美容

【オイリー肌向け】おすすめクレンジング12選|選び方・使い方

2018年12月26日更新
【オイリー肌向け】おすすめクレンジング12選|選び方・使い方

テカリやべたつきが気になるオイリー肌(脂性肌)。

そんなオイリー肌にはどんなクレンジングが合っているのか、ずっと探し続けているという方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、オイリー肌さんにおすすめのクレンジング料12選から、選び方、使い方のポイントまで、オイリー肌さんに知っていただきたいクレンジングの知識をたっぷりとご紹介していきます。

スキンケアの第一歩でもあるクレンジングから、オイリー肌対策を始めてみませんか? 1.オイリー肌の肌状態とは? 自分に合ったクレンジングを見つけるために、まずはオイリー肌(脂性肌)がどんな肌状態にあるのかを理解しておきましょう。

◆オイリー肌は水分も油分も多い肌 オイリー肌とは「脂性肌」とも呼ばれ、肌の水分量も油分量も多く、表面がべたつきやすい肌のことをいいます。

一般的に10~20代の年齢の方や、男性の方に多くみられやすい肌タイプです。

とくに額から鼻筋にかけてのTゾーンや鼻周り、顎の付近に皮脂が目立ちやすく、メイク崩れの原因にもなるので、オイリー肌で悩んでいる方も多いことでしょう。

皮脂は「天然のクリーム」ともいわれ、本来肌の乾燥を防ぐためにある程度は必要不可欠なものではありますが、過剰に分泌されるとニキビや毛穴詰まりなどのさまざまな肌悩みが引き起こされてしまいます。

◆実はオイリー肌じゃなくてインナードライかも!? 肌のべたつきやテカリが目立つと、自分はオイリー肌(脂性肌)だと考えがちですが、もしかするとオイリー肌ではなくインナードライ肌の可能性も考えられます。

オイリー肌とインナードライ肌の違いは、肌の水分量。

オイリー肌は水分量も皮脂量も多く、インナードライ肌は皮脂量は多いものの、水分量が足りていません。

肌は水分を失い乾燥を感じると、皮脂を分泌してそれ以上の乾燥を防ごうとします。

その結果、どんどん皮脂が過剰に分泌されて肌がテカることにより、オイリー肌だと勘違いしてしまうことがあります。

洗顔後、すぐに保湿しないと肌がつっぱりやすいという方は、インナードライの可能性が高いでしょう。

インナードライ肌の方は、皮脂の落としすぎを防ぎ、肌にたっぷりの水分を与えてあげることが大切です。

2.オイリー肌のクレンジングの選び方 こちらでは、オイリー肌(脂性肌)に合ったクレンジングを具体的にどのように選んでいけばいいのかをご紹介していきます。

◆メイクの濃さに合ったクレンジングを選ぶ オイリー肌(脂性肌)のクレンジング選びの基本は、他の肌質の方と同じく、その日のメイクの濃さに合わせて選ぶことです。

皮脂をしっかり落とすために、とにかく洗浄力の高いクレンジング料を選んで使うと、肌に必要な分の皮脂まで落としすぎてしまったり、肌に負担をかけることになり、肌が乾燥してインナードライになってしまうことも考えられます。

そのため、濃いメイクをしている日は比較的洗浄力の高いクレンジング料を、ナチュラルメイクのときは洗浄力がマイルドなクレンジング料を選んで使うようにしましょう。

※メイクの濃さはベースメイクを基準に! 濃いメイクなのかナチュラルメイクなのかは、ベースメイクを基準に考えるようにしましょう。

アイメイクやリップなどのポイントメイクは、ウォータープルーフのコスメを使うことも多いので、濃くなってしまいがち。

そんなポイントメイクの濃さを基準にクレンジング料を選ぶと、常に強い洗浄力を求めてしまうことになるでしょう。

そのため、クリームやスティックタイプのファンデーションを使った濃いベースメイクなのか、パウダータイプなどのファンデーションを使ったナチュラルなベースメイクなのかを基準に、クレンジング料の種類を選ぶようにしてください。

落とし切れないアイメイクやリップは、ポイントクレンジングを使って先に落とすようにしましょう。

◆さっぱり感のあるクレンジングを選ぶ 日ごろから肌のべたつきが気になる方は、洗い上がりにさっぱり感のあるクレンジングを選びたいものですよね。

クリームタイプやミルクタイプのクレンジング料は、ナチュラルメイクのときの使用に適していますが、油分を多く含み、洗い上がりがしっとりとマイルドなため、オイリー肌(脂性肌)の方には少し重く感じてしまうことがあるかもしれません。

そのため、比較的さっぱり感のあるオイルやリキッド、ジェルタイプのクレンジング料の中から選ぶのがおすすめです。

3.オイリー肌向け!おすすめクレンジング12選 それではここから、肌らぶがおすすめするオイリー肌(脂性肌)向けのクレンジング12選をご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、オイリー肌さんにぴったりの「クレンジングオイル」「リキッドクレンジング」「クレンジングジェル」「ポイントクレンジング」の4タイプ。

それぞれのタイプのクレンジング料の特徴から、おすすめ商品までご紹介しますので、気になるクレンジング料をチェックしてみましょう! 【オイリー肌向け】おすすめクレンジングオイル3選 まずご紹介するのは、オイルタイプのクレンジング。

クレンジングオイルは、クレンジング料の中でも洗浄力の高いタイプで、濃いメイクをオフするときにおすすめです。

オイルといっても洗い上がりにべたつきや重さが残るものは少なく、比較的さっぱりとした使用感のものが多いので、オイリー肌の方にも使いやすいタイプでしょう。

◆ファンケル マイルドクレンジングオイル 価格:1,700円(税抜) 容量:120mL クッション性のあるオイルで、肌をこすらず「なでる」だけでメイク汚れをするんと落とす、ファンケルのクレンジングオイルです。

毛穴汚れなど肌に不要なものだけをすっきりと落とし、ざらつきのないなめらかな肌に。

でもうるおいはキープして肌の乾燥を防ぎ、乾燥による小じわまで目立たなくしてくれます*。

*効果評価試験済み ファンケル マイルドクレンジングオイルの使用レビューはこちら ◆アテニア スキンクリアクレンズオイル 価格:1,700円(税抜) 容量:175mL 古い角質によるくすみまでオフし、肌色をパッと明るく見せてくれる、アテニアのクレンジングオイルです。

濡れた手でもそのまま使えるから、お風呂でのメイクオフも簡単に。

天然精油をブレンドした柑橘系アロマの香りのタイプと、無香料タイプから選べます。

アテニア スキンクリアクレンズオイルの使用レビューはこちら ◆エリクシールシュペリエル メーククレンジングオイル N 価格:2,500円(税抜) 容量:150mL オイルを感じさせないすっきりとした感触の、エリクシールシュペリエルのクレンジングオイルです。

毛穴の奥に密着したメイク汚れまで浮かせて落とし、肌表面のごわつきをやわらげます。

肌に必要なうるおいは守り、クレンジングしながらエイジングケア*までできるアイテムです。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ 【オイリー肌向け】おすすめクレンジングリキッド3選 続いてご紹介するのは、肌らぶがおすすめするクレンジングリキッド3選です。

リキッドタイプのクレンジングは基本的にオイルを含まないので、オイリー肌の方でも気持ちよく使える使用感でしょう。

洗浄力も高めのタイプなので、濃いメイクでもすっきり落とせます。

また、オイルフリーなのでマツエク中に使える商品が多いのも魅力的なポイントです。

◆オルビス クレンジングリキッド 価格:1,333円(税抜) 容量:150mL オイルカットですっきりとした洗い上がりが楽しめる、オルビスのクレンジングリキッドです。

美容液のようにとろみのあるテクスチャーなのに、ぬるつきのないみずみずしい使い心地。

ファンデーションからポイントメイクまで、素早くするりとオフしてくれます。

◆ディセンシア スキンアップリキッドクレンズ 価格:2,500円(税抜) 容量:120mL こすらなくても、濡れた手のままでも、ウォータープルーフマスカラまでするんとオフする、ディセンシアのクレンジングリキッドです。

水に近いさらりとしたテクスチャーで、油分汚れを素早く浮かせて、しっかりメイクもきれいに。

エイジングケア*まででき、クレンジングしながら美肌のためのお手入れを叶えてくれます。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ ◆クレンジングリサーチ アクアクレンジング 価格:1,000円(税抜) 容量:145mL 古い角質まですっきり落とし、W洗顔不要の、クレンジングリサーチのリキッドクレンジングです。

みずみずしいリキッドが毛穴の奥まで素早く入り込み、メイク汚れも毛穴汚れもオフ。

つるんとなめらかなさわり心地の、みずみずしい肌に洗い上げます。

【オイリー肌向け】おすすめクレンジングジェル3選 続いてご紹介するのは、肌らぶおすすめのクレンジングジェル3選です。

オイルやリキッドタイプに比べると洗浄力は少し低くなりますが、ジェルには厚みがあるのでクッション性が高く、肌への摩擦を抑えながらやさしく洗い上げられるのが魅力のひとつです。

普段のナチュラルメイク用には、ジェルタイプのクレンジング料を選んでみてはいかがでしょうか? ◆dプログラム マイルドクレンジングジェル 価格:2,500円(税抜) 容量:125g 資生堂の敏感肌向けブランドである、dプログラムのクレンジングジェルです。

キメや毛穴に入り込んだファンデーションまできれいにオフ。

こすらなくても、やさしくなじませるだけでメイク汚れを浮き上がらせ、ぬるつきなくすっきりと洗い流します。

◆マナラ ホットクレンジングゲル 価格:3,800円(税抜) 容量:200g ぽかぽかと心地よく肌を温めながら使える、マナラのホットクレンジングジェルです。

あたたかなジェルが肌をやわらげながらなじみ、毛穴の奥のメイク汚れを吸着してからめ取ります。

ダブル洗顔不要タイプ。

美容液成分を90%配合し、肌にうるおいを残してくれます。

マナラ ホットクレンジングゲルの使用レビューはこちら ◆ハウスオブローゼ エーシーコンフロント クレンジングジェル【医薬部外品】 価格:2,000円(税抜) 容量:180mL ニキビを防ぐ有効成分「ヒノキチオール」配合で、メイクオフしながらオイリー肌のお手入れができる、ハウスオブローゼのクレンジングジェルです。

みずみずしい感触で、肌にさらりと伸び広がる心地よいテクスチャー。

肌を清浄にしながら、さわり心地の良いなめらかな肌に整えます。

【オイリー肌向け】おすすめポイントクレンジング3選 最後にご紹介するのは、肌らぶおすすめのポイントクレンジング3選です。

ベースメイクはナチュラルでも、ウォータープルーフのマスカラやアイラインを使って毎日ばっちりアイメイクをしているという方や、口紅は欠かせないという方も多いはず。

そんな方は、ポイントクレンジングで先にポイントメイクを落としてからベースメイクをオフするようにしましょう。

◆SHISEIDO スキンケア インスタント アイ&リップ メーキャップリムーバー 価格:2,500円(税抜) 容量:125mL 高い洗浄力で、濃いアイメイクや口紅まで素早く落とす、SHISEIDOスキンケアのポイントクレンジングです。

よく振ってから使う、2層タイプのリムーバー。

一般的なグルー(シアノアクリレート系)を使用したマツエクをつけているときにも使えます。

◆ビフェスタ うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー 価格:オープン価格 容量:145mL 水のようにさらさらとしたテクスチャーで、不快感なくメイクになじむ、ビフェスタのポイントクレンジングです。

ウォータープルーフのマスカラやアイラインまで素早く浮かして包み込み、ゴシゴシこすらなくてもするんとオフ。

目元やまつ毛を保護しながらメイクオフできるのも嬉しいポイントです。

◆メイベリンニューヨーク エクスプレス ケア トータルクリーン 価格:500円(税抜) 容量:70mL 落としたあとはべたつかずにしっとりとした仕上がりの、メイベリンニューヨークのポイントクレンジングです。

ほんのりパープルのオイル層とクリアな水の層がミックスされることで、油性のメイクにも水溶性のメイクにもなじんで、すっきりオフ。

こすらなくていいので、デリケートな目元や口ものへの摩擦によるダメージを防ぎます。

4.正しいクレンジング方法でオイリー肌対策 オイリー肌(脂性肌)対策には、クレンジング料の選び方だけでなく、正しいクレンジング方法を覚えておくことも大切です。

ここでは、クレンジングを行うときに意識してほしい、基本的なポイントを5つご紹介していきます。

①クレンジング料は適量を クレンジング料は、必ずメーカーが定めている適量を目安に使用するようにしましょう。

もったいないからと少量でメイクオフをしようとすると、なかなか落ちづらく長時間肌をこすったり、メイクが落ち切らずに肌に残ってしまうことに。

その結果肌に負担がかかって、ニキビなどの肌悩みを招きかねません。

まずは商品ごとの説明書きをきちんと読み、適量を守って使用するようにしてくださいね。

②クレンジングのときは肌をこすらない クレンジングの際、肌をゴシゴシとこすってしまわないように気をつけましょう。

肌を強くこすりすぎると、肌に摩擦によるダメージを与えてしまうだけでなく、必要以上に皮脂を落としすぎてしまい、乾燥やインナードライなどの更なる肌悩みにつながってしまいます。

メイクはこすり落とさなくても、クレンジング料に含まれる洗浄成分が汚れを浮かせて落としてくれるものです。

だから、やさしい力加減で肌になじませてあげるようにしてください。

③クレンジング料はTゾーンからなじませる クレンジングは、Tゾーンなどの毛穴汚れや皮脂が多い部分からなじませるようにしましょう。

クレンジング料は、肌にのせた瞬間からメイク汚れや余分な皮脂を落とすために働き始めます。

そのため、最初にクレンジング料をのせた部分の洗浄力が高く、流す直前にのせた部分の洗浄力が低くなる傾向にあります。

だから、より皮脂や汚れがたまりやすいTゾーンを最初に、デリケートで乾燥しやすい目元は最後にクレンジング料をなじませて、メイクオフをするのがおすすめです。

④クレンジング料のすすぎ残しに注意 クレンジング料のすすぎ残しには注意しましょう。

とくに髪の生え際やフェイスラインは、すすぎ残しが起こりやすい部分。

クレンジング料が肌に残ると毛穴詰まりを起こし、ニキビの原因になってしまうこともあります。

鏡をよく見て、すすぎ残しがないか確認するようにしてくださいね。

⑤クレンジングのあとには洗顔を 一部W洗顔不要の商品もありますが、基本的にはクレンジングのあとには洗顔が必要です。

それは、クレンジングと洗顔では役割が少し違ってくるから。

基本的に、クレンジングはメイクなどの油性の汚れを、洗顔は古い角質や角栓などの酸性の汚れを落とすという役割を持っています。

最近ではどちらの汚れも落としてくれるクレンジング料も多く展開されていますが、基本的には別物と考え、クレンジングのあとには洗顔を行うようにしましょう。

5.オイリー肌はスキンケアも大切! 肌のうるおいを補給するスキンケアは、乾燥肌のためのものだと思っていませんか? しかし、スキンケアは肌質に関係なく必要なもの。

もちろんオイリー肌(脂性肌)にとっても大切なことなのです! 基本的にオイリー肌は、水分も油分もたっぷりとある状態の肌ですが、クレンジングや洗顔後の肌は、表面の油分が洗い落とされ、乾燥してしまいがち。

そのまま肌を放置してしまうと、水分が蒸発し、水分不足になったと判断した肌が、乾燥から守るために皮脂をどんどんと分泌しようとします。

そうすることで、水分が少なく油分の多い「インナードライ肌」になっていってしまうことがあります。

そのため、クレンジングや洗顔のあとは、まず化粧水で肌に水分を補給。

そのあとに乳液や保湿ジェルを使って適度に油分を与え、肌のうるおいを保つようにしましょう。

オイリー肌の方は、油分の多い保湿クリームやオイルを使ってしまうと、よりべたつきが気になったり皮脂が過剰になってしまうこともあるので、比較的さっぱりと油分を補える乳液や保湿ジェルを使うのがおすすめです。

6.こんなところにも隠れていた!?オイリー肌の原因と対策 オイリー肌は間違ったクレンジングやスキンケアで引き起こされることもありますが、実はそれ以外にもオイリー肌(脂性肌)の原因は潜んでいるのです。

そこで最後に、オイリー肌対策のために意識したい、スキンケア以外のポイントを2つご紹介いたします。

◆ストレス ストレスもオイリー肌(脂性肌)の原因のひとつといわれています。

皮脂が過剰に分泌されるのには、男性ホルモンが大きくかかわっています。

そのため、比較的男性の方が皮脂量の多さや肌のべたつきに悩んでいる方が多いのです。

しかし男性ホルモンは男性だけのものではありません。

男性女性関係なく、人はストレスを抱えると、ストレスと戦うために副腎皮質ホルモンが分泌されます。

このとき実は、男性ホルモンも同時に分泌されるのです。

男性ホルモンが分泌されることで皮脂分泌も促され、結果的に皮脂過剰になってしまうことに。

そのため、オイリー肌対策にはストレスを溜めこみすぎないということも大切なポイント! 好きな音楽を聴いたり運動をしたり、自分なりのストレス発散方法を見つけて、心も肌状態もベストを保つように心がけてくださいね。

◆食生活 食生活だって、オイリー肌(脂性肌)の大きな原因のひとつです。

脂肪分の高いもの、甘いもの、揚げ物・・・このような食事は、体内で中性脂肪に変わり、皮脂のもとになることで、皮脂の過剰分泌につながってきます。

そのため、オイリー肌対策にはバランスの良い食事を心がけることも大切。

また、必要な栄養素をバランスよく摂った上で、ビタミンB6を積極的に摂ることもおすすめです。

ビタミンB6は、皮脂の分泌やタンパク質の代謝を調整する効果が期待できます。

クレンジングなどのスキンケアだけでなく、このような普段の生活からもオイリー肌対策を始めてみてはいかがでしょうか? 7.オイリー肌におすすめのクレンジング まとめ 今回は、オイリー肌に悩むみなさまへ、おすすめのクレンジングや選び方、使い方までたっぷりとお届けいたしました。

テカリやべたつきが気になるオイリー肌は、クレンジングをはじめとしたスキンケアから対策を始めることが大切。

今回の内容を参考に、肌に合ったクレンジング料を探してみてくださいね!作成者情報 肌らぶ編集部 キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。

スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。

肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!

キーワード

  • クレンジング
  • オイリー
  • メイク
  • 皮脂
  • 脂性肌
  • 水分
  • スキンケア
  • インナードライ
  • ポイントクレンジング
  • 洗浄力
  • 乾燥
  • 油分
  • オフ
  • 分泌