美容

深い法令線をメイクで隠すことはできる?よれたり割れたりしない方法とは

2019年01月08日更新
深い法令線をメイクで隠すことはできる?よれたり割れたりしない方法とは

頬に刻み込まれた深いほうれい線…だんだん深くなっていくほうれい線をどうにかしたいと思いませんか?老け顔の大きな原因であるほうれい線は、メイクで隠すことができるのでしょうか。

答えはもちろんイエス。

メイクの仕方次第であなたのほうれい線もキレイに隠すことができますよ。

ここでは誰でも簡単にできる、ほうれい線を隠すメイク方法をご紹介していきます。

スキンケアをしっかり行う  ほうれい線は、肌が乾燥することでより一層目立つようになります。

そのためメイクをする前には必ずスキンケアを行いましょう。

肌がひんやりするくらい化粧水を馴染ませたら、最後に乳液やクリームでフタをします。

肌がもっちりと潤ったらメイク前の下準備は完了です。

ハイライト効果のあるコンシーラーでほうれい線をなぞる ほうれい線がなぜ「線」として目に見えてしまうのか、理由はたるんだ頬によって影ができているからです。

ということはその影をどうにかして明るくできれば、ほうれい線も目立たなくすることができます。

ハイライト効果のあるコンシーラーを使って、ほうれい線によってできる影の部分に光をたしていきましょう。

ほうれい線をなぞるようにコンシーラーを入れたら、コンシーラーと肌の境目をぼかすように指で馴染ませていきます。

ファンデーションはリキッドを使う ほうれい線が気になる方は、リキッドファンデーションがオススメです。

パウダーファンデーションだと、肌が乾燥しやすいので余計にほうれい線が目立ってしまうことがあります。

リキッドファンデーションを適量取り、頬やおでこ、鼻などの高い部分に塗せ、周りへと伸ばしていきましょう。

ほうれい線がある部分は厚塗りにならないように気をつけます。

ほうれい線を隠そうと厚塗りすると、溝にファンデーションがたまって目立ってしまうので絶対に厚塗りはしません。

顔にメリハリをつける シェーディングやハイライトを使って顔にメリハリをつけましょう。

のっぺりした顔だと、どうしても影ができているほうれい線に視線が行ってしまうので、TゾーンやCゾーンにハイライト、鼻筋にシェーディングを入れることで顔に立体感を出しほうれい線を目立たなくします。

チークは頬の高いところに チークは、笑ったときに頬が1番高くなるところに入れます。

このとき、パール感のある自然にツヤを出せるチークを使うのがオススメです。

頬の高い位置にチークを入れることで、目線がほうれい線ではなく頬にいくように誘導できます。

ほうれい線を隠すには、物理的にメイクで隠すだけでなく、視線がほうれい線にいかないようにすることも大切です。

ほうれい線をメイクで隠すテクニックを動画でもチェック メイクでほうれい線を隠す方法を、動画で詳しく確認してみましょう。

より細かいメイク方法までわかりますよ。

ほうれい線を消すメイク方法!30代40代の悩み!たるみ小じわ・アラサーアラフォーメイク ほうれい線に目がいかないようにするにはどうしたらいいか?を追求したメイク方法です。

光の入れ方がポイントですね。

【グッバイほうれい線!】これがプロのカムフラージュ!存在を忘れる、溶け込み潤いベースメイク 肌が潤うのにほうれい線が目立たないメイク方法を紹介しています。

リキッドファンデーションをスタンプのように塗っていくとほうれい線が目立たなくなるんですね。

法令線を目立たなくする本当のやり方 アラサー&アラフォー&アラフィフメイク見直し フルメイクでほうれい線を隠すメイクをしている動画です。

ほうれい線の深さに合わせたコンシーラーの塗り方を紹介しているので、こちらはぜひ一度チェックしておきたいですね。

まとめ 年齢とともに目立ってくるほうれい線も、メイクで隠すことができます。

ほうれい線を隠すために大切なのは、ほうれい線の影に光を入れること、そしてほうれい線に視線がいかないようにすることです。

コンシーラーやハイライト、シェーディングを使って上手にメイクしていくことでほうれい線を目立たなくすることができますよ。

キーワード

  • ほうれい
  • メイク
  • コンシーラー
  • リキッドファンデーション
  • チーク
  • ファンデーション
  • ハイライト
  • 動画
  • 厚塗り
  • オススメ
  • スキンケア
  • 紹介