恋愛

視線の男性心理10選!振り返って見る・じっと見るのは好意のサイン?

2018年12月25日更新
視線の男性心理10選!振り返って見る・じっと見るのは好意のサイン?

男性からの視線を感じたことはありますか?この記事では、男性心理に基づいて、その視線があなたに対して好意を抱いているのかどうか、視線の種類別にご紹介しています。

別れた後に振り返って見る、というありがちな行動からさりげなく見る、というわかりにくい行動まで、そのサインについて解説します! 視線から分かる男性心理10選 視線から分かる男性心理①好意 視線から分かる男性心理1つ目は「好意」です。

男性が異性を見つめる心理のほとんどが好意です。

好意があるため、自然と見つめてしまいます。

好意のある男性は自然と好きな人のことを見つめてしまい、目で追ってしまいます。

視線から分かる男性心理②気になる存在 Instagram 視線から分かる男性心理2つ目は「気になる存在」です。

男性は好きな相手でなくても気になる存在の女性のことを見つめてしまいます。

気になる存在になると、行動や仕草が気になってしまい見てしまいます。

気になる存在は好きな人同様に、無意識的に見てしまう傾向があります。

視線から分かる男性心理③嫌い 視線から分かる男性心理3つ目は「嫌い」なことです。

人は嫌いな人ほど見るということがあります。

嫌いな人を良く見る理由としては様々な理由があります。

嫌いな人を見る理由として一番多い理由が、警戒です。

嫌いあ人にはとにかく近づいて欲しくないので、警戒し近付いてこないかを確認するために見ます。

視線から分かる男性心理④心配 視線から分かる男性心理4つ目は「心配」です。

失敗など多くする人は目を離すと何をやらかすか分からないという不安と心配の気持ちで見ます。

心配する心理としては好意もありますが、ただただ失敗されることを、恐れているということもあります。

視線から分かる男性心理⑤注意したい Instagram 視線から分かる男性心理5つ目は「注意したい」からです。

注意したい人のことを見るのは、注意できるタイミングを見計らっているからです。

注意したいと思う男性は目が怒っていることもありますので、目を見ればわかります。

視線から分かる男性心理⑥持ち物に興味がある 視線から分かる男性心理6つ目は「持ち物に興味がある」ことです。

街中やビジネスでよく目が合うと思う時や、ジロジロ見られているという場合があると思いますが、あなたを見ているのではなく、あなたの持っているものが珍しくて、見ているということがあります。

視線から分かる男性心理⑦自分を見てほしい 視線から分かる男性心理7つ目は「自分を見てほしい」という気持ちです。

女性を見つめるのには好意という心理がありますが、相手のことを見つめるだけでなく相手も自分自身を見てほしいと思い、見つめていることもあります。

視線から分かる男性心理⑧見ていたい 視線から分かる男性心理8つ目は「見ていたい」からです。

好きな人や気になる人だけでなく、魅力に感じる方というのは、見ていたくなるものです。

見ていたいという男性は、好意がある訳でなく、ただ女性に見とれている場合がほとんどです。

視線から分かる男性心理⑨観察 視線から分かる男性心理9つ目は「観察」です。

人を見るのは気になる人や好意のある人だけではありません。

男性が女性を見る心理は人間観察です。

少し気になる人の行動を見ることで楽しみます。

視線から分かる男性心理⑩露出に反応している 視線から分かる男性心理10個目は「露出に反応してる」ことです。

男性は露出している女性のことを無意識的に見てしまう傾向があります。

胸を大胆に露出している人や丈の短いミニスカートやハーフパンツなどを履き、足を露出している女性を街で見かけると見てしまいます。

男性は、無意識的に露出した女性の局部を見ているだけであって、その人自体に好意がある訳ではありません。

露出している女性が街中ですれ違うと、男性が見てしまうことは無意識であり仕方がないことだと言えます。

男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法は? 男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法①上目遣い 男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法1つ目は「上目遣い」です。

上目遣いをするのは女性だけだと思っている方も少なくはないと思いますが、実は男性も行為のある女性に向けて上目遣いをします。

上目遣いをする男性は女性と同じ心理を持ち行います。

ただし、上目遣いをする時に注意して見て欲しいのが表情です。

上目遣いで見てくる男性の表情が明るい表情だったり、柔らかい表情だと好意がある証拠ですが、きつい目つきだったり怒ったような表情で上目遣いをしている時は、相手に対して猜疑心を持っていたり、警戒心を働かせている時です。

男性が上目遣いをして見る事すべてが好意があることでしているとは限りません。

上目遣いをして見てくるときは、表情なども確認しておくようにしましょう。

男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法②優しい目付き Instagram 男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法2つ目は「優しい目付き」です。

優しい目つきで見てくるときは、好意があると思っても間違いはありません。

優しい目付きで見てくる男性は女性に好意を示しているので、優しい対応をしましょう。

ただし、男性が優しい目付きで見てくるからといって、付き合いたいと考えたり異性として見ているとは限りません。

優しい目付きで女性を見ている男性の心理としては好意でもありますが、心配する気持ちや子供を見るような感覚で見ていることがあります。

男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法③じっと見つめる Instagram 男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法3つ目は「じっと見つめる」ことです。

じっと見つめることは好意のある女性にしかしません。

じっと見つめる男性は女性に対して好意を持っていることは間違いありませんので、男性が本当に好意があるかどうかを知りたい場合は微笑み返すなど対応してみましょう。

微笑み返した時に目を逸らしたり、恥ずかしそうな表情をした時は脈ありの可能性があります。

ただし、じっと見つめる行為が本当に脈ありかどうか知りたい方は、じっと見つめる本当の心理を直接聞いてみてはいかがでしょうか。

男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法④目をそらす 男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法4つ目は「目をそらす」ことです。

好きな人を見つめていたいと思う気持ちは誰にでもありますが、見られるというのはとても恥ずかしく感じてしまいます。

そのため、見つけていても目が合うと目をそらすことがあります。

男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法⑤振り返って見る 男性の視線に好意があるかどうか見分ける方法5つ目は「振り返って見る」ことです。

振り返って見るという行動は、好きな人かもしくは魅力的な女性にしか基本的に行いません。

街中やオフィスなどで振り返って見る人がいる時は、好意があるからだと言えます。

ただし、魅力的ではない人でも振り返って見ることがあります。

魅力的でなくても嫌いな人だったり気持ち悪いと感じる人に対して振り返って見るという行動を取ります。

好意のある人と嫌い振り返って見る人の見分けるサインは表情です。

きつい目付きや嫌な顔をしている場合は嫌われています。

男性の視線に好意があるか行動やサインを見分ける方法⑥チラチラ見る 男性の視線に好意があるか行動やサインを見分ける方法6つ目は「チラチラ見る」行為です。

チラチラと視線を感じる場合は脈ありだと言えます。

好きでもない人のことをチラチラ見ることは基本敵的にあまりなく、好意のある相手もしくは気になる存在の女性のことしか見ません。

嫌っている人はチラチラ見ることはなく、むしろじっと睨み付け様な眼付きで見てきます。

チラチラ見られ目が合うとそらすという場合は、好意のあるサインです。

男性の視線に好意があるか行動やサインを見分ける方法⑦何度も目が合う Instagram 男性の視線に好意があるか行動やサインを見分ける方法7つ目は「何度も目が合う」ことです。

好きでもない人のことを何度も見ることはありません。

好きな人だからこそ何度も見たくなってしまいます。

何度も目が合うと感じた時は偶然ではなく、好意だと考えても間違いありません。

男性から視線を感じた時の対処法は? 好意がある場合①笑う 好意がある男性が視線を送る場合1つ目は「笑う」ことです。

男性から好意のある視線を向けられたときは、笑顔で対応しましょう。

女性も行為がある場合は笑顔で接するとさらにいい雰囲気になります。

そして、嫌いな相手から視線を感じるときも、笑顔で対応していれば問題に発展することはありません。

好意がある場合②振り返って見る 好意がある男性が視線を送る場合2つ目は「振り返って見る」ことです。

好意のある男性は、すれ違った時などに振り返って見ることがあります。

振り返って見られたと気は、振り返って見てはいかがでしょうか。

好きな相手や気になる相手から振り返って見られた男性は内心喜びに満ち溢れます。

好意がない場合①目を逸らす 好意がない男性が視線を送る場合1つ目は「目をそらす」ことです。

脈なし相手の人に目を合わせたり見つめ合う状況となってしまうと、男性は勘違いをしていまい。

女性も好きなのではないかと思い込んでしまいます。

職場や学校などでそういった興味のない人から視線を向けられるという場合は目を合わせることなく、目が合った場合は目をそらすようにしましょう。

好意がない場合②無視 好意がない男性が視線を送る場合2つ目は「無視」です。

好意のある男性は見る余裕があれば、ずっと見つめてくるはずです。

ずっと視線を感じる状況だと、仕事など集中することができなくなりますが、目を合わせたしまうと相手の思う壺となってしまいます。

極力目を合わせないことをおすすめします。

興味のない相手には虫が1番効果があります。

下手に話しかけたりしてしまうと、勘違いを生む危険性もありますので注意しましょう。

視線を送る男性心理を知ろう 視線を送る男性心理や好意があるか見分ける方法などは、参考になったでしょうか。

男性が女性に対して視線を送る心理には、好意だけではなく、ただ気になる存在や人間観察、注意がしたいなど視線を向けるには様々な心理があります。

好意があるかどうかをしっかりと見分けないと、嫌われている人からさらに嫌われることとなります。

また、好意のあるサインや行動を見分けるには相手の表情や目付きなども見る必要があります。

男性が送るサインや行動を知り、男性と上手に関わっていきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 好意
  • 視線
  • 男性心理
  • 心理
  • 上目遣い
  • サイン
  • 表情
  • 注意
  • 嫌い
  • 目付き
  • 露出
  • 存在
  • チラチラ
  • 何度