ヘアスタイル

セルフカラーの失敗しないコツは?市販ヘアカラー剤おすすめ25選!

2018年12月11日更新
セルフカラーの失敗しないコツは?市販ヘアカラー剤おすすめ25選!

今回は市販のヘアカラー剤のおすすめ25選を中心に、セルフカラーに失敗しないコツも合わせて紹介します。

色むらができにくい泡のヘアカラー剤やおすすめのカラーも紹介していますので、セルフカラーに興味がある方は、この記事を参考にぜひ挑戦してみてくださいね。

セルフカラーのデメリットは? セルフカラーのデメリット①サロンで染めるよりも髪が傷みやすい 1つ目のセルフカラーのデメリットは、ヘアサロンで染めるよりも髪が傷みやすいということです。

まず、市販のヘアカラー剤とヘアサロンで扱っているヘアカラー剤は薬剤の配合が異なっており、市販のヘアカラー剤は髪をきれいに染めることを優先するため、ヘアサロンで取り扱っているものよりも髪が傷みやすいそうです。

セルフカラーのデメリット②色ムラができて失敗しやすい 2つ目のセルフカラーのデメリットは、色ムラができて失敗しやすいということです。

自宅でセルフカラーを行う時に、一人でやる場合は自分では手が届きにくく状態も目視しにくい後頭部や襟足が染めにくく色ムラができやすくなります。

市販のヘアカラー剤についているコームで薬剤を塗っていくときに、一般の人がプロのように均等な薬剤の量をコームにのせて塗っていくのはとても難しいため、色ムラができやすくなってしまいます。

プロでも一人でカラーするのではなく、美容師にお願いしているのですから、一般の人がセルフカラーを行うのは難しいはずです。

セルフカラーのデメリット③バスルームや洗面台が汚れる Instagram 3つ目のセルフカラーのデメリットは、バスルームや洗面台が汚れてしまうことです。

セルフカラーを自宅で行う場合は、洗い流すのにも便利なバスルームや洗面台で行うことが多いと思います。

セルフカラーを自宅で行うと、薬剤が飛び散ってバスルームや洗面台が汚れてしまい、なかなか取れないといったことも起こります。

セルフカラーのやり方!市販のヘアカラー剤の選び方は? 市販のヘアカラーの選び方①泡タイプなら失敗しにくい! Instagram 1つ目のセルフカラーをするときの市販のヘアカラーの選び方は、泡タイプのヘアカラー剤を使うことです。

シャンプーをするようにヘアカラーの薬剤を髪の毛に揉みこんで染める泡タイプのヘアカラーは、届きにくい後頭部や襟足の髪も均等に染めることができるので、セルフカラー初心者さんにもおすすめです。

市販のヘアカラーの選び方②トリートメント剤が入ったものを選ぶ 2つ目のセルフカラーをするときの市販のヘアカラーの選び方は、トリートメント剤が付属したものを選ぶことです。

市販のヘアカラー剤は、キットの中にヘアカラー後に使えるトリートメント剤やトリートメント成分を配合したものを選んで、少しでも髪のダメージを抑えるようにするのがおすすめです。

セルフカラーのやり方!失敗しないコツは? セルフカラーのやり方・失敗しないコツ①髪をブロッキングしてから塗る Instagram 1つ目のセルフカラーのやり方と失敗しないコツは、髪をクリップでしっかりとブロッキングしてから薬剤を塗ることです。

髪をブロッキングすることで塗り残しがなくきれいに髪を染めることができますで、コームを使って薬剤を塗っていくタイプのヘアカラー剤を使うときは必ず行うようにしましょう。

セルフカラーのやり方・失敗しないコツ②カラー剤は襟足から素早く塗る Instagram 2つ目のセルフカラーのやり方と失敗しないコツは、ヘアカラー剤は襟足から塗り始めて、後ろの髪の根元、サイドの髪の根元、毛先、前髪の順に塗っていきましょう。

根元のほうが薬剤が浸透するのに時間がかかりますので先に始める必要があります。

また、ヘアカラーの薬剤をゆっくりと塗っていると色ムラの原因にもなります。

セルフカラーのやり方・失敗しないコツ③洗い流す前に乳化させる Instagram 3つ目のセルフカラーのやり方と失敗しないコツは、洗い流す前に髪についたヘアカラーの薬剤を乳化させることです。

ヘアサロンでカラーをするときに、シャワーで洗い流す前にシャンプー台にお湯をためて髪を浸している作業がありますよね。

それが髪についている薬剤を乳化させている段階です。

頭皮や地肌についたヘアカラー剤は油性の成分で、すぐに洗い流したりシャンプーをしても落ち切らないことが多いため、お湯で乳化させて馴染ませてから落とします。

メイクをクレンジングで落とす時にも同じようなことをするので、女性はイメージしやすいかと思います。

しっかりと乳化をしてからシャワーで薬剤を流してシャンプーをすることで、地肌や頭皮にヘアカラー剤が残ってしまうことを防ぎます。

ヘアカラーの薬剤が地肌や頭皮に残っていると髪が傷んでしまう原因にもなるので、必ず行うようにしましょう。

【レディース】市販ヘアカラー剤おすすめ13選 レディースの市販のおすすめ①ルシードエルミルクジャムヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 1つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、ルシードエルミルクジャムヘアカラーです。

緩めのとろりとしたジャムのようなテクスチャーのこのヘアカラー剤は、ナチュラルなブラウンのラインナップが人気があります。

コームに薬剤をつけて髪に塗っていくタイプのヘアカラー剤ですが、染め上がりがムラなく仕上がる、髪のダメージが少ないという口コミも多くありリピーターが多い人気商品です。

塗り始めから染め終わるまで約30分で終わるという手軽さも人気の秘密のようです。

レディースの市販のおすすめ②ビューティーラボミルキィヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 2つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、ビューティーラボミルキィヘアカラーです。

こちらのヘアカラー剤は、乳液タイプのコームで塗っていくものですが液だれしにくいことやムラなく染まることで人気があります。

ヘアカラー剤と一緒に洗い流すタイプのトリートメントと洗い流さないトリートメントが両方ついていてアフターケアもばっちりできるのが人気の理由の一つです。

色ムラなく発色もよいのでリタッチにはこのヘアカラー剤を使っているという口コミもあります。

レディースの市販のおすすめ③フェリア3Dカラー Amazonで商品の詳細を見る 3つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、ロレアルパリフェリア3Dヘアカラーです。

ロレアルパリが開発した3Dベースカラーというものを配合したこちらのヘアカラー剤は、髪の明るさを調整しながら色味を入れていくので失敗が少なくムラなくきれいに染まります。

レディースの市販のおすすめ④リーゼプリティア泡カラー Amazonで商品の詳細を見る 4つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、リーゼプリティア泡カラーです。

泡タイプのヘアカラー剤で、濃密な泡が髪に密着して毛先から根元まできれいに失敗なく均一に染まります。

ローヤルゼリーエキスを処方することで髪にやさしく、また髪を染めたあとに使えるトリートメント剤も付属しています。

レディースの市販のおすすめ⑤ビューティーラボホイップヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 5つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、ビューティーラボホイップヘアカラーです。

泡タイプのヘアカラーできれいに失敗なく染まることや、発色の良さで人気があります。

付属のトリートメント剤があるので、髪を染めた後のアフターケアがしっかりできるのもおすすめのポイントです。

レディースの市販のおすすめ⑥ブローネ泡カラー Amazonで商品の詳細を見る 6つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、ブローネ泡カラーです。

こちらのヘアカラー剤も泡タイプのもので、落ち着いたブラウン系の色味のカラーラインナップで白髪があってもキレイに染まることで人気があります。

薬剤の量が多めなので、ロングの方や髪の量が多い方にも人気があるようです。

レディースの市販のおすすめ⑦フレッシュライトミルキーヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 7つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、フレッシュライトミルキーヘアカラーです。

可愛いブライスのパッケージが特徴のこちらのヘアカラー剤は、外国人風の透明感のあるきれいなカラーと発色のよさ、色もちの良さで人気があります。

付属のトリートメントオイルで髪がサラサラになるのも嬉しいポイントです。

レディースの市販のおすすめ⑧アンナドンナエブリヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 8つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、アンナドンナエブリヘアカラーです。

おしゃれな動物のパッケージが特徴的なヘアカラー剤は、染めあがりがきれいなこと、市販のヘアカラー剤と少し違った色味に仕上がるので、人とかぶりたくないという方にぴったりです。

レディースの市販のおすすめ⑨パルティ泡のヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 9つ目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤、パルティ泡のヘアカラーです。

泡タイプのヘアカラー剤で、トリートメント効果の高い椿オイルをはじめとする5つの保湿オイルを配合しているので、ヘアカラーによる髪のダメージをできるだけ減らし、染めた後もサラサラ感が続くなめらかな髪になれるようになっています。

レディースの市販のおすすめ⑩ナチュールバイタルカラーセーフヘアマスク Amazonで商品の詳細を見る 10個目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、ナチュールバイタルカラーセーフヘアマスクです。

こちらはヘアカラートリートメントというもので、シャンプー後の髪に塗布して5分ほど置いた後に流せば、髪にダメージを与えずに自然に染めることができるというものです。

元々の髪のダメージが強い部分ほどきれいに染めることができ、傷んでぱさぱさになって色が抜けてしまった箇所をきれいに染めることができます。

ブリーチ後の傷んだ髪を暗い色に染めたいという方にとくにおすすめのヘアカラー剤です。

レディースの市販のおすすめ⑪サイオスヘアカラークリーム Amazonで商品の詳細を見る 11個目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、サイオスヘアカラークリームです。

このヘアカラー剤は、染め上がりの色にこだわり均一に失敗なく染まるようにしたプロフェッショナル処方が注目されており、白髪があってもムラができずおしゃれ染めのようなカラーを楽しめるようになっています。

ヘアサロン帰りにようなきれいに染めあがった髪色を長く保つことができることでも人気があります。

ヘアカラーの薬剤の独特の嫌な臭いも少なく、頭皮も痛くなりにくいという口コミもあります。

セルフカラーをする時に自宅に嫌な臭いがこもらないのは嬉しいポイントですね。

レディースの市販のおすすめ⑫フレッシュライト泡タイプカラー Amazonで商品の詳細を見る 12個目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、フレッシュライト泡タイプヘアカラーです。

泡タイプのヘアカラー剤で、ヘアカラーの薬剤独特の嫌な臭いが少なく、トリートメント成分でヘアカラーによる髪の痛みも気になりにくくサラサラに仕上がるという口コミが多くみられました。

レディースの市販のおすすめ⑬クリップジョイントカラーバター Amazonで商品の詳細を見る 13個目のレディースのおすすめの市販のヘアカラー剤は、クリップジョイントカラーバターです。

こちらのヘアカラー剤は、トリートメント感覚で髪を染めることができるもので、髪が傷みにくいのに発色と色もちはヘアカラー剤並みということで人気があります。

【メンズ】市販ヘアカラー剤おすすめ12選 メンズの市販のおすすめ①リーゼプリティアメンズ泡カラー Amazonで商品の詳細を見る 1つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、リーゼプリティアメンズ泡カラーです。

泡タイプのヘアカラー剤で、液だれせずに色ムラなく髪がきれいに染まることで人気があります。

落ち着いた自然な色味に染まるので、セルフカラー初心者さんにおすすめです。

メンズの市販のおすすめ②リーゼフォーメンナチュラルカラークリエイター Amazonで商品の詳細を見る 2つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、リーゼフォーメンナチュラルカラークリエイターです。

泡タイプのヘアカラー剤で、ナチュラルなダークカラーの色味が人気があります。

髪が光に当たったときに違ったニュアンスの色味が楽しめるのも特徴です。

メンズの市販のおすすめ③ホーユーレクシィホイップヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 3つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、ホーユーレクシィホイップヘアカラーです。

泡タイプのヘアカラー剤で、明るい色でもきれいに発色することで人気があります。

ヘアカラー剤が肌についてしまった時もきれいに落ちたので安心したという口コミもありました。

メンズの市販のおすすめ④ギャツビーナチュラルブリーチカラー Amazonで商品の詳細を見る 4つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、ギャツビーナチュラルブリーチカラーです。

こちらのヘアカラー剤は、ブリーチしながらカラーもできるというもので黒髪からでもきれいな色にしっかりと発色するということで人気のあるヘアカラー剤です。

メンズの市販のおすすめ⑤ルシードワンプッシュケアカラー Amazonで商品の詳細を見る 5つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、ルシードワンプッシュケアカラーです。

こちらのヘアカラー剤は簡単にワンプッシュで出せる液体が扱いやすいことで人気があります。

自然な明るさの髪色になれることでもおすすめできる商品です。

メンズの市販のおすすめ⑥メンズパルティエナジーブリーチカラー Amazonで商品の詳細を見る 6つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、メンズパルティエナジーブリーチカラーです。

こちらのヘアカラー剤は乳液タイプのもので、黒髪をしっかりと染めることができます。

カラーラインナップがメンズのヘアカラー剤の中でもとても豊富で、なりたい髪色が見つかること間違いなしです。

メンズの市販のおすすめ⑦メンズフレッシュライトメガメガブリーチ Amazonで商品の詳細を見る 7つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、メンズフレッシュライトメガメガブリーチです。

こちらは、メンズ専用のブリーチ剤で、リーズナブルな価格で髪の色がきれいに脱色できてその後の色の入りもよいことで人気があります。

メンズの市販のおすすめ⑧サロンドプロ無香料ヘアカラーメンズスピーディ Amazonで商品の詳細を見る 8つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、サロンドプロ無香料ヘアカラーメンズスピーディです。

こちらのヘアカラー剤は、髪が素早くきれいに染まり色もちもいいこと、部屋に嫌な臭いがこもらないことで人気があります。

メンズの市販のおすすめ⑨サロンドプロワンプッシュ泡のヘアカラー Amazonで商品の詳細を見る 9つ目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、サロンドプロワンプッシュ泡のヘアカラーです。

泡タイプのヘアカラー剤で、ヘアカラーの薬剤独特の嫌な臭いがないことやたった5分できれいに染まることで人気があります。

メンズの市販のおすすめ⑩ギャツビーターンカラー Amazonで商品の詳細を見る 10個目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、ギャツビーターンカラーです。

こちらのヘアカラー剤は黒髪戻しで、明るく染めすぎた髪をもとに戻したいときに便利です。

髪に潤いを与えながらダメージを補修できるヘアカラー剤なので、さらさらの仕上がりになります。

メンズの市販のおすすめ⑪ホーユーメンズビゲンムースカラー Amazonで商品の詳細を見る 11個目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、ホーユーメンズビゲンムースカラーです。

泡タイプのヘアカラー剤で、プッシュポンプから出てくる泡で手軽に髪を染められます。

黒色がきれいに入るので髪色戻しとしても使えます。

メンズの市販のおすすめ⑫ギャツビーターンカラースプレー Amazonで商品の詳細を見る 12個目のメンズの市販のおすすめヘアカラー剤は、ギャツビー髪色戻しスプレーです。

こちらは、一日だけ髪色を黒くしたいという時に使えるスプレーで、シャンプーできれいに洗い流すこともできます。

面接等で一時的に髪色を暗くしたいときに便利ですね。

セルフカラーのやり方!おすすめのカラーは? セルフカラーのやり方!おすすめのカラー①定番のブラウン系が人気! Instagram 1つ目のセルフカラーでのおすすめのカラーは、ブラウン系です。

ヘアカラーの定番の色でもあるブラウン系は、セルフカラーでも人気があります。

ダークブラウンならば、セルフカラーをした場合でも暗めの日本人の髪に馴染むので万が一ムラができても目立ちにくいというメリットがあります。

セルフカラーのやり方!おすすめのカラー②アッシュ系もセルフカラーで! Instagram 2つ目のセルフカラーでおすすめのカラーはアッシュ系です。

外国人のようなおしゃれな透明感のアッシュ系のヘアカラーは、市販のヘアカラー剤でも人気がありラインナップが豊富です。

ミルクティー色のような明るめのアッシュはブリーチが必要ですが、写真のようなダークアッシュはセルフカラーでも挑戦しやすいですよ。

セルフカラーのやり方!おすすめのカラー③ピンク系で女性らしくきれいに Instagram 3つ目のセルフカラーでおすすめのカラーは、ピンク系です。

ピンク系は、日本人の肌の色に馴染みやすいことや、女性らしさをアピールできるかわいいカラーです。

秋や春先にピッタリの色ですね。

ピンク系ヘアカラーに使われている薬剤は、日本人の髪色に定着しやすいといわれていて長持ちするというメリットもあります。

おすすめのヘアカラー剤でセルフカラーを成功させよう! Instagram 今回は、セルフカラーにおすすめの市販のヘアカラー剤やセルフカラーを失敗しないコツを中心に紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

デメリットもあるセルフカラーですが、お金がかからず節約になることや短時間でできるというメリットもありますので、興味がある方はこの記事を参考に挑戦してみてくださいね。

また、ここに人気のトリートメントのランキングをまとめた記事を載せました。

セルフカラーでもヘアサロンでのカラーであっても繰り返し行うことで髪はダメージを受けますので、ケアは必要です。

市販のものと美容院のもののおすすめ品が両方載っていますので、この記事を参考にトリートメントを探してケアをしてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • ヘアカラー
  • 市販
  • セルフカラー
  • レディース
  • メンズ
  • カラー
  • ヘア
  • 薬剤
  • トリートメント
  • 失敗
  • 泡タイプ
  • やり方
  • コツ
  • デメリット