美容

ネイル初心者の基本の道具5つ!セルフジェルネイルに必要なものは?

2019年01月10日更新
ネイル初心者の基本の道具5つ!セルフジェルネイルに必要なものは?

この記事ではネイル初心者の方がそろえるべき道具をご紹介します。

セルフネイルは必要なものがそろっていればチャレンジすることができます。

マニキュアを使う時の方法とジェルネイルを使う時の方法は異なるので、事前にチェックしておきましょう。

ネイル初心者が必要な基本の道具5選 ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具①爪やすり・爪磨き ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具1つ目は「爪やすり・爪磨き」です。

ネイルはマニキュアを塗れば完成という印象を持っている方も多いのではないでしょうか?確かに塗るだけでも色は付きますし、それで満足できるのならそれでも良いでしょう。

しかし、より美しくネイルを仕上げたいと思うのならマニキュアを塗る前には爪のコンディションを整える準備が必要です。

まず、爪の形を切りそろえて爪やすりで滑らかにします。

爪切りで切ったら毛では爪の先がとがっているので滑らかにしてください。

爪の形は人それぞれ異なるので自分の爪の形に合うカットを選びましょう。

また、爪の根元にある甘皮を押し上げるようにしておくと爪が長く見えるので、ネイルも美しくすらりとした指を演出することができます。

甘皮を押し上げる際にはオイルなどを使い、優しく押し上げましょう。

乾燥している甘皮を無理やり押し上げると怪我をする可能性もあるので注意が必要です。

ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具②ベース・トップコート ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具2つ目は「ベースコート・トップコート」です。

ベースコートはまマニキュアを塗る前に塗る下地のようなものです。

初めに塗ることで爪の表面を滑らかにすることができます。

また、ベースコートを塗っておくと、その後に塗るマニキュアの範囲が分かりやすくなるのも1つのメリットと言えるでしょう。

トップコートはベースコート、マニキュアを塗った後に重ねるアイテムです。

最後の仕上げに塗るコーティングのような働きをします。

トップコートを塗ることでマニキュアを守り、ぷっくりとつややかな仕上がりにすることができます。

100均のトップコートに興味がある方は下の関連記事もチェックしてください。

ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具③除光液 ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具3つめは「除光液」です。

ネイルを落とす際に使用するアイテムななので、ネイル初心者なら用意しておきましょう。

欠けたネイルをそのままにしておくとかえって残念な指先になってしまいます。

ネイルを落とすときには力ずくできれいに落とすことは難しいので、除光液で落としてください。

また、除光液はネイルを落とすときだけではなく、塗っているときにも役立ちます。

うっかり塗りすぎてしまったマニキュアや、はみ出した部分をふき取る際にも除光液があるとスムーズに作業が進められるのです。

ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具④コットン・綿棒 ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具4つ目は「コットン・綿棒」です。

ネイルを落とす際に除光液をしみこませて使用します。

ティッシュペーパーでもマニキュアを落とすことはできますが、紙の切れ端などが爪についてしまうこともあります。

はみ出した部分を少しぬぐいたいと思っても、きれいな場所にティッシュが付いてしまったらやり直しです。

その点、綿棒を使えば爪からはみ出したマニキュアもピンポイントで落とすことができます。

ネイル初心者のセルフネイルに必要な基本の道具⑤マニキュア ネイル初心者のセルフネイルに用意するもの5つ目は「マニキュア」です。

これがなければネイルをすることもできません。

マニキュアにはさまざまなカラーやテイストのものがあります。

単色のマニキュアを塗ればシンプルな仕上がりになりますし、ラメが入っていて華やかな仕上がりになるでしょう。

同じ色でも彩度や明度の違いによって仕上がりの雰囲気が大きく変化するのです。

つややかな仕上がりのものがあればマットな仕上がりのマニキュアもあるので、自分の好みのマニキュアを探してみてください。

ネイル初心者があると便利な道具3選 自分でネイルするときに便利な道具①普段のネイルケアアイテム 自分でネイルするときに便利な道具1つ目は「普段のネイルケアアイテム」です。

ネイルを使用と思っても爪ががたがたでは仕上がりに影響します。

爪やすりや爪磨きである程度きれいになりますが普段から爪を健康に美しく保つ努力が必要です。

肌は保湿したりしてケアしていても、爪のケアは忘れている方も多いでしょう。

ネイルで爪をきれいに見せたいのなら、ネイルだけではなく爪そのものも美しくしたいものです。

普段からネイルケアをしておくことでマニキュアの発色も良くなります。

特に足の爪は手の爪よりも甘皮が固く、爪もかさつきがちです。

夏はサンダルを履く機会も増えますし、冬でも室内に上がれば足の爪が見えることがあります。

1年を通してしっかりと手と足の爪をききれいに保ちましょう。

自分でネイルするときに便利な道具②マスキングテープ 自分でネイルするときに便利な道具2つめは「マスキングテープ」です。

ネイル初心者でも単色ネイルではなく、フレンチネイルやボーダーにチャレンジしたいと思っている方もいるでしょう。

セルフネイルでデザインを施すのは難しいと思うかもしれませんが、まずキングテープを使用すると簡単にネイルを楽しむことができます。

手順を参考にしながらオリジナルのネイルを楽しんでください。

マスキングテープは100均でも購入できるので関連記事を参考にしながら用意しましょう。

マスキングテープを使ったネイルのやり方 1爪を切りそろえて磨く。

2ベースコートを塗る。

3ベースのカラーとなるマニキュアを塗って乾かす。

4マスキングテープで爪の塗らない部分を覆う。

5上から塗る別の色のマニキュアをマスキングテープを貼っていない部分に塗る。

6マニキュアが乾いたらマスキングテープをはがす。

7トップコートを塗って乾いたら完成。

自分でネイルするときに便利な道具③ピンセット 自分でネイルするときに便利な道具3つ目は「ピンセット」です。

単色でネイルをする場合は必要ありませんが、ストーンやメタリックパーツを使用する場合は細かな作業が必要です。

指で乗せるとベースに塗ってあるマニキュアが寄れてしまうこともあるので、ピンセットがあると作業がスムーズに進みます。

ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの5選 ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの①プレパテーションの道具 ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの1つ目は「プレパテーションの道具」です。

プレパテーションとは爪の下準備のことで、マニキュアの道具でもご紹介したように爪の形を整えて甘皮の処理をします。

ジェルネイルは爪に脂が付いていると硬化した時に縮んでしまうので、エタノールも用意して爪の脂や汚れをきれいにふき取っておきましょう。

ジェルと爪との密着性を高めるため、爪に傷をつける場合は削りすぎないように注意が必要です。

やりすぎると爪が薄くなるので、適度に傷を付けましょう。

気になる方はサンディング不要のジェルを選んでください。

ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの②ネイルオフの道具 ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの2つ目は「ネイルオフの道具」です。

マニキュアは除光液でこするだけで落とすことができますが、ジェルネイルの場合はジェルリムーバーをしみこませたコットンをネイルの上に置き、アルミホイルで巻いて10分ほど浸透させる必要があります。

ジェルネイルが浮いてきたらプッシャーなどを使って落としていきます。

それでも爪にジェルネイルが残っている場合は爪の表面をこすって落とします。

最後にオイルを塗って乾燥から指先を守るケアをしてください。

ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの③専用のジェル ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの3つめは「専用のジェル」です。

ジェルネイルで使用するのはマニキュアではなくジェルネイル用のアイテムです。

このジェルもマニキュアと同じようにベースジェル、カラージェル、トップジェルの順に塗ります。

ベースジェルにむらがあると、その後に塗るカラージェルやトップジェルもきれいに仕上げることができませんネイルを美しく仕上げるためにはベースからしっかり塗らなければならないのです。

ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの④筆 ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの4つ目は「筆」です。

ジェルを爪にのせるのに使うので欠かせません。

特にジェルネイルはマニキュアのように蓋部分に筆が付いていないものが多いのです。

筆の種類がたくさんあるので、どれを使えばよいのかと悩む方も少なくないでしょう。

ジェルネイル初心者なら、スタンダードなフラットブラシを使ってみてください。

細かなデザインやフレンチネイルをする場合は専用の筆を用意すると作業しやすいかもしれません。

筆は使い終わったらキッチンペーパーで軽くぬぐってからしまいましょう。

カラージェルを使ったば場合は専用のジェルクリーナーでふき取ってから一度クリアジェルをなじませて拭き取ります。

そのまましまうと汚れが付いたり、硬化してしまったりするのでお手入れは忘れずにしてください。

ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの⑤名前がUVまたはLEDのライト ネイル初心者がジェルネイルに必要なもの5つ目は「名前がUVまたはLEDのライト」です。

ジェルネイルはマニキュアと異なり乾かすのではなく、専用のライトを使って硬化させます。

UVライトでも硬化するのですが、し紫外線アレルギーや日焼けなどの心配がいりません。

本体の価格はUVライトの方が安価なのですが、電球の交換頻度がLEDライトの方が少なくて済みます。

自分がどれくらいの頻度で使用するのか考えて合うものを選んでください。

ネイル初心者でも道具を揃えればおしゃれを楽しめる ネイル初心者だとセルフネイルが難しいと感じるかもしれませんが、シンプルなものから始めていけばだんだんとなれるでしょう。

マスキングテープなどのアイテムを使うことでより簡単にデザインを楽しむこともできます。

ぜひ、ネイルのおしゃれも楽しんでください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • ネイル
  • 初心者
  • マニキュア
  • ジェルネイル
  • 道具
  • セルフネイル
  • 基本
  • マスキングテープ
  • ジェル
  • 便利
  • 使用
  • 除光液
  • ライト
  • 専用