ライフスタイル

ハリボー(HARIBO)のグミはダイエットに効く!グミの種類も

2018年12月22日更新
ハリボー(HARIBO)のグミはダイエットに効く!グミの種類も

ハリボー(HARIBO)というグミはご存知ですか?ハリボーのグミが好きな方も多く、大人気ですよね。

そんなハリボーのグミはダイエットにも効きます!今回はダイエットに聞く理由やカロリー、グミの種類などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハリボー(HARIBO)のグミはダイエットに効く!その理由は? ハリボー(HARIBO)のグミがダイエットに効く理由①歯ごたえ Instagram 1つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)のグミがダイエットに効く理由は「歯ごたえ」です。

ハリボーのグミはとても弾力があり、歯ごたえがあるので咀嚼回数を増やすことが出来ますよね。

咀嚼回数が増えることで、顎の筋肉が鍛えられて二重顎改善の効果があります。

顔周りのお肉が気になる方は、顎の筋肉を鍛えるためにもグミをよく噛んで食べるように意識しましょう。

柔らかいものばかりを食べていると、筋肉が衰えて脂肪が増えてしまいますよ。

ハリボー(HARIBO)のグミがダイエットに効く理由②満足感 Instagram 2つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)のグミがダイエットに効く理由は「満足感」です。

弾力のあるグミなので咀嚼回数が増えて、早食いを防止したり、少量でも満足感を得やすくなります。

よく噛んで食べることで満腹中枢も刺激され、食べすぎを防ぐ効果もあるので、ダイエット中に小腹がすいたときにもおすすめです。

少量を食べるだけなら太る心配がない Instagram ハリボーはダイエットに効くと言われていますが、グミは糖質が高めなので、食べ過ぎたら太る原因になります。

少量のみを食べるようにしましょう。

ダイエットに食べすぎは禁物です。

少量を食べる程度であればダイエットに影響は無いので、毎日の楽しみとして食べればダイエット中のストレスも軽減する効果があります。

たくさん入っている袋を開けたら食べ過ぎてしまうかも、という心配のある方は、小袋に分けて売られているハリボーもあるので、そちらの購入も検討してみてください。

ハリボー(HARIBO)のグミの種類5選|カロリーも ハリボー(HARIBO)のグミの種類①ゴールドベア|343カロリー Instagram 1つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)のグミの種類は「ゴールドベア」です。

こちらはハリボーのグミの中で1番人気の種類です。

可愛いクマの形をしていて、ストロベリー・ラズベリー・グリーンアップル・パイナップル・オレンジ・レモンの6種類の味のグミが入っています。

それぞれの味のグミは個数がランダムで入っているので、どの味が多く入っているかは勝手からのお楽しみになります。

そして、気になるカロリーですが、1袋(100グラム)で343カロリーです。

1袋42粒入りなので、1粒約8カロリーになります。

少量食べるだけならダイエットにあまり支障は無さそうですね! ハリボー(HARIBO)のグミの種類②ハッピーコーラ|343カロリー Instagram 2つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)のグミの種類は「ハッピーコーラ」です。

こちらもゴールドベアと同じくらい人気の定番商品です。

コーラ味のグミはコーラ瓶の形をしていて、茶色と透明のグラデーションになっています。

見た目が可愛くて味もしっかりコーラの味がするので、お子さんも喜びそうですね。

気になるハッピーコーラのカロリーは、1袋(100グラム)343カロリーです。

1袋25粒入りなので、1粒約13.7カロリーになります。

ハリボー(HARIBO)のグミの種類③フレッシュコーラ|348カロリー Instagram 3つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)のグミの種類は「フレッシュコーラ」です。

先ほどご紹介したハッピーコーラと似ている種類ですが、フレッシュコーラはレモン風味の粉が付いているので、ハッピーコーラより爽やかな味になっています。

酸味が強すぎないので、酸っぱい味が苦手な方でも食べることが出来ますよ。

さらに酸味が欲しい方は、クエン酸やレモンパウダーを追加しているそうです!そして、食感はハッピーコーラと比べるとしっとりした柔らかめな食感です。

気になるフレッシュコーラのカロリーは、1袋(100グラム)348カロリーです。

1袋27個入りなので、1粒約13カロリーになります。

ハリボー(HARIBO)のグミの種類④グレープフルーツ|349カロリー Instagram 4つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)のグミの種類は「グレープフルーツ」です。

グレープフルーツの実の形をした可愛い三角形で、ピンクグレープフルーツとホワイトグレープフルーツの2種類の味があります。

シュガーコーティングがされていますが、グレープフルーツの苦みもしっかり再現されているので、甘すぎない爽やかな味になっています。

こちらも少し柔らかめの食感となっています。

気になるグレープフルーツ味のカロリーは、1袋(100グラム)349カロリーです。

1袋25粒入りなので、1粒当たり約14カロリーです。

ハリボー(HARIBO)のグミの種類⑤スターミックス|605カロリー Instagram 5つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)のグミの種類は「スターミックス」です。

こちらは定番のゴールドベアとハッピーコーラ、目玉焼き、指輪ハート型のグミが入った可愛いハリボー組のミックスバージョンです。

目玉焼き、指輪、ハート型のグミはこのスターミックスにしか入っていない特別感のあるグミです。

気になるスターミックスのカロリーは、1袋(175グラム)605カロリーです。

内容量が多い分1袋のカロリーも高くなっていますが、1粒当たりのカロリーは大差が無いと考えて大丈夫です。

スターミックスを売っている店舗は少ないので、なかなか見つけることが出来ない場合は通販での購入も検討してみてください。

ハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピ5選 ハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピ①炭酸・お酒漬け Instagram 1つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピは「ハリボー漬け」です。

コップやタッパーなどにハリボーを入れ、サイダー(炭酸飲料)やお酒をハリボーが浸るくらいたっぷり入れます。

そして、冷蔵庫の中で一晩寝かせればハリボーのサイダー漬け・お酒漬けが完成です! 一晩漬けることで食感がゼリーのように柔らかくなり、ハリボーが膨らんで2倍くらいのサイズまで大きくなります。

サイダー漬け・お酒漬けにして食べることで、違った味や食感を楽しめるアレンジレシピとなっています。

また、サイダー以外にもお好みのジュースに漬けてオリジナルのアレンジレシピを試してみてもいいですね。

ハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピ②ヨーグルト漬け Instagram 2つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピは「ヨーグルト漬け」です。

こちらは先ほどご紹介したサイダー漬けと似たようなレシピです。

お皿にハリボーを入れて、ハリボーが隠れるまでヨーグルトを入れます。

そして冷蔵庫で一晩寝かせたら完成です! サイダー漬けと同じようにハリボーが柔らかくなり、サイズも2倍くらいまで大きくなります。

サイダー漬けはおやつ感覚ですが、ヨーグルト漬けは朝食にもおすすめですよ。

前日の夜にヨーグルト漬けを作って冷蔵庫に入れておけば、翌朝すぐに食べることが出来るので朝の忙しい時間にもぴったりです。

ハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピ③ハリボーアイス Instagram 3つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピは「ハリボーアイス」です。

アイスバー用の型にお好みの量のハリボーを入れ、型いっぱいまでサイダーなどのジュースを入れて凍らせたら完成です!サイダーなどのジュースで作ると、中のハリボーが透けて見えておしゃれになりますよ。

もしアイスバー用の型を持っていなかったら、製氷皿で一口サイズのアイスにしたり、家にあるもので代用して作ってみてもいいですね。

暑い夏にぴったりのハリボーアレンジレシピです。

ハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピ④デコレーション Instagram 4つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピは「ケーキやスイーツのデコレーション」です。

手作りのケーキやスイーツを作ったときに、デコレーションとしてハリボーのグミを乗せてみましょう。

ハリボーのグミは見た目がとても可愛いので、ケーキやスイーツがさらに可愛くなりますよ。

ハリボーにはアルファベットや数字のグミもあるので、お誕生日や記念日のケーキに名前や日付、年齢をグミでデコレーションしてみるとユニークなオリジナルケーキに出来ますね!ぜひ試してみてください。

ハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピ⑤クッキー Instagram 5つ目にご紹介するハリボー(HARIBO)を美味しくするアレンジレシピは「ステンドグラスクッキー」です。

ステンドグラスクッキーと言えば飴玉で作るイメージがあるかもしれませんが、実はグミでも作ることが出来ます!作り方は飴玉でステンドグラスクッキーを作るときと同じです。

クッキーの中心を型でくりぬいたらそこに数粒のグミを置きます。

そしてオーブンで焼いてグミが溶ければOKです。

熱が冷めたら冷蔵庫で少し冷やして固めたら完成です! グミは溶けてしまうので、グミの形は分からなくなってしまいますが、ただクッキーを焼くだけよりも少し工夫するだけで見た目もおしゃれなクッキーになりますよ。

さらに詳しい作り方は下記の記事でご紹介しています。

とても簡単なのでぜひ作ってみてください。

ハリボー(HARIBO)でダイエットを成功させましょう! いかがでしたか?ハリボーは見た目の可愛さや味のおいしさに加えてダイエットにも効果があるので、今後ますます人気が出てきそうですね!ダイエット中にお菓子をつまんでしまってなかなかうまくいかない方や、お菓子を食べたい欲求でストレスが溜まってしまう方は、ぜひハリボーのグミを数粒だけ食べてください。

よく噛んで食べれば満足感も得られますし、食べすぎも防ぐことが出来ますよ。

ハリボーのグミでつらいダイエットを成功させましょう!また、下記の記事ではコンビニで売られている低カロリーのおやつをご紹介しています。

低カロリーのおやつはダイエット中にはとてもありがたいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • ハリボー
  • グミ
  • HARIBO
  • ダイエット
  • 種類
  • アレンジレシピ
  • サイダー
  • ハッピーコーラ
  • グレープフルーツ
  • 1袋
  • カロリー
  • 理由
  • ヨーグルト
  • デコレーション
  • フレッシュコーラ