美容

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因10選|パサつき痛んだ髪のケア方法は?

2018年12月26日更新
パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因10選|パサつき痛んだ髪のケア方法は?

髪の毛がパサパサ&ガサガサで悩んでいませんか?パサつきやダメージ、乾燥の原因を知ることで、髪の正しいケア方法がわかります!ヘアケアアイテムもご紹介するので、髪の毛がパサパサ&ガサガサで悩んでいる方、ぜひ、参考にしてみて下さい。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因10選【前半】 パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因①紫外線によるダメージ Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因1つ目は、紫外線によるダメージです。

お肌の紫外線対策をするけど、意外と髪の毛は何もしていないという方も多いのでは?紫外線を浴びた髪の毛は、アミノ酸が酸化したり、メラニンが分解されたりして、キューティクルが剥がれ、ダメージを受けます。

髪の毛の表面が破壊されてしまうので、特に紫外線が強い時期は、トリートメントや紫外線ケア商品を使って、髪の毛の補修してあげることが大切です。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因②乾燥 Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因2つ目は、髪の毛の乾燥です。

特に冬場は、要注意です。

髪の毛が乾燥すると水分が失われて、静電気が起こりやすく、ダメージを受けます。

また、埃なども髪に付きやすくなるので、どんどん傷んでパサパサ&ガサガサの髪の毛になってしまいます。

冬場のエアコンの暖房で乾燥しやすくなるので、湿度に気を付けましょう。

必要に応じて加湿器を活用するのもおすすめです。

空気中に水分があると髪の毛の水分も失われずにすみます。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因③シャンプーなどの洗い残し Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因3つ目は、シャンプーやコンディショナーの洗い残しです。

しっかり洗い流していないと、毛穴が詰まり、頭皮トラブルの原因になります。

地肌にトラブルがあるといくらケアをしても、髪の毛の中まで浸透せず、パサパサ&ガサガサな髪の毛のままです。

特にコンディショナーの洗い残しが原因で地肌トラブルが起こりやすいので、コンディショナーをする時は、なるべく地肌につけなおように気を付ける方が良いでしょう。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因④濡れたままアイロンやコテを使う Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因4つ目は、髪の毛が濡れたままの状態でアイロンやコテを使うことです。

髪の毛は、熱に弱く髪質が硬くなってしまいます。

なので、濡れた状態で高温のアイロンやコテを使うと髪の毛の水分が失われてしまいます。

アイロンやコテを使うときは、必ず髪の毛は乾いた状態で、さらにアイロンやコテを使う前に専用のスプレーなどをしてからにしましょう。

下記の記事では、ヘアアイロン用のおすすめのスタイリング剤をご紹介しています。

ぜひ、チェックしてみて下さい。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因⑤シャンプーが合っていない Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因6つ目は、日頃使っているシャンプーやコンディショナーが自分の髪の毛に合っていないことです。

周りの評判がいいから、口コミサイトで上位だからとシャンプーやコンディショナーを選んで買っていませんか?もちろん、そういった情報も大切です。

でも、髪の毛の質は一人一人違います。

なので、ノンシリコンのものがいい、オーガニックのものがいいなど周りの評判に左右されず、使って自分の髪の毛に合わなければ、すぐやめることです。

無理に使い続けるとより髪にダメージを与えてしまいます。

自分の髪の毛に合うシャンプーやコンディショナーを探して使いましょう。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因10選【後半】 パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因⑥定期的にカットせず伸ばし続けている Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因6つ目は、定期的にカットせず伸ばし続けていることです。

なぜ、定期的にカットしないとパサパサ&ガサガサの髪の毛になってしまうのかというと、髪の毛は1本1本伸びるスピードが違います。

長さが違うと髪が絡みやすくなり、枝毛や切れ毛の原因になります。

また、そのまま伸ばし続けていることで、髪の毛のクセやうねりも発生してしまいます。

定期的にカットすることで、髪の毛の長さを整えられたり、傷んだ部分をなくしたりすることができます。

どのくらいの頻度で美容院に行くのがよいのかは、下記の記事をぜひ、参考にしてみて下さい。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因⑦摩擦によるダメージ Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因7つ目は、摩擦によるダメージです。

シャンプーをあまり泡をたてずゴシゴシと洗ったり、必要以上にブラッシングをしたりして、髪の毛を摩擦することはトラブルの原因になります。

キューティクルが剥がれて、ツヤがなくなってしまいます。

特に濡れた髪の毛をその放置しているとキューティクルが開いた状態なので、摩擦をうけやすいです。

また、寝ている間にも枕や布団で髪の毛に負担がかかります。

髪の毛が長い場合は、緩く結ぶことで寝ている間の髪の毛への摩擦を軽減できます。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因⑧市販のホームカラーを使う Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因8つ目は、市販のホームカラーを使うことです。

ホームカラーは、忙しくて美容院に行っている時間がない、リーズナブルな価格で気軽に染められるなどメリットもいっぱいありますよね。

しかし、市販のものは、みんなが使いやすいように強い薬を使われていることが多いです。

そのため、繰り返し使うことで、髪の毛へのダメージの負担がかかってくるので、どんどんツヤやハリが失われ、結果的にパサついた髪になってしまうのです。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因⑨生活習慣の乱れ パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因9つ目は、生活習慣の乱れです。

朝食を抜いたり、睡眠時間が少なかったり、ストレスを感じたりして、日常生活が乱れるとお肌や身体がボロボロになるのと同じで髪の毛も乾燥してパサつき、切れ毛や枝毛が増えます。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因⑩産後のホルモンバランスの変化 パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因10つ目は、産後のホルモンバランスの変化です。

妊娠中や産後は、ホルモンバランスが崩れがちです。

特に産後は、赤ちゃんに母乳をあげることでお母さんの髪の毛の栄養素も失われていきます。

その結果、お肌も髪の毛も乾燥して、パサつきます。

パサパサな髪の毛|すでにパサつき痛んだ髪のケア方法は? すでにパサつき痛んだ髪のケア方法①マッサージしながらオイルクレンジング Instagram すでにパサつき痛んだ髪のケア方法1つ目は、マッサージしながらオイルクレンジングすることです。

オイルクレンジングをすると頭皮の汚れを落としてくれますすでにパサついて傷んだ髪の毛は、毛穴が詰まって汚れている場合が多いので、まず汚れを落として、キレイな状態に戻してあげましょう。

頭皮マッサージをしながらすると、より汚れも落ち、さらに血行も良くなります。

地肌が正常な状態になれば、元気な髪の毛が生えてきます。

また、トリートメントなども浸透しやすくなります。

すでにパサつき痛んだ髪のケア方法②トリートメント&ヘアマスク Instagram すでにパサつき痛んだ髪のケア方法2つ目は、トリートメント&ヘアマスクをすることです。

パサついた髪の毛は、キューティクルが失われて、髪の毛の中がスカスカになっています。

なので、いくら外側からケアしても改善しません。

トリートメント&へアマスクで髪の中からケアしてあげることが大切です。

潤い成分や栄養素がたっぷり含まれているものを選びましょう。

もちろん、美容院でトリートメントしてもらうのもおすすめ。

傷んだ髪の毛には、コンディショナーはあまり効果がないので気を付けましょう。

どんなトリートメントがいいのか迷った時は、下記のトリートメント人気ランキングをぜひ、参考にしてみて下さい。

パサパサな髪の毛にならないためのケア方法は? ケア方法①刺激の少ないシャンプーに変える Instagram パサパサな髪の毛にならないためのケア方法1つ目は、刺激の少ないシャンプーに変えることです。

日常的に使うシャンプーをアミノ酸系の洗浄成分が含まれているものに変えると良いでしょう。

保湿成分が配合されているものや添加物があまり入ってないものがおすすめです。

コストパフォーマンスが高く、シャンプーで洗い終わったあとにスッキリするというものは、必要な水分や油分まで洗い流してしまっている可能性が高いので、より髪の毛が乾燥してパサつきます。

十分に気を付けましょう。

ケア方法②毎日洗い流さないトリートメントを使ってサラサラ パサパサな髪の毛にならないためのケア方法2つ目は、毎日洗い流さないトリートメントを使うことです。

洗い流さないトリートメントは、ダメージ部分を補修してくれるだけでなく、髪質を高めてくれたり、紫外線やドライヤーの熱などの外的ダメージを受けにくくしてくれたりする効果もあります。

毎日ケアすることで、ツヤとハリのある髪の毛を持続できます。

さらにダメージがひどい場合やダメージを受けた日は、1日2回以上使用するのが良いです。

洗い流さないトリートメントを使うおすすめのタイミングは、入浴後や寝る前、朝のスタイリングの時です。

髪の毛の水分はきって、根本に付かないように注意しましょう。

ケア方法③自然乾燥はNG!ドライヤーで地肌からしっかり乾かす Instagram パサパサな髪の毛にならないためのケア方法3つ目は、ドライヤーで地肌からしっかり乾かすことです。

ドライヤーを使わずに濡れたまま自然乾燥させると摩擦でキューティクルが剥がれてしまいます。

シャンプー後は、優しくタオルドライをしてからまず地肌を乾かします。

地肌が乾いたら、根本から毛先に向けて髪の毛の斜め上からドライヤーの風をあてます。

指で髪の毛をとかしながら乾かしていくとまとまりやすくなるのでおすすめです。

パサパサ&ガサガサな髪の毛におすすめのヘアケアアイテム5選 髪の毛におすすめのヘアケアアイテム①フィーノプレミアムタッチ Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛におすすめのヘアケアアイテム1つ目は、フィーノプレミアムタッチ資生堂の浸透美容液ヘアマスクです。

アミノ酸やミネラルが豊富に入ったローヤルゼリーEXと保湿成分PCAなどの6つの美容液成分配合ですでに傷んだ髪の毛を内側からツルツル&サラサラに修復してくれます。

お肌に使う美容液成分をそのまま入っているので、髪の毛のキメを整えてくれます。

使い方は、シャンプー後に軽く水気をきり、毛先から根本へと手ぐしで馴染ませます。

すぐに洗い流しても十分効果を発揮してくれますが、傷みがひどい場合は、数分間おきます。

洗い流したら、タオルドライをするだけです。

髪の毛におすすめのヘアケアアイテム②デュアルアクティブオイルセラム Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛におすすめのヘアケアアイテム2つ目は、パンテーンミラクルズシリーズのデュアルアクティブオイルセラムです。

洗い流さないトリートメントです。

高濃度の補修成分のアクアセラムと水分がたっぷり配合されたジュエルオイルの2層のトリートメントが髪の毛に潤いを与えてくれます。

ずっと触っていたくなるカシミヤのような髪へと導いてくれます。

香りは、女子力をさらにアップさせてくれるバラともぎたてりんごをブレンドしています。

髪の毛におすすめのヘアケアアイテム③ミルボンエルジューダエマルジョン Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛におすすめのヘアケアアイテム3つ目は、ミルボンのエルジューダエマルジョンです。

洗い流さないトリートメントです。

ケラチンタンパク質配合でダメージ部分にしっかり密着して補修してくれます。

さらにバオバブエキスが髪の芯から潤してくれるので、やわふわな髪の毛になります。

使い方は、シャンプー後に軽くタオルドライで水気を切り、毛先→中間と均等になるように馴染ませます。

最後にクシでとかせば髪の毛1本1本に行き渡ります。

あとは、ドライヤーで乾かせばOKです。

香りも魅力的でアップルやシトラスなど爽やかな香りから、ローズの上品な香り、バニラの甘い香りへと変化していきます。

おすすめのヘアケアアイテム④ハンドクリームにも!N.ポリッシュオイル Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛におすすめのヘアケアアイテム4つ目は、ナプラのN.ポリッシュオイルです。

天然由来成分とシアバターのみで作られたヘアオイルで、パサつきを抑えてくれます。

ドライタオル後、適量を手によく馴染ませ、毛先から髪の毛の中間を中心に揉み込みます。

あとは、ドライヤーで乾かすだけです。

洗い流さないトリートメントとして使ったり、スタイリング剤として髪をセットしたり、天然由来成分でできているので、お肌の保湿やハンドクリームとしても使えたりと万能なので1本持っていると便利です。

髪の毛におすすめのヘアケアアイテム⑤アヴェダパドルブラシ Instagram パサパサ&ガサガサな髪の毛におすすめのヘアケアアイテム5つ目は、アヴェダのパドルブラシです。

シャンプー前に髪の毛の埃や絡みを取ったり、頭皮マッサージとして使用したり、ブロー前にとかしたりと美髪ケアにはかかせないヘアケアアイテムです。

長めのピン(ブラシの葉)が長い髪や絡まった髪の毛を簡単にほどき、まとまりのある髪の毛に仕上げてくれます。

毎日使うヘアブラシをパドルブラシに変えるだけで、頭皮マッサージにもなるので、毛穴までスッキリして、毛先までサラサラな髪の毛にしてくれます。

パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因を知ってサラサラヘアになろう! パサパサ&ガサガサな髪の毛の原因やケア方法、おすすめヘアケアアイテムなど詳しくご紹介してきました。

パサパサ&ガサガサになる原因について、当てはまるものも多かったのではないでしょうか? 自分の今の髪の毛の状態を知り、自分に合ったケアをしてあげることによって、髪の毛はサラサラになります。

髪の毛のパサつきや乾燥、ダメージに悩んでいる方、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 髪の毛
  • パサパサ
  • ガサガサ
  • トリートメント
  • ケア
  • シャンプー
  • ダメージ
  • ヘアケアアイテム
  • コンディショナー
  • 乾燥
  • ドライヤー
  • 地肌
  • 状態
  • 水分
  • キューティクル