恋愛

辛いけど実際ある!!美人とブスの格差と扱いの違いの定義とは?

2018年12月17日更新
辛いけど実際ある!!美人とブスの格差と扱いの違いの定義とは?

美人とブスの定義 美人の定義 そもそも美人の定義とは一体何なのでしょうか?多くの人が考えるのが「顔」のバランスではないかと思います。

では美人とはどのような顔なのでしょう・・・正直言ってこの定義には個人差があるのも事実です。

誰もが容姿に対して「好みのタイプ」があるので仕方のないことなのです。

世の中には万人受けする美人も存在します。

美人の定義には「スタイル(体型)」も重要な要素になるので、顔だけではなく体型も大事なポイントになるようです。

「痩せたら美人」と言われている人は、まだ「美人」の枠には入っていないようです。

\ POINT / 「美人」ってハードルが高い言葉!? 顔が可愛いとか、スタイルが良いとか女性を褒める言葉は多くありますが、「美人」はかなり完璧度が高く、よっぽど綺麗でスタイルが良くないと簡単に言われる言葉ではないようです。

ブスの定義 ブスの定義と言うのは美人の定義に比べて様々な種類があるようです。

一番代表的な定義は「顔のバランス」や「スタイル」などの容姿に関わる部分、その他にも態度や話し方などの内面的部分でブスに見えてしまうこともあるそうなのです。

容姿に関わる部分のブスの場合は自分自身で気づけることも多く、顔はスキンケアやメイクで、スタイルはダイエットである程度の改善は可能です。

しかし、内面的な性格ブスは目に見えてわからないため、自分のちからで改善するのはとても難しいのではないかと思います。

どちらのタイプのブスだったとしても、美人と格差をつけられてしまうことに変わりはありません。

できれば周囲からブスだと判断される前に改善できるところは改善して、この格差を回避できたら不幸中の幸いなのではないでしょうか。

美人とブスの格差と扱いの違い 美人とブスの格差に気づくタイミング 幼い頃は誰しもが自分自身が美人なのか、それともブスなのかを気づかされることはなくある程度まで成長します。

しかし学校に行き友達ができ、家族以外の人と接する機会が増えれば増えるほど、自分が団体生活においてどのようなポジションにいるのかを、気づかされる時期が訪れるのではないかと思います。

女性が最初に自分の容姿を気にしだすのが、主に思春期と呼ばれる頃だと言われています。

そんな中「初恋」を経験すると、相手にどう思われているかを気になり出すため、自分の容姿が気になったり、クラスの美人な女子と比べてコンプレックスを感じたりするのです。

思春期は特に繊細で様々なことに悩む時期です。

男子に比べて女子は特にこの時期に格差に対してもとても敏感になっています。

若い時期に感じた美人とブスの格差が、今後の人生を左右する重大なことだと言っても過言ではないと思います。

周囲からの「美人」の扱い 美人な女性は学生の頃から周囲から特別扱いを受けているのではないでしょうか。

些細なことでも自分自身でも特別扱いされていることを感じとっているはずです。

周りの男子が優しい、クラスの女子が何かと機嫌を取ろうと近づいてくる、習い事の先生が自分にだけ優しい・・・など、様々な場面で特別扱いされているのです。

良い待遇を受けることが当たり前になってしまうと、大人になってからも自分は特別だと思い込んでしまう傾向があります。

その待遇の良さがずっと続けば良いのですが、そうとは限りません。

特別扱いに慣れている美人は、特別扱いされない場面に直面するとどう対処して良いのかわからなくなってしまうそうです。

とは言うものの、やはり美人への高待遇は様々な場面で実際にあるようです。

「甘やかされている」と言われてしまえばそれまでですが、それで人生を乗り切って行けるのが美人に生まれた女性の特権なのかもしれませんね。

周囲からの「ブス」扱い 美人の高待遇と比べてしまうと、悲惨とも言えるのがブスの対しての周囲の扱いです。

男性からは仕方ないとも言えますが、女性からの扱いが特にひどいのだそうです。

最近では、職場などでもブスだというだけで女性同士でもかなりひどい扱いをされるのだそうです。

美人に対して微笑む人たちも、ブスに対しては指をさして大笑いすることもあるようです。

決して明るい性格ではなくても、無理して明るい性格を演じなければ友達にすらなってもらえないという意見もありました。

そんな毎日を送って行くのはどんなに辛いことでしょう。

「ブスだから・・・」、「ブスにさえ生まれなければ・・・」と周囲の女性と自分を比べてネガティブになってしまう人も多いのだそうです。

ネガティブになってしまっている女性が少しでもポジティブ思考を持てる人間関係を構築することは難しいことなのでしょうか。

職場の人間関係にお悩みの方はこちらを参考にして下さい。

美人とブスの格差によって起こる性格的問題点 美人は得をしていることに目覚める 女性は容姿に対しての格差を感じ続けることでその人の性格にも影響を与えてしまいます。

美人の場合は特に、その容姿だけで得をしていることに目覚めてしまい、良い待遇をしてもらうのが当たり前になってしまいます。

周囲が美人とブスの格差をちけることが、女性の性格に大きな影響を与えてしまっているのです。

美人が特別扱いを受け続けると、わがままがエスカレートしてしまい、美人ではない女性を見下してしまうこともあります。

そうなってしまうと同性から嫌われてしまったり、性格が悪いと言われてしまうなどのデメリットな部分も生まれてしまいます。

ブスは場合により性格までブスになってしまう ブスは長きに渡り美人と比べられて嫌な思いをしています。

自分が望んでいるわけでもないのに、コンプレックスに対しての抗体ができてしまうのかもしれません。

ブスは見た目が悪い分性格が良い人が多いと言いますが、本当にそうなのでしょうか。

長い間美人との扱いの違いに向き合っているにも関わらず、素直な綺麗な心を持ち続けることができる、強いメンタルを兼ね備えている人はほとんどいないのではないでしょうか。

比べられ続けることで美人を羨み、物事を卑屈に考えてしまうのは当然なのではないのかと思います。

それに加えて、「自分も美人のような扱いを受けてみたい!」、「美人のように男性から熱い視線で見られてみたい!」などと言った願望も生まれるでしょう。

ブスの扱いを受けてネガティブになるだけではなく、考えを見直すタイミングも必要だと思います。

美人かブスかは関係ない!?男性が女性を選ぶ基準 男性が「顔」を意識するのは初対面のみ!? 男性が女性と初めて会った時に、最初にチェックするところの第一位は「顔」なのだそうです。

その後に「スタイル」を見るそうです。

しかし、最終的に男性が一番重視するところは「フィーリング」や「価値観」なのだそうです。

ですから、多少ブスでもちゃんと男性に愛されて幸せになっている女性はたくさんいるのです。

初対面ではお互いのことが何もわからないので、外見で判断してしまうのも仕方がないのかもしれません。

これに関しては男性も女性もお互い様の様な気がしませんか?初対面では重要な外見も、時間が経つにつれてさほど重要なものではなくなってくるのかもしれませんね。

その理由として多いのが、「外見よりも大事だと思えるくらいの良いところを見つけたから」だそうです。

相手を好きになるのは外見が100%では決してないのです。

外見は最初のきっかけであって、男性はそれだけで女性を判断しているわけではなさそうです。

仲良くなれば美人かブスかは関係なし! 男性は女友達の場合は特に美人かブスかはほとんど気にならないそうです。

女友達に求めるところは、一緒にいて楽しいのかどうかで美人かどうかではないのです。

性格さえ合えばブスでも男友達がたくさんいる人も多く存在しています。

元気で明るく性格の良い女性であれば、美人もブスも関係なく自然と自分の周りに人が集まってくるはずです。

関係が深くなればなるほど、見た目など気にしなくなるのではないでしょうか。

ブスでも綺麗になれる方法 綺麗になる為に考え方を見直してみよう! 「私はどうせブスだし」などと自分で勝手に諦めてはいませんか?その考え方はあなたをもっとブスにしてしまう可能性もあるのです。

早くそんな自分を卒業し、美人との格差を少しでも縮めましょう。

女性は誰もが自分の努力次第で美人に近づくことができるのです。

念じるだけで顔が美人に変わるわけではありません!自分の手をかけて自分自身を美人に近づかせるのです!まずは今の自分をひとつずつ見直してみましょう。

スキンケアはしていますか?髪の毛のケアはしていますか?太りすぎてはいませんか?まずは今の自分と向き合い改善すべき点を確認しましょう。

自分磨きの方法がわかればあとは実行するのみです!どうしても方法がわからない場合は身近にいる綺麗な女友達に相談してみるのも良いでしょう。

誰かと美容の話をするだけでも美意識が高まり、一緒にいるだけで相乗効果になるはずです。

整形メイクを研究する 最近では「整形メイク」と言われるメイクがあるくらい、自分のコンプレックスをメイクでカバーすることができます。

メイクのラインナップもかなり多くなっています。

たくさんありすぎて困惑してしまうかもしれませんが、自分が顔のどの部分にどんなコンプレックスがあるか理解すれば何を使うべきかわかるはずです。

自分を劇的に変えることができるのが「アイメイク」だと言われています。

一重まぶたで悩んでいる女性が、アイプチやテープで二重まぶたにし、つけまつ毛やマツエクをすることで目元は大きく変化します。

最近は多くのメイク方法がネットでも検索できますので参考にしてみるのも良いと思います。

体型を見直す 美人の定義にはスタイルも重要です。

ブスだといって諦めるのではなく、少しでも美人に近づく努力をしましょう。

その努力の結果美人との格差が縮められ、扱いの違いを感じることも少なくなるのではないでしょうか。

女性の美意識は諦めとともに消滅してしまうことを忘れないでください。

スタイルが綺麗になるだけで間違いなくファッションの幅も広がり、楽しめる洋服の種類も多くなります。

太っているから着れずに諦めているなんてもったいないです!自分に無理のない程度のダイエットを始めてみるのはいかがですか? ファッションや髪型を見直す スキンケアやヘアケア、メイクにダイエット・・・やることはたくさんありますが、全ては自分自身のためです。

段階を踏んで自分と向き合うことができ自分磨きが進んだら、友達とショッピングにでかけ、トレンドの服で着飾ってみるのもおすすめです。

今までの自分との違いに気づき自分に自信が持てると、きっと毎日が楽しくなるに違いありません。

自分のちからで美人に近づくことは可能なのです。

女性として生まれたからには、たくさんの女性ならではの楽しみを見つけるのも美人への第一歩です。

まとめ 美人だからと上から目線になるわけではなく、ブスだからと卑屈になるわけでもなく、女性に生まれたからには全ての女性に人生を楽しんでいただきたいものです。

自分の見た目は、自分の努力次第で良くも悪くもなります。

ですからできれば良い方に変えて行きたいものですよね? 自分に自信が持てると、毎日明るく楽しく過ごすことができるはずです。

どんなコンプレックスを抱えていてもすぐに諦めず、解決への道を探してみましょう!毎日の生活をポジティブに送りたい方はこちらを参考にしてみてください。

キーワード

  • 美人
  • ブス
  • 格差
  • 定義
  • スタイル
  • 性格
  • 周囲
  • 容姿
  • 特別扱い
  • コンプレックス
  • メイク
  • 綺麗
  • 違い
  • 外見