恋愛

彼女を束縛する彼氏の特徴・心理10選!束縛する人の種類・対処法も

2018年12月13日更新
彼女を束縛する彼氏の特徴・心理10選!束縛する人の種類・対処法も

今回ご紹介するのは、彼女を束縛する彼氏の特徴・心理。

女性の中には彼氏から束縛されたいという人もいますが、行き過ぎた彼氏の束縛に恐怖心を抱いてしまう人もいます。

この記事には束縛する人の種類や診断方法もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

束縛する人の種類は? 束縛する人の種類①連絡を急かすタイプ 束縛する人の種類の1つ目は、連絡を急かすタイプです。

束縛する男性は相手の行動を把握したい気持ちが強いため、彼女の返信が遅いと何をしているのか気になってしまうことが多いです。

そのため彼女がまだ返信をしていないのに、連続して「どうしたの?」「返信遅いよ?」といったメールやラインを送る傾向があります。

束縛する人の種類②彼女のスマホのチェックをするタイプ 束縛する人の種類の2つ目は、彼女のスマホのチェックをするタイプです。

束縛する彼氏の中には彼女の行動以外にも、どんな友人と付き合っているのか、職場の同僚はどんな人かも把握したい人がいるようです。

そのため彼女がいない隙に彼女のスマホの連絡帳、メッセージやラインのやり取りなど見て人間関係をチェックします。

束縛する人の種類③彼女を思いのままにしたいタイプ 束縛する人の種類の3つ目は、彼女を思いのままにしたいタイプです。

このタイプの束縛する彼氏は、彼女ができたら自分色に染めたい気持ちが強い傾向があります。

その思いが強いため、彼女ができると彼女の外見やキャリアなど、すべて自分の思い通りにしようとします。

さらに彼女の意見は、尊重されることは少ないようです。

束縛する彼氏の特徴5選 束縛する彼氏の特徴①連絡の頻度が多い 束縛する彼氏の特徴の1つ目は、連絡の頻度が多いことです。

先ほどお伝えしたように束縛する彼氏は彼女の行動を気にしているため、毎日の連絡回数が多いです。

彼氏の連絡の頻度が多いことで、愛されていると実感する女性もいます。

ですが連絡無精の女性からすると、束縛する彼氏の連絡の多さに嫌気が差すこともあります。

束縛する彼氏の特徴②彼女の人間関係に干渉する 束縛する彼氏の特徴の2つ目は、彼女の人間関係に干渉することです。

束縛する彼氏は彼女を自分の思い通りにしようとするので、人間関係にも口出ししてきます。

例えば「あの子は遊んでそうだから付き合わない方がいい」「男友達と連絡するのも遊ぶのもやめて」と、友達のダメ出しや男友達と遊ぶことを禁止する彼氏もいます。

さらに自分の彼女がどんな友人と付き合っているのか把握するために、彼女に「友人を紹介して欲しい」としつこくお願いするのも束縛する彼氏の特徴です。

中には紹介されたときに彼女の友人と話をしながら、「この子は彼女と会っても良し」「この子は彼女と会っちゃダメ」と見定めている彼氏もいます! 束縛する彼氏の特徴③彼女への注文が多くなる 束縛する彼氏の特徴の3つ目は、彼女への注文が多くなることです。

付き合った彼女を自分色に染めたい気持ちから、自分好みの服装や髪型を要求してくることがあります。

さらに「結婚後は家のことを任せたい」「男性の多い職場で働かれるのは浮気の心配がある」という考えから、彼女のキャリアにも口出しする男性がいます! 束縛する彼氏の特徴④過去の思い出について聞いてくる 束縛する彼氏の特徴の4つ目は、過去の思い出について聞いてくることです。

束縛しない彼氏でも、過去について質問してくることがあります。

しかしあまりにもしつこいと「この人は束縛する男性かも」と注意した方がいいでしょう。

理由は束縛する人は、恋人の過去までもしっかり把握しておきたいという気持ちがあるからです! 束縛する彼氏の特徴⑤飴と鞭の使い方が上手 束縛する彼氏の特徴の5つ目は、飴と鞭の使い方が上手ということです。

ひどく束縛して彼女を困らせたら、束縛する彼氏は彼女の機嫌を取ろうとブランド物のバッグをプレゼントしたり、高級レストランへ連れて行ったりします。

そのため彼女も「束縛は激しいけど本当は優しい人なんだ」と考え、徐々にのめり込んでいくのです! 束縛する彼氏の心理5選 束縛する彼氏の心理①元カノに浮気された恐怖心がある 束縛する彼氏の心理の1つ目は、元カノに浮気された恐怖心があることです。

束縛する彼氏は過去に元カノに裏切られたというトラウマがあるため、今の彼女のことも100%信じられなくなっているのかもしれません。

そのため彼女がほかの男と会っていないか浮気していないか不安なので、連絡が多くなっていると考えられます。

束縛する彼氏の心理②独り占めしたい・されたい気持ちがある 束縛する彼氏の心理の2つ目は、独り占めしたい・されたい気持ちがあることです。

このタイプの束縛する彼氏は独占欲が強く、彼女を自分の所有物のように扱う傾向があります。

自分のものである彼女がほかの男性に惹かれないか常に心配なのです。

そのため彼女の人間関係をしっかり把握して、男性と会わせないようにします。

また、彼女を独り占めしたいという考えの強い束縛する彼氏は、彼女からも独り占めされたいという心理を持ち合わせていることがあります。

付き合っている女性からの独占欲を感じることで、「自分はこんなにも愛されている」と実感する男性が多いようです。

束縛する彼氏の心理③彼女にもっと愛されたい気持ちがある 束縛する彼氏の心理の3つ目は、彼女にもっと愛されたい気持ちがあることです。

先ほどお伝えしたように、束縛する男性の中には彼女からの独占欲で愛されていると実感する人もいます。

そのため彼女が愛情表現が少ないタイプだと、愛されているか不安になり、連絡を頻繁にして彼女からの愛を確認していると考えられます。

束縛する彼氏の心理④ほかの男性にライバル心がある 束縛する彼氏の心理の4つ目は、ほかの男性にライバル心があることです。

特に彼女がモテる女性であれば、束縛する彼氏の「ほかの男性に取られたくない」「彼女がほかの男性になびかないようにしたい」という気持ちが強まることもあります。

そのため彼女に男友達と遊ぶことや、男性のいるグループ旅行を禁止するのです。

さらに束縛する彼氏は彼女の男友達や職場の男性社員のことも、根掘り葉掘り聞いてくることがあります。

彼女のまわりの男性のスペックを知って、自分より魅力のある人物なのかチェックしているのでしょう。

束縛する彼氏にはほかの男性にライバル心があり、彼女のまわりの男性にはどんな面でも勝ちたいという考えがあります。

束縛する彼氏の心理⑤浮気して疑心暗鬼になっている 束縛する彼氏の心理の5つ目は、浮気して疑心暗鬼になっているということです。

浮気している男性は「自分が彼女を裏切っているから、彼女も同じように自分を裏切っているのかも…」と疑っていることがあります。

それゆえ彼女に浮気をさせないようスマホをチェックしたり、人間関係に口出ししたりして束縛をするのです。

束縛する彼氏への対処法は? 束縛は嫌だし意味がないものだと伝える 束縛する彼氏への対処法として、束縛は嫌だし意味がないものだと伝えることが挙げられます。

彼女が彼氏の束縛に耐え黙ったままだと、束縛がエスカレートしてしまう場合も!そのため一度話し合いの機会を設け、「束縛に困っている」「束縛してもしなくても、好きな気持ちは変わらないから意味がない」と伝えてみましょう。

今までできた彼氏の中でも1番であると褒める 男性の中には過去のトラウマやもっと愛されたいという気持ちのせいで、束縛が激しくなってしまっている人もいます。

そのため束縛する彼氏を褒めて、彼氏の愛されたい気持ちを満たすことも対処法のひとつです!「今までできた彼氏の中で1番!」「ここまで好きになった人はいない」など優しい言葉をかけてあげてくださいね。

束縛する彼氏と穏便に別れる方法は? 彼氏が嫌いなタイプの女性になる 束縛する彼氏と穏便に別れる方法として、彼氏が嫌いなタイプの女性になることが挙げられます。

束縛する彼氏はプライドが高く、自分が別れの原因だと知ると深く傷つくことがあります。

未練が残ったまま別れるとストーカー化する恐れもあるため、あくまで悪いのは彼女とし、彼女が原因で別れたという嘘の事実を作りましょう。

1:1で別れるのが難しい場合は第三者に協力してもらう 第三者に協力してもらうことも、束縛する彼氏と穏便に別れる方法です。

付き合いの長い彼氏であるほど、情が移ってしまい「やっぱり付き合い続けようかな…」と心が揺らぐことってありますよね。

さらに束縛する彼氏に別れを切り出したら、怒って手がつけられなくなりそうといった不安がある方もいるのではないでしょうか? 1:1の話し合いで別れるのが難しいと感じたときは、第三者に協力してもらい別れ話を切り出すことをおすすめします。

というのは第三者がいることで、お互い感情的にならず話し合いを進められるからです。

また別れ話をする場所も自宅ではなくカフェなど人の目につく場所にすることで、冷静に話し合うことができますよ。

ちなみにこちらの記事には恋人との心に残る別れの言葉や、素敵な恋愛だったと思ってもらえる別れ方など紹介されています。

「束縛する彼氏と別れを考えているけど、どういう言葉をかけていいか分からない」とお悩みの方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

彼氏の束縛度を診断したいときは? 過去の彼氏の発言や行動を振り返って診断する 彼氏の束縛度を診断したいときは、過去の彼氏の発言や行動を振り返ってみましょう。

これまでの彼氏の発言や行動が、今回ご紹介した束縛する彼氏の特徴や心理に多く当てはまっていれば束縛度は高いといえます。

ただし彼女に愛されたい気持ちから一時的に束縛が激しくなっている可能性もあるため、見極めてみてくださいね! どこまでが束縛か分からないときは友人に話を聞いてもらって診断する 彼氏の束縛が激しいのかどうなのか、見極めるのが難しいときがあります。

そんなときは、友人に話を聞いてもらい診断してもらいましょう。

第三者から見た友人の冷静な意見や体験談を聞くことでも、彼氏の束縛度を診断できます。

またこちらの記事にも彼氏の束縛度の診断ポイントがまとめられているので、参考にしてください。

彼氏の束縛度の診断ポイント13選!独占欲が強くなる理由は? 束縛する彼氏はトラウマを抱えていることも!浮気をしている可能性もあり 彼氏が束縛するのはトラウマを抱えている、浮気をしているなどさまざまな可能性が考えられます!また「彼氏の束縛度を診断したい」「どこまでが束縛なのか分からない」という方は、ぜひ今回ご紹介した束縛する彼氏の特徴や心理、束縛度の診断方法を参考にしてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 束縛
  • 彼氏
  • 心理
  • 特徴
  • 浮気
  • 連絡
  • 種類
  • 過去
  • 診断
  • 友人
  • 人間関係
  • 第三者
  • 把握
  • 独り占め
  • トラウマ