ライフスタイル

LINEの活用方法や使い方は?初心者がLINE@でビジネスも!

2019年01月04日更新
LINEの活用方法や使い方は?初心者がLINE@でビジネスも!

LINEを活用するときの注意点は? LINEを活用するときの注意点①グループで無言追加はしない LINEを活用するときの注意点の1つ目は、グループで無言追加しないということです。

無言追加とは、なんの断りも無く追加することです。

LINEはその性質上、同じグループにいる人のことはいつでも友達追加することが可能となっております。

グループのメンバーリストからいつでも友達追加が可能なのですが、いくら同じクラスや会社の同僚とはいえ、なんの前触れもなく追加だけされて一言も挨拶が無ければ気分を害する人もいます。

グループや本人に直接LINE追加していい?と一言尋ねてから追加するのがマナーです。

また、追加をしたならば、個人チャットへ行って一言追加しました。

と報告するのもマナーです。

これらをしないでただ追加だけすることを無言追加と呼び、LINEの中では非常に嫌われる行為です。

気を付けましょう。

LINEを活用するときの注意点②無断招待しない Instagram LINEを活用するときの注意点の2つ目は、無断招待をしないということです。

例えば、会社のグループに同僚が招待されていなかったとします。

可哀そうだなと思って招待してあげたくなる気持ちはわかりますが、一言の断りもなく招待するのは他のメンバーに対して失礼に値します。

その招待されていない人は、何かしらの理由があってグループに招待されていない可能性が高いです。

その理由も察する必要があるのです。

もしもグループにその人を招待したいならば、メンバーの了解を取ってからにしましょう。

LINEを活用するときの注意点③怪しい人はすぐにブロックする LINEを活用するときの注意点の3つ目は、怪しい人はすぐにブロックすることです。

例え同じクラスのグループLINEであってもなんとなく怪しいと感じることはあります。

例えば、前述したような無言追加をしてくるクラスメイトなどは、なぜ追加してきたのかも謎です。

可能性としてはあなたに気があるということが考えられますが、果たしてどうなのか分かりません。

クラスメイトであれば顔が見えているのでいいのですが、中にはネット上のグループが多数存在しています。

そのようなグループでは特に注意が必要です。

誰でもかんでも追加してくる人もいます。

時と場合によっては、その人のせいで犯罪に巻き込まれてしまうケースもあります。

そうならないためにもしっかりとした判断をして、怪しい人ならばすぐにブロックするようにしましょう。

LINEを活用するときの注意点④アンドロイドとIOSで形式が異なる Instagram LINEを活用するときの注意点の4つ目は、アンドロイドとiOSはその仕様が違うということです。

LINEの画面などの見え方がアンドロイドとiOSでは違います。

自分がアンドロイドなのかiOSなのか把握してからLINEの活用方法を調べるようにしましょう。

ちなみに以下の記事には、好きな人とのLINEの始め方やそのきっかけについて詳しく解説しています。

よければそちらも参考にして好きな人との距離を縮めてみてください。

LINEの活用法・使い方について! LINEの活用法・使い方①LINE@で初心者向けビジネス Instagram LINEの活用法・使い方の1つ目は、LINE@で初心者向けビジネスです。

LINE@とは、自動で応答返信ができるトーク機能で、上手く活用することでビジネスに使うことができます。

その活用方法は様々ですが、初心者がLINE@でビジネスを始めるならば、アフェリエイトがおすすめです。

例えば、LINE@の自動応答にアフェリエイト広告を登録します。

その広告をクリックや登録してもらうことでビジネスとして利用するのが、初心者が一番やりやすいLINE@ビジネスの方法です。

LINEの活用法・使い方②Wi-Fiがあれば電話もできる Instagram LINEの活用法・使い方の2つ目は、Wi-Fiがつながっていれば電話ができるということです。

通常の電話は、Wi-Fiが繋がっていても、本体自体が圏外であれば電話を使うことができません。

しかし、LINEはインターネット経由なので、本体が圏外でもWi-Fiで接続されていれば電話が繋がるのです。

つまり、SIMカードが入っていないスマホでも、Wi-Fiさえ繋げれば、LINEは使えるということです。

電話もビデオ電話もできるので、シムフリーのスマホや空SIMのスマホでLINEを繋げてぜひLINEを上手に活用しましょう。

LINEについては以下のサイトも参考にしてみてください。

ラインについて LINEの活用法・使い方③ブロックされているか確認する方法 Instagram LINEの活用法・使い方の3つ目はブロックされているか確認する方法です。

実はとってもかんたんにブロックされているか確認する方法があります。

てっとり早い方法は、タイムラインを確認する方法です。

今まで見れたタイムラインが見れなくなっているならば、ブロックされていると判断してよいでしょう。

ただし、タイムラインは削除した可能性があるので、そこで確実な方法は、スタンプをプレゼントする画面に行くということです。

ブロックされていない場合には、スタンププレゼントの確認画面に移ります。

しかし、ブロックされている場合にはすでに持っていますという画面が出ます。

LINEのウォレットの画面を開き、スタンプショップからプレゼントするを選ぶだけです。

念のために、2、3個のスタンプで試してみましょう。

贈れるようならブロックはされていません。

以下の記事にもブロックについて書かれているので参考にしてみてください。

LINEの活用法・使い方④自分を追加してもらう方法 Instagram LINEの活用法・使い方の4つ目は、自分を追加してもらう方法です。

LINEの友達追加にはいくつかの種類があります。

未成年でなければIDを登録してそれを検索してもらう方法が一番早いのですが、友達追加の画面からQRコードを選び、マイQRコードを出すことで自分のQRコードから追加してもらうこともできます。

また、マイQRコードを出した時に上の黒い3つのマークをタップすると、メールで送信という画面が出てきます。

メール画面が起動され、URLが出てきます。

これが自分のURL(ウラル)です。

これをタップするだけで友達追加がすぐに出来ます。

追加してもらう自分に手間がかかりますが、追加する方がとっても楽になります。

自分が追加してもらいたいならば、ワンステップで終わらせられる追加方法が相手には喜ばれるかもしれません。

LINEの活用法・使い方:悪質な攻撃に注意! LINEの活用法・使い方悪質編①ユニコ Instagram LINEの活用法・使い方悪質編の1つ目は、ユニコと呼ばれる文字コードです。

ユニコードと呼ばれるもので、スマホでは読み取れない文字コードを個人チャットやグループに送信することでスマホの機能を著しく低下させます。

これをユニコ攻撃と呼びます。

ユニコードには、アンドロイドに効くユニコードとiOSに効くユニコードの2種類があり、そのどちらもパソコン版のLINEからは全く影響がありません。

コードが長くて、スマホのストレージが限界の場合、LINEが頻繁に落ちるという現象が起こります。

ユニコードの対処方法はとても簡単で、そのトークを開かずに履歴を削除することでLINEを重くすることなく対処することができます。

そしてユニコを送ってきた人のことをブロックしておきましょう。

LINEの活用法・使い方悪質編②マクロ Instagram LINEの活用法・使い方悪質編の2つ目はマクロ招待です。

自動機能を使って1秒に大量のグループ招待をすることです。

普通のグループ招待ならばそこまで被害は無いのですが、複数トークという強制的にグループに入れられるものに大量に招待してくることがあります。

通常グループならば拒否したりブロックすれば解決するのですが、複数人トークは、ブロックしていても関係なく強制的にグループに招待してきます。

大量に招待されることで端末が重くなりLINEが開けなくなります。

マクロ招待の対処法は現在見つかっておらず、LINE運営からの規制を待つしかありません。

また、トーク履歴を削除することで容量が多少軽くなります。

万が一マクロ攻撃されたらLINE運営に問い合わせをするようにしましょう。

LINEの活用法・使い方悪質編③乗っ取り Instagram LINEの活用法・使い方悪質編の3つ目は乗っ取りです。

URLをタップする(ウラルを踏むと表現)ことで、害悪ユーザーに自分のラインが乗っ取られてしまう現象です。

ひどい場合には全てのグループを退会させられてしまいます。

不用意にウラルを踏むことがやめましょう。

設定画面を開き、アカウントの項目にあるログイン許可のチェックを外すことでこれらを予防できます。

また、その下のログイン中の端末に見覚えのない端末がログインしていたら、即ログアウトさせましょう。

LINEの活用法・使い方:LINE界隈の用語解説 LINEの活用法・使い方用語編①トーク Instagram LINEの活用法・使い方用語編の1つ目はトークの種類です。

トークには個チャと呼ばれる1対1で話す基本のチャットと、グループがあります。

また、同時に複数人で話せる複数トークというものもあり、複数トークはブロックしている人のことも呼べます。

複数トークは、ブロックしている人のことも呼べて、グループに参加するか否かを聞かずにグループに参加させることから、強制とも呼ばれています。

強制はLINE界隈では嫌がられるトーク方法なので注意しましょう。

LINEの活用法・使い方用語編②bot Instagram LINEの活用法・使い方用語編の2つ目はbotです。

botとはロボットのことで、LINEのグループなどに招待することで様々な機能をもたらしてくれるものです。

このbotに話しかけることでゲームが始まったりグループを盛り上げる機能がたくさんあります。

LINEの使い方・活用法を理解しよう! いかがでしたか?LINEの活用術は実に様々で、日々進化しています。

毎日インターネットが成長する過程においてLINEも成長しているので、その活用方法も今後も伸びるはずです。

しっかりと理解して楽しくて快適な生活を送りましょう!

キーワード

  • LINE
  • グループ
  • 活用法
  • ブロック
  • 追加
  • 使い方
  • 招待
  • 活用
  • 注意点
  • ビジネス
  • トーク
  • 画面
  • 電話
  • アンドロイド
  • 使い方悪質