恋愛

職場で一緒に仕事したくない人の特徴5選|合わない人との付き合い方も

2018年12月25日更新
職場で一緒に仕事したくない人の特徴5選|合わない人との付き合い方も

あなたが考える職場で一緒に仕事したくない人とは、どんな人ですか?ここでは一緒に働きたくない人の特徴や、合わない人との付き合い方について、ご説明して参ります。

また、反対に職場で一緒に仕事したい人の特徴などについても、あわせてご紹介して参ります。

職場で一緒に仕事したくない人の特徴5選 職場で一緒に仕事したくない人の特徴①「働きたくない」が口癖 職場で一緒に仕事したくない人の特徴の1つ目は、「働きたくない」が口癖になっているということです。

「働きたくない」と毎日口癖のように言っていると、周囲の人たちのやる気やモチベーションも下がってしまいます。

「今日は頑張ろう」と張り切っているのに、その気持ちや頑張りも削り取られていってしまいます。

本人は気づいていないのかも知れません。

本来の口癖とは、無意識に発してしまう言葉だからです。

本人も意識しないで「働きたくない」と言っているのかもしれません。

これは意識して言うことよりももっと良くありません。

本気でそのように思っている可能性が高いからです。

このような特徴がある人は敬遠されて当然でしょう。

職場で一緒に仕事したくない人の特徴②同僚の悪口を言う 職場で一緒に仕事したくない人の特徴の2つ目は、同僚の悪口を言うということです。

悪口は聞いていて決して気持ちの良いものではありません。

言葉遣いも大変悪くなりますし、声のトーンも低くなって不快な音に聞こえます。

また、その人の表情にも不快を感じる人がいるでしょう。

巻き込まれて勘違いされる危険もあります。

同僚の悪口を言う特徴がある人は、とてもストレスが溜まっているのかもしれません。

それは何も職場だけとは限りません。

家庭の事情でストレスが溜まっていることもあるでしょう。

そのようなストレスを発散させたくて、悪口を言っているのかもしれません。

ですが、聞いているこちらは大変不愉快ですから、嫌われるのです。

一緒に仕事したくない人に関連して、悪口を言う人の心理や対処法について、詳しくご紹介している関連記事があります。

リンクいたしますので、参考にしてみてください。

職場で一緒に仕事したくない人の特徴③仕事を選ぶ 職場で一緒に仕事したくない人の特徴の3つ目は、仕事を選ぶということです。

簡単な仕事や目立つ仕事、または異性や上司からちやほやされやすい仕事ばかりを選ぶ人がいます。

このような人は、面倒な仕事や肉体的な負担が伴う仕事は引き受けません。

また、服が汚れるからという理由で引き受けない、という事もあるでしょう。

仕事を選ぶ特徴がある人は、その仕事が好きではないということがあります。

女性の場合は結婚するまでの腰掛けのつもりで来ている可能性があります。

男性の場合なら、本命の就職先に落ちてしまって仕方なく、といったところでしょうか。

どちらにせよ、やる気がありませんから、大変な仕事は引き受けたがらないのです。

職場で一緒に仕事したくない人の特徴④雑談が多い 職場で一緒に仕事したくない人の特徴の4つ目は、雑談が多いということです。

仕事中もずっとしゃべっている人がいます。

このような人は話題が尽きることがありません。

「毎日それだけよく話題があるな」と感心してしまうくらい、話題性に富んでいます。

ただし、内容は大して重要なものではない、という特徴もあります。

雑談が多い特徴がある人は、しゃべることでストレスを発散させている可能性があります。

口を動かすと同時に頭も動かすことになります。

これが本人にとってはストレス発散になるのです。

ただ、周囲の人たちの気持ちを考えるということはしません。

また、空気を読むことも得意ではない為、ずっとしゃべり続けるのです。

職場で一緒に仕事したくない人の特徴⑤仕事が遅い 職場で一緒に仕事したくない人の特徴の5つ目は、仕事が遅いということです。

何をさせても仕事が遅い人がいます。

仕事の内容が簡単なものであったとしても、なかなか進まないという人がいます。

締め切りの期日よりもかなり前にお願いしているのに、ぎりぎりになっても終えることができてない人には、いらいらしてきます。

仕事が遅いという特徴がある人は、丁寧さを心掛けているつもりなのです。

間違えないよう何度も見直しをして、時間がかかることもあるでしょう。

また、取り掛かる前の下調べにたくさんの時間をかけてしまう、というケースもあります。

ただ、仕事が遅いことで相手や周囲の人たちがいらいらしている事には気づいていません。

職場で一緒に仕事したくない人との付き合い方5選 一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方①割り切る 一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方の1つ目は、割り切るということです。

職場での目的はあくまで仕事です。

仕事を目的とした割り切った付き合い方をしましょう。

すべて仕事の為だと思えば、腹立たしさも少しは落ち着いてくるでしょう。

このタイプの人にはイライラしても問題が解決することはありません。

本人はまったくわかっていない可能性があります。

本人がわかっていないことに対して、あなたがイライラしても仕方がないのです。

すべてはあなたの気持ち次第、ということです。

割り切った付き合い方ができるなら、その方があなた自身の為に良いのです。

できることなら割り切った付き合い方を心掛けるようにしましょう。

一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方②話に乗らない 一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方の2つ目は、話に乗らないということです。

雑談を持ちかけてきても、話に乗らないようにしましょう。

話に乗らないという姿勢を貫き通すことで、相手もあなたに話しかけることはなくなるでしょう。

生返事もしてはいけません。

返事をしてしまうと、エスカレートするからです。

話に乗らないからには、相槌ひとつ打ってはいけないということです。

相手はあなたの反応をしっかり見ています。

自分の相手をしてくれる人を、いつも探しているのです。

そのターゲットから外れる為には、話に一切乗らないようにする必要があります。

相手が話し掛けて来なくなるまで、ぐっと堪えましょう。

一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方③忙しいふりをする 一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方の3つ目は、忙しいふりをするということです。

忙しいふりをするというのは、わざとピリピリした空気を醸し出すということです。

すると、相手はあなたに関わろうとしなくなるでしょう。

「この人は私とは違うタイプの人間なんだ」と思ってくれるようになるからです。

ただし、あまりピリピリした空気ばかり醸し出していると、関係のない人たちまであなたを遠巻きにしてしまう可能性があります。

あらかじめ、仲の良い人たちには声をかけておいた方が良いでしょう。

誤解されないように事情を説明しておくと、関係のない人たちはあなたの気持ちを汲み取ってくれます。

一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方④関わらない 一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方の4つ目は、関わらないということです。

場所は職場ですから、仕事上でどうしても関わらないといけない事は出てくるでしょう。

書類への記載やチェックをお願いすることもあるでしょう。

仕事上でどうしても関わらないといけない場合は、仕事だから仕方ないと覚悟しましょう。

一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方⑤反面教師にする 一緒に仕事したくない人や合わない人の付き合い方の5つ目は、反面教師にするということです。

あなたが不愉快に感じているということは、あなた以外の他の人たちも不愉快に感じている可能性があるということです。

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがあります。

その人をお手本にして自分を見つめ直しましょう。

反面教師にするという付き合い方は、あなたにとってプラスになります。

あなたが嫌だと思うことを、あなたはしないようにすれば良いのです。

あなたが「本当はこうして欲しいのに」と思うことを、あなたが周囲の人たちの為にすれば良いのです。

すると、周囲の人たちのあなたに対する評価は、どんどん上がっていくでしょう。

職場で一緒に仕事したい人はどんな人? 職場で一緒に仕事したい人の特徴①仕事が速い 職場で一緒に仕事したい人の特徴の1つ目は、仕事が速いということです。

仕事が速い人は誰からも好かれます。

それだけ頼りになるということです。

また、任せてもすぐにやってくれるという安心感もあります。

職場で一緒に仕事したい人の特徴②人を褒める 職場で一緒に仕事したい人の特徴の2つ目は、人を褒めるということです。

人は誰でも褒められると嬉しい気持ちになります。

また、「頑張ろう」という気持ちも湧いてきます。

やる気やモチベーションをあげてくれる人として、周囲の人たちから好かれるのです。

職場で一緒に仕事したい人の特徴③いつも楽しそう 職場で一緒に仕事したい人の特徴の3つ目は、いつも楽しそうということです。

いつでもどんな時でも、楽しそうに仕事をしている人は、見ていて気持ちが良いものです。

また、そばにいるだけでこちらも楽しい気持ちにさせてくれます。

職場で一緒に仕事したい人の特徴④雑談が少ない 職場で一緒に仕事したい人の特徴の4つ目は、雑談が少ないということです。

これは職場ではとても大切なことです。

雑談が少ないということは、周囲の人たちの邪魔をしないということです。

当たり前のことですが、とても重要視される要素なのです。

職場で一緒に仕事したい人の特徴⑤気分転換が上手 職場で一緒に仕事したい人の特徴の5つ目は、気分転換が上手ということです。

気分転換が上手な人は、周囲の人たちへの気配りも同時にできる人です。

一緒に気分転換のチャンスを与えてくれる貴重な存在でもあるのです。

職場で一緒に仕事したい人の特徴⑥仕事を選ばない 職場で一緒に仕事したい人の特徴の6つ目は、仕事を選ばないということです。

これまで経験したことがない仕事でも、自分で調べたり、誰かに教えてもらったりして完成させます。

チャンレンジ精神が旺盛なのです。

一緒に仕事したくない人の特徴を知ろう! 一緒に仕事したくない人だと感じさせる人は、その仕事が嫌いなのです。

本当は別の仕事がしたかったのかもしれません。

また、腰掛けのつもりで勤めている場合もあるでしょう。

そのような人と一緒にいるとモチベーションが下がります。

距離を置いて、モチベーションの高い人と仲良くした方があなたの為になるでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 仕事
  • 特徴
  • 職場
  • 付き合い方
  • 周囲
  • 雑談
  • 悪口
  • 可能性
  • ストレス
  • モチベーション
  • 本人
  • 気分転換
  • 反面教師
  • 口癖