美容

優しい顔に見えるメイク方法9選!きつい顔の印象の変え方や目元も

2018年12月20日更新
優しい顔に見えるメイク方法9選!きつい顔の印象の変え方や目元も

優しい顔の人って好印象を与えるし憧れることありますよね?今回は優しい顔の特徴やきつい顔の人でも優しい雰囲気の美人に見えるメイク方法、優しい人になる方法などを紹介させていただきます。

自分は優しい顔になれないと諦めず努力して優しい顔を手に入れましょう。

優しい顔の特徴9選 優しい顔の特徴①笑顔が素敵 優しい顔の特徴の1つ目は笑顔が素敵なことです。

人の第一印象は数秒で決まると言われています。

優しい顔をしている人は、常に口角が上がっていて柔らかい雰囲気を持ち相手に好印象を与えます。

又優しい顔の人は心も穏やかな性質の人が多く、怒りなどの感情をあまり表さないので親しみやすいイメージを持たせます。

笑顔は人とのコミュニケーションに重要な役割を果たします。

常日頃から口角を上げるように意識してみましょう。

口角が上がると同時に前向きな気持ちにも導いてくれるので貴方をさらに明るくしてくれるでしょう。

優しい顔の特徴②唇が厚く魅力的 優しい顔の特徴の2つ目は唇が厚く魅力的なことです。

人相学でも唇の厚さは情と深い関係を持っているとされています(上唇が厚めの人は注ぐ愛情が深い、下唇が厚めな人は持っている愛情が多いなど)。

唇が厚い人は穏やかな心を持ち優しい人が多く、唇が薄めな人はクールや知的な印象を与えるといわれています。

もともと唇が薄めな人でもメイクの仕方を工夫することでふっくらと魅力的な唇をつくることができます。

又、メイクだけでなく普段から保湿などをしてケアをしてガサガサの唇にならないよう注意することも大切です。

優しい顔の特徴③ふっくらした丸顔 優しい顔の特徴の3つ目はふっくらした丸顔なことです。

ふわふわしていて輪郭がハッキリしていない人や、少し肉付がいいぽっちゃりした人は骨格が分かりづらく、顔に丸みをもたらし人に柔らかさや優しい印象やイメージを与えます。

逆に骨格がハッキリしている顔立ちは美人に見えますがきつい顔などの印象を持たせます。

ふっくらした頬と笑顔が素敵な女性は、雰囲気美人を醸し出します。

ハッキリした顔立ちの方もチークなどの入れ方ひとつで女性らしい雰囲気を手に入れられるので、諦めず努力してみましょう。

優しい顔の特徴④目尻が下がっている 優しい顔の特徴の4つ目は目尻が下がっていることです。

目尻が下がっている人や垂れ目がちな人は常に朗かで笑顔が多い(笑うことで目尻が下がることから)印象を与えます。

又、目尻が下がっていることで優しく柔らかい親しみやすい雰囲気を感じさせます。

ツリ目な人でもメイクなどでも垂れ目を作ることはできます。

優しい顔の特徴⑤下がり眉 優しい顔の特徴の5つ目は下がり眉なことです。

綺麗な直線を描いた眉や直角になってない下がり気味の眉毛は人に柔らかい優しい印象や雰囲気を与えます。

ですが、もともと下がり眉の人が口角も下がってしまっていると悲しそうな顔に見えることもあります。

自分が思ているより、眉の印象が人に与える影響は大きいので整えたり、少し下がり眉を意識してメイクしたりするだけでもきつい顔の印象は和らげられます。

優しい顔の特徴⑥目尻に笑いシワがある 優しい顔の特徴の6つ目は目尻に笑いシワがあることです。

目尻にシワができるのは笑顔になった時などに目をクシャっと細めることからできます。

優しい顔の人は顔をしかめたり、目を吊り上げることは少なく目尻にシワがある人が多いとされています。

目尻のシワは人に安心感や優しい印象を与え親しみやすい雰囲気を感じます。

優しい顔の特徴⑦眉間に縦ジワがない 優しい顔の特徴の7つ目は眉間に縦ジワがないことです。

日常生活でよく顔をしかめていたり、イライラしたり怒っている人は眉間に縦ジワや癖が出来てきつい顔になってしまっています。

優しい顔に見える人は穏やかな性質の人が多く、笑顔でいることが多いので眉間にシワができることないとされています。

優しい顔の特徴⑧目が澄んでいる 優しい顔の特徴の8つ目は目が澄んでいることです。

人の目にはその人の性格や経験、人生観などを表すパーツとされています。

優しい顔に見える人や本当に優しい人は、人のことを思いやれる気持ちを持っているので目(瞳)が綺麗なことが多いです。

逆に常に笑顔な人でも目が笑っていない時などは違和感を感じさせます。

優しい顔の特徴⑨健康的な肌 優しい顔の特徴の9つ目は健康的な肌なことです。

優しい顔に見える人は自分のことはもちろん、身の回りのことも大切にできる人が多いとされています。

どれだけ優しそうな人でも不健康な人(肌が荒れているなど)は人に優しいという印象を与えません。

優しい顔の人は健康そうで清潔感を持っています。

又、肌が綺麗なことは美人に見えることでもあります。

どれだけ顔立ちが整っていても肌が荒れていたり不健康そうな感じが見えてしまうと美人効果は半減してしまうので、日頃のケア(保湿など)を心掛けましょう。

また下記では、本当に優しい人の性格や特徴について詳しく紹介していますのでこちらの記事の方も是非合わせて参考にしてみてください。

優しい顔の印象やメリット 印象やメリット①きつい顔よりも親しみやすい 優しい顔の印象やメリット1つ目はきつい顔よりも親しみやすいことです。

初対面で会う人はその人がどんな人なのか相手の内面が分からないので、パッと見の第一印象で決めます。

少し近寄りがたいきつい顔の人よりも、優しい顔に見える人の方が相手に親しみやすい雰囲気を与え近寄りやすい印象を与えます。

印象やメリット②女性らしい雰囲気をつくる 優しい顔の印象やメリット2つ目は女性らしい雰囲気をつくることです。

優しい顔に見える人は丸みを持ち柔らかく優しい、女性らしい印象を与えます(特に男性にはない柔らかさや女性らしさが好まれるとされます)。

きつい顔やスッキリした顔立ちの方は綺麗な印象を与えますが、少しきつく見え近寄りがたい雰囲気を与えます。

優しい顔になるには努力が必要 優しい顔になるには努力が必要です。

上記で優しい顔に見える特徴や印象、メリットについて書かせていただきました。

自分はきつい顔だから、丸顔でないから優しい顔に見せることはできないと考えてしまうかもしれませんが、努力次第で顔(人相)は変えられます。

年齢を重ねることで顔立ちや雰囲気が変わるように、きつい顔の方でもメイクを変えてみる、考え方を変えるなど方法次第では優しい顔に見せることができるので、諦めないで努力してみましょう。

優しい顔になるメイクのポイント 優しい顔に見えるメイクのポイント①35歳からは優しい印象メイクをする 優しい顔になるメイクのポイント1つ目は35歳からは優しい印象メイクをすることです。

35歳の年齢になると、ある程度社会的地位も築き貫録を持ってくる歳でもあります。

貫録のある人がきついメイクや濃いメイクをしていると、人に威圧感を与えてしまうことがあるので注意しておきましょう。

また、年齢に合っていない濃いメイクは若作り感や違和感を感じさせます。

自分の年齢に見合ったメイクを心掛けるようにしましょう。

優しい顔に見えるメイクのポイント②柔らかな目元で雰囲気美人を作る 優しい顔になるメイクのポイント2つ目は柔らかな目元で雰囲気美人を作ることです。

濃いカラーのアイシャドウや濃くハッキリしたアイライン、バサバサのまつ毛は優しい顔と正反対の雰囲気を与えます。

柔らかな目元を作るためにはアイシャドウの色味をナチュラルで肌に馴染みやすい色味に変えましょう。

アイラインも同様に黒を使用するのではなくブラウンに変える、又はアイシャドウの一番濃いブラウンを目の際を埋めるようにするだけも目元の印象は変わります。

マスカラも二度三度塗りせずに一度塗りで自まつ毛を活かすようにしましょう。

優しい顔に見えるメイクのポイント③ナチュラルな眉で美人を作る 優しい顔になるメイクのポイント3つ目はナチュラルな眉で美人を作ることです。

上記でも記載しているように眉毛が人に与える印象は大きいので、自分のなりたい雰囲気やイメージを持ち自分に似合うナチュラルな眉を作り、美人で優しい顔に見えるようにしましょう。

優しい顔に見える眉は平行で少し太めの眉に整えることがポイントです。

髪の色味にもよりますが、黒色を使用するよりも自然な印象を与えるブラウンカラーを使用することでナチュラルな雰囲気を持つ美人に近づけます。

優しい顔になるメイク方法6選 メイク方法①透明感ある肌をつくる 優しい顔になるメイク方法1つ目は透明感ある肌をつくることです。

ファンデーションの厚塗りはNGです。

いくら優しい顔に見えるメイクをしても厚塗りのファンデーションは違和感などを与えます。

下地を自分の肌に合い明るさやキメを整えてくれるものを選んで透き通るような透明感ある肌を目指しましょう。

又、いくら高い化粧品を使っても土台が荒れていては化粧品本来の力を活かせないので、メイクの前に保湿をしっかりするなど肌のコンディションを整えることが大切です。

整えた肌に下地を薄く延ばしムラが出来ないように塗ります(目尻や口元も忘れずに塗る)。

シミやニキビなど隠したい箇所はコンシーラーなどを使用してファンデーションが厚塗りになることを防ぎましょう。

ファンデーションも薄く伸ばすことで化粧崩れを防げます。

最後にフェイスパウダーをブラシでふんわりと顔全体にのせます。

フェイスパウダーは化粧崩れや化粧持ちアップ、肌感を上げてくれるのでおすすめです。

メイク方法②ナチュラルな眉をつくる 優しい顔になるメイク方法2つ目はナチュラルな眉をつくることです。

お手入れしていない眉は優しい顔から遠ざかるとともにガサツな印象を与えてしまうのでしっかり整えることが大切です。

全体の眉をアイブロウパウダー眉の中を埋めるように描いていきます。

次にアイブロウペンシルで眉尻などの形や輪郭をかいて眉にメリハリを持たせます。

最後に眉マスカラで眉毛全体を整えましょう。

眉マスカラは眉毛の毛に色味をのせてくれるので、よりナチュラルな雰囲気を出してくれます。

メイク方法③肌に馴染むアイシャドウを使用してナチュラルな雰囲気を作る 優しい顔になるメイク方法3つ目は肌に馴染むアイシャドウを使用してナチュラルな雰囲気を作ることです。

濃い色のアイシャドウやハッキリしたグラデーションは優しい顔とは正反対の印象を与えます。

肌なじみの良い柔らかい色味のアイシャドウを使用しましょう(ベージュピンクなどの単色使いや薄いグラデーションなど)。

肌なじみのよいアイシャドウをアイホール全体にのせていきます。

柔らかい色味のアイシャドウは1色でも瞼のくすみを飛ばし自然な陰影を出してくれます。

又、色味を厳選することはこなれ感ある目元を作ってくれます。

グラデーションを使用したい場合はハッキリさせずぼかすようにすることがポイントになります。

メイク方法④アイラインはブラウンを使用してきつい顔を作らない 優しい顔になるメイク方法4つ目はアイラインはブラウンを使用してきつい顔を作らないことです。

今どきのメイクはハッキリした雰囲気のメイクではなく優しい雰囲気のメイクが流行しています。

アイラインはブラウンなどを使用して入れていない風を感じさせることがポイントです。

ブラウンのアイライン又はダークブラウンのシャドウを目の際(まつ毛の間)を埋めていき綿棒などで輪郭をぼかします。

そうすることで目元に自然な陰影を作ってくれ、抜け感あるナチュラル美人な雰囲気を作ってくれます。

メイク方法⑤マスカラはサッと一塗りで美人を作る 優しい顔になるメイク方法5つ目はマスカラはサッと一塗りで美人を作ることです。

濃いつけまつげや二度三度塗りした太いまつ毛は美人に見えるかもしれませんが優しい顔には見えないので厚塗りしないように気を付けましょう。

つけまつげを使用する場合はナチュラルなものを選ぶ目尻だけにのせるなど工夫することが大切です。

まつ毛をカーラー又はビューラーで中間地点から毛先にゆるやかなカーブを作るように上げます。

余計なマスカラ液を落としたマスカラを中間から毛先をメインに一度塗りすることがポイントです(根元から塗りたい方は根元から一度塗りでもOKです)。

マスカラコームを使用してだまをとったりまつ毛を整えましょう。

メイク方法⑥ふんわりチークできつい顔を和らげる 優しい顔になるメイク方法6つ目はふんわりチークできつい顔を和らげることです。

パウダー、クリームチークとあるので自分の肌に合う好みのチークを選びましょう。

又、チークを濃く入れすぎると頬だけ浮いてしまうのでふんわりと自然に入れることがポイントです。

リップの色味との兼ね合いをみましょう。

クリームチークを入れる場合、適量とり肌に馴染ませ仕上げにフェイスパウダーをのせましょう。

付けすぎを防ぐために肌に馴染ませながら色味の調整をすることが大切です。

パウダーチークの場合はフェイスパウダーをのせた肌にチークをブラシに均等にとり、手の甲などで余分な粉を落とし肌にのせていきましょう。

メイク以外で優しい顔になる方法は メイク以外で優しい顔になる方法①自分を褒めてあげる メイク以外で優しい顔になる方法1つ目は自分を褒めてあげることです。

人間は褒められたりすることで「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンや精神安定物質の「セロトニン」が分泌されると言われています。

これが分泌されることで肌のコンディションが良くなったり精神が安定することがあるとされています。

自分の顔が好きではない、嫌い、コンプレックスがあるとネガティブに捉えてしまうと自信のない暗い顔になってしまいます。

自分のコンプレックスなどを認め、長所であると褒めることで女性ホルモンが分泌され、活き活きした表情になり自然と笑顔が増えて心にも余裕を持てるようになり優しい顔つきになっていきます。

メイク以外で優しい顔になる方法②笑顔を忘れない メイク以外で優しい顔になる方法2つ目は笑顔を忘れないことです。

笑顔は自分だけではなく周りも明るくしてくれて優しい心を作ってくれます。

逆にいつも神経をとがらせていたりして顔をしかめていると周りの人たちにも嫌な空気を与えてしまいます。

ポジティブに物事を考え、心や自分に余裕とゆとりを持つことが大切です。

余裕やゆとりが持てると自然に口角が上がり笑顔になっていきます。

又、口角を上げることで表情筋が使用され血行促進を促し、肌のターンオーバーを促してくれるとされています。

内側からも綺麗になれ優しい顔になれる笑顔を忘れないようにしましょう。

メイク以外で優しい顔になる方法③感謝をする メイク以外で優しい顔になる方法3つ目は感謝をすることです。

日常生活をおくれることは当たり前のことではありません。

いろんなことや人に支えられて生きていることを忘れずに感謝することが大切です。

感謝する心や気持ちを持つことは幸福度が上昇し、性格が穏やかで優しくなったり、余裕をつくります。

すぐに全ての物事に感謝するとなってもピンと来なかったり難しいかもしれないので、自分を取り巻く環境や身の回りのものに感謝する習慣をつくってもいいですね。

恵まれた環境にありがたみを理解することで幸福を感じ自然と口角が上がり優しい雰囲気にもなります。

優しい人になる方法は 優しい人になる方法①自分を成長させる 優しい人になる方法1つ目は自分を成長させることです。

毎日を生活していくうえで人との関わりは必要不可欠なものです。

その中で自分本位に物事を考えて行動して、他人や身の回りに気を使えないことはNGです。

嫌いな人や苦手な相手、性格が合わない人でも相手を変えることはできないですが自分を変えることはできます。

自分が周囲や相手に合わせて対応すること(気配りを忘れない)や平等に接することが大切です。

相手をどうにか売るのではなく自分を変化させることで、貴方自身を成長させます。

人を思いやれる優しい人になりましょう。

優しい人になる方法②思いやりを持つ 優しい人になる方法2つ目は思いやりを持つことです。

優しい性格の人は誰かに何かするときや周囲に対して気配りをするときに、見返りなど求めていません。

何かしてあげたい、たすけになれるなら協力したいなどの思いやりある心を持って行動しています。

人間関係を円滑にすること為に意識して行動することは大切ですが、打算的な気持ちを持たない、相手を思いやる気持ちを持つことが優しい人になるには大切なことです。

困っている人や状況でサッと手を差し伸べてあげられる人になりましょう。

優しい人になる方法③他人の粗探しをしない 優しい人になる方法3つ目は他人の粗探しをしないことです。

他人の粗を探すことや悪口を言うことは、どんな状況であっても聞いていても言っていても気持ちのいいものではありません。

理不尽な状況や態度をとられてモヤモヤして愚痴を言いたくなっても、優しい人は誰かを貶めたことを言うことはありません。

優しい人は粗を探すことや愚痴を言うことからは何も生まれないことを知っているので、モヤモヤした気持ちを一旦受け止めて別のことで発散させています。

又、心に余裕を持つことは些細なことに動揺したり不満を溜めることは少なくなるので、感情的にならないよう意識しておきましょう。

優しい顔で素敵なひとになろう 今回は優しい顔の特徴や優しい顔に見えるメイクの方法、優しい人になる方法などをご紹介させていただきました。

優しい顔の人や優しい人には、親しみやすさを感じさせたり穏やかな心で他人を思いやることができるなど沢山のメリットがあります。

優しい顔や心の優しさは自分の行動次第で身に着けられるものなので自分はそんな優しい人間にはなれない、顔つきがきついなど諦めずに努力することが大切です。

一気に何かを成し遂げることはどんなことでも難しいので、小さなことからコツコツと積んでいき自分を成長させ優しく素敵な人になりましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • メイク
  • 特徴
  • 使用
  • 笑顔
  • ナチュラル
  • ポイント
  • 目尻
  • アイシャドウ
  • 美人
  • 色味
  • ブラウン
  • 自然