メイク

アイシャドウの塗り方|基本から一重/二重別のポイント・選び方まで

2019年01月17日更新
アイシャドウの塗り方|基本から一重/二重別のポイント・選び方まで

アイメイクの基本であるアイシャドウ。

「上手な塗り方や選び方が分からない」とお困りではありませんか? アイシャドウは、基本の場所と塗り方のポイントを意識するだけでも、驚くほど綺麗な仕上がりが期待できます。

そこで今回は、魅力的な目元を演出するアイシャドウの基本的な塗り方や、色選びの方法についてご紹介します。

1.アイシャドウパレットの役割 アイシャドウには、単色で販売されているものもあれば、奥行き感を出すために必要な複数色がひとつになったパレットタイプのものもあります。

それぞれのカラーの役割を知り、最大限にいかせるようにしましょう。

✓ハイライトカラー まぶた全体に透明感を与えて、目元に明るさとツヤを演出する光沢感のあるカラーです。

✓ミディアムカラー(中間色) メインカラーよりも薄い色味で、グラデーションを作るために必要です。

✓メインカラー(締め色) 目元を引き締めてくれる一番濃い色です。

目の際や二重の幅に入れることで、目元を印象的にしてくれます。

単色で販売されているアイシャドウの中には、目元に重ねることでグラデーションをつくって陰影を表現する(ミディアムカラーとメインカラーを1色で兼ねる)タイプのものもあります。

2.アイシャドウを塗るためのツール アイシャドウは専用のツール(道具)を使うことで、より美しい仕上がりが叶います。

ツールによって発色やなじみ方も異なるので、最適なものを選びましょう。

✓アイシャドウブラシ アイシャドウをまぶたにのせる際に必要なブラシです。

ソフトな感触でふんわりと色が入ります。

穂先が丸く毛丈が長いものは、ハイライトカラーなどを上まぶたの広範囲にのせる際に◎ まぶたにフィットするように斜めにカットされたブラシは、ミディアムカラーなどを二重の幅にのせる際に活躍してくれます。

穂先がコンパクトなものは、締め色を目の際へアイライナーのように引きたいときに便利です。

●関連記事 ⇒おすすめメイクブラシ ✓アイシャドウチップ ブラシよりもしっかり発色させることができます。

目の際などにしっかり色を入れたいときに便利です。

●関連記事 ⇒おすすめアイシャドウチップ ✓指 色をぼかしつつふわっと広げたいときや、仕上げにラメなどをワンポイントでのせたいときにおすすめです。

クリームやジェル、リキッドタイプのアイシャドウにも◎ 3.【基本】アイシャドウの塗り方 ✓アイシャドウを塗る場所・範囲 アイシャドウを塗る基本の範囲は、アイホールと呼ばれる「目頭」と「目尻」を半円状に囲んだ部分です。

自分のアイホールがよくわからないという方は、眉の中央を上に引き上げてみましょう。

そのときにくぼむ部分が、眼球と骨の境目であり「アイホール」と呼ばれる場所です。

この範囲にアイシャドウを塗ると、アイメイクのバランスや仕上がりが格段によくなります。

逆に、アイシャドウを塗る範囲が狭すぎたり広くなりすぎたりしてしまうと、メイク全体のバランスが崩れてしまいがち。

アイホールを意識し、バランスのよいアイメイクに仕上げましょう。

✓基本的なアイシャドウの塗り方 この章では、まず押さえておきたい基本的なアイシャドウの塗り方をお伝えします。

①ハイライトカラーをブラシで取り、手の甲で余分な粉を落とします ②アイホール全体にハイライトカラーをのせて、まぶたのくすみをカバーします ④メインカラーをアイホールに向かってなじませます ⑤ミディアムカラーをその上に重ねます(横に塗って縦になじませると綺麗なグラデーションができます) ⑥アイホールの外側のラインにハイライトカラーを軽く重ねます ⑦お好みでハイライトカラーを下まぶたの目元から目尻にかけてのせます(タレ目風にしたい方は目尻3分の1のラインまで締め色をのせましょう) ⑧完成 4.【一重】アイシャドウの塗り方 一重の方は、まぶたにグラデーションをつくってあげることで自然にパッチリとした目元を演出することができます。

カラーは陰影をつくりやすいブラウン、仕上がりはマットなものが特におすすめです。

●一重タイプの方の詳しい塗り方はこちら ⇒【メイクのプロ監修】一重の方向け!アイシャドウ選び方・つけ方 5.【奥二重】アイシャドウの塗り方 奥二重タイプの方は、目を開いた際に隠れてしまう範囲より少し上の部分までミディアムカラーをのせて、メインカラーは目の際に太めに入れることをおすすめします。

アイホールを意識して、立体的なメイクに仕上げましょう。

●奥二重タイプの方の詳しい塗り方はこちら ⇒奥二重を活かす!アイシャドウの塗り方&選び方 6.アイシャドウの色選び|パーソナルカラー別 さまざまな色があるアイシャドウ。

色選びで悩んでしまったら、肌色に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

自分に似合う色を見つけるには、自分の肌色のベースを知る必要があります。

(写真はイメージしやすいように同じモデルを加工しています) 次の特徴を見て、自身のベースカラーを確認しましょう。

ベースカラーに合わせたアイシャドウを選ぶとなじみもよく、失敗しにくくなります。

●パーソナルカラー診断についてはこちら ⇒あなたのパーソナルカラーは?セルフチェック診断&似合うカラー ✓イエローベース イエローベースは、黄みを帯びた温かみのあるイメージの肌色が特徴です。

【イエローベースの特徴】 ・どちらかというと肌が黄み寄り ・唇の色がサーモンやピーチ色寄り ・手の色は黄色~オレンジのような色味 ・日焼けをすると小麦色になりやすい ・真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う 【イエローベースに似合うアイシャドウの色】 ベージュ、ブラウン、オリーブ、オレンジ、グリーン、ゴールドなど 【関連記事】 ◆【イエベ春/秋別】イエローベースに似合うおすすめアイシャドウ ◆【イエベ秋/オータム】おすすめアイシャドウ ◆【イエベ春/スプリング】おすすめアイシャドウ ✓ブルーベース ブルーベースは、青みを帯びた涼しげで爽やかなイメージの肌色が特徴です。

【ブルーベースの特徴】 ・どちらかというと肌が青み寄り ・唇の色が桜色やローズ色寄り ・手の色は青色~赤紫のような色味 ・日焼けをすると肌が赤くなりやすい ・クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う 【ブルーベースに似合うアイシャドウの色】 パープル、ブルー、ココアブラウン、シルバー、ボルドーなど 【関連記事】 ◆【ブルベ夏/冬別】ブルーベースに似合うおすすめアイシャドウ ◆【ブルベ夏/サマー】おすすめアイシャドウ ◆【ブルベ冬/ウィンター】おすすめアイシャドウ 7.アイシャドウの色選び|なりたいイメージ別 自分の肌色の特徴を知ったうえでその日のファッション・なりたいイメージに合わせて選ぶのも、アイシャドウの色選びの方法のひとつです。

おすすめのアイシャドウとともに、いくつかの例をご紹介します。

●NATURAL/自然体なイメージ 自然体でやわらかな印象に仕上げたいときは、イエローベース・ブルーベースともに肌なじみの良いベージュやブラウンを選ぶのがおすすめです。

目元にやわらかさや抜け感を演出できます。

おすすめカラー ・イエローベース⇒ブラウンベージュ ・ブルーベース⇒ピンクベージュ ■エクセル スキニーリッチシャドウ SR01 ベージュブラウン ■エクセル スキニーリッチシャドウ SR03 ロイヤルブラウン ◆関連記事 ⇒使えるブラウン!エクセルのスキニーリッチシャドウ全色レビュー ⇒おすすめベージュアイシャドウ ●CUTE/可愛いイメージ 愛くるしくかわいらしい印象のメイクを作りたいときには、明るめのフレッシュなカラーを選ぶことをおすすめします。

キュートな印象に仕上がりやすくなりますよ♪ おすすめカラー ・イエローベース⇒グリーン、コーラルレッド ・ブルーベース⇒ピンク ■マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ RD422 熱情 ■マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ PK421 貴婦人 ◆関連記事 ⇒【マジョリカマジョルカ】アイシャドウレビュー ⇒おすすめピンクアイシャドウ ⇒おすすめ赤アイシャドウ ●COOL/大人っぽいイメージ 知的で大人っぽい印象のメイクを作りたいときには、クールな色で目元を締めるのがおすすめです。

ぐっとシックな雰囲気のメイクができあがります。

おすすめカラー ・イエローベース⇒オリーブ、カーキ ・ブルーベース⇒グレー、ネイビー ■ルナソル ニュアンスシェイドアイズ 03 Foggy Scene ■セザンヌ トーンアップアイシャドウ 03 チャコールブラウン ◆関連記事 ⇒【ルナソル】ニュアンスシェイドアイズ全色レビュー ⇒セザンヌ【トーンアップアイシャドウ】使える3色×全色レビュー ⇒おすすめグリーンアイシャドウ ⇒おすすめブルーアイシャドウ ●ELEGANT/品のあるイメージ 華やかで品のある印象のメイクに仕上げたいときには、シックな色味のアイシャドウで落ち着いた目元に仕上げましょう。

おすすめカラー ・イエローベース⇒ブラウン ・ブルーベース⇒パープル、バーガンディ ■ケイト ヴィンテージモードアイズ BR-1 ■キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ 17 プリンセスブーケ ◆関連記事 ⇒【キャンメイク】パーフェクトスタイリストアイズ全色レビュー ⇒おすすめブラウンアイシャドウ ⇒おすすめパープルアイシャドウ ⇒おすすめバーガンディアイシャドウ 8.アイシャドウの仕上がりを支えるアイベース アイシャドウの仕上がりをより美しくしたい場合は、アイシャドウの前にアイカラーベース(目元用の下地)を使うことをおすすめします。

まぶたの色ムラを自然にカバーして明るい印象に整えるだけでなく、アイシャドウをより密着させることも期待できるため、発色やもちもよくなる優れものです。

アイシャドウの粉とびに悩む方、アイシャドウの色がきれいに発色しないことにお悩みの方は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか? 以下におすすめのアイシャドウベースをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●関連記事 ⇒おすすめプチプラアイシャドウベース ■マキアージュ アイカラーN 価格:800円(税抜) クリームタイプのアイカラーで、ベースやアイラインとしても使うことができます。

別売りのおしゃれなアイカラー用コンパクトと併せて使ってみてください♪ ■キャンメイク アイシャドウベース 価格:500円(税抜) 目元のくすみを自然にカバーし、アイシャドウの発色をより鮮やかにします。

初めはしっとり、まぶたの上で伸ばすとサラサラとしたテクスチャーに変化するパウダーです。

■ローラメルシエ アイベーシックス 価格:2,800円(税抜) アイシャドウのヨレを防ぎ、きれいな発色を保つ目元用のメイクアップベースです。

軽く伸びるのでムラなく塗りやすく、まぶたを明るく演出することもできます。

■ルナソル アイリッドベース(N) 価格:2,800円(税抜) くすみをカバーして、アイシャドウの発色、もちをよくするまぶた用のベースです。

肌の色や、その日のメイクによって使い分けられる2色展開がうれしいですね。

9.アイシャドウの塗り方 まとめ アイシャドウの塗り方や選び方をご紹介いたしましたが、いかがでしたか? アイシャドウはメイクの印象を大きく変えることのできる重要なアイテムです。

初心者の方は、ぜひ毎日のメイクで今回のテクニックを実践して慣れていきましょう! 基本の塗り方をマスターして、魅力あふれる目元を演出してくださいね♡ ◆アイシャドウ・アイメイク 肌らぶ関連記事◆ ◆全部欲しい!おすすめプチプラアイシャドウ&ベース ◆おすすめの単色アイシャドウは? ◆目を大きく見せるメイク方法とは? ◆アイラインの上手な引き方! ◆マスカラの上手な塗り方&使い方 ◆アイシャドウの関連記事 新着一覧 ◆ブルベ・イエベ別 似合う色探し特集 ◆コスメの全色レビュー記事特集 ◆肌らぶレビュー記事 新着一覧 作成者情報 肌らぶ編集部 キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。

スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。

肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください! ⇒肌らぶ編集部員一覧を見る

キーワード

  • アイシャドウ
  • 目元
  • 塗り方
  • メイク
  • ブルーベース
  • イエローベース
  • まぶた
  • イメージ
  • アイホール
  • ハイライトカラー
  • 発色
  • ミディアムカラー
  • 特徴
  • 演出
  • 基本