ライフスタイル

古風な男の子の名前50選|かっこいい/おしゃれ/偉人/二文字/四文字

2019年01月15日更新
古風な男の子の名前50選|かっこいい/おしゃれ/偉人/二文字/四文字

古風な名前を男の子に名付ける親が増えています。

古風な名前は、しわしわネームと言われ最近では人気です。

古風な名前と言っても、渋い名前やかっこいい名前など様々な名前があります。

また、偉人から名付ける人もいる様です。

文字数も二文字や四文字など、どのような漢字を使った名前があるのでしょう。

古風な名前が人気の理由は? 古風な名前が人気の理由①キラキラネームの反動から 最近では古風な名前に人気が有り、理由の1つ目がキラキラネームの反動だと言われています。

キラキラネームに魅力を感じない世代が親になった事も関係しています。

また、日頃聞き慣れた祖父母世代の名前に新しさと親しみを持った世代です。

キラキラネームには、読みにくさもありますがそれなりにかっこよさも持っています。

キラキラネームの、名前の付け方に幅があまりありません。

また、名付ける名前に幅がなく無頭打ちになった事も原因です。

キラキラネームを付ける人が、名付けに向いていない名前を付け様とした事なども問題でした。

キラキラネームのブームに陰りが見えた事も古風な名前えの回帰になっています。

古風な名前が人気の理由②日本の歴史ブーム 古風な名前が人気の理由の二つ目に、昨今の刀剣ブームなど歴史に興味を持つ女子が多い事です。

古風な日本的な名前は、しわしわネームと言われ密かにブームが起っています。

日本の歴史や日本と言うこの国自体に、誇りを持つ若い世代が増えている事も理由の一つです。

グローバルな時代だから自国の歴史を知る事は重要です。

日本の国に誇りを持つ事で、日本的な古風な名前を付けたいという人が多くなっています。

特に男の子には、古風でかっこいい名前を付け名前の様なかっこいい人生を送って欲しいと願って名付けます。

古風な名前が人気の理由③赤ちゃんには読みやすい名前を付けたいから 古風な名前が人気の理由の3つ目に、赤ちゃんには読みやすい名前を付けたいと考える人が多くなったからです。

これは、キラキラネームはわかりにくい名前が多く説明が必要だからです。

名前にふりがなが必要な、キラキラネームは社会に出た時に敬遠される傾向もあります。

古風な名前は昔ながらの、漢字をそのまま読んで名前に付けます。

最近の傾向として、男の子にはかっこいい古風な名前を付ける人が増えています。

時代と共に名前のブームが起ります、その時代に足りない物が漢字としてブームになると言われています。

今の時代には、古風でかっこいい名前が必要になったのでしょうか。

男らしくてかっこいい古風な男の子の名前10選 男らしいかっこいい古風な名前5選 男らしいかっこいい古風な名前として、「神楽(かぐら)」「伊織(いおり)」「琥珀(こはく)」「桜雅(おうが)」「煌(こう)」の5つの名前はどうでしょう。

「伊織」の名前は、宮本武蔵のはじめに養子にした長男の名前です。

とても優秀な人物だったと伝わっています。

「煌」はきらびやかで華やかな名前でもあります。

「琥珀」は宝石から取って名前の一つです、透き通った綺麗な心根を持った人になる様にと願った名前です。

「桜雅」は現代的な呼び名ですが、華やかな桜のようにまた品の良い人生を生きてとの願いが込められています。

全て古風だけれども、どこかかっこいい名前ばかりです。

男らしいかっこいい古風な名前5選 神楽(かぐら) 伊織(いおり) 琥珀(こはく) 桜雅(おうが) 煌(こう) かっこ良くって渋い古風な名前5選 かっこ良くって渋い古風な名前として、「蒼(あおい)」「匠(たくみ)」「大和(やまと)」「陽雄(はるお)」「恭平(きょうへい)」の名前を選びました。

蒼の漢字は、海の青さも空の青さも連想させる名前です。

匠はそのまま、自分の好きな事を究めて欲しいとの願いを込めています。

大和は日本その物を現わしている漢字です。

大きな人間に育って欲しいと願って名付ける名前です。

陽雄明るい陽を浴びて、王道を行って欲しいとの願いが込められています。

恭平と言う名前は、穏やかな人生を生きて欲しいと願って付ける名前です。

かっこいいけれどもどこか渋い男の子の名前です。

かっこ良くって渋い古風な名前5選 蒼(あおい) 匠(たくみ) 大和(やまと) 陽雄(はるお) 恭平(きょうへい) 古風だけどおしゃれな男の子の名前10選 古風でおしゃれな男の子の名前①一文字の名前 古風でおしゃれな男の子の名前として、1つ目に一文字でおしゃれな名前を5つ選びました。

「誠(まこと)」は、そのまま誠実で嘘もなく真っ直ぐに生きて欲しいと名付けます。

「柊(しゅう)」はひいらぎの事ですが魔を祓う意味も持っています。

良い人生を生きて欲しいと言う願いから名付けます。

「仁(じん)」は、情け深い慈悲の心を持った人になって欲しいとの願いから名付けます。

「龍(りゅう)」は、そのまま龍神からの命名になります。

「栄(さかえ)」も、長男に名付ける事が多く家も一緒に栄える様にと願って名付けます。

男の子に名付ける、古風でおしゃれな名前で一文字の漢字はまだたくさんあります。

古風でおしゃれな男の子の名前一文字の名前 誠(まこと) 柊(しゅう) 仁(じん) 龍(りゅう) 栄(さかえ) 古風でおしゃれな男の子の名前②三文字の名前 古風でおしゃれな男の子の名前の、2つ目の漢字三文字の名前はそのまま古風でおしゃれな名前ばかりです。

一文字目の漢字には、「凜」「蔵」「慶」「慎」「真」などおしゃれな感じがあります。

二文字目や三文字目には、「次郎」「二郎」「太郞」「之助(介)」があります。

男らしい古風で、今の感覚ではおしゃれな名前です。

古風でおしゃれな和名がしわしわネームと言う名称で呼ばれています。

過去によく使われた名前だと言い意味もあります。

また、祖父母の時代の名前と言う意味からの名称とも言えます。

古風な男の子の名前によく使われる漢字の、関連記事があり合せてご覧ください。

古風でおしゃれな男の子の名前三文字の名前 凛太朗(りんたろう) 蔵之助(くらのすけ) 慶次郎(けいじろう) 慎太郎(しんたろう) 真士郎(しんじろう) 歴史上の偉人と同じ古風な男の子の名前10選 歴史上の偉人と同じ男の子の名前5選①武人の名前 Instagram 1つ目の歴史上の偉人の名前を男の子に、名付けるとしたら武人の名前を付ける事があります。

特に男の子が生まれたら、赤ちゃんに歴史上の偉人にあやかって名付けます。

子供に付ける偉人の名前でも、人気のある時代は戦国時代です。

日本人のみならず、外国の人にも戦国武将は人気があります。

戦国武将の中でも、「織田信長」や「上杉謙信」は特に人気が高いです。

謙信や信長の渋い名前を、そのまま名付けるに人もいます。

また、一文字だけもらって他の漢字を付けて名付けるタイプもあります。

歴史上の偉人と同じ名前を付ける人は、歴史が好きな人が多いのも特長にあります。

憧れの武将の様な、性格に成長して欲しいとの願いから付ける人は多いです。

歴史上の偉人は、その一生がわかっているので名付けやすい一面も持っています。

歴史上の偉人と同じ男の子の名前5選 織田信長の名前の「信長」 伊達政宗の名前の「政宗」 徳川家康の名前の「家康」 武田信玄の名前の「信玄」 宮本武蔵の名前の「武蔵」 ご紹介出来なかった武人の名前 近藤勇の名前「勇」 森蘭丸の名前「蘭丸」 坂本龍馬の名前「龍馬」 大石主税の名前「主税」四十七士の1人。

歴史上の偉人と同じ男の子の名前5選②近代の偉人 Instagram 歴史上の偉人と同じ男の子の、名付けの2つ目には近代の偉人の人達があります。

日本の、近代の偉人には多くの偉業をなした人達がいます。

「野口英世」もその1人で、生涯をかけて世の人のための研究に没頭しています。

「松下幸之助」と「本田宗一郎」は、それぞれ自分の創業した会社を世界的な大企業にした人です。

「秋山真之」は兄と共に、近代日本の力を世界に知らしめた人です。

また、「渋沢栄一」は、大企業かとして商工会議所の設置などにも尽力した人です。

世界に追いつけ、追い越せを国全体で一丸となってなしとげた時代の偉人達です。

歴史上の偉人と同じ 松下幸之助の名前の「幸之助」 本田宗一郎の名前の「宗一郎」 秋山真之の名前の「真之」 野口英世の名前の「英世」 渋沢栄一の名前の「栄一」 文字数別の古風な男の子の名前10選 文字数二文字の古風な男の子の名前5選 文字数二文字の古風な、男の子の名前の5選として「大河」や「紫恩」などをご紹介します。

「大河」はそのまま大きな河の流れの様に、大きな人間に育てと願って名付けます。

「紫恩」の紫は高貴な色で、誰でも使える色ではなく禁色とされる色です。

それだけ、品があり穏やかなイメージを持つ漢字でもあります。

また、紫恩の恩は人から受けた恩を忘れない様な人にと願って名付けます。

現代の人にとっては、恩を忘れないと言う思いは古風な考え方の一つです。

古風な名前を名付けたいと思う人の考え方の一つでもあります。

二文字の古風な男の子の名前で、「優一」や「一平」は今まででもよく名付けに使われている名前です。

「日向」の名前は地名にもありますが、大らかな人として大きな人に育てと名付ける名前です。

日向も古風な名前ですが、大河はいくつか別の漢字を使って名付ける人もいます。

関連記事に「たいが」の漢字の由来や、意味の記事があります合せてご覧ください。

文字数二文字の古風な男の子の名前5選 大河(たいが) 紫恩(しおん) 優一(ゆういち) 日向(ひゅうが) 一平(いっぺい) 文字数四文字の古風な男の子の名前5選 文字数四文字の、古風な男の子の名前として読みが四文字の名前をご紹介します。

四文字の名前として、「蓮司(おうすけ)」はチョット渋い名前となっています。

「れんじ」と読めますが、古風でかっこいい「おうすけ」の読みはどうでしょう。

読み名から観ると、大らかなリーダーシップを持った人に育ちます。

「桔梗(ききょう)」は、女性の名前にも使われますが昔は武士の名前にも使われれています。

また、「啓介(けいすけ)」、「翔太(しょうた)」、「光一(こういち)」と言った名前は長年人気のある名前です。

漢字では二文字ですが、読みは古風な四文字の名前です。

文字数四文字の古風な男の子の名前5選 蓮司(おうすけ) 桔梗(ききょう) 啓介(けいすけ) 翔太(しょうた) 光一(こういち) 古風で珍しい男の子の名前10選 漢字二文字の古風で珍しい男の子の名前5選 漢字二文字の古風で、珍しい男の子の名前を5選ご紹介します。

まずは初めに紹介するのは、「伶俐(れいり)」賢いと言う意味の漢字です。

伶俐は古風で珍しい名前で、とても綺麗な響きの読みで賢く育てと願って名付けます。

「琢磨(たくま)」は切磋琢磨から名付けています。

しわしわネームでは、スタンダード的な名前です。

「右京(うきょう)」は関西圏で「隼人(はやと)」は鹿児島県で昔は多く名付けられていました。

また、「村雨(むらさめ)」は昔でも名付けるのは珍しく少し勇気がいる名前です。

古風な名前は、数年前から人気になっています。

古風で珍しい名前は、同じ名前の人に出会う事も少ないですが誇りに思える名前です。

珍しい男の子の名前5選① 伶俐(れいり) 右京(うきょう) 琢磨(たくま) 村雨(むらさめ) 隼人(はやと) 古風で珍しい男の子の名前5選 次に紹介する、古風で珍しい男の子の名前5選は響きが良い名前ばかりです。

「雅楽(うた)」は、雅楽(ががく)の意味もあり響きが良いです。

「伊万里(いまり)」も「甲斐(かい)」は地域の名称でもあります。

地域の名称から名付けるのは、響きも良い古風な名前ですが度量の大きなイメージのある名前です。

「北斗(ほくと)」は、北斗七星の北斗で不動の星として信仰の対象になっています。

古風で珍しい名前として、また名付けやすい名前として人気があります。

「我聞(がもん)」は、古風で珍しい名前の中ではかわいい響きです。

他には似た様な名前で多聞(たもん)と言う海軍の参謀の名前もあります。

古風で珍しい男の子の名前5選② 雅楽(うた) 伊万里(いまり) 我聞(がもん) 北斗(ほくと) 甲斐(かい) 男の子の古風な名前は以外と新しい響きの名前が多い しわしわネームと言われる古風な男の子の名前でも、渋い名前やかっこいい名前がたくさんあります。

古風な名前と言っても、四文字や五文字と言った文字数の多い名前ばかりではありません。

文字数も漢字一文字から、二文字の名前は古風な名前の中では1番多いです。

数年前からしわしわネームの古風な名前に人気がありました。

若い世代から見たら渋いけど、古くて新しい響きの名前がしわしわネームです。

最近では、日本の国の歴史に興味や誇りを持つ人が増えて来ています。

世界を舞台に活躍する時代に、アイデンティティーとして誇れる名前を名付けられたら良いですね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 名前
  • 男の子
  • 古風
  • 漢字
  • 偉人
  • 歴史
  • キラキラネーム
  • 文字
  • 日本
  • 時代
  • 理由
  • ネーム
  • 意味
  • 一文字
  • 4文字