美容

ノーアイラインメイク5選!ナチュラルアイメイクや引かない代わりも

2018年12月17日更新
ノーアイラインメイク5選!ナチュラルアイメイクや引かない代わりも

ナチュラルで可愛いノーアイラインメイクに挑戦してみましょう。

アイラインを引かない代わりにアイシャドウを使うことでナチュラルな可愛い目元を作ることができます。

アイラインなしの可愛いメイクの魅力やアイメイクのコツも紹介します! ノーアイラインとは? ノーアイラインとは|アイラインを引かないナチュラルなアイメイク Instagram ノーアイラインとは、アイラインを引かないナチュラルなアイメイクのことです。

目尻のラインや、目頭切開ラインも書きません。

アイシャドウとマスカラのみでアイメイクを仕上げるため、ふんわりとナチュラルな印象に仕上がります。

目の輪郭がしっかり出てナチュラル感満載です。

デートにもおすすめのアイメイクです。

ノーアイラインとは|アイシャドウの色合いでメイクに変化をつけれる Instagram ノーアイラインとは、アイシャドウの色合いでメイクに変化をつけれます。

画像のようなはっきりとしたピンクを締め色に持ってくれば、ガーリーな印象のあるピンクメイクを優しい雰囲気で作ることができます。

ブルーやグリーンなどを締め色にして、クールなアイメイクを作ることもできます。

アイシャドウの色合いで変化をつけるカラーメイクは、アイラインがあると濃い印象になりがちです。

しかし、ノーアイラインメイクであれば柔らかくふんわりとした印象の目元に仕上げることができます。

また、アイシャドウをアイラインの代わりに使うことができるのでたれ目・猫目も自由自在です。

ノーアイラインの魅力5選 アイラインなしの魅力①透明感と抜け感がアップする アイラインなしの魅力1つ目は、透明感と抜け感がアップします。

目がふんわりとした印象になるので、柔らかさも加えられます。

また、アイラインを引いていてもなんとなく「古いメイク」「垢抜けないメイク」になる人はぜひアイラインなしのメイクをしてみましょう。

印象が変わり、今風のメイクにすることができます。

アイラインを書くことで目の印象が強くなりはっきりとした顔立ちになりますが、一方で目のナチュラルさを薄めてしまいます。

ナチュラルな透明感・抜け感を作りたいのなら、ぜひアイラインなしのメイクに挑戦してみましょう。

アイラインなしの魅力②柔らかくて甘い瞳になれる アイラインなしの魅力2つ目は、柔らかくて甘い瞳になれます。

目をアイラインで囲まないので、輪郭がふんわりと甘くなります。

また、アイシャドウをアイライン代わりに引くのでたれ目のラインを作りやすくなります。

ナチュラルな甘い丸い瞳を作りやすいのが特徴です。

アイシャドウの色合いによって甘さも変えられるのも魅力です。

可愛い暖色系なら、甘くふんわりとした目元になります。

クールな寒色系なら、かっこいい目元が作れます。

かっこいいだけでなく優しい印象も兼ね備えることができるのもアイラインなしメイクならではです。

アイラインなしの魅力③アイラインを引かないからメイク時間が短縮できる アイラインなしの魅力3つ目は、アイラインを引かないことでメイク時間が短縮できます。

また、不器用な方でもメイクがグッと楽になります。

まつげのキワを埋めたり、左右対称に目尻のラインを描いたりとアイメイクは気を使うことも多いですよね。

そんな細かい作業がなくなるのが特徴です。

アイシャドウをアイライン代わりに使う場合に、多少ずれてもぼかして修正しやすいというメリットがあります。

また、アイラインが滲む心配もないので「乾くまで待つ」「定期的にパンダ目になっていないかチェックする」という手間もなくなります。

忙しい朝のメイクやメイク直しの時にも嬉しいですよね。

アイラインなしの魅力④まつげの存在感がアップする アイラインなしの魅力4つ目は、まつげの存在感がアップします。

アイラインを引いていると、まつげの印象よりもアイラインの印象の方が強くなります。

そのため、メイクが華やかに濃くなるのですがアイラインなしであればまつげをより際立たせることができます。

まつげのカールがより綺麗に見えるのが特徴です。

まつげの存在感がアップすることで、目の縦幅が広く見えます。

そのためデカ目効果も得ることができるのです。

まつげで作るデカ目効果は、ナチュラルに目を強調できるので年齢を問わずぜひ活用したいメイク方法です。

マツエクやつけまつげも、よりナチュラルに映えます。

アイラインなしの魅力⑤カラーメイクがしっかり映える アイラインなしの魅力5つ目は、カラーメイクがしっかり映えることです。

色の使い方次第でメイクの印象も思いのままです。

細いアイシャドウブラシやチップで、目尻にカラーアイシャドウを入れるだけでも印象が変わって見えます。

アイラインの代わりに入れることで、優しく目元を引き締めることもできます。

細く入れたアイシャドウも、アイラインで潰してしまうことがなくなるので全体的にカラフルな印象を作りやすいのも特徴です。

色素薄めの目元や、うさぎ目メイクも作りやすいのでぜひ取り入れたいですね。

ノーアイラインのメイク方法5選 ノーアイラインのメイク方法①ぱっちりまつげのナチュラルアイメイク Instagram ノーアイラインのメイク方法1つ目は、ぱっちりまつげのナチュラルアイメイクです。

とてもシンプルなアイメイクですが、ぱっちりと上がったまつげが目元の印象を明るくしてくれます。

とてもナチュラルで可愛いメイク方法を紹介します。

ノーアイラインのメイク方法 1アイホール全体に明るい色のラメをのせます。

2下まぶたにもなぞるようにラメをのせます。

3二重幅に明るいブラウンをのせます。

4ビューラーでまつげをしっかり上げます。

5上と下の両方のまつげにロングマスカラを塗ります。

とてもシンプルなメイクなので、オフィスにもしていきやすいメイクです。

また、ナチュラルなアイメイクは男性ウケもいいのでデートにもぴったりですね。

ロングマスカラを塗ることで、伏し目にした時の目の印象が儚げでミステリアスに映るのもポイントです。

ノーアイラインのメイク方法②アイラインを引かないオレンジメイク Instagram ノーアイラインのメイク方法2つ目は、アイラインを引かないオレンジメイクです。

アイシャドウをアイライン代わりに使うことで、画像のようにはっきりとした印象の目元を作ることができます。

ラメをたっぷり使って華やかなアイメイクにしましょう。

メイク方法を紹介します。

ノーアイラインのメイク方法 1アイホール全体にアイシャドウベースを塗ります。

2オレンジシャドウを二重幅より少し広めにのせます。

3下まぶたもなぞるようにオレンジシャドウをのせます。

4ラメパウダーを黒目の上に広げるようにのせます。

下まぶたも同様に、目頭にも少しのせます。

5ブラウンシャドウを細いチップ(ブラシ)にとります。

6黒目の上から目頭に向かって流れるようにブラウンシャドウをのせます。

7下まぶたも目尻側にブラウンシャドウをのせます。

8目尻をブラウンシャドウで「くの字」に囲みます。

9まつげをビューラーであげ、マスカラをつけます。

アイラインを引かなくても、アイシャドウで「くの字」に囲むことを意識すれば目を立体的に見せることができます。

目尻をしっかり引き締めてくれるので、ぼやけた印象になりすぎない女性らしい強気な印象も作ることができますね。

ノーアイラインのメイク方法③アイラインを引かないピンクのガーリーメイク Instagram ノーアイラインのメイク方法3つ目は、アイラインを引かないピンクのガーリーメイクです。

うさぎのように儚げで可愛い目元を作ることができます。

可愛いショッキングピンクのシャドウだと、画像のように明るくかわいらしい目元になります。

ほんのりたれ目になるのが可愛いですね。

メイク方法を紹介します。

ノーアイラインのメイク方法 1アイホール全体にベージュのアイシャドウをのせます。

2二重幅と下まぶたに薄いブラウンのアイシャドウをのせます。

3黒目の上から目尻に「くの字」で囲むようにピンクのアイシャドウをのせます。

4まつげをビューラーで上げてマスカラを塗ります。

5下まつ毛の黒目の下にだけつけまつげを小さく切って貼ります。

腫れぼったく見えがちなピンクのアイシャドウをすっきり見せるポイントは、アイホール全体ではなく「黒目の上から目尻にかけてアイシャドウをのせる」ということを意識することです。

全体にのせるよりもすっきりとした印象になり、アイメイクがうまくまとまります。

ノーアイラインのメイク方法④ブラウンアイシャドウのキラキラメイク Instagram ノーアイラインのメイク方法4つ目は、ブラウンアイシャドウのキラキラメイクです。

大人っぽい目元に仕上がります。

アイラインは、年齢を重ねるごとに段々と似合わなくなってきたと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時はアイシャドウで引き締めメイクをするのがおすすめです。

メイク方法を紹介します。

ノーアイラインのメイク方法 1アイホール全体にラメ入り明るいアイシャドウをのせます。

2目頭にも同様のアイシャドウをのせます。

3二重幅より広めに明るいブラウンのアイシャドウをのせます。

4下まぶたもなぞるように同様のアイシャドウをのせます。

5恋ブラウンを目尻を「くの字」で囲むように入れます。

6まつげをビューラーであげ、マスカラをつけます。

大人っぽいスモーキーアイを作ることのできるアイメイクです。

ブラウンのアイシャドウはどんな人でも似合いやすく、年齢を問わず使いこなしやすい色です。

グラデーションを意識しつつ柔らかい瞳を作ることで、メイク上手な印象も受けますね。

ノーアイラインのメイク方法⑤カラコンとアイシャドウで作る色素薄いメイク Instagram ノーアイラインのメイク方法5つ目は、カラコンとアイシャドウで作る色素薄いメイクです。

カラコンの色を薄めのブラウンなど、色素の薄い色にすれば透明感あふれるアイメイクが作れます。

ピンクシャドウと合わせることで、ハーフのような雰囲気も出せるのが特徴です。

マスカラの色も変えて、カラーメイクを楽しみましょう。

ノーアイラインのメイク方法 1アイホール全体に薄いベージュをのせます。

2二重幅と下まぶたを濃いピンクで囲みます。

3まつげをビューラーであげて、ブラウンのマスカラを塗ります。

4目尻だけにピンクのマスカラをのせます。

もちろんピンクのマスカラなしでも可愛いですが、目尻のピンクを強調することでたれ目に見える効果もあります。

全体をピンクのアイシャドウで囲って、少しスモーキーな雰囲気も出すのがポイントです。

アイブロウの色も薄いブラウンにすることで、より色素薄いメイクになりますね。

ナチュラルで可愛いアイメイクにするコツは? ナチュラルで可愛いアイメイクのコツ①アイシャドウをアイラインの代わりに Instagram ナチュラルで可愛いアイメイクのコツ1つ目は、アイシャドウをアイラインの代わりに使うことです。

どんな色のアイシャドウでも目尻に引き締めカラーをのせてあげるだけで、アイメイクがキュッと引き締まった印象になります。

デカ目効果もあるので、アイラインなしでも十分大きな目元が作れます。

画像のようにピンクのアイシャドウを入れて、少し儚げで可愛い目元にしてもとても可愛いですよね。

アイラインがないおかげで派手になりすぎず、ナチュラルな印象を保つことができます。

ぜひノーアイラインメイクをするなら取り入れたいテクニックです。

ナチュラルで可愛いアイメイクのコツ②まつげはしっかり上げよう Instagram ナチュラルで可愛いアイメイクのコツ2つ目は、まつげをしっかりあげることです。

まつげをあげることで、目の華やかさがアップします。

華やかさがアップすることで、可愛く上品なアイメイクになります。

また、縦幅が出るので目をナチュラルに大きく見せる効果もあります。

ロングタイプのマスカラを根元からつけて、上に持ち上げるようにつけることで根元からしっかりとおうぎ形に広がるまつげを表現できます。

アイラインがないので、下まつげにマスカラを塗っても控えめで自然な印象に見えます。

普段塗らない人も、アイラインを引かない時はぜひ上下にマスカラを塗ってみましょう。

ノーアイラインメイクでナチュラルな可愛い目元を作ろう! アイラインを引かない、ノーアイラインのアイメイクについて紹介しました。

普段アイラインを引くメイクをしている方も、これを機にノーアイラインに挑戦してみてくださいね。

普段と違った目元で、一気に今風の流行顔になることができます。

アイシャドウの入れ方次第でデカ目効果もしっかり得られるのが嬉しいですね。

ノーアイラインはデートにもぴったりで、ナチュラルで可愛い目元を簡単に作ることができます。

ぜひ挑戦してみましょう!他にもメイクの参考になる記事を紹介します。

合わせて読んでみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • アイライン
  • メイク
  • アイシャドウ
  • ノーアイライン
  • ナチュラル
  • まつげ
  • アイメイク
  • 目元
  • 魅力
  • マスカラ
  • 目尻
  • ピンク
  • ブラウン
  • 全体