恋愛

芯が弱い男性の特徴5選!ストレスに弱いメンタルの彼氏の対処法は?

2019年01月04日更新
芯が弱い男性の特徴5選!ストレスに弱いメンタルの彼氏の対処法は?

芯が弱い男性の特徴5選! 芯が弱い男性の特徴①メンタルが弱くすぐに落ち込んでしまう 芯が弱い男性の特徴一つ目は、メンタルが弱くすぐに落ち込んでしまうことです。

芯が弱い男性は、メンタルも弱い傾向にあります。

メンタルが弱いということは、すぐに落ち込んでしまうということです。

ちょっとしたことで落ち込んで力が出なくなったり、悲観的になって自分はダメだと思い込んでしまうこともあるでしょう。

そんな男性は、周りから頼り甲斐のない存在だと思われてしまっているに違いありません。

メンタルが弱いことによって得をすることは何もないため、心が弱い男性はまずこのメンタルの弱さをなんとかした方が良いでしょう。

メンタルが強くなれば、自ずと芯の強い男性に生まれ変わることができるようになるはずです。

芯が弱い男性の特徴②ストレスを溜め込みやすい 芯が弱い男性の特徴二つ目は、ストレスを溜め込みやすいことです。

ストレスを溜め込むスピードが人よりも早い男性は、どんな状況においてもフラストレーションを感じやすく、自分を追い込んでしまう傾向にあります。

今のまま自分を変えないでいると、どんどんストレスが溜まって生きづらくなってしまうでしょう。

自分でストレスが溜まりやすい性格であることを自覚している人は、まずその考え方をなんとかしないと、これから先芯が強くなることなどないでしょう。

芯が弱い男性は、多大なるストレスによって自分自身が見えなくなってしまっているのです。

芯が弱い男性の特徴③気の弱い性格をしている 芯が弱い男性の特徴三つ目は、気の弱い性格をしていることです。

気の弱い性格をしている男性は、他人に対して言いたいことを言うこともできず、いつも憂き目に遭っていることでしょう。

芯が弱いと、気も弱くなってしまい、社会の中で相当に生きづらくなってしまうのです。

自分が気の弱い性格をしていると言う自覚のある人は、早くそれを直さないと芯が弱い自分から抜け出すことはできないでしょう。

気の弱いのは生まれつきであることも多いため、直すのには苦労を要しますが、その性格によって生じる苦労と比べると大したものではないでしょう。

芯が弱い男性の特徴④自分に自信を持つことができない 芯が弱い男性の特徴四つ目は、自分に自信を持つことができないことです。

芯が弱い男性は、自分に自信を持つことができず、堂々とすることができません。

自分に自信がないからこそ、確固たる信念を持つこともできないのです。

自分の進む道がわからないのに、芯を強く持てるはずはありません。

芯が弱い男性は、まず自分に自信を持たないことにはいつまでもそのままでしょう。

これは反対にいえば、自信をつけることができたら芯を強く持つことができるようになると言うことでもあります。

芯が弱い男性の特徴⑤気が小さい 芯が弱い男性の特徴五つ目は、気が小さいことです。

気が小さいと言うのは、心が狭いと言うことと同義でもあります。

言い換えると卑怯者ということもできるでしょう。

彼らは広い心でドンと構えることができず、器が小さいのです。

そんな男性が周りから支持されるはずもなく、小心者であると見下されることになるでしょう。

このことからわかるように、気が小さいことは明らかな短所です。

芯が弱いという自覚のある人は、気が小さいと言われる自分から脱することができるように努力をしましょう。

せこい男だと思われて、女性からは彼氏として頼り甲斐がないという烙印を押されることのないようにすべきです。

以下に関連記事として、男女別の気が小さい人の特徴をまとめたものがあります。

気が小さい人はどのような心理を持っているのでしょうか。

芯が弱い人の特徴でもある気が小さいとは一体どういったものなのか、その性質を知れば芯が弱い自分から抜け出すことができるに違いありません。

是非一度読んでみてください。

芯が弱い男性の心理5選! 芯が弱い男性の心理①彼氏として頼られることが苦手 芯が弱い男性の心理一つ目は、彼氏として頼られることが苦手だというものです。

芯が弱い男性は、女性から彼氏として頼られることを避ける傾向にあります。

芯が弱い彼氏にとって、頼られることは主にとなるのです。

頼ると彼氏は喜ぶと思っている女性は多いでしょうが、彼氏が芯の弱いタイプの場合は別なのです。

芯が弱い男性の心理②責任を取りたくない 芯が弱い男性の心理二つ目は、責任を取りたくないというものです。

彼らは責任を取りたくないと思うあまり、芯が弱くなってしまったのです。

真が弱いというアピールをしてしまえば、責任を取らなくても「そういう奴」だと認識され、諦めてもらうことができるからです。

芯が弱い男性の心理③心が弱いせいで他人が怖い 芯が弱い男性の心理三つ目は、他人が怖いというものです。

芯が弱い男性は、他人の目を極度に気にします。

なぜかというと、それだけ人のことが怖いからです。

過去にトラウマがあるケースもあれば、元から他人が怖いという場合まで人それぞれ理由は違うでしょうが、共通しているのは人の目が怖いということです。

芯が弱い男性の心理④プレッシャーに弱い 芯が弱い男性の心理四つ目は、プレッシャーに弱いというものです。

芯が弱い男性は、周囲からの圧力がプレッシャーに弱い傾向にあります。

それが怖くて、仕事がうまくいかなくなることもあるでしょう。

プレッシャーに耐えることができないから、どんどん自分自身の持つべき芯を失うこととなるのです。

芯が弱い男性の心理⑤諦めることが癖になっている 芯が弱い男性の心理五つ目は、諦めることが癖になっていることです。

芯が弱いと言われるような男性は、何かを志すことがあっても諦めることが癖になりつつあります。

諦めて良いような場面ではなくても簡単に諦めることができるのは、昔からその癖が体に染み付いてしまっているからです。

この癖を直すことができないと、これから先も大変苦労することになるでしょう。

諦めることが苦労から抜け出す近道かと言われたら、決してそんなことはないのです。

諦めることは、のちの自分に大きな負債を残すこととなります。

諦める癖がついている人は、まずそこを直すことが先決となるでしょう。

以下に関連記事として、打たれ弱い原因と特徴を10選にしてまとめたものがあります。

仕事のストレスを克服してタフになる方法についても紹介されているので、芯が弱い男性は必見です。

打たれ弱い自分が嫌になったら、この記事とあわせて参考にしてみてください。

芯が弱い男性を強くするには? 芯が弱い男性がメンタルを強くする方法①自分に自信を持つ 芯が弱い男性がメンタルを強くする方法一つ目は、自分に自信を持つことです。

自分に自信を持てば、どんなに芯が弱く心の折れそうな男性でも、メンタルを強くすることができるようになります。

自分が何をしても誇りを持って堂々としていられるように、まずは自分を好きになるところから始めましょう。

ただ、自分を好きになれと言われても正直どうすれば良いのかわからないという人がほとんどでしょう。

そこでオススメしたいのが、自分の良いところをいくつか挙げてみることです。

自分は何に優れていて、どんな人間性をしているのか、それについて一番詳しくわかっているのは他でもない自分自身のはずです。

どんなに自分に自信の持てない人でも、考えれば自分の長所の一つや二つ、浮かんでくるはずです。

それを見つけることができたら、あとはそこに誇りを持って、堂々としていれば良いだけです。

そうしているうちに、自ずと芯の強さも持つことができるようになるでしょう。

芯が弱い男性がメンタルを強くする方法②自分の言ったことに責任を持つ 芯が弱い男性がメンタルを強くする方法二つ目は、自分の言ったことに責任を持つことです。

自分自身の言ったことや行動したことに責任を持たなくていいと思っているからこそ、いつまでもぬるま湯に浸かることになってしまうのです。

それではとてもではありませんが芯を強くすることなどできないでしょう。

そこから抜け出すには、自分の言ったことに対して責任を持つように心がけることが何よりも大切です。

一つ一つの言動に責任が伴うことを自覚できたら、芯が弱いなどとは言っていられなくなるでしょう。

強い意志の伴った言動をとることができるようになり、弱い男から脱することができるようになるはずです。

芯が弱い男性がメンタルを強くする方法③自問自答し意志や気持ちを確立する 芯が弱い男性がメンタルを強くする方法三つ目は、自問自答して意志を確立することです。

芯が弱い男性が心を強くするには、自問自答をすることで強い意志を育てることが必要となります。

自分は一体何を考えているのか、そのところをハッキリさせないことには心が弱い現状から抜け出すことはできないでしょう。

メンタルを強くしてストレスに負けない心を持つには、自分がこれからどうするべきなのか、自身に問いかけながら考える必要があります。

そこに至る道のりは決して簡単なものではないでしょうが、メンタルの弱い男から抜け出すには必要不可欠なことです。

自分自身というものがよくわかっていない人は特に実践すべきです。

これからについて詳しく決めれば決めるほど、芯が弱い今の自分から抜け出すことが現実的になります。

どのような自分になりたいのか、メンタルを強くするにはどのような心持ちでいるようにするか、もう一人の自分とよく話し合って決めるようにしてくださいね。

芯が弱い男性でも強くなることはできる! 芯が弱い男性でも、考え方や気持ちの持ち方次第で、強くなることは可能です。

自分自身の芯が弱いと、ストレスを多く抱え込むことになったり、メンタルが弱くすぐに落ち込むことになって、何も良いことはありません。

芯が弱い自分を変えたいと言うあなたは、この記事を参考にしつつ自分に足りないものを補いましょう。

意志を確立することができるようになったら、どんなに芯が弱い男性でも、そこから抜け出して生きやすい毎日を送ることができるようになります。

他人の目を気にしていつもヘコヘコしている自分が嫌になったら、今こそ変わるときです。

これまでの情けない自分から脱して、幸せになってくださいね。

キーワード

  • メンタル
  • ストレス
  • 特徴
  • 責任
  • 彼氏
  • 心理
  • 他人
  • 自分自身
  • 性格
  • プレッシャー
  • 意志
  • 苦労
  • 自覚