ライフスタイル

読書をする効果5つ|本を読むメリット・利点や活字を読む重要性とは?

2018年12月14日更新
読書をする効果5つ|本を読むメリット・利点や活字を読む重要性とは?

読書することで得られる効果・メリット5選 読書することで得られる効果・メリット①集中力が高まる 読書することで得られる効果・メリットの1つ目は、集中力が高まることです。

読書中は文字を読み、理解(想像)するため脳はその活動だけに没入しています。

読書中は体を動かしたり、音楽を聴いたり、他の動作を同時に行うことは難しいため、集中力を自然と高めていくことができるのです。

読書することで得られる効果・メリット②想像力が養われる 読書することで得られる効果・メリットの2つ目は、想像力が養われることです。

文字や挿絵を読むだけで、著者が何を言いたいのか、本の中の物語を理解するには想像力が必要です。

本を読むことで、脳内で言葉がイメージ化され、想像力や創造性などクリエイティブな思考を豊かにしていくことができるのです。

読書することで得られる効果・メリット③脳の老化予防 読書することで得られる効果・メリットの3つ目は、脳の老化を予防することです。

本を読むことで脳は非常に多くの活動を行うことになります。

文字を認識する視覚、言語理解、言語のイメージ化をする中で過去の知識や思い出などを想起しながら情報の取捨選択を行っています。

本を読むことで脳の活動を活発化させ、脳の老化を予防することは、脳の老化により引き起こされる病気やボケを防止したり、緩やかにしたりすることに繋がります。

読書することで得られる効果・メリット④精神の安定が得られる 読書することで得られる効果・メリット4つ目は、心の安定が得られることです。

現実世界で嫌なことや、どうしようもなく悲しいことがあっても、本を読むことで別世界に心を移すことができます。

読書は意識を転換し、一つのことから意識をそらす効果があります。

その結果、心のざわつきや荒波を鎮めることができるのです。

読書することで得られる効果・メリット⑤言語能力の向上 読書することで得られる効果・メリット5つ目は、言語能力の向上です。

様々な本を読むことは、様々な人の考え方や言葉の使い方を自然と学ぶことに繋がります。

また、どんなジャンルの本にも書かれた背景には様々な知識や事実があります。

それらの知識も自分の知識として蓄積することができるのです。

本読むことは自然と学習し、多くの情報を得る機会を得ることができる利点があるのです。

著者によって言葉の使い方や表現方法も異なるため、実際の人とのコミュニケーションでも役立つことに繋がります。

活字に触れることで読み書きの能力も向上し、総合的な言語能力の向上に繋がるのです。

知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方は? 知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方①著者にこだわらない 知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方1つ目は、著者にこだわらないことです。

好きな作家さんがいることは問題ありません。

しかし、先入観や拘りが強すぎると視野や考え方を狭めてしまうことなり、多くの知識を得る機会を逃してしまいます。

色々な著者の本を読むことは、効果的な知識の習得に繋がるのです。

知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方③本屋や図書館を一周する 知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方2つ目は、本屋や図書館を1周することです。

無意識にお目当のジャンルの書籍ばかり手にとって読書していることが多く、自分の好みの本しか読まない本の読み方では新たな情報や知識を得る機会を逃していることが多くあります。

本屋や図書館を1周すると、思いもよらない場所で面白そうな本を見つけることができるでしょう。

専門書や子供向け書籍、新書など、表表紙で目に止まったものを手にとってみましょう。

新たな知識を得られる絶好の機会も手にすることができるでしょう。

外出先で時間ができたり、気分を変えて本を探したいなどの時にぜひ利用したい本屋。

本を読むためのカフェスペースがあるところもあり、周りを気にせず落ち着いて本を選ぶことができます。

東京・大阪の本屋を紹介していますので、ぜひ参考にお気に入りの本屋を見つけてください。

知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方③いつでも持ち運ぶ 知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方3つ目は、いつでも持ち歩くことです。

読書は勉強のように机に向かってする必要はありません。

いつでもどんな時でもあなたが”読みたい”と思った時に本を読むことが効果的な読書には大切なのです。

本は持ち運びができるという大きなメリットがあります。

本がそばにあると、読もうかな?と思えるきっかけとなり、知識を得る機会とまります。

移動時間や用事の合間など短時間の読書でも意味があります。

本を持ち歩くと何もしない時間を作らないという利点もあります。

知識を得ながら時間を有効活用でき一石二鳥です。

知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方④誰かと一緒に読む 知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方4つ目は、誰かと一緒に読むことです。

本は誰かと同じ内容を共有できるということが大きな利点です。

また、人が変われば、同じ内容でも受け取る印象や感じることがことが異なります。

それらを読んだ後に言葉に出して共有することが大きな学習効果を生むのです。

誰かと一緒に本を読むと、自分が本から得た知識や情報を言葉に出して誰かに伝えなければいけません。

相手がわかるように話す過程で脳は活発に働きます。

このことで本から得た知識が自分のものとして定着しやすくなるのです。

一緒に本を読む最大の利点は一人では得られないプラスアルファの効果が得られることです。

\ POINT / 一緒に本を読む相手別効果的な本の読み方 子どもと一緒に読むときは、絵本や辞典などでも相手がどう思ったかを聞きながら読みましょう。

「この登場人物は〜のように行動したけどどうしてそうしたのかな?なぜこういう結果になったのかな?」など想像力を掻立てる方法で質問してみましょう。

友人や大人同士で本を共有した場合、本の感想だけでなく、「どの場面が気になった?〜(知らなかった知識)について知っていた?」などと、本の内容を具体的に共有してみましょう。

知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方⑤習慣化する 知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方5つ目は、習慣化することです。

読書を日々の習慣として組み込むことで、集中力や脳の働きが活発化していくため知識の定着がより促されます。

反復動作のように読書が習慣化すれば、読書によって得られた知識が自然と言動や行動に現れ、さらに良い相乗効果へと繋がります。

知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方⑥静かな場所で読む 知識が身につく効果的な読書の仕方・本の読み方6つ目は、静かな場所で読むことです。

電車や街中であれば他にも注意を向けなければいけないことや、音など他の刺激が脳に情報として入ってきてしまいます。

脳の集中力を高め、脳の働きをより活かすためには、静かな環境で読むことに意味があります。

読書する(本を読む)のにおすすめの時間帯は? 読書する(本を読む)のにおすすめの時間帯は夜 読書する(本を読む)のにおすすめの時間帯は夜です。

脳は夜寝ている間に、日中得た情報を取捨選択し必要な情報を残しています。

寝る前に読んだ知識は自然と身につきやすくなるのです。

1日の間で様々なことがあっても、夜寝る前に読書をすることで心の安定を促すこともでき、自然な入眠も促せるでしょう。

読書する(本を読む)のにおすすめの時間帯はリラックスできる時 読書する(本を読む)のにおすすめの時間帯はリラックスできる時です。

心身ともに疲労がある場合は、その回復にエネルギーが必要なため脳の働きは低下しています。

読書によって脳は活発に働くため、リラックしていて落ち着いている時の方が知識の定着や本を読むことを楽しむなどの効果が期待できるのです。

夜が苦手な人は朝の時間を活用しましょう 子供や家の幼児に追われて夜はゆっくりとした時間が取れない人や”夜に本を読むと眠たくなるばかり”という人は朝の時間を活用しましょう。

朝は疲労が少なく、頭がすっきりした状態のため学習効果が期待できます。

朝に得た知識を日中に使用することができると、学習の効果がさらに身につきやすいという利点もあります。

早朝読書の利点は習慣化しやすい点 特に早朝に読書の時間を作ると1日のリズムがつきやすく、習慣化もしやすい利点もありますよ。

準備ギリギリまで寝ているよりも、気分が落ち着き、慌ただしい朝の時間をゆったりとした気分で迎えることができます。

読書のお供におすすめのアイテムは? 読書のお供におすすめのアイテムは温かいコーヒー 読書のお供におすすめのアイテムは温かいコーヒーです。

コーヒーのカフェインは集中力を高めます。

温かいもので体温が上がることで血流もよくなるため脳の働きが低下することを防げ、読書の合間に飲み物を飲むことで脳の休息やリラックス効果も期待できます。

コーヒーが好きではない方はハーブティーもおすすめです。

読書のお供におすすめのアイテムは防寒具 読書のお供におすすめのアイテムは防寒具です。

本を読むことは、身体の活動が伴わないため体が冷えやすくなります。

寒さやコリを感じやすくなると、それらが気になり読書に集中できなくなってしまいます。

ブランケットや靴下などを用いて体を冷やさないようにすると読書をより楽しむことができます。

読者初心者におすすめの書籍は? 読者初心者におすすめの書籍①美人の日本語 Amazonで詳細を見る 読者初心者におすすめの書籍1冊目は、山下景子さんの美人の日本語(幻冬舎文庫)です。

365日を1日1語カレンダーのように紹介してくれます。

ページに沿って読む必要がなく、好きな言葉や自分の記念日を検索しながら気軽にいつでも読むことができます。

言葉の意味や解説も丁寧で、言葉を好きになることができます。

読者初心者におすすめの書籍②学問のすゝめ Amazonで詳細を見る 読者初心者におすすめの書籍2冊目は、福澤諭吉著・檜谷 昭彦翻訳の学問のすゝめー人は、学び続けなければならない(三笠書房)です。

文語体で難しく書かれた本でなく、章によって分かりやすく、そして心の奥に眠っている学習意欲や前向きな気持ちを呼び起こすことができます 読者初心者におすすめの書籍③短編復活 Amazonで詳細を見る 読者初心者におすすめの書籍3冊目は、赤川次郎・浅田次郎・伊集院静等14名の著名著者と集英社文庫編集部編集の短編復活(集英社)です。

著名な作家さんの様々なジャンルの短編小説が収録されています。

小説を楽しむことができ、好きな作家さんが見つかれば次の小説や本選びに繋がります。

読者初心者が本を読むことを楽しみ利点を得るには? 本を楽しみ利点を得るコツは活字の読みや意味にとらわれないこと 読者初心者が本を読むことを楽しむコツは活字を気にしないことです。

活字に重要性はありません。

読めない漢字が出てきても文全体で想像すればいいのです。

他の本ではふりがながついていることもありますし、気になる場合は後で調べてもいいでしょう。

活字に気を取られてしまうと、本の内容を楽しめません。

わからない活字があったとしても、「こんな漢字もあるんだ。

こんな時に使える漢字なんだ。

」と受け止めるだけにしましょう。

活字に対してあなた自身が心の壁を作り、受け入れを拒否しないようにすると、本を読むことは一層楽しく、意味のある時間になります。

本を楽しみ利点を得るコツは小説の中の自分を想像すること 読者初心者が本を読むことを楽しむコツは、小説の中の自分を想像することです。

小説など自分の現実とは違う世界に自分がいたらどう思うか?どう感じるか?自分のことになると想像力はより大きく膨らみます。

ハラハラドキドキしたりする気持ちが大きくなれば、読書の時間がより楽しいものになります。

読書初心者の大きな利点は先入観なく本を楽しめること 読書初心者は先入観がなく本を読むことができます。

先入観があると、本を楽しむことができなくなる場合もあるので、できる限り自分の意見を排除して読むことをおすすめします。

読書を意味のあるものにし、利点を得るためにも、本を読むことを楽しむことがとても大切だからです。

どうしても長編が苦手だという人には絵本がおすすめです。

絵本は少ない絵文字だからこそ、読み手の想像力や思考力を掻き立てます。

そして純粋な思いを思い起こすことができます。

次の記事では大人向けの絵本や、絵本を読む効果を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

読書をする意味や重要性は? 読書をする意味や重要性は心を豊かに教養を深めてくれること 本からは、知識だけでなく物の見方や言葉遣いなど自分の経験や知識だけでは知り得なかった事を知ることができます。

歴史や人の考え方、新たな物事の見方を認識するとあなたの心はより豊かに、教養はより広く、深くなるでしょう。

本を読む意味や重要性は自分の将来に繋がっている 読書の利点は、メリットや効果が自然と身につきやすいという点です。

勉強のように「やらなければいけない」ことではありませんが、それらの利点が学習や仕事、日々の人とのコミュニケーションでも活かされていきます。

将来様々場面であなた自身の評価を高めることに繋がっていくのです。

読書をすることで人や文化の繋がりを感じましょう Instagram 読書をする意味や重要性はたくさんありますが、どれも心身に大きなメリットを与えてくれます。

本を読む行為は、身体を休めてくれ、心のざわつきを鎮めてくれます。

脳は活発に働き、集中力の高まりや新たな知識や視野の広がりを得ることができます。

語順や知識が増えることで、あなた自身の品やコミュニケーション能力も向上します。

これらの利点はとても素晴らしい副産物ですが、本の持つ大きな重要性は知識の伝播や共有が行えることです。

読書をすることで、人と人・文化の繋がりを得ることができるのです。

たかが読書ではない大きな意味を感じて本を楽しみましょう。

キーワード

  • 読書
  • 知識
  • 利点
  • 読み方
  • 仕方
  • 意味
  • 読者初心者
  • 書籍
  • 活字
  • 情報
  • 想像力
  • 自然
  • 集中力