アイテムです。

アウター選びでトレンドに左右されないことが重要になるミニマリストの強い味方になってくれます。

遊びの時以外にも通勤用のアウターとして使えるメリットもミニマリストにおすすめな理由です。

ブラックやカーキもいいですが、トレンチコートのパブリックイメージであるベージュを選ぶと使いやすいです。

綿素材などのトレンチコートは春秋でも使えますが薄手だと寒いので、生地が厚いものにするかまた保温性のある裏地が付いていると望ましいです。

トレンチコートに似たタイプだとステンカラーコートがおすすめです。

アウターをミニマムにしたらバッグなどの小物もミニマムにしてみましょう。

ミニマリストにおすすめのカバンやカバンの中身について書いてある記事があるのでご参考にしてみてくださいね。

ミニマリストのアウターは何枚? ミニマリストのアウターの枚数①コートは1枚 Instagram ミニマリストのアウターの枚数は、コートで1枚です。

コートはウールなどの温かい素材で活用しやすいキレイめな着こなしができるものにします。

ダッフルコート、モッズコート、ムートンコートなどは合わせるものが限定されたりカジュアルコーデに偏ってしまいます。

フォーマルな場面での使用も見越し、カジュアルとフォーマルのどちらでも使えるようなコートを選びます。

トレンチコート、ノーカラーコート、チェスターコートなどはカジュアルとフォーマルのコーデでも使えるのでミニマリストは持っておきたいコートです。

ミニマリストのコートは1着で十分ですが、キルティングコートなど持ち主のファッションの好みに沿ったコートを持ちたい場合は、カジュアル用とフォーマル用と2つにわけてもいいでしょう。

ミニマリストのアウターの枚数①ジャケットは2枚 Instagram ミニマリストのアウターの枚数は、ジャケットで2枚です。

ジャケットは1枚でも十分ですが、2枚あるとコーデで困りづらくなります。

おすすめはフォーマルにも使えるティーラードジャケットです。

ですがコートで補えるのであればティーラードジャケットに絞る必要はありません。

ダウンジャケットもいいですが、より温かさ重視するならダウンコートにした方がいいです。

カジュアル用ならデニムジャケットがおすすめです。

冬だけでなく秋や春先も活躍するのでミニマリスト向きなアイテムです。

ライダースやスタジャンはコーデのバリエーションが広がらないのであまりミニマリスト向きではありません。

冬用のジャケット選びは好みで選んでいいのですが、ジャケットを2枚選ぶ時は種類が重ならないようにしましょう。

アウターが少なくても違う種類のジャケットにすればコーディネートの幅が広がります。

お気に入りのアウター大事に使い続けるミニマリストを楽しもう! Instagram ミニマリストのファッションはすっきりしたファッションスタイルと、アイテムのひとつひとつを慈しむ美徳があります。

また少ないアイテムで色んな組み合わせを考える楽しみや、おしゃれだけではないファッションの魅力で、心が豊かになります。

ミニマリストへの興味が湧いたら、この冬アウターからでも挑戦してみましょう。

ミニマムにファッションを楽しめるようになったら、生活もミニマムにしてミニマリストの道を追求してみませんか?ミニマリストを目指したい方は、ミニマリストの生活のコツを書いた記事があるのでご参考にしてみてください。

キーワード

  • ミニマリスト
  • アウター
  • コート
  • 冬用アウター
  • ジャケット
  • トレンチコート
  • 基準
  • 素材
  • ウール
  • ティーラードジャケット
  • カジュアル
  • フォーマル
  • デニムジャケット
  • コーディネート
  • ダウンジャケット