美容

薄い顔のメイク方法5選!地味でのっぺり顔を愛され顔にする方法も

2019年01月04日更新
薄い顔のメイク方法5選!地味でのっぺり顔を愛され顔にする方法も

今回は、「薄い顔のメイク方法のコツ」をテーマに、地味でのっぺり顔を愛され顔にする方法なども併せて紹介していきます。

パッとしない地味な顔が悩みという方も多いと思いますが、ちょっとしたメイクのコツ次第で、見違えるように愛され顔に変身する事もできます。

ぜひ薄い顔に悩んでいる人は、参考にしてみて下さい。

薄い顔とは 薄い顔の特徴①パッとしない目が小さくて一重なのが一番の悩み 薄い顔の特徴1つ目は、「目が小さくて一重」という事です。

地味顔と言われてしまう人の多くは、目元の印象で言われてしまう人が多いのも特徴です。

目が一重であり、小さいという場合には、やはり目元の印象も相まって、地味な薄い顔という風に思われがちです。

しかし、一重の人は、メイク次第で顔の印象が変わります。

その為、目元が小さくて悩んでいるという人は、アイメイクを極める事で、のっぺりとした見た目の印象はもちろん、薄い顔と言われる悩みも解消されると思います。

のっぺりとした顔は、見た目にも地味で頼りないように見えてしまうので、メイクで解消できるのであれば、仕事などにも影響してくると思います。

薄い顔の特徴②のっぺり顔の人はまつげが短いのも悩みの一つ 薄い顔の特徴3つ目は、「まつげが短い」です。

まつげが短いというのは、地味な薄い顔という風に思われてしまうものです。

しかし、マスカラなどの力を借りて、まつげを長く見せる事も可能です。

また、メイクに頼るだけでなく、自まつげ自体を長くする努力をするというのも大事な事です。

今では、まつげを育てるようなまつげ専用の美容液なども売られていますので、そのようなアイテムを使って、自まつげを労わる努力をしましょう。

まつげが短い事やボリュームがない事が悩みという人も多いと思いますので、この機会にまつげの美容液を試してみて下さい。

薄い顔の特徴③地味なのっぺり顔は眉毛が薄い 薄い顔の特徴3つ目は、「眉毛が薄い」です。

眉毛というのは、目元と同様、薄いと自然と薄い顔という風に見えてしまうのも否めません。

眉毛の抜きすぎや元々眉毛が薄いという場合には、メイクで誤魔化す以外、ありません。

また、眉毛のタトゥーをするというのも一つの手です。

タトゥーを使用すれば、毎日同じ形にする事も可能ですし、眉毛が汗などで薄くなってしまう心配も無用です。

ぜひこの機会に、どうすれば自分の眉毛を楽にメイクできるかという事と自分の眉毛をお手入れするコツを学んでみて下さい。

ここに、女子の眉毛山を整えるコツをまとめた記事があるので、併せて読んでみて下さい。

薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ5選 薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ①オレンジピンクで目元にメリハリ 薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ1つ目は、「オレンジピンクで目元にメリハリをつける」です。

オレンジ系のピンクのアイシャドウを目頭寄りに円状に塗る事により、目元がくっきり丸く、目を大きく見せてくれる効果が期待できます。

また、この時に、目尻寄りにカットしたつけまつげを乗せると自然に見せられますよ。

薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ②タブルラインを引く 薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ2つ目は、「ダブルラインを引く」です。

ダブルラインというのは、二重ラインの上にさらにもう1本アイラインを引く事により、目元をくっきりハッキリ見せる事ができるようになります。

ダブルラインを引く事で、目を大きく見せる事も可能となります。

アイラインをガッツリ引くのは、のっぺりとした顔の人には似合わない事が多いですが、アイラインの使い方次第では、のっぺりとした顔の悩みが解決する事もあるものです。

ぜひアイラインを上手く使って、その悩み解決に向けて努力してみて下さい。

薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ③アイシャドウを広めに塗る 薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ3つ目は、「アイシャドウを広めに塗る」という方法です。

眉毛と目の幅が近いと、全体的に顔が濃く、派手な印象に見えます。

薄い顔の人が派手な印象にしたい時には、アイラインを目尻からややはみ出すように描き、目尻下から中央に向かってアイシャドウを広めに塗りましょう。

アイシャドウをアイホールより広めに塗るのが、薄い顔を派手な印象にする際のアイメイクのコツですが、濃いアイシャドウだとどうしても浮いた印象になってしまうので、アイシャドウを塗る際には、グラデーションを入れながら塗ると自然な色合いに見せる事も可能です。

薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ④ぷっくりとした涙袋を作る 薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ4つ目は、「ぷっくりとした涙袋を作る」です。

ぷっくりとした涙袋は、目元を大きく見せてくれる事に一役買ってくれます。

薄い顔の人だと、涙袋がないという悩みをもっている事もあると思いますが、メイクで簡単に作る事もできるので、ぜひ試してみて下さい。

白や薄いピンクのアイシャドウを使って、下まぶたの中心に薄くぼかしてから涙袋の下にベージュ系のアイラインを引くだけでも簡単にできますよ。

また、今では筆描きで涙袋を一発で作る事も可能な「涙袋ライナー」なる物もありますので、自分のニーズに合ったアイテムを駆使して、涙袋を作ってみて下さい。

薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ⑤つけまつげを使用する 薄い顔を愛され顔にするアイメイクのコツ5つ目は、「つけまつげを使用する」です。

薄い顔の人の多くは、まつげ自体が短かったり、少なかったりする事も多いと思います。

その為、つけまつげを使って、ボリュームと長さのあるまつげを作り出す事も可能です。

しかし、あまりにボリュームのある物は、違和感が残ります。

アイメイクに時間を掛けている暇がない、という場合には、つけまつげを使ってメイク時間の短縮を図る事も可能です。

ぜひ試してみて下さい。

ここに、地味顔女性いでもできるおすすめのメイクのコツを紹介している記事があるので、併せて読んでみて下さい。

派手顔になれるメイク術!地味顔女子でもできるメイクのコツ! 薄い顔の人がしてはいけないメイク5選 薄い顔の人がしてはいけないメイク①眉にインパクトを持たせすぎる 薄い顔の人がしてはいけないメイク1つ目は、「眉にインパクトを持たせ過ぎる」です。

眉が薄いのは、薄い顔を強調してしまうと先ほども説明しましたが、眉毛というのは元々その人の顔の印象に合うようになっているので、あまりにも眉を太くしてしまったり、濃くしすぎてしまうのは、違和感でしかありません。

また、太さは出さなくても、細い眉は、地味な顔をきつくしてしまうだけなので、あまりおすすめできません。

太さや濃さを出すというのは、地味な顔の悩みを解決してくれる事もありますが、自分の眉毛を活かして、丸みのあるカーブと優しい色合いのカラーを使う事により、女性らしい印象に仕上がる方法を模索してください。

薄い顔の人がしてはいけないメイク②マットなファンデーションを使う 薄い顔の人がしてはいけないメイク2つ目は、「マットなファンデーションを使用する」です。

均一にファンデーションを乗せてしまうと、どうしてものっぺりとした印象を払拭する事はできません。

また、陰影を付ける事ができないので、薄い顔の人だと余計にその薄さを強調してしまう事にもなってしまいます。

その為、薄い顔の人は、リキッドファンデーションを使用した時には、マットな印象にならないように自然な仕上がりを意識する事も大事なポイントです。

血色感のあるチークを乗せる事で、ふんわりとした仕上がりにする事も可能です。

薄い顔の人がしてはいけないメイク③ラインを強調するメイク方法はNG 薄い顔の人がしてはいけないメイク3つ目は、「ラインを強調する」です。

パーツが小さい人がアイラインやアイシャドウを濃い色でメイクすると、どうしてもきつい印象になったり、表情が乏しくなってしまうので、避ける必要があります。

できるだけ優しい色合いを意識して、選びましょう。

また、アイライナーも控えめに引く事をおすすめします。

その為、ブラックよりも、より柔らかいブラウンを使用すると、見た目にも優しい印象になるのでおすすめです。

薄い顔の人がしてはいけないメイク④薄いカラーのアイシャドウを使用する 薄い顔の人がしてはいけないメイク4つ目は、「薄いカラーのアイシャドウを使用する」です。

薄い顔の人は、薄いメイクをしてしまうと余計にのっぺり感が強調されてしまうので、おすすめできません。

逆に、ブラウン系など強すぎるカラーは、きつい印象にしてしまうので、その点だけ注意しましょう。

しかし、濃い色であっても、グラデーションを作って乗せる事で、柔らかい印象はそのままに、メリハリのある目元にする事も可能です。

薄い顔の人がしてはいけないメイク⑤頬骨を無視した真ん丸チーク 薄い顔の人がしてはいけないメイク5つ目は、「頬骨を無視した真ん丸チーク」です。

頬骨に沿って入れる事により、チークを使った立体メイクが完成します。

しかし、今トレンドのメイクは、頬骨を無視した「真ん丸チーク」です。

薄い顔の人がこれをやってしまうと、メリハリ感を出す事ができなくなってしまいます。

その為、チークを入れる際には、頬骨に沿って入れ、チークブラシを使って乗せる事をおすすめします。

頬の高さも強調されるので、おすすめです。

ここに、地味顔がより際立つのっぺり顔を招くNGメイクをまとめた記事があるので、併せて読んでみて下さい。

地味顔がより際立つ!絶対やめたい「のっぺり顔」を招くNGメイク 薄い顔の人に合うリップメイクのコツ3選 薄い顔の人に合うリップメイクのコツ①自分の顔に合った色のリップを選ぶ 薄い顔の人に合うリップメイクのコツ1つ目は、「自分の顔に合ったリップの色を選ぶ」です。

メイクによって、地味な顔がより目立ってしまうという場合には、自分の顔に似合わないリップを使用している事も少なくありません。

薄い顔の人は、多くが地味な色を好む傾向にあるのも、原因です。

濃い色のリップは避け、できるだけ肌の色に近い色を好む傾向にあるので、それだと余計に顔の薄さが強調されてしまう直接の原因にもなってしまいます。

その為、パーソナルカラーを調べて、自分の顔に似合う色をしっかり選ぶ事で、メリハリメイクをする事も可能となるはずです。

薄い顔の人に合うリップメイクのコツ②チークと同色のリップを選ぶ 薄い顔の人に合うリップメイクのコツ2つ目は、「リップはチークと同色を選ぶ」です。

色白が多い薄い顔の人は、比較的、どんな色のチークも似合う傾向にありますので、なりたい系統によって、選ぶというのもおすすめです。

しかし、どんな人にも似合う色というのは、あるのでそこは重要です。

また、自分に似合うパーソナルカラーがわかったら、次はチークと同色のリップの組み合わせで選ぶというのも、リップを選ぶ時のコツでもあります。

他のパーツのメイクとの統一感を出すというのもポイントです。

薄い顔の人に合うリップメイクのコツ③地味顔はリップはぼってりに仕上げる 薄い顔の人に合うリップメイクのコツ2つ目は、「リップはぼってりに仕上げる」です。

唇というのは、厚い唇程、魅力的に女性らしく見せる事ができるようになります。

その為、できるだけぼってりとした、厚みのある唇に仕上げるというのもポイントです。

厚めの唇は、華やかな印象に仕上げる事もできます。

また、リップライナーを使うというのもおススメのポイントです。

自分の唇の輪郭よりも、少し大きめに描く事により、セクシーで魅力的な唇に仕上げる事もできますよ。

薄い顔の人は、唇が薄い人が多いというのも事実です。

その為、できるだけ厚い唇に見せる事ができるような工夫も必要となります。

薄い顔の人にとって、眉毛と唇の印象を変えるだけでも、メリハリ顔になる事ができます。

それだけ、眉毛と唇の印象というのは、人からの視線を集めるという事でもあります。

その為、薄い顔に悩んでいる人は、ぜひ試してみて下さい。

ここに、幸薄顔におすすめのメイク法についての記事があるので、読んでみて下さい。

薄い顔に悩んでいる人はメイクを極めよう 今回は、「薄い顔のメイクのコツ」をテーマに、薄い顔の人特有の悩みやのっぺり顔に見えてしまうポイントなどについても触れて、お話してきましたが、いかがでしたか?愛され顔と言われるようなメリハリ顔になる為には、メイクを駆使する事で薄い顔の人であってもメリハリ顔になる事は、可能です。

パッとしないと言われる薄い顔の人は、メイクが映えるという事もあり、メイク次第でどんな顔にもなれると言っても、過言ではありません。

その為、自分を魅力的に見せる事ができるようなメイク法をマスターする事で、なりたい自分になる事も可能という事です。

ぜひこの記事を参考に、メリハリメイクをマスターしてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • メイク
  • コツ
  • アイシャドウ
  • アイメイク
  • 眉毛
  • 可能
  • 地味
  • リップ
  • 目元
  • 使用
  • まつげ
  • メリハリ
  • リップメイク