ライフスタイル

母を亡くした悲しみは癒えない。でも、母はまだ未来にたくさんの贈り物を隠している【漫画家・吉川景都】

2018年12月28日更新
母を亡くした悲しみは癒えない。でも、母はまだ未来にたくさんの贈り物を隠している【漫画家・吉川景都】
漫画家・吉川景都さんが、この冬に発売したエッセイ漫画『さよならわたしのおかあさん』(新潮社)。お母様のがん発覚から、看取りまでを丁寧に描かれています。いつか来るとわかっていても、想像するだけで恐ろしくなる、母親の死。すこし早くに体験した先輩としてのお話を、吉川さんに伺いました。 ■つらい場面ばかり思い出して泣くことが、減った ――まず「母の死」というテーマで作品を描こうと思ったのは、どうしてですか?母が亡くなって2年ほど経ったとき、長いお付き合いの編集者さんに勧められたんです。まだ自分のなかで整理がついていなかったから、はじめは気後れ...

キーワード

  • いま
  • なか
  • おかあさん
  • 場面
  • お母様
  • さよなら
  • 家族
  • 後悔
  • ふう
  • 子ども
  • 存在