ファッション

ワイドパンツが似合わない人の特徴4選&コーデ8選/ぽっちゃり/背が低い

2018年12月05日更新
ワイドパンツが似合わない人の特徴4選&コーデ8選/ぽっちゃり/背が低い

ワイドパンツとは? 「ワイド」とは太いシルエットのパンツのこと Instagram 昨今、流行アイテムの一つとして注目されている「ワイドパンツ」とは、「ワイド」の名前の通り、太いシルエットが特徴的なパンツのことを指します。

細いラインが特徴的なスキニーパンツとは真逆と言えますね。

一般的に足首丈くらいのものが主流と言われています。

カジュアルでも十分おしゃれに決まる Instagram ワイドパンツの中にも、派手な柄が描かれたもの、単色でカジュアルに適したものなどさまざまな種類が登場しています。

ワイドパンツと聞くと、イメージからどちらかと言うとサブカルよりなのかな?と思う方もいるかもれませんがそんなことはなく、オフィスカジュアルとして取り入れる方もいるのです。

大人かわいいファッションとしても、この「ワイドパンツ」は活躍してくれます。

そんなワイドパンツのレディースコーデについて、今話題のSNS「インスタグラム」より見つけたコーディネートを中心にご紹介したこちらの記事も一緒におすすめですので、ご一読してみてくださいね。

ワイドパンツが似合わない人の特徴4選 ワイドパンツが似合わない人の特徴①背が低い ここまで、ワイドパンツとは何かについて触れてきました。

ではワイドパンツが似合わない人の特徴とはなんなのでしょうか?まず最初にあげられるのが「背が低い」人です。

ワイドパンツとはその名の通り、広がったパンツのことですから背がい低い人がワイドパンツを着用することにより、逆効果となる場合があります。

背が低いのに、ワイドパンツを着用してしまうともったりとした印象を受けてしまったり、足がすっぽりと隠れてしまうので、足が短く見えてしまうことが考えられるのです。

実際、背の低い人がスキニーパンツをはいたときと、ワイドパンツをはいたときとでは、体格が違って見えたと言う意見が見られています。

ワイドパンツが似合わない人の特徴②ぽっちゃり 次に「ワイドパンツが似合わない人の特徴」としてあげられるのが「ぽっちゃり体型」の人です。

こちらも背が低い人と同様、ワイドパンツをはくことによって、逆黄河になってしまう可能性が考えられます。

ワイドパンツは太めのシルエットが特徴的です。

つまり、ぽっちゃり体型の人がワイドパンツを着用することによって、自分の体型を更に大きく見せてしまうことがあるのです。

一見すると、体型を隠すのにもってこいなのではないか?と思われるのですが、シルエットが隠れても全体的に見るとぽっちゃりが全く隠せていないのです。

ワイドパンツが似合わない人の特徴③派手な髪色の人 Instagram ワイドパンツの一種として「サルエルパンツ」がありますが、サルエルパンツはどちらかと言うと派手なタイプの人やサブカル系の人が着るイメージがあります。

しかし、似たようなワイドタイプのパンツだからと言って、派手なたっこうを好む人にはあまり似合わないのが「ワイドパンツ」です。

基本的にワイドパンツは下半身に視線を集めやすいタイプになっていますが、派手髪な人がワイドパンツをはいてしまうと、視線が混ざりやすくなりごちゃごちゃしたイメージを持たれてしまうのです。

もちろん全体的なコーディネートによっても変わってきますが、あまりおすすめできない組み合わせなのです。

ワイドパンツが似合わない人の特徴④上半身ががっちりしている人 先程、「ワイドパンツが似合わない人の特徴」の一つとして、ぽっちゃり体型の人が似合わない体型であると述べました。

これと同様に体格として上半身ががっちりしたタイプの人もワイドパンツが似合わないと言われています。

基本的にワイドパンツは細めの体型の人が似合うと言われているためです。

足が長かったり、全体的なシルエットがほっそりとしている人ほど、ワイドパンツのメリットを最大限に引き出してくれるのですが、上半身のガタイが比較的いい人は、ワイドパンツによってもったりとした印象を持たれやすいのです。

こういった理由から、ガタイの良いタイプの人もワイドパンツが似合わない人とされています。

ワイドパンツのイメージと言えば、暖かくなってきた春頃から夏にかけてな印象がありませんか?しかしデニム生地のワイドパンツなら春夏秋冬着こなせます!そんなデニムワイドパンツの着こなし方について詳しくまとめたこちらの記事も合わせておすすめですよ。

ぽっちゃりな人がワイドパンツを上手にきこなすコツは? ワイドパンツを上手にきこなすコツ:ハイウエスト丈 Instagram ワイドパンツが似合わない人についてまとめてきました。

ではワイドパンツが似合わない特徴とされた「ぽっちゃり」さんが上手く着こなすコツについて見ていきましょう。

ワイドパンツの中にはハイウエストなものも多く登場しています。

そんな「ハイウエスト」を利用しましょう。

ハイウエストタイプのワイドパンツによって、腰の位置をなるべく上に設定させてあげてください。

そうすることによって足が長く見えるようになります。

足が長く見えることによって、すらっとした印象を持たれやすいのです。

また足首が見えるくらいの丈を意識することで、足が細い印象を与えてくれますよ。

ワイドパンツを上手にきこなすコツ:背が低い人にもおすすめストライプ Instagram ストライプ柄の入ったワイドパンツもぽっちゃりな人がワイドパンツを上手にきこなすコツの一つです。

縦のストライプはぽっちゃりさんの味方とも言えるでしょう。

ちなみにストライプ柄は背が低い人にも、足がすらっと見えておすすめのアイテムです。

縦のストライプ柄によって、体型を隠すだけではなく全体的な印象としてある程度細く見せる効果が見込めます。

しかしここで、注意してほしいのが「膨張色」です。

ストライプが入っているからと言ってピンクやオレンジと言った膨張色を選んでしまうと意味がありませんので注意しましょう。

ワイドパンツを上手にきこなすコツ:ぽっちゃりさんはAラインを意識する Instagram ワイドパンツを着用するとき、ぽっちゃりタイプの人は「Aラインシルエット」を意識するようにしましょう。

これはある意味ワイドパンツの基本とも言われています。

ボトム巣に大したボリュームがある分、トップスはなるべく派手にならず、ボリュームが出にくいものを選ぶといいでしょう。

そうることによって、全体的に「メリハリ」が生まれます。

ボリュームがあるところは出して、絞るところはきちんと絞るようにすることで、きれいなシルエットを出すことが可能となります。

全体的にボリュームが出過ぎてしまうと、もったりとしていてかさばるイメージを持たれてしまいますから注意したい点ですね。

秋冬に向けた、大人女子の「ワイドパンツ着こなし術」についてもっと詳しく掘り下げたこちらの記事も合わせておすすめですので、是非ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

おしゃれに着こなしているワイドパンツのコーデ8選 ワイドパンツのコーデ①チェック柄シャツとワイドパンツ Instagram ここまでワイドパンツが似合わない特徴の人や、その着こなしについて見てきました。

では実際にワイドパンツのコーディネートについて写真を参考にしながら見ていきましょう。

まずはじめにおすすめなのがチェック柄シャツとワイドパンツのコーディネートです。

こちらは特にメンズファッションとしておすすめです。

ワイドパンツを合わせる時には、なるべく暗めのモノトーンなカラーを選ぶようにしてください。

チェック柄とはどんなにモノトーンなものを選んでも、柄の効果によって派手目に見えてしまうものですので、メリハリをつけるために暗めのワイドパンツを選ぶようにしましょう。

一見チェック柄のシャツは、少々ダサいのではないか?と避けられてしまいがちですが、ワイドパンツと合わせるだけでも十分カジュアルで、おしゃれに着こなすことが可能なのです。

デニムタイプのワイドパンツなら、一年中着回しも出来ますのでおすすめですよ。

ワイドパンツのコーデ②ピンクニットとワイドパンツ Instagram ピンクニットとワイドパンツによって、優しい印象を持たせてくれます。

色のイメージから女性らしさを伴い、カジュアルでありながらも可愛らしい女の子らしさを忘れません。

冬の寒い時期から、少々肌寒い春先などにも着まわせるので便利なコーディネートでしょう。

またピンクニット系統は、女の子らしさを演出してくれる効果を持っていますから、比較的背が低い人にも、おすすめなコーディネートです。

ワイドパンツのコーデ③ストライプシャツとワイドパンツ Instagram ワイドパンツに合わせるトップスに「ストライプ柄」の物を選んでも似合うコーディネートです。

トップスの柄などにボリュームを持たせるのであれば、メリハリをつけるためにワイドパンツはなるべくモノトーンなものを選びましょう。

メリハリを付けることによって背が低い人にもおすすめなコーデです。

トップスにストライプ柄を持ってくることによって、上半身にボリュームが出ますから、視線も比較的にそちらにより安いのです。

それによって、下半身にコンプレックスがある場合はこう言ったコーディネートがおすすめですよ。

ワイドパンツのコーデ④花柄ブラウスとワイドパンツ Instagram 小さな花柄がちりばめられたブラウスとワイドパンツもおすすめのコーディネートです。

女性らしい花柄がとても大人な雰囲気に導いてくれますよ。

また、ブラウスの袖などに軽いフリルがあしらわれていたらなお、魅力的な雰囲気を醸し出してくれますよ。

もしもまだ、寒い時期でブラウス一枚では物足りない…と思うようであればトレンチコートやニットコートなどを合わせても女性らしいシルエットを保ってくれますよ。

ワイドパンツのコーデ⑤Gジャンとワイドパンツ Instagram 濃いめのGジャンとワイドパンツを合わせることによって、カジュアルなスタイルで合わせることが可能となります。

全体的に落ち着いた雰囲気を出してくれますので、大人っぽい女性を目指したい方におすすめですよ。

暗い印象になってしまうと言う方はバッグなどの小物に明るい色のものをチョイスしてみてください。

ワイドパンツのコーデ⑥肩だしトップスとワイドパンツ Instagram 基本的にワイドパンツとは、下半身全体を隠してしまうファッションですよね。

そのためトップスは語出しなどの少々肌を出したようなコーディネートでもいいでしょう。

女性らしいセクシーさが出せますのでおすすめですよ。

また背が低いと悩んでいる人もおすすめなコーデです。

フリルなどの素材があしらわれていると、ワイドパンツのカジュアルさと、トップスの女性らしいエレガントさが調度よくマッチしてくれます。

こういったコーディネートのときは、mのトーンで全身揃えるよりも、色にメリハリをつけてあげるとよりおしゃれに決まりますよ。

ワイドパンツのコーデ⑦サロペットタイプのワイドパンツ Instagram サロペットタイプのワイドパンツは比較的に、誰にでも簡単に合わせられるコーディネートとして人気が高いです。

腰の位置が高めに設定されていますので、足がすらっと長い印象を与えてくれます。

さらに丈の長さを足首が見えるくらいに設定してあげると、より足の長いイメージを与えらます。

トップスは基本的にモノトーンなシャツを選ぶことをおすすめします。

サロペットタイプのワイドパンツによって全体的にボリュームが増しますから、トップスを合わせるときは派手なものを避けるようにすれば、メリハリをつけられますよ。

ワイドパンツのコーデ⑧ジャケットやコートとワイドパンツ Instagram ワイドパンツと一緒に合わせるアウターはジャケットやコートがおすすめです。

ボリューム感のあるパンツにコート系は合わないのではないか?と思われる方もいるかもしれませんが、実はそんなことありません。

トップスの面積が狭く、腰の位置が高めですので、ワイドパンツにはコートを合わせることも可能です。

ワイドパンツを着こなしてお洒落さんになる! いかがでしたでしょうか?ここまでワイドパンツについて、似合わない人の特徴からコーディネート8選にまで迫ってきました。

ワイドパンツはコーディネートが難しいと思われがちですが、メリハリをきちんとつければ簡単に着こなせます。

ぜひワイドパンツを聞くなしてお洒落さんを目指しましょう! コーディネートが似合う、似合わないとは私たちにとって永遠の悩みなのかもしれませんね。

足が太いことがコンプレックスな人に向けたファッション10選に迫ったこちらの記事も合わせておすすめですのでいかがでしょうか。

キーワード

  • ワイドパンツ
  • コーディネート
  • パンツ
  • ワイド
  • コーデ
  • 特徴
  • トップス
  • ストライプ
  • ボリューム
  • シルエット
  • メリハリ
  • 体型
  • ぽっちゃり