恋愛

目が死んでる人の特徴13選|死んだような顔の原因と改善する方法は?

2018年12月18日更新
目が死んでる人の特徴13選|死んだような顔の原因と改善する方法は?

目が死んでるとは? 目が死んでるとは「生気のない目」という意味 目が死んでるとは、「生気のない目」という意味があります。

魚の目で考えてみると良いかもしれません。

水族館などで泳いでいる魚の目はキラキラしています。

目を見るだけで「生きている」ということがはっきりわかります。

ですが、魚屋さんに並んでいる魚はどうでしょうか?あれらの魚と同じ目をしている、ということです。

目が死んでるとは「目が腐ってる」という意味もある 目が死んでるとは、「目が腐ってる」という意味もあります。

これまで悲惨な状況ばかりを見続けてきた人は、このような目をすることがあります。

特に、戦場でたくさんの人たちの生き死にや、悲惨な現状を見て来た人たち、更にはそれに関わってきた人たちは、このような目をします。

戦場から戻ってきた兵隊も含まれています。

目が死んでるとは「死んだような目」という意味もある 目が死んでるとは、「死んだような目」という意味もあります。

これは、「精魂尽き果てた」ということです。

例えば仕事が忙しすぎて、10日間まともな睡眠時間も取れず、休みもなしで働き通しだった人は、このような目をすることがあるでしょう。

肉体的にも精神的にも疲労困憊で、場合によっては倒れる一歩手前の状態です。

目が死んでる人の特徴13選 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴①やる気がない 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の1つ目は、やる気がない、という特徴です。

すべてにおいて、やる気が感じられません。

「頑張ろう」という気持ちがまったく感じられず、何かをお願いしても、「頼まれたから仕方なく引き受ける」といった気持ちが、はっきり感じられます。

こちらのやる気もそがれることがあります。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴②毎日忙しい 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の2つ目は、毎日忙しい、という特徴です。

毎日とても忙しいケースもあります。

これは、多くのことを引き受けすぎているのでしょう。

お願いされたことをどんどん引き受けてしまう為、目の前に仕事が山積み状態になり、それを日々こなしていくことに、必死になっているのです。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴③嫌々やっている 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の3つ目は、嫌々やっている、という特徴です。

言葉ではっきり「嫌です」や「やりたくありません」などのような意思表示はしません。

ですが、明らかに態度や雰囲気から、嫌々やっていることが明確に読み取れます。

本当は嫌なのですが、それを言葉で表現することは苦手なのです。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴④「つまらない」が口癖 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の4つ目は、「つまらない」が口癖、という特徴です。

周囲の人たちが楽しんでいても、突然「つまらない」と言い始めます。

また、ぼんやりしている時でも、誰に言うでもなく独り言として「つまらない」と言います。

楽しいと思える事がなく、本気でつまらないと思っているのでしょう。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑤「どうせ」が口癖 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の5つ目は、「どうせ」が口癖、という特徴です。

「どうせ私は何をやってもダメなんだ」や「どうせ間に合わない」などのように、必ず発言の最初に「どうせ」がつきます。

「どうせ」ということで、自分のやる気や気力を削いでしまっているのです。

本人はそのことに気づいていません。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑥ため息が多い 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の6つ目は、ため息が多い、という特徴です。

仕事をしている最中でも、突然ため息をついたり、誰かに何かをお願いされた時でも、ため息をついたりします。

ため息をつくことが癖になっているのでしょう。

本人は自分がため息をついている、ということにまったく気付いていません。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑦いつもだるそう 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の7つ目は、いつもだるそう、という特徴です。

表情だけでなく、声のトーンや表情、雰囲気そのものがいつもだるそうです。

また、動きも機敏とはお世辞にも言えません。

歩くのが遅い、という特徴もあわせ持っています。

きびきび動く、ということにエネルギーを使いたくないのです。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑧笑顔がない 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の8つ目は、笑顔がない、という特徴です。

少ないのではありません。

「ない」のです。

無表情に近い表情をいつもしているでしょう。

楽しいと思う事がほとんどない為、笑顔になることもほとんどないのです。

自分はいつも笑顔ではなく、無表情であるという事に気づいていないでしょう。

いつも笑っている人委の心理についてご紹介している関連記事と、笑顔でいることの大切さをご紹介している関連記事があります。

どちらもリンクいたしますので、ご覧ください。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑨声が小さい 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の9つ目は、声が小さい、という特徴です。

話しかけても声がとても小さく、返事をしてくれていないと勘違いすることもあるかもしれません。

それくらい声が小さいのです。

大きな声を出す為にも、それなりのエネルギーが必要になります。

そのエネルギーがその人にはないのです。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑩自分の意見がない 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の10個目は、自分の意見がない、という特徴です。

自分の意見を持つ為には、相手の話にしっかり耳を傾け、自分の中で整理をしなければなりません。

これら一連の作業には、それなりの労力やエネルギーが必要です。

その為のエネルギーがない為、自分の意見が湧いて来ないのです。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑪自信がない 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の11個目は、自信がない、という特徴です。

自信は何もしないで湧いてくるものではありません。

弛まない努力や多くの様々な経験を乗り越えることによって、自信というものが自分の中に湧き上がってきます。

努力もしませんし、経験することも好きではない為、自信もないのです。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑫うつむき加減 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の12個目は、うつむき加減、という特徴です。

これは自信がない人にありがちな行動です。

自信がない人は、自然と顔もうつむき加減になります。

また、顔を上げていて誰かと目があったら、挨拶をしたりしないといけません。

そのようなことをあまりしたくない、という理由もあります。

目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴⑬仕事が遅い 目が死んでる人・死んだ目や顔の人の特徴の13個目は、仕事が遅い、という特徴です。

そもそもやる気がないのですから、仕事が早くなるということはないでしょう。

仕事が早いのは、それなりにやる気があるからです。

また、嫌々やっている可能性もあります。

すると、自然と仕事の処理スピードは遅くなってしまいます。

目が死んでる人の原因は? 死んだ目や顔の人の原因①死ぬような思いをした 死んだ目や顔の人の原因の1つ目は、死ぬような思いをした、という原因です。

これは実際にそういう場面に遭遇したということです。

最も良い例は実際の戦地に赴いた兵士たちでしょう。

常に生と死の極限状態にさらされ、死ぬような思いをし続けてきました。

そのような経験をすると、目が死んでしまうのです。

死んだ目や顔の人の原因②疲れている 死んだ目や顔の人の原因の2つ目は、疲れている、という原因です。

仕事が多忙を極めている場合には、このような表情になるでしょう。

毎日日付が変わるまで残業をし続けていたり、休日返上で毎日仕事をしていると、肉体的にも精神的にも疲労が溜まっていきます。

それらの溜まりたまった疲労が、目や顔に表れているのです。

死んだ目や顔の人の原因③ストレスが溜まっている 死んだ目や顔の人の原因の3つ目は、ストレスが溜まっている、という原因です。

日常生活の中で、ストレスはどんどん溜まっていきます。

それらのストレスは、ある程度は睡眠などのリラックスすることで解消されていきます。

ですが、リラックスすることがあまりない環境や、ストレスが多い場合には、目や顔にあらわれます。

死んだ目や顔の人の原因④感情を抑え込んでいる 死んだ目や顔の人の原因の4つ目は、感情を抑え込んでいる、という原因です。

抑え込んだ感情の多くは、怒りや悲しみでしょう。

不満の場合もありますが、その不満は溜め込みすぎるとやがて怒りに変化します。

溜め込んだ怒りや悲しみは、外へ出て行くこともなく行き場を失います。

それらの感情が目や顔に表れるのです。

死んだ目や顔の人の原因⑤体調が悪い 死んだ目や顔の人の原因の5つ目は、体調が悪い、という原因です。

体調が悪い時には、目や顔に表れてしまいます。

もし、死んだ目や顔をしている人を見かけた場合には、体調を気遣ってあげると良いかもしれません。

あなたが体調を気遣ってあげることで、本人も病院に行くきっかけになるかもしれません。

死んだ目や顔の人の原因⑥自分が嫌い 死んだ目や顔の人の原因の6つ目は、自分が嫌い、という原因です。

自分が嫌いな人は、死んだ目や顔をします。

自分自身が嫌いなのですから、自分を受け入れていないのです。

受け入れられなかった自分自身は、生気を放つことがない為、死んだ目や顔をするようになります。

自分が嫌いという思いは、目や顔に表れるのです。

目が死んでるのを改善する方法は? 目が死んでるのを改善する方法①自分を好きになる 目が死んでるのを改善する方法の1つ目は、自分を好きになる、という改善方法です。

自分を好きになりましょう。

あなたの中にいるもう一人のあなたは、あなたに好きになってもらいたい、受け入れてもらいたいと願っています。

否定されれば誰だって辛くて悲しいものです。

まずは、自分を好きになることから始めましょう。

目が死んでるのを改善する方法②睡眠をしっかり取る 目が死んでるのを改善する方法の2つ目は、睡眠をしっかり取る、という改善方法です。

肉体的にも精神的にも疲れが溜まりすぎると、それらは目や表情にはっきり表れます。

あなたは自分で気づいていないかもしれませんが、とても疲れているのかもしれません。

丸一日寝る、くらいのつもりでしっかり睡眠を取りましょう。

目が死んでるのを改善する方法③手持ちの仕事を減らす 目が死んでるのを改善する方法の3つ目は、手持ちの仕事量を減らす、という改善方法です。

手持ちの仕事量がとても多いと、ゴールが見えません。

片づけても片づけても減らない仕事には、誰でもうんざりした気持ちになります。

自分のキャパシティを考え、それを大幅に超えるような仕事は、抱え込まないようにしましょう。

目が死んでるのを改善する方法④泣く時間を作る 目が死んでるのを改善する方法の4つ目は、泣く時間を作る、という改善方法です。

抑え込みすぎた感情が原因の場合は、涙を流すことで、それらの感情が外へ出て行きます。

悲しいドラマや映画を見たり、または悲しい内容の本などを見て、思い切り涙を流す時間を作りましょう。

気持ちがすっきりして、ストレスも解消されます。

目が死んでるのを改善する方法⑤趣味を持ってみる 目が死んでるのを改善する方法の5つ目は、趣味を持ってみる、という改善方法です。

趣味を持ってみると、人生のスパイスになる場合があります。

少しでも興味が湧いたものや、または簡単にできそうだと感じたものから始めてみると良いでしょう。

本格的なものは疲れる為、趣味選びの際には注意が必要です。

目が死んでるのを改善する方法⑥カウンセリングを受けてみる 目が死んでるのを改善する方法の6つ目は、カウンセリングを受けてみる、という改善方法です。

根本的な解決を望むなら、カウンセリングを受けてみることも考慮に入れましょう。

意外な原因があるかもしれません。

カウンセラーはその原因を探り当てるプロです。

プロに任せて原因を探ってみるのも一つの方法です。

目が死んでる人は実はとても疲れているのかも 目が死んでる人は、実はとても疲れているのかもしれません。

毎日の生活のリズムを振り返ってみましょう。

しっかり睡眠は取れていますか?休息はどうですか?仕事量はあなたにあっていますか?目は、あなたの体調や精神状態を明確に表すバロメーターです。

目が死んでると感じた場合は、休息に焦点を当ててみましょう。

キーワード

  • 特徴
  • 仕事
  • 改善
  • やる気
  • ストレス
  • 改善方法
  • 体調
  • 感情
  • ため息
  • 意味
  • エネルギー
  • 睡眠