ライフスタイル

部屋のコーディネート15選!インテリア/北欧/狭い/模様替え/配置

2018年12月25日更新
部屋のコーディネート15選!インテリア/北欧/狭い/模様替え/配置

部屋のインテリアはくつろげるようなコーディネートにしたいですよね。

また部屋のデザインが殺風景にならないよう、模様替えなどの部屋のレイアウトはついつい気を遣いたくなります。

この記事では狭い部屋おすすめのインテアリアコーディネートや、殺風景な感じに見せない配置のコツなどを紹介します。

狭い部屋のコーディネート10選 狭い部屋のコーディネート①ホワイトを基調とした部屋に木のインテリア Instagram 狭い部屋のコーディネート1つ目は、ホワイトを基調とした部屋に木のインテリアです。

狭い部屋でも広々とくつろぎたいなら、黒などの収縮する効果のある色より、ホワイトなどの明るい色を選ぶと良いです。

ホワイトには膨張する効果があるので、部屋が実際より広く感じます。

これは部屋の模様替えにおすすめです。

ホワイトなど明るい色だけで統一すると、どうしても殺風景な部屋になってしまいます。

しかしこの中にホワイトとよく馴染む、ナチュラルな木の色を入れることによって、丁度良い感じになっています。

狭い部屋のコーディネート②明るい部屋に薄い色のインテリア Instagram 狭い部屋のコーディネート2つ目は、明るい部屋に薄い色のインテリアを入れることです。

明るい白などをベースにした部屋に薄い色のインテリアをいれると、丁度いい感じになります。

色は黒以外の薄い色なら何でもよく特に寒色系の緑や青がおすすめです。

また女子っぽい感じの部屋にしたいなら薄いピンクや紫も良いです。

狭い部屋のコーディネート③黒のインテリアで狭い部屋を楽しむ Instagram 狭い部屋のコーディネート3つ目は、黒のインテリアで狭い部屋を楽しむことです。

狭い部屋を選んだ方には狭い部屋が好きという方もいるでしょう。

なので部屋を落ち着く、狭い空間に見せれるテクニックを紹介します。

作業空間など集中したいときには狭い部屋の方がやりやすいことがあります。

黒のインテリアと壁紙で部屋を狭く見せ、壁のインテリアの配置をバラバラにすることで、部屋を狭く見せます。

壁のインテリアの配置をバラバラに置くと、配置に規則性がなくなります。

なのでそれ程物を置いていなくても、狭い部屋に見せることができます。

また床には何も置かないことで不潔という印象から遠ざけています。

狭い部屋のコーディネート④フローリングが見える面積を大きくする Instagram 狭い部屋のコーディネート4つ目は、フローリングが見える面積を大きくすることです。

部屋が広く開放的に見えるポイントは、何と言ってもフローリングが見える面積が大きいことにあります。

またフローリングが見えるということが重要で、床にラグやカーペットを敷くとその効果が半減してしまいます。

POINT 床にカーペットやラグを敷く時は色選びに気を付けて! 部屋から浮いてしまうカラフルなラグを選んでしまうと、圧迫感のある部屋になってしまいます。

どうしてもラグを選びたいなら、インテリアや部屋と同じ同系色の薄いものを選ぶと良いです。

狭い部屋のコーディネート⑤高い高さのテーブルで床を見せる Instagram 狭い部屋のコーディネート5つ目は、高い高さのテーブルで床を見せることです。

テーブルが高い高さであることで床がより見えるようになり、またテーブルがソファに重なるため視覚の邪魔をしないのです。

狭い部屋を広く見せるためには、こういったテクニックを使っていくことが重要なのです。

部屋のベースが白で観葉植物の緑が入っていることから、北欧風の雰囲気を味わうことができます。

清潔感があり殺風景でないこのコーディネートは、狭い部屋以外の部屋コーディネートでも人気があります。

狭い部屋のコーディネート⑥寒色系のインテリアをポイントに使う Instagram 狭い部屋のコーディネート6つ目は、寒色系のインテリアをポイントに使うことです。

寒色という収縮して見えるインテリアを使い部屋の圧迫感を無くしています。

インテリアを壁に配置していることも、部屋を広く見せることとしてポイントが高いです。

また中央に置く透明のテーブルで、部屋が解放感のある印象になっています。

寒色系のインテリアを多く使うことで部屋を広く見せ、もこもこの存在感のあるソファを選ぶことで、殺風景な見た目にならないようにしています。

コンパクトでそれぞれにしっかり機能性があるこの部屋は、くつろげること間違いなしです。

部屋を暖色系のコーディネートにしたい方は、この機会に是非模様替えしてみて下さい。

狭い部屋のコーディネート⑦ソファなどのインテリアを壁面に配置する 狭い部屋のコーディネート7つ目は、ソファなどのインテリアを壁面に配置することです。

部屋のインテリアを、規則性を持って配置することで、すっきりとした部屋にすることができます。

またあちこちの壁にインテリアを配置するのではなく、一つの壁にまとめてレイアウトしてあることも、部屋を広く見せるポイントです。

狭い部屋のコーディネート⑧無駄のない配置で殺風景な部屋を回避する Instagram 狭い部屋のコーディネート8つ目は、無駄のない配置で殺風景な部屋を回避することです。

部屋の壁面には浮かない配色のソファとクッション、また木のテーブルともこもこなラグの茶色は同系色で無駄がありません。

シンプルに飾ってある壁インテリアは部屋と馴染んでいます。

照明をホワイトにしているのもポイントが高いです。

こういった部屋のデザインは、適当に配置してしまうとまとまった部屋コーディネートにならず、殺風景どころかごちゃっとした見た目になってしまいます。

部屋をコーディネートにする前に、自分でしっかりとデザイン計画をたてて、スマートに殺風景な部屋を回避しましょう。

狭い部屋のコーディネート⑨部屋のレイアウトに大きい鏡を使う Instagram 狭い部屋のコーディネート9つ目は、大きい鏡を壁に置くことです。

鏡を置くと奥に空間があるように見えるので、部屋を広く見せることができます。

このレイアウトは視覚のトリックみたいなところがあるのですが、よく使われている有名なテクニックになっています。

また鏡の縁をソファなどで隠すとよりリアルになります。

狭い部屋のコーディネート⑩ナチュラルなインテリアで部屋をデザインする Instagram 狭い部屋のコーディネート10個目は、ナチュラルなインテリアで部屋をデザインすることです。

積極的に生活館のある籠や植物を多くことで、ナチュラルな見た目になっています。

また暖色的な光のランプを使うことで全体的に温かい見た目になっています。

機能性をしっかりと持つインテリアを使っているのも良いです。

一見するとごちゃっとしたまとまらない、見た目になりそうなコーディネートですが、部屋を広く見せるポイントは守っているので大丈夫です。

こういったギリギリを攻める部屋のレイアウトは、高度なテクニックを必要とします。

綺麗なまとまった見た目になるように、デザインの際はしっかり考えるようにしましょう。

狭い部屋のコーディネートにおすすめなインテリア5選 狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア①壁面飾り Instagram 狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア1つ目は、壁面飾りです。

壁面飾りは部屋の面積をとらず便利で、デザインも北欧風など様々なものがあります。

上の画像では部屋の印象を変えずらいランプの壁飾りを使っており、洗練されたオシャレな見た目になっています。

また何より部屋に圧迫感を与えてないのが良いです。

Instagram 上の画像ではキュートなインテリアを壁から垂らすことで、センスある可愛い見た目にしています。

リボンや紐などで自分の好きなものを垂らしても、十分インテリアになるのです。

こういったインテリアをレイアウトに使うことで、狭い部屋を好きにコーディネートすることができます。

狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア②ハーバリウム Instagram 狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア2つ目は、ハーバリウムです。

ハーバリウムは細いデザインの容器が主流で、置くときにスペースをとりません。

また小さいながらも存在感をしっかり放ってくれるハーバリウムは、狭い部屋にピッタリです。

綺麗な見た目のハーバリウムは、インテリアとしておすすめです。

狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア③おしゃれな座椅子 Instagram 狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア3つ目は、座椅子です。

座椅子は簡単に移動させることができ、おしゃれな見た目のものが多いのでおすすめです。

また座椅子はくつろげるインテリアとして人気なので、部屋のレイアウトに是非使って欲しいものになっています。

座椅子には多くの様々なデザインがあります。

狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア④北欧のカーテン Instagram 狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア4つ目は、薄い色や寒色系のカーテンです。

多くの人は北欧のカーテンを買う人が多いのですが、薄い色のカーテンでも大丈夫です。

また模様替えにカーテンは、一番変えやすいインテリアでもあるので、部屋のコーディネートを変える時に是非やってみて下さい。

狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア⑤北欧感漂う観葉植物 Instagram 狭い部屋コーディネートにおすすめなインテリア5つ目は、北欧感漂う観葉植物です。

部屋コーディネートに観葉植物を置くだけで、部屋が地味さから解放され、部屋から殺風景な感じが抜けます。

また壁に飾るタイプの観葉植物やプランターもあるので、観葉植物によって部屋を狭く感じることを回避することができます。

殺風景な部屋をコーディネートするコツは? 模様替えと共に壁紙を変えて殺風景な部屋を回避する Instagram 部屋が殺風景に見えることは、インテリアに原因がある訳ではない場合が多いです。

またそんな殺風景な部屋は壁紙を変えると、印象が結構変わることがあります。

壁紙を貼るだけでガラッと部屋の印象を変えることができるので、悩んでいる方は壁紙を貼ると良いです。

また壁紙は壁より床に貼ることをおすすめします。

壁はインテリアと模様が混ざりやすくおすすめできません。

しかし床は変えづらくおすすめです。

下に壁紙が紹介してある記事があります。

是非チェックしてみて下さい。

センスあるデザインのウォールステッカーを貼る Instagram 壁にはシンプルですがしっかりと存在感を放つことができるウォールステッカーをおすすめします。

ウォールステッカーは季節感のあるものからキャラクターものなど様々な種類があります。

また綺麗に壁にデザインできるので部屋の模様替えが簡単で、部屋を狭く見せたりするということがありません。

Instagram 安くて綺麗な見た目のウォールステッカーは、手軽で良いです。

また最近ではウォールステッカーを貼ると、壁から外の景色が見えるように錯覚させる、トリックシールデザインのものがあったりして、センスあるおしゃれなものが多いです。

少しふざけたようなユニークなデザインの部屋は、拘ってる感があってオシャレです。

くつろげる部屋にコーディネートするコツは? 自分の生活に合わせたインテリアにレイアウトする Instagram 部屋をくつろいで過ごすためには、自分の生活に合わせたインテリア配置にしなければなりません。

朝起きて飲み物が飲みたくなるようなら、ベッドの近くにコップが置けるインテリアを置く必要があります。

それ以外にも生活をしていく上で必要なインテリアは、絶対に買うべきですし拘りを持って選ぶべきです。

肌触りの良い素材を選ぶ Instagram 肌触りの良い素材のインテリアを選ぶことは大切です。

気に入ったデザインのインテリアで買ったものでも、肌触りが良くないから使わなくなったということがよくあります。

できれば身の周りにあるインテリアは使える心地良いものが良いので、そこは気を遣うべきポイントであります。

部屋の中にくつろげるスペースを作る Instagram 殺風景な部屋にならないようインテリアを置きすぎて、くつろげるスペースが無いということがあります。

また部屋を十分にくつろいで過ごすためには、自分で心地の良いくつろげるスペースを作らないといけません。

自分でインテリアをレイアウトするときには、見た目だけでなく自分に合わせて配置などするようにしましょう。

部屋をセンスあるオシャレなコーディネートにしよう! Instagram 狭い部屋はコーディネートに難しく、レイアウトも思ったようにならないことが多いです。

この記事で紹介したテクニックを使って、狭い部屋を上手にコーディネートできるようにしましょう。

くつろげる部屋を作って、落ち着く空間になるようにするのです。

レイアウトに気を遣うとよりそれに近づけるようになります。

一人暮らしを始めたときや特殊な間取りの部屋だったとき、狭い部屋をコーディネートしなければならないときがあります。

またもっと狭い部屋のコーディネートについて知りたいという方は、下に狭い部屋のレイアウト例について紹介してある記事があります。

是非チェックしてみて下さい。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 部屋
  • インテリア
  • コーディネート
  • 部屋コーディネート
  • 配置
  • レイアウト
  • 見た目
  • ポイント
  • ホワイト
  • 模様替え
  • 壁紙
  • 観葉植物
  • テーブル
  • ウォールステッカー