おもしろネタ

関西に実在した呪いで人を殺せる女!憎しみと暴力が少女を覚醒、母娘の念で9人死んだ「呪殺ダイアリー」前編

2019年01月25日更新
関西に実在した呪いで人を殺せる女!憎しみと暴力が少女を覚醒、母娘の念で9人死んだ「呪殺ダイアリー」前編
作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛、恋慕…これまで取材した“実話怪談”の中から霊界と現世の間で渦巻く情念にまつわるエピソードを紹介する。 画像は「Getty Images」より引用 【十四】呪殺ダイアリー(前編) 敬愛する文化人類学・民俗学のオーソリティー、小松和彦さんは、著作『呪いと日本人』のプロローグで、誰かの不幸を願う人間の心性を《呪い心》と名づけ、呪いとは、この《呪い心》と呪文や道具を用いる《呪いのパフォーマンス》がセットになってできあがっていると定義した。 その一方で、仮にAさんという人に神秘的な技術を駆使して呪いをかけられたとしても、「あなたが...

キーワード

  • 恵子
  • 呪い
  • 継父
  • 廊下
  • 祖父母
  • 引用
  • 実話怪談
  • 背中
  • 両親
  • 屋敷
  • 人間