恋愛

長続きするカップルの特徴と秘訣21選!恋人と長く付き合い続ける方法は?

2018年12月21日更新
長続きするカップルの特徴と秘訣21選!恋人と長く付き合い続ける方法は?

長続きするカップルは、お互いを思いやり、深い愛情で結ばれています。

ひと時の感情に流されて、喧嘩別れをすることがないように会話も工夫します。

長続きするカップルと、長続きしないカップルにはどのような特徴があるのでしょうか?また今回は、あなたとパートナーが長続きできるかどうかの診断もできちゃいます! 長続きするカップルの特徴10選 長続きするカップルの特徴①気持ちの熱量が同じくらい 長続きするカップルの特徴の1つ目は、気持ちの熱量が同じくらいであることです。

どちらかが好きすぎたり、逆に好きな気持ちが足りなかったりすると、2人の関係にズレが生じます。

気持ちの熱量が異なると、連絡をする頻度や、交わす言葉などにズレが出てきます。

そのズレが次第に大きな溝となると、関係を続けることが困難になってしまいます。

そのため長続きをするカップルは気持ちの熱量が同じくらいで、2人の関係性にズレが生じることがありません。

長続きするカップルの特徴②お互いを信頼している 長続きするカップルの特徴の2つ目は、お互いを信頼していることです。

信頼がないと、常に相手を疑ったり、逆に相手から疑われたり、安心できる恋愛ができません。

緊張した関係性を長く続けることは難しいものです。

恋愛を長続きするためには、お互いを信頼していることが大前提となります。

長続きするカップルの特徴③趣味が似ている 長続きするカップルの特徴の3つ目は、趣味が似ていることです。

趣味が似ていないと、自分の好きなことが相手は嫌いだったり、逆に相手の好きなことが自分は嫌いだったりしてしまいます。

すると2人で楽しめることが少なくなりますし、相手の前で自分の好きなことができないストレスが溜まるようになります。

楽しみが少ない関係は持続しがたいため、趣味が合うもの同士が長続きするカップルになりやすくなります。

長続きするカップルの特徴④お互いを気遣う会話が多い 長続きするカップルの特徴の4つ目は、お互いを気遣う会話が多いことです。

本当に愛情で結ばれたカップルならば、自分だけのことを考えるのでなく、相手のことを気遣うことができます。

そのため必然的にお互いを気遣う会話が多くなります。

長続きするカップルの特徴⑤本当の自分が出せる 長続きするカップルの特徴の5つ目は、本当の自分が出せることです。

相手に好かれようと自分を実際よりも良くみせようとしたり、緊張感のある関係のために気が抜けなかったりすると、相手に対して本当の自分を見せることができません。

しかし、うわべだけ取り繕って本当の自分を偽ることは、そう長くはもちません。

長続きするカップルは、他の関係では出せないような本当の自分を出すことができ、かつそれをお互い受け入れることができています。

長続きするカップルの特徴⑥尊重し合っている 長続きするカップルの特徴の6つ目は、尊重し合っていることです。

自分のことだけを考えていると、相手のことがおざなりになってしまいます。

長続きするカップルは、自分のことだけでなく相手のことも尊重します。

具体的には、相手の希望を聴いたり、相手が嫌がることをしなかったりと、相手の気持ちや考えを大切にします。

長続きするカップルの特徴⑦お互い自立をしている 長続きするカップルの特徴の7つ目は、お互い自立をしていることです。

人と愛し合うためには、お互いに自立をしていないと難しいものです。

依存的な恋愛では、どれだけ相手から愛情を与えられたとしても満足することがありません。

そうすると次第に疲弊した関係になり、恋愛を長続きさせることができなくなります。

長続きをするカップルはお互いに自立をしているため、相互に愛情を与えられ、またそれに満足ができる関係を築くことができます。

依存的な恋愛とは逆に、自立的な恋愛は愛情が力になるため、恋愛を長続きさせることができます。

長続きするカップルの特徴⑧無理をしていない 長続きするカップルの特徴の8つ目は、無理をしていないことです。

付き合い始めは相手と付き合えたことが嬉しく、いろいろと頑張ってしまいますが、無理をしていると相手と一緒にいることがだんだんと辛くなってしまいます。

長続きするカップルは、無理をしないペースで相手との関係を築くことができます。

長続きするカップルの特徴⑨家族や友人に紹介している 長続きするカップルの特徴の9つ目は、家族や友人に紹介していることです。

ひと時の関係だと思うと、相手を自分の家族や友人に紹介することがありません。

家族や友人に紹介をしていると、別れたときに面倒になるためです。

長続きするカップルは、2人の関係が長く続くと信じているため、家族や友人に相手を紹介していることが多いです。

長続きするカップルの特徴⑩愛情を表現している 長続きするカップルの特徴の10個目は、愛情を表現していることです。

どんなに長く続いている関係だとしても、相手からの愛情を感じられると嬉しく思うものです。

むしろ長く続いているカップルだからこそ、愛情を表現することを大切にし、2人の関係が冷えないように努力をしています。

長続きしないカップルの特徴は? 長続きしないカップルの特徴①束縛をする 長続きしないカップルの特徴の1つ目は、束縛をすることです。

長続きしないカップルは、相手のことを信頼していないため、束縛をして相手をコントロールをしようとします。

また、相手の時間や立場を尊重していないからこそ、束縛ができてしまいます。

長続きしないカップルの特徴②共依存の関係 長続きしないカップルの特徴の2つ目は、共依存の関係です。

長続きしないカップルは、自立をしていないため共依存の関係に陥りやすくなります。

依存は、ひと時の安心をもたらしますが、長く続くと日常生活を送ることを困難にしてしまいます。

そのため関係を長続きさせることができず、すぐに別れてしまうことになります。

長続きしないカップルの特徴③お互い妥協ができない 長続きしないカップルの特徴の3つ目は、お互い妥協ができないことです。

自分の要求を100%通すことは現実的に不可能なことです。

どこかで妥協して折り合いをつけることができないと2人の関係を続けることが困難になってしまいます。

長続きするカップルの秘訣11選 長続きするカップルの秘訣①ルールで縛らない 長続きするカップルの秘訣の1つ目は、ルールで縛らないことです。

ルールで縛ると、2人の関係を不自由にしてしまいます。

そうすると2人の関係が窮屈で辛いものになってしまいます。

本当に信頼で結ばれた関係は、ルールで縛る必要がありません。

お互いに自由に振る舞えるため、相手の前で本当の自分を出すことができます。

長続きするカップルの秘訣②相手を非難しない 長続きするカップルの秘訣の2つ目は、相手を非難しないことです。

相手を非難すると、相手は自分が受け入れられていないと感じ、2人の関係の中で居心地の悪さを感じます。

何か相手に対して要求があったとしたら、伝え方に注意します。

こちらの記事には彼氏・彼女への不満の伝え方が紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

長続きするカップルの秘訣③2人で好きなことをする 長続きするカップルの秘訣の3つ目は、2人で好きなことをすることです。

好きなことをしているときは幸せや楽しさを感じやすくなります。

2人で好きなことができると、お互いに多幸感を持つことができ、関係を継続させやすくなります。

長続きするカップルの秘訣④相手が嫌がることをしない 長続きするカップルの秘訣の4つ目は、相手が嫌がることをしないことです。

どんなに2人で楽しい時間を過ごしたとしても、相手が嫌なことをすると、それだけで愛情が冷めてしまうことがあります。

長続きするカップルは相手の気持ちを尊重するため、相手が嫌がることはしません。

長続きするカップルの秘訣⑤会話で妥協点を探る 長続きするカップルの秘訣の5つ目は、会話で妥協点を探ることです。

好きなことや嫌いなこと、価値観は人それぞれです。

一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、価値観のギャップを埋めることが大切になります。

長続きするカップルは、会話でお互いの妥協点を探れるため、長く関係を持続させることができます。

長続きするカップルの秘訣⑥刺激ばかり求めない 長続きするカップルの秘訣の6つ目は、刺激ばかり求めないことです。

ドキドキした刺激的な感情は、脳内でドーパミンという神経伝達物質が分泌されています。

ドーパミンは舞い上がるような喜びをもたらしますが、長く持続しないという特徴があります。

一方、穏やかな幸せを感じさせるセロトニンという神経伝達物質は持続がしやすい特徴を持ちます。

長く続くカップルは、ドキドキ刺激的な時間を過ごすより、穏やかで平和な時間を過ごすことにより長く幸せを感じることができます。

長続きするカップルの秘訣⑦駆け引きをしない 長続きするカップルの秘訣の7つ目は、駆け引きをしないことです。

駆け引きは、本当の自分の気持ちを隠すだけでなく、相手からの不信を招きます。

長続きするカップルは駆け引きせず、自分の思ったことを素直に相手に伝えるため、相手と良好な関係を築くことができます。

長続きするカップルの秘訣⑧相手に感謝の気持ちを伝える 長続きするカップルの秘訣の8つ目は、相手に感謝の気持ちを伝えることです。

感謝は相手に対する労いであり、相手を思いやる行為です。

関係が長く続くほど、相手が何かしてくれるのを当たり前に思いがちですが、感謝を忘れると2人の関係が冷え込みます。

相手からの愛情を失わないためにも、感謝をすることは大切です。

長続きするカップルの秘訣⑨休息を大切にする 長続きするカップルの秘訣の9つ目は、休息を大切にすることです。

2人で遊びに出かけることも良いですが、関係を長続きさせるには休息がそれ以上に大切です。

日々の疲れが溜まったところに、相手と出かけてばかりいると心身が休まらず疲れてしまいます。

長続きするカップルほど休息を大切にし、2人の時間が心身を癒す大切なひと時になっています。

長続きするカップルの秘訣⑩2人で未知の領域を開拓する 長続きするカップルの秘訣の10個目は、2人で未知の領域を開拓することです。

2人の関係が狭いものになってしまうと、だんだん飽きが出てしまいます。

2人で未知の領域を開拓すると新たな変化を生み出し、飽きにくい関係になります。

2人で行ったことのないお店に行ったり、やったことのないことをやったりすると2人の関係に変化が生まれやすくなります。

長続きするカップルの秘訣⑪ハレの日を大切にする 長続きするカップルの秘訣の11個目は、ハレの日を大切にすることです。

長続きをすると穏やかな毎日を過ごすことになりますが、年に数回あるイベント事は2人で楽しむと関係にメリハリをつけることができます。

ハレの日は、お互いの関係を見直すターニングポイントにもなりますので、2人で大切に過ごします。

長続きするカップルの連絡・会う頻度はどれくらい? 長続きするカップルの連絡の頻度:1〜3日に1〜2回 長続きするカップルの連絡の頻度は、1〜3日に1〜2回です。

おおよそ毎日1回くらいのペースです。

朝起きたとき、仕事が終わったとき、寝る前など、長続きするカップルは、連絡が決まった時間のルーティーンになっている場合が多いようです。

長続きするカップルの会う頻度:1〜2週間に1〜2回 長続きするカップルの会う頻度は。

1〜2週間に1〜2回です。

大体、週に1回くらいのペースで会っているようです。

お互いに勤務地が近い場合は、週末以外でも平日ランチを楽しんだり、遠距離恋愛の場合は2週間に1度、お互いの家を行き来したりすることが多いようです。

長続きするカップルから学ぶ喧嘩別れしない方法は? 喧嘩別れしない方法①会話の中で「別れる」と絶対に言わない 喧嘩別れしない方法の1つ目は、会話の中で「別れる」と絶対に言わないことです。

喧嘩をしたとき、ヒートアップして「別れる」と口走ってしまうと、売り言葉に買い言葉で相手が「じゃあ別れよう」と言ったら本当に別れてしまうことになります。

後で悔やんでも遅いので、絶対に「別れる」と言わないようにしましょう。

喧嘩別れしない方法②相手を試す会話をしない 喧嘩別れしない方法の2つ目は、相手を試す会話をしないことです。

相手の愛情を試したくて、わざと嫉妬させるようなことを言ったり、自分から突き放すようなことを言ったりして相手を怒らせてばかりいると、相手の気持ちが疲弊してしまいます。

長続きするカップルは、相手から愛されているか自信のない場合、相手を試すような会話をせずに「最近、あなたから愛情を感じなくて寂しい」と素直に自分の気持ちを伝えます。

その方が相手に自分の気持ちを理解してもらいやすく、建設的な会話ができるようになります。

喧嘩別れしない方法③会話をするとき怒りをコントロールする 喧嘩別れしない方法の3つ目は、会話をするとき怒りをコントロールすることです。

喧嘩をしているとき、ついつい怒りが爆発して言い過ぎてしまうときがあります。

一度言ったことは取り消せないので、もし自分の一言で相手が深く傷ついた場合、関係の修復が困難になる可能性があります。

そうならないよう、怒りをコントロールすることが重要です。

怒りのピークは6秒と言われているので、激しい怒りを感じたら心の中でゆっくり6秒を数えておくと、言い過ぎの防止になります。

長続きするカップルがマンネリにならない方法は? 長続きするカップルがマンネリにならない方法①気を抜き過ぎない 長続きするカップルがマンネリにならない方法の1つ目は、気を抜き過ぎないことです。

長続きすると緊張感がなくなって気が緩んでしまい、相手の前でおしゃれをしなくなったり、だらしない恰好でいたりしてしまいます。

しかし、交際を長続きさせるためには、お互いいつまでも相手のことを「異性」として意識しておくのが大切です。

もし別の魅力的な異性が相手の前に現れたら、気持ちがそちらに移ってしまう可能性が高くなります。

そうならないように、長続きしても気を抜きすぎず、相手から異性として意識してもらうようにします。

長続きするカップルがマンネリにならない方法②2人で成長していく 長続きするカップルがマンネリにならない方法の2つ目は、2人で成長していくことです。

人の脳は、いつまでも変化のないものに飽きてしまう傾向があります。

そうならないように、2人で成長していけば、飽きることなく2人の関係を続けていくことができます。

今の恋人と長続きする?診断 あなたの長続きする恋人力診断 あなたの長続きする恋人力診断を行います。

以下の項目をチェックしていただき、チェックした数が4~5つなら「恋愛を長続きさせる力が強い」、2~3つなら「恋愛を長続きさせる力はまずまず」、0~1つの場合は「恋愛を長続きさせる力が弱い」となります。

それでは診断スタートです! あなたの長続きする恋人力診断 相手が好きな物を5つ以上すぐに言える 2人の間に会話がなくても気にならない 1人でいても平気 人の良いところを見つけるのが得意 自己肯定感が高い方である あなたの長続きしない恋人力診断 あなたの長続きしない恋人力診断を行います。

以下の項目をチェックしていただき、チェックした項目が4~5つなら「恋愛が長続きしない可能性が高い」、2~3つなら「恋愛が長続きしない可能性がある」、0~1つの場合は「恋愛が長続きしない可能性が低い」となります。

それでは診断してみましょう! あなたの長続きしない恋人力診断 連絡は毎日くれないと嫌 相手の動向が気になる 食事でクーポンを使われたくない つい感情的に話してしまうときがある パートナーの携帯電話の中を見たことがある パートナーの長続きする恋人力診断 パートナーの長続きする恋人力診断を行います。

以下の項目をチェックしていただき、チェックした数が4~5つなら「恋愛を長続きさせる力が強い」、2~3つなら「恋愛を長続きさせる力はまずまず」、0~1つの場合は「恋愛を長続きさせる力が弱い」となります。

それでは診断開始です! パートナーの長続きする恋人力診断 ユーモアがある 話に筋が通っている 面倒見がいい 仕事が上手くいっている 忙しくても2人の時間を大切にしてくれる パートナーの長続きしない恋人力診断 パートナーの長続きしない恋人力診断を行います。

以下の項目をチェックしていただき、チェックした項目が4~5つなら「恋愛が長続きしない可能性が高い」、2~3つなら「恋愛が長続きしない可能性がある」、0~1つの場合は「恋愛が長続きしない可能性が低い」となります。

それでは診断を始めます! パートナーの長続きしない恋人力診断 こだわりが強い 連絡を返さないと怒る 愚痴が多い 「ありがとう」と言うことが少ない 自分がやりたいことを優先させる 長く幸せでいられる恋愛をしよう! 今回は、長続きするカップルの特徴と秘訣をご紹介してまいりました。

2人の関係を長続きさせるためには、お互いを信頼し、尊重し合うことが大切です。

そしてそれは、一生続くことです。

そのためお互いに無理をしていると、関係が破綻してしまいます。

今回ご紹介した診断結果で、もしお互いに「恋愛を長続きさせる力が強い」という結果になったら、長続きするカップルになれる可能性がとても高いです!どうか今後も2人の関係を大切になさってくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 長続き
  • カップル
  • 特徴
  • 秘訣
  • 恋愛
  • 診断
  • 会話
  • 恋人
  • 愛情
  • パートナー
  • 喧嘩別れ
  • 可能性
  • 紹介
  • 信頼
  • 連絡