美容

眉毛を上手に染める方法は?市販のカラーリング剤でセルフでの染め方も

2018年12月27日更新
眉毛を上手に染める方法は?市販のカラーリング剤でセルフでの染め方も

髪の毛を染めても眉毛が染まっていないと、違和感があり困ってしまいますよね。

こちらの記事では、そんな眉毛を染める方法を市販のカラーリング剤と美容院に分けて紹介しています。

メンズもレディースも眉毛の染め方について分からない場合は、ぜひ参考にしてみてください。

眉毛を染める方法は?|美容院・カラーリング剤 眉毛を染める方法①美容院 Instagram 眉毛を染める方法一つ目は、美容院です。

美容院は、眉毛を染める方法として一番安全かつ確実な方法になります。

眉毛は目に近く皮膚も薄いため、自分に染めたり脱色したりするのは普通より難しいです。

そのため染める知識がない人や自分でやるのが不安な人は、できるだけ美容院で行うようにしましょう。

美容院以外でも、眉毛サロンやまつエクサロンでも実施することができます。

まずはこのような美容院やサロンをチェックしてみてください。

【セルフ】眉毛を染める方法②カラーリング剤 Instagram セルフで眉毛を染める方法二つ目は、カラーリング剤です。

カラーリング剤は、どうしてもセルフで眉毛を染めたい時にできる眉毛を染める方法の一つです。

しかし前述した通り、眉毛周辺は皮膚が弱く目に入ると失明の可能性もあるため十分な注意が必要になります。

カラーリング剤によっては、眉毛に使用できないと注意書きがあるものもあるため確認が必要です。

実際自分で眉毛を染めようと思う場合は、確実に安全に配慮し自己責任で行うようにしてください。

【セルフ】眉毛を染める方法③眉毛用脱色剤 Instagram セルフで眉毛を染める方法三つ目は、眉毛用脱色剤です。

これもカラーリング剤同様セルフで行う場合の、眉毛の色を変える方法になります。

しかしこの方法はカラーをするのではなく、眉毛の色を抜く脱色という方法です。

眉毛用脱色剤は、カラーリング剤と異なり眉毛用に作られたものです。

そのためカラーリング剤よりも安全に眉毛の色を変えることができます。

しかし脱色剤であるため、自分の好きな色にできないというデメリットがあります。

眉毛を染める方法④アイブロウマスカラ Instagram 眉毛を染める方法四つ目は、アイブロウマスカラです。

アイブロウマスカラはカラーリング剤や脱色剤と異なり、自分の眉毛の色を変えず染める方法になります。

アイブロウマスカラは、眉毛そのものに色を乗せるタイプのアイテムです。

そのため化粧を落としたら、眉毛自体の色は元に戻ります。

そのため眉毛の色を変えることのできない仕事や学生の人に、最もおすすめの方法です。

眉毛を染めるだけでなく、髪の毛を綺麗に染める方法についても知りたいですよね。

こちらの記事では、そんなセルフでできるグラデーションカラーのやり方について紹介しています。

おしゃれに力を入れたい女性は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

眉毛カラーの注意点は? 眉毛カラーの注意点①目に入らないようにする Instagram 眉毛カラーの注意点一つ目は、目に入らないようにするということです。

セルフで眉毛カラーを行う場合、一番注意したいのが目に入らないようにするということです。

なぜならカラーリング剤や脱色剤は成分が強く、目に入ると失明の可能性もあるからです。

そのためセルフで眉毛カラーをする場合は、目の周りに付かないように細心の注意が必要になります。

具体的な方法については、下記の項目で紹介していますので参考にしてください。

もしもセルフで眉毛カラーをする場合は、必ず自己責任で行いましょう。

眉毛カラーの注意点②眉毛に使えるものを選ぶ Instagram 眉毛カラーの注意点二つ目は、眉毛に使えるものを選ぶということです。

眉毛カラーをする場合は必ずチェックするべきなのは、そのアイテムが眉毛に使用できるかどうかということです。

脱色剤やカラー剤には、ものによっては眉毛に使えるものがあります。

もしも眉毛に使えないものを使ってしまうと、アレルギーや炎症などのリスクがあるため注意しましょう。

眉毛カラーの注意点③皮膚に違和感がある場合はすぐに辞める Instagram 眉毛カラーの注意点三つ目は、皮膚に違和感がある場合はすぐに辞めるということです。

眉毛の周辺というのは、皮膚の中でも薄く荒れやすい部分になります。

そのため頭皮で違和感がなくとも、眉毛に使うと違和感が出る可能性があります。

そういった場合は必ず使用を中止するようにしましょう。

目の周辺の皮膚であるため、荒れると治りにくく悪化する可能性もあるため注意が必要です。

ヘアカラー剤などで痛みを感じたことがある方は、事前にパッチテストが必要になります。

市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方は?|セルフカラー 市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方①眉毛周辺でパッチテストをする Instagram 市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方一つ目は、眉毛周辺でパッチテストをするということです。

これは特に皮膚が薄い人には、必ず行ってほしい手順になります。

眉毛周辺に少しだけカラー剤を付けてパッチテストすることで、自分に合っているか確認することが可能です。

パッチテストの際、違和感や痛みが出た場合はすぐに拭き取り洗い流すようにしてください。

またその場合眉毛カラーは止めておくようにしましょう。

事前にパッチテストを行っておくことで、安心して使うことができます。

市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方②皮膚用のクリームを周りに塗る Instagram 市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方二つ目は、皮膚用のクリームを周りに塗るということです。

これは眉毛の周りの皮膚を保護するために必要な工程になります。

クリームの種類については、ハンドクリームなど皮膚に使うものであればどれでも問題ありません。

市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方③カラー剤を塗り不要部分を取る Instagram 市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方三つ目は、カラー剤を塗り不要部分を取るということです。

クリームで皮膚を保護したら、次にカラーリング剤を塗っていきましょう。

塗る場合は、皮膚に違和感がないか確認しながら行っていきます。

全体的に塗ることができたら、ティッシュや綿棒などで縁取りながら不要な部分を取り除くようにしてください。

綺麗に取り除けたら、そのまま皮膚の状態を見ながらカラーしていきます。

市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方④美容院のようにラップを貼る Instagram 市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方四つ目は、美容院のようにラップを貼るということです。

眉毛に綺麗に塗ることができたら、そのまま美容院と同じようにラップを貼っていきます。

そうすることで目に入ることを防ぐことができ、さらに均等にカラーリングできるためおすすめになります。

そのためラップは事前に手元に準備しておくようにしましょう。

市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方⑤一定時間待ち洗い流す Instagram 市販のカラーリング剤で眉毛の上手な染め方五つ目は、一定時間待ち洗い流すということです。

ラップを巻き準備ができたら、あとを既定の時間を待ちましょう。

時間がたったら、目に入らないように洗い流し完成になります。

メンズ・レディース別おすすめの市販のヘアカラーリング剤は? レディースのおすすめの市販のヘアカラーリング剤①エピラット Amazonで商品の詳細を見る レディースのおすすめの市販のヘアカラーリング剤一つ目は、エピラットになります。

こちらの商品は、非常に肌に優しく全身に使うことができる脱色剤になります。

カラーリング剤特有の嫌な臭いもしないため、非常におすすめのアイテムです。

この脱色剤はレディースだけでなく、肌の弱いメンズの方にもおすすめのものになります。

また普段は肌が敏感で脱色できない、という方にも刺激が弱く使うことができるアイテムです。

眉毛以外も使いたい、という方はぜひチェックしてみてください。

レディースのおすすめの市販のヘアカラーリング剤②JOLENクリーム Amazonで商品の詳細を見る レディースのおすすめの市販のヘアカラーリング剤二つ目は、JOLENクリームになります。

これは眉毛にも使うことができる脱色剤で、クリーム上のため眉毛から落ちることなく使えるアイテムになります。

このアイテムは眉毛が太くても長くても、しっかり脱色し色を変えてくれるため非常に人気のアイテムです。

今は人気でなかなか手に入らないことも多くなっているようです。

眉毛が濃くて困っている方は、レディース・メンズ問わずにチェックしてみてください。

メンズのおすすめの市販のヘアカラーリング剤③メンズ眉墨 Amazonで商品の詳細を見る メンズのおすすめの市販のヘアカラーリング剤三つ目は、メンズ眉墨になります。

これは特にメンズに多い、眉毛の白髪を一時的に染めてくれるアイテムです。

眉毛に白髪があると、とても老けて見えてしまいますよね。

そのため就活やデートなど、老けて見られたくない、清潔に見られたい時におすすめのアイテムになります。

【髪色別】浮かない眉毛の色の選び方は? 【髪色別】浮かない眉毛の色の選び方①黄色め茶色にはイエロー系 Instagram 浮かない眉毛の色の選び方一つ目は、黄色め茶色髪の毛にはイエロー系の眉毛の色になります。

眉毛をセルフカラーする時に気を付けたいのは、眉毛と髪の毛の色が違いすぎて眉毛が浮いてしまうことです。

そのため眉毛が浮かないために、カラーする色には気を付けましょう。

黄色めの茶色には、イエロー系のカラーリング剤でカラーするのがおすすめです。

また脱色した黄色い系の髪色にも合うため参考にしてみてください。

【髪色別】浮かない眉毛の色の選び方②赤系茶髪にはオレンジ系 Instagram 浮かない眉毛の色の選び方二つ目は、赤系茶髪にはオレンジ系の眉毛カラーになります。

赤系の茶髪とは、オレンジやピンク系の色も含まれます。

そういった髪色の方は、眉毛をオレンジ色のカラー剤で染めるようにしましょう。

そうすることで髪色と馴染み、眉毛が浮かないためおすすめになります。

眉毛を染める場合、基本的には髪色の系統と同じ系統の色で染めると馴染みやすいです。

眉毛の色が馴染むと、化粧も行いやすいためぜひ実践してみてください。

眉毛の上手な染め方を知りセルフで眉毛を染めてみよう! 眉毛の上手な染め方や染める方法、アイテムについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

眉毛はセルフでも染められるということを分かっていただけたと思います。

眉毛のセルフカラーをやる場合は十分な注意を払いながら、実践してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 眉毛
  • カラーリング
  • 市販
  • 脱色
  • 上手
  • 皮膚
  • セルフ
  • 眉毛カラー
  • 美容院
  • 染め方
  • ヘアカラーリング
  • クリーム
  • メンズ
  • レディース