美容

きれいな眉毛の書き方は?形の種類や整え方・おすすめアイブロウも

2019年01月12日更新
きれいな眉毛の書き方は?形の種類や整え方・おすすめアイブロウも

眉毛の印象は顔の印象を大きく左右するので、メイクの上でも非常に重要なポイントですよね。

きれいな眉毛の形の種類や似合う眉毛のデザインのほか、きれいな眉毛の整え方や書き方のポイント、おすすめのアイブロウグッズをご紹介します。

きれいな眉毛の形の種類5選 きれいな眉毛の形の種類①自然な眉山のアーチ眉 Instagram きれいな眉毛の形の種類1つ目は、自然な眉山のアーチ眉です。

不自然に真っ直ぐな眉毛や、眉山の位置を無視したアーチ眉などは、どうしてもバランスが悪くなりがちですよね。

似合う眉毛の形がわからないという方や、眉メイクの初心者の方の場合には、まずは、元の眉山の位置を生かした自然なアーチ眉がおすすめです。

また、逆三角形型など、顎の印象がシャープに感じられる輪郭の方にも、自然な眉山のアーチ眉はおすすめです。

丸顔の方の場合には、アーチをしっかりとつけたコントラストのある長めのアーチ眉にすれば、輪郭の丸みをカモフラージュさせることも可能です。

きれいな眉毛の形の種類②眉頭・眉尻の位置を合わせたナチュラル眉 Instagram きれいな眉毛の形の種類2つ目は、眉頭・眉尻の位置を合わせたナチュラル眉です。

眉頭の位置と目頭のスタート位置が合っていることと、小鼻と目尻を線で結んだ延長線上に眉尻が来るような長さのバランスが整った眉は黄金比とされ、その黄金比を意識したナチュラル眉は、顔全体のバランスもまとまりがよく仕上がります。

元々の眉毛の形を生かしつつ、骨格に合うように、黄金比を元に整えることで、不自然さのない眉の形になるので、必然的に似合う眉毛を演出できますね。

きれいな眉毛の形の種類③ふんわり太眉 Instagram きれいな眉毛の形の種類3つ目は、ふんわり太眉です。

アイブロウパウダーとブラシを使い、自然にぼかした太眉は、ナチュラルで優しげな印象に仕上げてくれるのが特徴です。

太眉は一歩間違えると男っぽくなったり、野暮ったい印象にもなりやすいので注意が必要です。

太眉をナチュラルで綺麗にする整え方のポイントは、濃くなりすぎないことと、毛流れをしっかりと整えることです。

もしも、眉が濃い方の場合には、眉ブリーチや眉マスカラなどを取り入れるのもおすすめです。

ふんわりとした太眉は、成功すればモードでおしゃれな印象や、外国人風な印象的な目元を作るのにも役立ちますよ。

きれいな眉毛の形の種類④ナチュラル平行眉 Instagram きれいな眉毛の形の種類4つ目は、ナチュラル平行眉です。

シャープになりすぎずにすっきりとした印象が魅力的なナチュラル平行眉は、知的な印象に仕上げてくれると人気です。

マニッシュで大人っぽい印象になりやすい面長の方は、輪郭の盾の印象が強いので、小顔効果も期待できるナチュラル平行眉がおすすめです。

Instagram また、ベース型の輪郭の方にも、ナチュラル平行眉はおすすめです。

輪郭の角張った印象を強調しないように、眉毛にも角度が少ないデザインを取り入れましょう。

また、幼く見られてしまいがちな童顔の方でしっかりした印象にみられたい時などにも、ナチュラル平行眉を意識した眉メイクもおすすめです。

きれいな眉毛の形の種類⑤直線ストレート眉 Instagram きれいな眉毛の形の種類5つ目は、直線ストレート眉です。

丸顔の方の場合には、眉毛を直線的なストレート眉にすることで、輪郭の丸みを抑えてシャープな印象をプラスすることができます。

眉毛を書く下準備!きれいな形の整え方は? きれいな眉毛の形の整え方の下準備①基本の黄金比を把握する Instagram きれいな眉毛の形の整え方と書き方のポイントや下準備1つ目は、基本の黄金比を把握することです。

眉頭、眉山、眉尻の3点の位置のバランスの黄金比を理解することで、不自然な違和感のある眉デザインいなることを避けられます。

眉頭は小鼻と目頭を線で結んだ延長線上の位置、眉山は黒目の外側、眉尻は小鼻と目尻を線で結んだ延長線上の位置になるバランスが、一般的には眉毛のバランスの黄金比と言われています。

眉毛のバランスの黄金比については、以下の記事でも詳しくご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

きれいな眉毛の形の整え方の下準備②黄金比を参考に骨格に合わせて整える Instagram きれいな眉毛の形の整え方と書き方のポイントや下準備2つ目は、黄金比を参考に骨格に合わせて形を整えることです。

輪郭の余白を埋めるように意識して、眉デザインを選べば、顔型に似合いやすく小顔に見える眉メイクに仕上げることができます。

いくら流行っているからといって、骨格に合わない眉デザインにしようとすると、どうしてもアンバランスな印象になってしまうので、程よくトレンドを意識しつつも、自分の骨格などに合う眉毛の形やデザインを取り入れるように心がけましょう。

きれいな眉毛の形の整え方の下準備③カットや書き足す前に毛流れを整える きれいな眉毛の形の整え方と書き方のポイントや下準備3つ目は、眉毛をカットしたり書き足す前に眉コームなどで毛流れを整えることです。

眉毛の毛流れを整えることで、眉山から眉尻にかけてのアウトラインを把握しやすくなりますね。

思い描いているデザインの形からはみ出した余分な毛の長さなども把握しやすくなりますね。

基本の眉メイクの書き方は? 基本の眉メイクの書き方①形を意識して眉山の位置を決める Instagram 基本の眉メイクの書き方のポイント1つ目は、形を意識して眉山の位置を決めることです。

眉尻や眉頭から書き始めてしまうと全体のバランスが取りづらくなるので、まずは眉山、と意識しましょう。

眉山の位置を決めたらその後に、眉尻やカーブなどを書き足していきましょう。

また、この時に左右の眉山の高さの位置なども、左右対称になるように意識しましょう。

基本の眉メイクの書き方②カーブやシルエットに沿うアウトラインを書く Instagram 基本の眉メイクの書き方のポイント2つ目は、眉山の位置が決まったら、カーブやシルエットに沿うアウトラインを書いていきましょう。

アウトラインが決まったら、足りない箇所を書き足していきます。

この時に、髪の色よりワントーン明るめのアイブロウを選ぶようにすると、垢抜けた印象に仕上がります。

また、ペンシルやパウダー、リキッドなど、自分にあったアイブロウを選んで組み合わせることで、よりナチュラルで違和感のない綺麗な眉メイクに仕上がりやすくなりますよ。

基本の眉メイクの書き方③目と眉の距離のバランスを調整 基本の眉メイクの書き方のポイント3つ目は、目と眉の距離のバランスを調整することです。

例えば、外国人風やハーフ顔の眉メイクにしたい場合には目と眉の距離を狭くするように意識しましょう。

反対に、石原さとみ風な眉毛にしたい場合などには、目と眉の距離を近づけすぎないようにしましょう。

目と眉の距離を狭くするメイク方法については、動画でもご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

不自然にならないように、目と眉の距離を狭くするメイク方法を覚えておけば、ファッションや気分に応じて、眉メイクのアレンジも楽しめますね。

きれいな平行眉毛の書き方は? 平行眉毛の書き方は眉下のラインと眉山の位置がポイント Instagram きれいな平行眉毛の書き方のポイントは、眉下のラインと眉山の位置です。

混じりよりやや長めになるくらいの位置に眉尻が来るように、輪郭の外側に向けたバランスがおすすめです。

そのため、眉頭はブラシなどで毛流を立ち上げて自然に流れるように意識しましょう。

平行眉毛にはアイブロウパウダーやリキッドアイブロウがおすすめ Instagram 平行眉毛を書く時には、アイブロウパウダーやリキッドアイブロウの使用がおすすめです。

眉下の足りない位置を補うように書き足し、全体をパウダーでふんわりとぼかすと、眉の印象が強く男っぽくなってしまうのを防げます。

もしも、アイブロウペンシルを使用する場合には、ブラシでぼかすように意識しましょう。

きれいなアーチ眉毛の書き方は? アーチ眉毛の書き方は眉山から眉尻のアーチと毛流れがポイント Instagram きれいなアーチ眉毛の書き方のポイントは、毛流れを意識して、眉山から眉尻のアーチから書き始めることです。

黒目の外側あたりの位置の眉山から、小鼻と目尻を線で結んだ延長線上の位置に眉尻が来るようにアウトラインをイメージし、曲線的になるように書きましょう。

アーチ眉毛にはペンシルとパウダーの併用がおすすめ Instagram アーチ眉毛を書く時には、アウトラインをアイブロウペンシルで縁取るように書き、眉頭から眉の中央にかけてをアイブロウパウダーで色を乗せるように書くと、曲線のアーチを生かした自然な眉毛に仕上がります。

細眉と太眉どっちが似合う?判断のポイントは? 似合う眉毛の判断ポイント①細眉と太眉 Instagram 似合う眉毛の判断ポイント1つ目は、顔型診断に応じた細眉と太眉の判断です。

また、輪郭やなりたいイメージに加えて、眉毛の太さの似合うバランスは、実は目の大きさにも深く関係しています。

例えば、目が大き方の場合には太眉にしてもボリュームで負けないのでより目元をパッチリと印象的にすることができます。

反対に、切れ長や一重の目元の方の場合には眉毛にボリュームを持たせるよりは細眉の方がバランス良く仕上がります。

ナチュラルで可愛い太眉の書き方や、太眉メイクのコツについては、以下の記事で詳しくご紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さいね。

似合う眉毛の判断ポイント②上がり眉と下がり眉 Instagram 似合う眉毛の判断ポイント2つ目は、顔型診断に応じた上がり眉と下がり眉の判断です。

華やかでキリッとした印象の上がり眉と、優しげで可愛らしい印象の下がり眉ですが、目の形となりたいイメージに合わせて選ぶのもおすすめです。

例えば、つり目でシャープな印象の方の場合には馴染みが良いのは上がり眉になりますが、優しげな印象に仕上げたい場合には、不自然ではない程度に眉の角度を下ろした平行眉なども勧めです。

反対に、極端な下がり眉は、つり目の方にはバランスがチグハグな印象になってしまいやすいので注意しましょう。

おすすめのアイブロウグッズ6選 おすすめのアイブロウグッズ①眉コーム&ブラシ きれいな眉毛を整えるのにおすすめのアイブロウグッズ1つ目は、「眉コーム&ブラシ」です。

眉毛の毛流を整えることで、余分な眉毛や眉周りの産毛をカットする際にも便利ですよね。

Instagram また、「眉コーム」や「眉ブラシ」で毛流れを整えることで、ボサボサとした印象にならず、眉マスカラなどを塗った時にも、ムラのある印象になりません。

「眉コーム」や「眉ブラシ」を使った整え方のポイントは、なりたい眉のデザインを元にアウトラインを下書きし、眉頭は下から上に、眉山から眉尻は上から下に向かって溶かしながら、余分な眉毛の長さや量をカットして調整しましょう。

また、眉の整え方だけでなく、書き方の下準備にも欠かせませんよね。

おすすめのアイブロウグッズ②眉切りハサミ・電動眉シェーバー Instagram きれいな眉毛を整えるのにおすすめのアイブロウグッズ2つ目は、「眉切りハサミ」や「電動眉シェーバー」です。

まぶたの上の産毛を整えたり、眉毛の形を好みのデザインにカットするのにも欠かせませんよね。

眉毛をカットする際には、先に思い描く理想の眉毛の形を描いて、そこからはみ出した毛を切るように意識しましょう。

おすすめのアイブロウグッズ③アイブロウペンシル&パウダー Instagram きれいな眉毛を整えるのにおすすめのアイブロウグッズ3つ目は、「アイブロウペンシル&パウダー」です。

理想の形の眉毛にメイクするためには、毛が少ない部分や足りていない箇所に書き足したり、濃さを調整するために、何をおいても「アイブロウペンシル&パウダー」は欠かせませんよね。

アイブロウペンシルやパウダー、リキッドアイブロウなど、おすすめのアイブロウ・ランキングについては、以下の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

おすすめのアイブロウグッズ④眉マスカラ Instagram きれいな眉毛を整えるのにおすすめのアイブロウグッズ4つ目は、「眉マスカラ」です。

髪の毛をカラーリングしている方の場合には特に、髪の毛の色と眉毛の色に統一感を持たせるように、「眉マスカラ」を使用することで、眉毛だけが不自然に顔から浮いてしまうのを防げます。

「眉マスカラ」を使った眉メイクの整え方と基本の使い方としては、まずはティッシュなどで余分な液を落としてから、眉毛の流れに逆らうように塗り色を乗せます。

その後に、毛流れを整えるようにとかすイメージでマスカラブラシを眉尻に向かって動かします。

ポイントとしては、眉マスカラ液が多すぎるとけ流れや濃さも不自然になるので、実際に眉毛に載せる前にしっかりとティッシュオフするようにしましょう。

おすすめのアイブロウグッズ⑤アイブロウブラシ Instagram きれいな眉毛を整えるのにおすすめのアイブロウグッズ5つ目は、「アイブロウブラシ」です。

アイブロウパウダーを使用して眉毛を描きたい、という方には欠かせない必需品ですよね。

ナチュラルな毛流に沿った眉を書き足したり、ふんわりとした自然で優しげな眉メイクにもおすすめです。

Instagram 「アイブロウブラシ」は斜めにカットされて平筆タイプのものが多く、使い方のポイントとしては、ブラシの毛先の斜面の角度を肌に沿わせるように使用することです。

また、肌に載せる前に、手の甲などでアイブロウパウダーの分量や色を調整したり、ティッシュオフしておくことも重要です。

失敗しないコツは、眉山に載せすぎないことです。

アイブロウパウダーを使用した眉メイクに好相性な「アイブロウブラシ」の、おすすめランキングについては以下の記事でご紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さいね。

おすすめのアイブロウグッズ⑥眉ティント Instagram きれいな眉毛を整えるのにおすすめのアイブロウグッズ6つ目は、「眉ティント」です。

色素を定着させる眉ティントは、プールやジムなど水や汗で眉毛が流れてしまうのを防ぐとともに、毎朝の眉メイクの下地作りとしてもおすすめです。

すっぴんでもふんわりと眉メイクができるので、旅行の際などにも便利ですね。

「眉ティント」の基本の使い方としては、下準備として眉毛の油分をしっかりオフしてから、なりたい眉の形のアウトラインを縁取ります。

その後に、眉の中央あたりから眉尻にかけてティントを乗せ、時間を置いたら剥がすタイプのものが多いです。

動画でご紹介している使い方も参考にしてみて下さいね。

きれいな眉毛の書き方を意識すれば美人度3割増し! Instagram 顔の印象を大きく左右するからこそ、似合う眉毛の種類や整え方、書き方を理解しておけば、顔全体のバランスが整い美人度3割増しですね! 眉毛の印象は顔の印象を大きく左右するので、メイクの上でも非常に重要なポイントですよね。

きれいな眉毛の形の種類や似合う眉毛のデザインのほか、きれいな眉毛の整え方や書き方のポイント、おすすめのアイブロウグッズをご紹介します。

輪郭などの顔型診断と合わせて、自分に似た芸能人の眉毛を参考にする方法もおすすめです。

芸能人の多くは、プロのメイクさんがついているので骨格などのバランスも熟知された似合う眉毛の形を取り入れています。

そのため、自分に似た芸能人の眉毛を参考にすれば、必然的によく似合う眉のデザインが見つかりますよ。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 眉毛
  • 書き方
  • ポイント
  • 眉山
  • 位置
  • アイブロウグッズ
  • バランス
  • 眉メイク
  • ナチュラル
  • 眉尻
  • アーチ
  • 種類
  • 意識
  • 太眉