ライフスタイル

粉末洗剤と液体洗剤の違いは?コスパや洗濯時の使い分け方は?

2019年01月05日更新
粉末洗剤と液体洗剤の違いは?コスパや洗濯時の使い分け方は?

洗濯に必要な洗濯洗剤ですが、その洗剤には粉末と液体の2種類があります。

そんな洗濯洗剤には、それぞれにメリットデメリットの違いがあり、自身の使う状況に合わせて使い分ける必要があります。

そんな洗濯洗剤のことを詳しく紹介しているので、ぜひ読んで使い分けてみてください。

粉末洗剤と液体洗剤の違いは?コスパは? 2つの違いは「洗浄力と価格」 Instagram 洗濯洗剤には、大きくわけると「粉末」と「液体」の2つのタイプがあります。

そんな2種類の洗剤の違いは、洗浄力と洗剤の価格になります。

洗剤の洗浄力には、使う人によって付いている汚れの種類があるため、一概にどの洗剤がおすすめとは言えません。

そのため、汚れや洗濯状況に合わせた洗剤を使い分けましょう。

また洗剤の洗浄力が強いために、衣類の生地が傷む原因になる場合もあるなどの善し悪しもあるため、洗浄力が強いことが必ずしもいいとは言えません。

もう一つの違いである洗剤の価格は、輸送料などによって価格に差がありますが、洗濯回数や手間などを含めた場合にこちらがいいとは言えないため洗剤の使い分けが大切です。

洗剤には、洗浄力の違いがありますが、おしゃれ着を洗濯するときには、洋服の生地が傷まないように洗濯ネットを使います。

そんな洗濯ネットは100均でも購入できます。

その100均で購入できる洗濯ネットの関連記事を、下記に付属してあるので洗濯ネットを購入するときには、ぜひ参考に読んでみてください。

洗剤の価格だけをみるとコスパがいいのは粉末洗剤! Instagram 洗剤の価格は、粉末洗剤の方が安く販売されているため、洗剤の価格だけをみた場合にはコスパがいいのは粉末洗剤になります。

しかし液体洗剤には、柔軟剤が含まれているものがあります。

そのため最低限の柔らかさが保てるため、気にならない場合には柔軟剤を足す必要がありません。

また液体洗剤の方が落ちやすいため、すすぎが少なくて済む傾向があり、その場合には水道料と電気料が下がります。

そのため、洗濯にかかる全ての要素を総合的にみた場合には、どちらが安いかなどの判断が違ってきます。

そんな洗濯洗剤は、使う人によってコストパフォーマンスに違いがあります。

洗濯洗剤は、使う人によっておすすめの洗剤に違いがありますが、洗濯機周りにはたくさんの洗剤や道具を収納する必要があります。

その洗濯機周りの収納方法やアイデアを紹介している関連記事を下記に付属しておくので、ぜひ洗濯機周りを片付けるときの参考に読んでみてください。

粉末洗剤の液体洗剤のメリットやデメリットは? 粉末洗剤メリット|弱アルカリ性で他の洗剤に比べて洗浄力が強い! Instagram 洗濯洗剤の種類には、中性やアルカリ性のものがありますが、強い洗浄力をもっているのは「弱アルカリ性」の洗剤になり、その多くが粉末洗剤になります。

そのため、他のタイプの洗剤に比べると洗浄力が強いのがこの洗剤の特徴です。

そんな粉末洗剤は、汗や食べ物の汚れにも強いため、食べこぼしが多い小さなお子さんがいる家庭に向いています。

しかし洗浄力が高いために、洗剤が落ちきれずに衣類に残る場合があります。

そうなると肌の弱い人や赤ちゃんなどでは、肌トラブルの原因にもなります。

そのため、粉洗剤を使う場合には、すすぐ回数を増やして綺麗に落としきることが大切です。

粉末洗剤デメリット|洗濯時の水温が低いと洗剤が残ってしまう Instagram 洗浄力が強い粉末洗剤は、冬場の冷たい水などで洗濯した場合には、洗剤が溶けきらずに残ることがあります。

このように、洗剤が溶けきらずに残ると、濃い色の衣類を洗濯した場合には、洗剤が溶けきらずに衣類に付着することで、衣類の洗い直しや色落ちの原因になります。

そのため水温が低い時期には、洗剤を一度お湯で溶いてから洗濯するなどの手間がかかります。

市販の粉末洗剤の中には、蛍光増白剤と呼ばれる白く見せる成分が含まれている場合があります。

この蛍光増白剤は洗浄力を強くする成分がありますが、その分衣類の色落ちがしやすくなります。

その他にも、皮膚刺激を起こすため肌トラブルや、アレルギーの原因になる場合があります。

しかし最近では、このことを考慮して蛍光増白剤が含まれていないものも多く販売されるようになっています。

液体洗剤メリット|洗濯する衣類の生地が傷みにくい余っても捨て方が簡単! Instagram 粉末洗剤は洗浄力が強いため、洋服の生地を傷めることがあります。

そのため最近では、衣類の生地が傷みにくい中性洗剤である液体洗剤が主流になっています。

また生地が傷んで欲しくないおしゃれ着などを洗うときにおすすめです。

そんな液体洗剤は、生地に洗剤が残ることが少ないため、赤ちゃんや肌の弱い人にとっては、肌トラブルの原因になりにくいため安心して使える洗剤です。

また生地に洗剤が残りにくいため、すすぎの回数が少なくてすみ、水道代や電気代が減らせ洗濯時間の短縮にも繋がります。

そんな洗剤には、柔軟剤が含まれているタイプもあるため、ある程度であれば液体洗剤だけでも柔軟性を保つことができます。

また洗濯洗剤が余った場合には、排水口へ直接入れて捨てられるため捨て方が簡単です。

液体洗剤デメリット|1つの洗剤の単価が高いから種類を使い分けよう! Instagram 液体洗剤は、衣類の生地が傷みにくいと紹介しましたが、液体洗剤は、洗剤ボトルの形状などから輸送費がかかるため、液体洗剤は1つあたりの単価が高くなる傾向があります。

そのため洗濯1回の洗剤量が少なくても、洗濯回数が増えることでコストパフォーマンスが悪くなります。

また液体洗剤は、中性の洗剤なため頑固な汚れは落ちづらくなります。

そのため人によっては、泥・汗・食べこぼしなどの強い汚れ対して、洗浄力に物足りなさを感じる場合があります。

そんな洗剤のタイプには、洗濯する環境によって合う洗剤のタイプが違うため、状況に合った洗濯洗剤を使い分けることをおすすめします。

おすすめの粉末洗剤と液体洗剤は? おすすめ粉末洗剤①|アリエール「サイエンスプラス7」 Instagram おすすめ粉末洗剤は、P&Gから販売されているアリエールの「サイエンスプラス7」になります。

この洗剤は、酵素が配合されている洗濯洗剤になります。

そのため皮脂や食べこぼしの汚れに強いのが特徴の洗剤になり、ファブリーズと共同開発しているため、消臭にも特化している洗剤です。

またアリエール「サイエンスプラス7」は、洗剤の中に漂白剤も配合されているため、白ものの洗濯物にもおすすめですが、洗濯しながら洗濯槽の嫌な臭いやカビなどの防止にも繋がります。

そんなアリエール「サイエンスプラス7」は、99.9%除菌するため抗菌防臭できるなどの特徴があります。

おすすめの粉末洗剤を紹介していますが、洗濯には洗剤の他にも漂白剤や柔軟剤など、洗濯をするときに使う物がたくさんあります。

そんな洗濯に使う道具を片付けるのに便利なのが、ランドリーラックになります。

そんな、ランドリーラックのおすすめを紹介する記事を、下に載せておくので参考に読んでみてください。

おすすめ粉末洗剤②|MIYOSI「そよ風」 Instagram おすすめ粉末洗剤2つめは、MIYOSHIから販売している「そよ風」になります。

このそよ風は、無添加の洗剤になり、純度の高い植物油が主原にしました。

また無添加の洗剤は、洗浄力が落ちやすいですが、このそよ風は洗浄力を高める助剤を配合して洗浄力を補っています。

そんなそよ風は、洗剤自体が肌に対して刺激が少ない成分でできているため、洗濯洗剤で肌トラブルを起こす人や、まだ皮膚が弱い赤ちゃんなどにおすすめの洗濯洗剤になります。

その他にも、洗剤などの石けんから出るカスの発生を減らす成分も含んでいるため、石けんカスもできにくくなっています。

しかし無添加の洗剤は、一般的な洗剤よりも価格が高くなりやすいです。

またそんな無添加の洗剤には、独特な洗い方があるためそのことをしっかり守ることが大切です。

そのため、洗剤の種類を使い分けるなど、臨機応変に洗剤を選ぶことをおすすめします。

おすすめ液体洗剤①|アタックNeo「抗菌EXWパワー」 Instagram おすすめ液体洗剤1つめは、アタックNeoの「抗菌EXWパワー」の液体洗剤になります。

この洗剤を使って洗濯すると、洗濯した衣類だけはなく、洗っている洗濯機の洗濯槽まで抗菌してくれます。

また汚れをしっかり落とせるだけではなく、すすぎ回数も減らせるため、洗濯時間を短縮したい人におすすめになっています。

また洗濯水での菌移りや、洗濯槽のカビ・臭いを防ぐことができます。

その他にも汗などの生乾きや、靴下の臭いなどもしっかり防いでくれる洗剤なため、幅広い年齢層のいる家庭に向いています。

そのため、衣類の嫌な臭いなどで困っている人は、臭いが気になる衣類などで洗剤を使い分けてみましょう。

おすすめ液体洗剤②|arau(アラウ) Instagram おすすめ液体洗剤2つめは、サラヤ株式会社から販売されている「arau(アラウ)」になります。

このarauは、純植物性の無添加せっけんでできているため、石油系合成界面活性剤を使用していません。

また皮膚トラブルやアレルギーの原因だと言われている、合成香料・着色料・保存料などが使われていないのも特徴です。

しかし無添加せっけんだけでは、洗剤として使いにくいため、使いやすいように天然のハーブの成分を混ぜています。

また天然ハーブをつかっているため、自然な植物の香りを楽しめる洗剤になっています。

そんな洗剤を使って、洗濯物を干して洗濯物を乾かしますが、お気に入りの洋服はできるだけ綺麗形のまま保ちたいです。

そんな洋服を干すときには、ハンガーを使って干します。

そんなハンガーには、おしゃれのものや型崩れしないハンガーなど種類があり、そんなハンガーを紹介している関連記事を下に載せているため、ハンガーを選ぶときの参考にしてみてください。

洗濯洗剤は使い分けが重要! 今回は、粉末洗剤と液体洗剤の2種類の洗剤の違いについて紹介しています。

そんな洗剤の中でも、粉末洗剤は洗浄力が強いことが特徴です。

しかし洗濯洗剤が衣類に残ることで、肌トラブルの原因になります。

またもう1種類の液体洗剤は、洗浄力が弱いため衣類の生地を傷めにくく、洗剤も残りにくいので肌に優しいです。

しかし子どもなどの、泥や汗、食べ染みなどの頑固な汚れが落ちずに、洗濯した衣類に残りやすい傾向もあります。

また液体洗剤は、洗剤そのものの単価が高いために、洗濯回数が多い家庭にはむいていません。

このように洗濯洗剤には、それぞれに特徴があるため、自身の洗濯する環境に合わせて使い分けすることが大切です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 洗剤
  • 洗濯
  • 液体洗剤
  • 粉末洗剤
  • 洗浄力
  • 洗濯洗剤
  • 衣類
  • 生地
  • 違い
  • 価格
  • 紹介
  • 特徴
  • ハンガー
  • 液体
  • サイエンスプラス