ライフスタイル

海洋恐怖症って知ってる?海に恐怖を感じる理由と水中の怖い画像10選

2018年12月27日更新
海洋恐怖症って知ってる?海に恐怖を感じる理由と水中の怖い画像10選

海洋恐怖症って何? 海洋恐怖症とは深海や海底などに恐怖を感じる症状のこと 海洋恐怖症とは深海や海底などに恐怖を感じる症状のことを指します。

海洋恐怖症になってしまうと、海に出かけるのも怖くなってしまうことがあるほど深刻な症状でもあります。

しかし、海洋恐怖症の人のほとんどは、深海のことや夜の海について考えると怖くなる程度の症状が出るくらいでしょう。

海洋恐怖症という名前がつけど、実際にはビーチに遊びに行ったり浅瀬で遊ぶくらいなら問題なく楽しめるという人が大半のはずです。

ただ、夜眠れない時に漠然と深海のことを考えたりすると、途方もなく感じられ恐怖を感じてしまうことがあるのが海洋恐怖症の特徴です。

得体の知れない巨大生物が海底から出てきそうでゾッとすることも 海洋恐怖症の人は海を見ていると得体の知れない巨大生物が海底から出てきそうでゾッとすることもあります。

自分の未知の世界から、何かとてつもなく巨大なものが襲ってくるのではないか、などと想像をすると、夜も眠れなくなってしまうのです。

海の怖い画像などを見ると、海洋恐怖症の人は参ってしまいそうになるでしょう。

海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由 海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由①底が見えないから 海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由一つ目は、底が見えないからです。

海を見ただけでは、海底がどのくらい深くにあるのかわかりませんし、想像もつきません。

自分の足がつかない遥か先に海底がある、もしくは途方も無いような先に地面があると考えると、怖くて仕方なくなってしまうのです。

一方プールなどは、人工的に作られたもので、底がしっかり定められています。

そのため、底が見えない不安にかられることはありません。

海が怖いと感じてしまうのは、海底がどれほどの深さなのかわからないこと、また水中の不気味さからくるものなのです。

海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由②広さがハッキリわからないから 海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由二つ目は、広さがハッキリわからないからです。

海の広さをはっきりと把握することは、人間には不可能でしょう。

このくらいの大きさだ、という漠然とした感覚はつかめても、その厳密な大きさなど知るよしもありません。

実際に全ての海を身一つで探索することなど不可能だからです。

それだけに、広さがわからないことによる底なしの恐怖にかられるのが海洋恐怖症の人たちです。

そこには得体の知れない巨大生物がいるかもしれないし、水中の光が届かない闇の中には何かが潜んでいるかもしれません。

何もわかっていないことが、海への恐怖感をより煽っているのです。

海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由③飲み込まれそうだから 海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由三つ目は、飲み込まれそうだからです。

海を見ていると、そこがないように感じられて、飲み込まれそうな感覚に陥ったことはありませんか?どこに底があるのかわからないくらい深い海を見ていると、自分がその中心に飲み込まれて、もう二度と帰ってこれないような気にもなるものです。

そんな感覚を持つと、海が怖くなってしまうのも無理はありません。

飲み込まれそうな闇を見ていると、自分の未知なる世界を想像してしまってゾッとすることになるでしょう。

海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由④深海は未知の世界だから 海洋恐怖症の人が海を怖く感じる理由四つ目は、深海は未知の世界だからです。

深海というのは、まだ人類にとって未知が多くねむっている場所でもあります。

深海の謎を解き明かそうと頑張っている学者の人もいますが、それでもわからないことは山積みなのです。

そんな深海を思うと恐怖を感じるのも無理はないでしょう。

正体がわかっていればなんでもないものでも、わからないことは全て怖く感じるものです。

現に、昔の人は何もわかっていなかったからこそ、今では自然現象だと周知されているような事象にさえ恐れ戦いていました。

現代でも、わからないことは人によって脅威となるのです。

以下に関連記事として、大きな音が苦手な人の心理についてまとめられたものがあります。

何かの恐怖症になる人は、共通した特徴が見られることもあるでしょう。

海洋恐怖症だけでなく別の恐怖症についても知ることで、人が恐怖を感じるのは一体何が原因なのかについてより詳しく迫ってみてください。

海を思わず怖く感じてしまう画像10選 海を思わず怖く感じてしまう画像①口を開いて歯を覗かせるサメ Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像一つ目は口を開いて歯を覗かせたサメの画像です。

海洋恐怖症でなくとも、この画像を見ただけで恐怖を感じてしまいそうになるのではないでしょうか。

巨大生物というだけでも怖いのに、口を開いて恐ろしいほど尖った歯を見せているなんて、不吉な妄想をせずにはいられません。

海を思わず怖く感じてしまう画像②暗い海の上に浮かぶ子供 Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像二つ目は、暗い海の上に浮かぶ子供の画像です。

かろうじて子供の足が見えているものの、ボンヤリと浮き出ている程度でほとんど見えません。

それほど暗い水の上を浮き輪一つで浮かんでいる子供のこの写真を見ていると、なんだか不安になってしまいそうになるのではないでしょうか。

海を思わず怖く感じてしまう画像③クジラと泳ぐ人 Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像三つ目は、クジラと泳ぐ人の画像です。

クジラは温厚な性格で人のことを襲うことはないとわかっていても、やはりその巨大生物ぶりには恐怖を感じてしまう人も多いでしょう。

一緒に泳ぐなんて、海洋恐怖症の人からすると、とても考えられないのではないでしょうか。

海を思わず怖く感じてしまう画像④巨大なマンボウと人 Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像四つ目は、巨大なマンボウと人の画像です。

あまりにも大きなマンボウが人の方を向いているこの写真を見ていると、そこしれない恐怖感が襲ってくるはずです。

いまにも食べられてしまいそうで、海洋恐怖症の人からすると見ていられない一枚でしょう。

海を思わず怖く感じてしまう画像⑤大きな人型の巨大生物 Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像五つ目は、大きな人型の巨大生物です。

この巨大生物が一体なんなのか、実物するのかどうか、それがわからないこともよりこの画像の怖さに拍車をかけています。

フェイクだと思っても、やはりゾッとせずにはいられないでしょう。

海を思わず怖く感じてしまう画像⑥水中に見える大きな目玉 Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像六つ目は、水中に見える大きな目玉と人の写った写真です。

うっすら見えている目玉のようなものが、もし本当に何か巨大生物のものだとしたら、そのあまりの巨体ぶりに怖さを感じずにいられないでしょう。

一緒に写る女性がどうなったのかと想像するだけでも気が遠くなりそうです。

海を思わず怖く感じてしまう画像⑦ベリーズブルーホール Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像七つ目は、ベリーズブルーホールです。

ベリーズブルーホールは中央アメリカの海の世界遺産で、ダイビングを楽しむことができる人気のスポットです。

上から見ると色が濃くなっていて、海洋恐怖症の人からすると125mもの深さに吸い込まれそうになり恐怖を感じる画像に違いないでしょう。

海を思わず怖く感じてしまう画像⑧モーリシャス島 Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像八つ目はモーリシャス島の画像です。

マダガスカル近くに位置するこの島は、アフリカの南東から2000km離れたところに浮かんでいます。

見ての通り絶景ですが、滝が海の中に流れ込んでいる様子が観測できます。

もしここに落ちてしまったらと思うと海洋恐怖症でなくても怖くなるでしょう。

海を思わず怖く感じてしまう画像⑨水面から出るサメのヒレ Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像九つ目は、水面から出るサメのヒレの写った写真です。

全体像が見えているサメでも十分怖いですが、ヒレしか見えていないのもまた違った怖さを感じさせます。

このヒレが自分に向かって近づいてきたらと思うと、なんとも縮み上がるような思いがするでしょう。

やはり、海が怖いと感じる大きな要因の一つとなっているのは、度々映画にも登場するサメに違いないでしょう。

パニック映画でサメに襲われる人間の様子などを見ていると、普段の海水浴で鉢合わせてしまったら、などとありもしない妄想に取り憑かれてしまいそうになります。

海を思わず怖く感じてしまう画像⑩荒れそうな海 Instagram 海を思わず怖く感じてしまう画像十つ目は、荒れそうな海の写真です。

いまにも降り出しそうな雨と、茶色い砂浜、それに高くなってきている雰囲気のする波が一枚に収められたこの写真は、なんとも言えない不気味さと不吉さを感じさせます。

遠くに泳いでいる人は無事に帰れるのだろうかと考えるとゾッとするでしょう。

以下に関連記事として、海の怖い画像についてまとめられたものがあります。

トラウマになりそうな水中でのサメ・クジラの話や、とっておきのスリリング画像が満載です。

自分は海洋恐怖症なのかどうか確かめるためにも打って付けの記事となっているので、ぜひ一度読んでみてください。

海洋恐怖症の人は意外と多い 身の回りに海洋恐怖症の人がいなくて、海に対して恐怖感を覚えるのは自分だけなのではないかと不安になっていた人もいるでしょう。

しかし、実際は海に対し恐怖を覚えることは、決して珍しいことではありません。

海というのは、人間からするととてつもなく巨大なもので、考えただけで気が遠くなるのも普通のことです。

しかし、あまり海洋恐怖症を拗らせすぎて、せっかくの絶景を見逃すことになったり海水浴を楽しめなくなってしまっては、もったいないことだと言えるでしょう。

自分が海洋恐怖症であることに気が付いたら、あまり深く考えすぎないようにしたり、実際の海はそこまで危険でないと考えるようにして意識を遠ざけましょう。

キーワード

  • 海洋恐怖症
  • 恐怖
  • 生物
  • 深海
  • サメ
  • 海底
  • 理由
  • 恐怖症
  • 写真
  • 水中
  • 未知
  • 海洋
  • ベリーズブルーホール