恋愛

顔がでかい女性の原因5選|悩みを解決する対処法や大きい基準も

2018年12月21日更新
顔がでかい女性の原因5選|悩みを解決する対処法や大きい基準も

自分の顔がでかいとお悩みの女性、多いのではないでしょうか。

自分の顔が大きいと思っていても、顔の大きさは変えられないと、小顔美人の隣の彼女に憧れるだけの日々を過ごしていませんか。

しかし、先天的な原因でなければ、顔がでかいことは解決できます。

そこで今回は、顔がでかい女性の原因と対処法などをご紹介します。

顔がでかい女性の原因5選 顔がでかい女性の原因①脂肪がつきすぎたために大きい顔になってしまった Instagram 顔がでかい女性の原因1つ目として、余計な脂肪がつきすぎてしまったために大きい顔になってしまったということがあげられます。

昔は顔がでかいだなんて思わなかったのに、最近は彼女の顔が大きいように感じるという場合や、丸顔である場合はこの脂肪がつきすぎたために大きい顔になってしまった可能性が高いでしょう。

脂肪がつきすぎて顔がでかい女性になってしまった場合、食事の栄養バランスを整えることと運動不足を解消することが大切です。

脂肪がつきすぎて顔がでかい女性になってしまった人は、顔だけでなく全体的に大きくなっている傾向があります。

奥様や彼女にこのような傾向がある場合には、一緒に運動しようと誘ってみましょう。

顔がでかい女性の原因②むくんでしまってごつい顔になってしまった 顔がでかい女性の原因2つ目として、慢性的にむくんでしまってごつい顔になってしまったということがあげられます。

顔に、余った水分や老廃物が溜まってしまうと、むくんで大きい顔になってしまいます。

これが一時的なものであれば大きい顔はすぐに解消されますが、慢性的になってしまうと常に大きい顔となってしまいます。

こうならないためにも、むくみの原因を解消し、余った水分や老廃物が流れやすい体を作ることが大切です。

むくみの原因には、アルコールをはじめとする水分の取りすぎや、運動不足や加齢やストレスや食生活の乱れなどによる血行不良などです。

むくみの原因に心当たりがあるという方は、ぜひ改善に向けて努力しましょう。

顔がでかい女性の原因③顔の歪みから大きい顔になってしまった Instagram 顔がでかい女性の原因3つ目として、顔の歪みから大きい顔になってしまったということがあげられます。

顔のゆがみとはいっても、顔の歪みというのは全身からの影響で怒るといわれており、頬杖などの直接的な原因だけではなく猫背や骨盤の不調などからも顔のゆがみは発生します。

また、顔の歪みというのは顔を大きく見せるだけではなく、眉や目や口などの顔にあるパーツの配置を悪くしてしまいます。

こうなると、顔がでかいだけではなく、顔自体の見た目が悪くなってしまいます。

顔の歪みから顔がでかい女性にならないためには、普段の姿勢を見直す必要があります。

姿勢矯正するというとお金がかかるイメージがありますが、100均商品でも十分可能です。

そんな100円で姿勢矯正できる商品を紹介している下記の「【100均猫背矯正ベルト】ダイソー・セリアの9個」の記事を参考にしてみて下さい。

顔がでかい女性の原因④筋肉が発達しすぎてごつい顔になってしまった Instagram 顔がでかい女性の原因4つ目として、顔の筋肉が発達しすぎてごつい顔になってしまったということがあげられます。

特に、物を噛むときに使う咬筋という筋肉が必要以上に発達すると、いわゆるエラがはった顔となってしまい、顔がごつい印象となります。

この咬筋の発達で顔が大きい女性の多くは、歯をかみしめるクセがあったり、寝ている間に歯ぎしりをしている可能性が高いです。

このように無意識の中で歯をかみしめるという行動は、咬筋を無駄に鍛えてしまうこととなり、顔を大きくしてしまうでしょう。

顔がでかい女性の原因⑤老化によるたるみで大きい顔になってしまった 顔がでかい女性の原因5つ目として、老化によるたるみによって大きい顔になってしまったということがあげられます。

老化が進むと、顔のハリを保つために大切なコラーゲンが減少してしまうため、たるみやすくなってしまいます。

また、老化による筋力の衰えも老化によるたるみの大きな原因となります。

そのなかでも、日々を無表情で過ごしがちな女性は特にこのたるみが激しくなります。

老化していくなかでもたるみを最小限に抑えるためには、顔の筋肉をよく動かすことが大切です。

そのためには、他人とのコミュニケーションを積極的に取ったり、表情豊かに過ごすことを心がけると良いでしょう。

顔がでかい基準とは? 顔がでかい基準①顔の長さの測り方と平均値 顔がでかい基準1つ目として、顔の長さの測り方と平均値についてご紹介します。

顔の長さというのは、あごの先端からおでこまでを測ります。

顔の長さの平均値は、男性であれば20.5cm、女性であれば19.7cmといわれています。

自分のあごの先端からおでこまでを測って、この平均値より大きい場合は、顔がでかい可能性があります。

顔がでかい基準②顔の横幅の測り方と平均値 顔がでかい基準2つ目として、顔の横幅の測り方と平均値についてご紹介します。

顔の横幅というのは、顔の横幅が一番大きい部分のほおの端から端までを測ります。

顔の横幅の平均値は、男性であれば14.5cm、女性であれば13.7cmといわれています。

自分の顔の横幅が一番大きい部分を測って、この平均値より大きい場合は、顔がでかい可能性があります。

顔がでかい基準③顔がでかい基準値と女優のような小顔の基準値 Instagram 顔がでかい基準3つ目として、顔がでかい人の基準値と女優のような小顔の美人の基準値をご紹介します。

顔がでかい人の基準値は、男性であれば顔の長さが21.5cm以上で顔の横幅が15.5cm以上、女性であれば顔の長さが20.5cm以上で顔の横幅が14.5cm以上が基準となります。

女優のような小顔の美人の基準値は、男性であれば顔の長さが19.0cm以下で顔の横幅が13.5cm以下、女性であれば顔の長さが18.0cm以下で顔の横幅が13.0cmいかが基準となります。

顔がでかいのではとお悩みの女性は、この測り方や基準値を元に、自分の顔を測って見ましょう。

顔がでかい女性でも小顔に見せる方法5選 顔がでかい女性でも小顔に見せる方法①小顔美人に見えるヘアスタイルに挑戦 Instagram 顔がでかい女性でも小顔に見せる方法1つ目として、小顔美人に見えるヘアスタイルに挑戦することがあげられます。

小顔美人に見えるヘアスタイルのポイントは、なんといっても前髪です。

顔がでかい女性は顔の面積が一般的な女性よりも広いわけですから、少しでも狭く見せるように前髪があるへアルタイルが好ましいです。

小顔美人に見えるヘアスタイルでの前髪の長さは、眉の下まであるのが理想的です。

しかし、前髪の長さは全て同じ長さにそろえるのではなく、サイドに流した前髪が顔の端に近付くほど長くしていき、髪の毛で新たな顔の輪郭を作るような前髪にすると本来の顔がでかい輪郭を隠すことができます。

顔がでかい女性でも小顔美人に見せる小顔ヘアは、前髪を作る以外にもポイントがあります。

顔がでかい女性でも小顔に見せる小顔ヘアのポイントが知りたいという方は、下記の「ぽっちゃり女子が痩せて見える髪形13型選!顔周りを細く見せる小顔ヘアは?」の記事を参考にして、自分に似合う小顔ヘアを見つけましょう。

顔がでかい女性でも小顔に見せる方法②顔のリンパの流れを良くする 顔がでかい女性でも小顔に見せる方法2つ目として、顔のリンパの流れを良くすることがあげられます。

特に顔のむくみがひどいとお悩みの女性は、むくみのせいで顔自体が大きくなっている可能性が高いです。

早急にリンパの流れの滞りをなくし、老廃物や水分が溜まらなくすることによって、顔がでかいのを解消しましょう。

リンパの流れを良くするマッサージ方法は簡単で、まずはリンパ管の出入口である鎖骨を身体の中心に向かってなでます。

その後に、耳の後ろから首筋、鎖骨へとリンパの流れをよくすることを意識してなでるだけです。

こうすることで、リンパの出入口を広げた後に、顔に滞ったリンパを流し込むことができます。

顔周辺のマッサージをするとき、何もつけずにマッサージをして効果葉ありますが、マッサージクリームをつけるとすべりが良くなりマッサージの効果も高まる傾向があります。

マッサージクリームを使おうとお考えの方は、下記の「顔用マッサージクリームのおすすめ5選」の記事をぜひチェックしてみて下さいね。

顔がでかい女性でも小顔に見せる方法③顔の筋肉を鍛える Instagram 顔がでかい女性でも小顔に見せる方法3つ目として、顔の筋肉を鍛えるという方法もあります。

顔の筋肉といっても、30以上の種類で構成されています。

これだけ数がある顔の筋肉ですから、よく使われている筋肉とあまり使われていない筋肉とがあります。

この使われ方の違いが、シワやたるみとなり、大きい顔を作りあげます。

顔がでかい女性でも小顔に見せる顔の筋肉の鍛え方はたくさんありますが、その中でも簡単なのが「ウイスキー体操」です。

「ウイスキー体操」の手順は以下のとおりです。

手順は簡単な「ウイスキー体操」ですが、顔の筋肉を動かしている姿は少しこっけいですので、人に見られないように注意しましょう。

顔の筋肉を鍛える「ウイスキー体操」の手順 1まずは、下あごをあげつつ口をすぼめて「ウ」と発声する 2次に、口角を上げならがら「イ」と発声する 3次に、頬の筋肉を動かしながら口をすぼめながら「ス」と発声する 4最後に、下あごの筋肉を意識しながら「キー」と発声する 顔がでかい女性でも小顔に見せる方法④ファッションやメイクで小顔効果 Instagram 顔がでかい女性でも小顔に見せる方法4つ目として、ファッションやメイクで小顔効果をを利用するのも有効な方法です。

ファッションで小顔効果を利用する場合には、ツバが大きい帽子をかぶったり、顔周りのピアスやネックレスなどのアクセサリーを大ぶりのものにしたり、大きいフレームの眼鏡をかけるなどたくさんあります。

メイクで小顔効果を利用する場合には、アイメイクをハッキリさせることで顔の得輪郭から視線をそらせたり、顔の輪郭に影を作るシェーディングなどが有効です。

ただし、あくまでもメイクですから濃くなってしまうと小顔効果よりも派手さがめだってしまいますので注意が必要です。

顔がでかい女性でも小顔に見せる方法⑤彼女になれないなどの悩みを解消する Instagram 顔がでかい女性でも小顔に見せる方法5つ目として、仕事が上手くいかないや好きな人の彼女になれないなどの悩みを解消することも大切です。

仕事が上手くいかないや好きな人の彼女になれないなどの悩みでストレスを抱えると、むくみの原因になる上に、暴飲暴食で脂肪がつきやすくなったり、身体のゆがみのもととなります。

特に、好きな人の彼女になれないという恋愛での悩みは、そのストレスによってホルモンバランスも崩すため、大きい顔になる原因となります。

したがって、いつまでも仕事を上手くこなしたいけど上手くいかないや、彼女になりたいけど彼女いなれないと悩みを抱えるだけではなく、解消するにはどうすべきかを考えましょう。

顔がでかい女性でも原因を知れば小顔になれる! 今回は、顔がでかい女性の原因や対処法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

顔がでかい原因を知れば自ずと対処法が見つかるということがわかりましたね。

さっそく対処法を試して、あなたも小顔への道を歩んで見ませんか? 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 小顔
  • 筋肉
  • 基準
  • リンパ
  • 前髪
  • 解消
  • 老化
  • 脂肪
  • 小顔美人
  • 小顔効果
  • マッサージ
  • 対処法
  • ウイスキー
  • ヘアスタイル