メイク

アイラインが似合わない女性の特徴!似合う人との違いは顔立ち・目の形・引き方にあり

2018年12月31日更新
アイラインが似合わない女性の特徴!似合う人との違いは顔立ち・目の形・引き方にあり

アイラインが似合う人と似合わない人の違いって…?アイラインが似合わない女性は、顔立ち・目の形・引き方・選び方に原因あり。

アイラインが似合わない女性の特徴と、アイラインが似合わない一重・奥二重の女性でも似合うようになる解決策を解説します!アイラインが似合う人と似合わない人の違いって…?TSURUNO CHIEKOCRAFT(福岡)普段メイクをする時、アイラインを引いていますか?アイラインを引くとケバくなる気がする…アイラインが似合わないから…としっくりこなくてアイラインを引いていない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、アイラインが似合わない女性の特徴と、アイラインが似合わない人でも似合うようになる解決策を合わせて解説していきます!アイラインが似合わない女性の特徴①アイラインの質感が合ってないAOYAGI ERIKAecouter(原宿・表参道)アイラインが似合わない女性の特徴①は、アイラインの質感が合ってないこと。

アイラインと一括りに言っても、ペンシルやリキッド・ジェルなどテクスチャーの種類は様々。

アイラインが似合う人は雰囲気や目の形に合ったアイラインのテクスチャーをチョイスしていますが、一方でアイラインが似合わない人は、イメージにマッチしないアイラインをチョイスしてしまっていることが多いんです。

【解決策】アイラインの種類を変えるMasanori SawakiLOAVE AOYAMA(青山)アイラインがなんか似合わないな…と感じている人は、まずはアイラインのテクスチャーを変えてみるといいかも。

ペンシルタイプならナチュラルな仕上がり、リキッドタイプなら目力アップ、ジェルなら自然にもくっきりにもマッチすると言ったメリットがあるので、なりたい雰囲気に合わせて質感をチョイスしてみてくださいね。

アイラインが似合わない女性の特徴②童顔Masanori SawakiLOAVE AOYAMA(青山)アイラインが似合わない女性の特徴②は、童顔なこと。

実際の年齢よりも幼く見える童顔さんがアイラインを引くと、可愛らしい顔立ちに馴染まずアイラインだけが浮いて見えてしまいます。

その結果、”頑張ってメイクしてます感”が出てしまうので似合わないと感じるのかも…。

【解決策】ナチュラルな質感のアイラインを選ぶChiaki AbeGARDEN harajuku(原宿)かわいらしい雰囲気が魅力の童顔さんがアイラインを引くときは、目元だけキリッとしすぎないようにするのが必須条件。

ナチュラルな目元が作りやすいペンシルアイライナーやブラウン系のアイライナーを使って、童顔さんの魅力を活かせるようなアイメイクに仕上げれば、似合わないと思っていたアイラインが嘘みたいに似合うようになりますよ♡アイラインが似合わない女性の特徴③引き方が似合ってないMasanori SawakiLOAVE AOYAMA(青山)アイラインが似合わない女性の特徴③は、引き方が似合ってないこと。

少しでも目を大きく見せたい!というのは女性なら誰でも思う願望ですが、そのためにアイラインを下まぶたまでしっかり引いたり、跳ね上げラインを引いたりするのは誰にでも似合う訳ではありません。

目の形によってはそのせいで逆に目が小さく見えてしまうこともあるので、それが似合わないと感じる原因に繋がっているのかも…。

【解決策】目の形に合った引き方にYusuke ShirakawaAFLOAT D’L(表参道)一重さんの場合一重まぶたの女性の場合は、目を大きく強調したいからといって太いアイラインをしっかり引いてしまうと、逆に目が小さく見えてしまうので要注意。

まつげの隙間を埋めるような引き方の”インライン”と目尻よりオーバー目に引いた細いラインで、さりげなく目を大きく見せちゃいましょう。

奥二重さんの場合まぶたの脂肪が多くラインが隠れてしまいがちな奥二重さんも、太めのアイラインの引き方はNG。

奥二重のラインが潰れないように極細のラインを入れ、黒目の上だけは少し太めにラインを引いてみて。

そうすることできつく見えがちな目元がグッと優しげな雰囲気になりますよ。

下まぶたにアイラインを入れる場合は、ブラウン系のペンシルを使ってふんわりと引いてみて。

二重さんの場合もともと目がパッチリとした二重の女性の場合は、基本的にはどんなアイラインの引き方も似合うのですが、他のメイクとのバランス次第ではケバく見えてしまうことも。

アイラインをしっかり引くなら他のメイクを控えめにするなど、バランスをみて調整してくださいね。

アイラインが似合わない女性の特徴④肌・目の色に合ってないMasanori SawakiLOAVE AOYAMA(青山)アイラインが似合わない女性の特徴④は、肌や目の色に合ってないこと。

アイラインというとベーシックな黒やブラウンを選ぶのが一般的ですが、その中でも青みがかった黒・赤みがかった黒・ピンクブラウン・オレンジブラウンなどなど、色のバリエーションは様々。

微妙な色味の違いで印象が全く違い、似合う似合わないも変わってきてしまうので、自分のパーソナルカラーに似合う色を選ぶのが大事なんです。

【解決策】肌馴染みのいい色をチョイスMasanori SawakiLOAVE AOYAMA(青山)アイラインが似合わない女性が似合うようになるためには、自分に似合う色のアイラインを選ぶのがマスト。

パーソナルカラーがブルーベース(ブルベ)の女性なら、グレーや青みの強い黒がしっくり馴染みます。

パーソナルカラーがイエローベース(イエベ)の女性なら、ブラウンや赤みの強い黒がよく似合うので、アイラインが似合わないな…と悩んだときは試してみてくださいね。

アイラインが似合わない人でも、原因さえわかれば似合うようになる♡Masanori SawakiLOAVE AOYAMA(青山)アイラインが似合わない女性の特徴と、アイラインが似合わない人でも似合うようになる解決策を合わせて解説しました。

アイラインが似合わない人は、顔立ち・引き方・選び方に原因があります。

アイシャドウが似合わないと悩んでいた人でも、引き方や色を変えれば似合うようになるので、諦めないでもう一度アイラインにチャレンジしてみてくださいね♡TEXT BY編集部Minamiバッグの販売員をしていたほどバッグ大好きで、50個以上は所持。

無駄に背がデカく、持っている感情は”おいしい”のみ。

焼肉好き、野菜嫌い、一番テンション上がるのはハラミを食べているとき。

キーワード

  • アイライン
  • 特徴
  • 引き方
  • 解決策
  • ライン
  • ブラウン
  • チョイス
  • 童顔
  • 質感
  • 奥二重
  • 顔立ち
  • 違い
  • パーソナルカラー