ライフスタイル

【原因別】足を長くする方法9選!足を伸ばすストレッチ・運動と注意点!

2019年01月28日更新
【原因別】足を長くする方法9選!足を伸ばすストレッチ・運動と注意点!

日本人は足が短い? 股下の比率が45%を下回ると足が短め 自分の体に対してコンプレックスを持っている中でメジャーなものが「足が短い」と良いものでしょう。

しかし足が短いと一言で言ってもモデルさんなどと比べようがありませんし、どのような状態が「足が短い」と思うのでしょうか?日本人の股下は45%と言われています。

これはどういうことかと言うと、股下÷身長×100をした時の値が日本人の平均が約45%なので、これよりも下回った場合足が短めと言われているのです。

アジア人は背が低い 日本人の体型として上げられているのが「なで肩」「背が低い」「寸胴」でしょう。

しかしこれは日本人だからと言う訳ではなくアジア人の特徴とも言われています。

どうしても欧米などと比べてしまうと、生活スタイルや食生活、文化が全然違っています。

そのため体のラインやスタイルにも違いが生じるものです。

ただし昔の日本と比べると、国際的交流や欧米文化の取り入れなどによって日本人の体型にも変化が生じています。

そのため日本人でありながらとても背が高くモデル体型の人も少なくはありません。

男女ともに足の長さにコンプレックスを持つ 足が短いとパンツが似合わない 日本人の身長が伸びてきているとは言っても、まだまだ身長は低いもの。

自分の足が短いとコンプレックスに思う人は男女ともに少なくないでしょう。

そもそも足が短いと思う人はどんなことに悩むのでしょうか? まず男女共通して言えるのが、パンツスタイルがどうしても似合わないと言う点です。

かっこいいモデルさんが着ているのを見てパンツを買おうとすることもありますが、いざ試着してみると裾の長さが余っていたり、シルエットが合っていなかったりします。

サドルの高さが合わない 足の長さにコンプレックスを持っている人の悩みとして「自転車のサドルが合わない」と言うものがあります。

借りた自転車や新しく購入した自転車にまたがった時足が地面に届かなかったりすることがあります。

どうしても調節をしなくてはいけませんし、自転車に乗るたびに自覚してしまうので嫌になりますね。

自転車は男女ともに生活の中で乗るものですから、毎回自覚させられてはたまったもんじゃありませんね。

では足を長くする方法とは実際どんなものがあるのでしょうか? 足を長くする方法って? 生まれた定めだと諦める必要はない! 足が短いと悩んでいても、遺伝だからと諦めたりしていませんか?生まれ持った身体だと言って諦めてしまってはもったいないのです。

さまざまな原因を元に改善方法などを見つけて、自分の足を長くすることができるのです。

決してどうしようもないと思うことは全くないのです。

運動やストレッチで改善できる? 足が短くて悩んでいる人の中と言っても一言ではすべてを表す事ができません。

どういうことかと言うと、そもそも元の身長が小さくて足が短く見えてしまっていたり、太っていることで短足と言うイメージを持たれてしまっていたりと、その人の体形によっても解決方法は違ってきます。

生活習慣などによっても足の長さを改善できる場合もあるのです。

どうしても私たちはそれぞれ生活スタイルの癖がありますよね。

また中には改めて股下を図ってみるとそこまで短いわけではない人もいるのです。

自分のコーディネートによって短く見えていたり短いと思い込んでいるのでしょう。

原因別に見た足を長くする方法9選 足を長くする方法9選その1:体型を改善してみる 実際は大人になってから自分の「足だけ」を長くするのはとても難しいでしょう。

成長期を過ぎてしまうと骨格はなかなか変えられることが叶わないのです。

しかし、その中でも自分の足が短く見えてしまっている原因はどこにあるのかを見極めればそれに合わせて改善を見込めます。

まずは男女ともに自分の体型を知ることが大切です。

もしも足の太さに悩んでいるあなたが太り気味な体型であるならば、まずは自分の体重や体型を見直してダイエットに取り組んでみましょう。

意外と全体的に身体が痩せたことによってすらっとして見えて、足が長く見えることもあるのです。

足を長くする方法9選その2:男女共通して姿勢を正そう 人間の印象はどうしても見た目ですが、その人を印象付けるものの中で「姿勢」がとても重要となってくるのです。

姿勢が悪いと身長が低く見えたり全体的に暗い人の印象を生んでしまいます。

モデルさんの歩き方をイメージしてもらえるととてもわかりやすいですね。

モデルさんの立ち振る舞いや歩き方は正面を向いていて姿勢が綺麗です。

姿勢とは日々の生活から癖のようにもなってしましますが、姿勢を正すだけでも足のスタイルが綺麗に見えて足を長くすることが可能なのです。

男女ともに姿勢を正すことは大切です。

まず歩くときは腰に重心を置いて、かかとから体重を乗せないように気を付けてください。

足さきが内側に巻き込んでいたり外に向いてしまわないようにまっすぐになるように意識しましょう。

これだけでも十分姿勢を治すことが可能です。

足を長くする方法9選その3:女性の敵!むくみ改善 足が短く見えてしまう人の中には足が慢性的にむくんでしまっている場合があります。

足がむくんでいると足が太く見え、足が短い印象を受けます。

むくみが原因によって足が短いと感じるようであれば、むくみを改善するのが足を長くする最短の手段でしょう。

慢性的な足のむくみに悩まされているようであれば、まず日々の食生活や生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?例えば塩分を取りすぎているような食生活は改善する必要があります。

健康的な食生活を心がけてください。

またむくみを解消するには簡単な体操なども改善が見込めます。

身体をあお向けにして両足を上に持ち上げてください。

これだけでも十分むくみ改善になりますし、余裕があればぶらぶらと足を揺らしてみましょう。

またリンパマッサージも有効的で、足首からひざ裏当たりに向かって両手で交互にさすってください。

この時強くやりすぎると痣になってしまいますので気を付けてくださいね。

足を長くする方法9選その4:男性も女性も運動で太もも痩せを目指す 私たちは日々の生活の中でどうしても人それぞれ癖と言うものがついてしまいます。

ときにそれは足を太く見せてしまっていることもあるのです。

男女問わず足だけ妙に太く見える人っていますよね?足が長い人であっても太もものバランスが悪く見えると足が短く見えてしまうのです。

太ももを細く見せるだけでも十分足を長くすることが可能です。

もしも、実はそれほど身長が小さくないのに足が短いと感じるようであれば太ももとのバランスが悪くなっているかもしれませんね。

太ももだけを細くするのは難しいように思えますが日々のマッサージや運動でも十分細くすることが可能なのです。

太ももに効果のあると言われている運動は「スクワット」です。

特にうちももは脂肪が付きやすい部分なのですが、日常的にスクワットを取り入れると改善が目指せます。

マッサージでは太ももの内側と外側で分けてねじるようなイメージでマッサージを行ってください。

老廃物を流して身体から追い出していきましょう。

足を長くする方法9選その5:骨盤のゆがみを治そう 足が短く見えてしまう原因の一つに骨格や骨盤が歪んでいることがあげられています。

特にO脚気味な人は場合にもよりますが、改善することによって一センチから三センチ程も足を長くすることができるそうです。

骨盤の位置など正しくすることで足の長さも改善できるのです。

まず骨盤のゆがみが気になる人は簡単に始められるストレッチに挑戦してみましょう。

身体をあお向けにしてそのまま両膝を抱えてください。

次に体を前後にころころところがしましょう。

なんだか楽しくなってきますね。

これだけでも十分骨盤の矯正に役立つのです。

O脚気味に悩んでいる人は、屈伸体操に挑戦してみましょう。

両足を揃えてまっすぐ立ち、両手は体に沿っておろし、お尻を突き出さないように注意しながら両膝がくっつく位置まで下げていきますこの時上半身はまっすぐにしてください。

膝が離れないように意識しながらもとの位置に身体を戻していきます。

足を長くする方法9選その6:足を長く見せるファッション 実はそれほど足が短くなくても、自分のファッションスタイルによっては短く見せてしまっていることがあるのです。

それによって自分は足が短いのだと思い込んでしまいさらなる悪循環を生んでしまいます。

足の長さの見え方と言うのは服の着こなし方で全く印象が変わってしまうのです。

どうせ私は足が短いし、と諦めてしまう前に自分のファッションスタイルを一度見直してみませんか?まずパンツスタイルですが、基本的に自分のサイズよりも大きいものを着用してしまうと足全体を太く見せてしまいます。

足のラインをはっきりとさせるようなスキニーパンツがおすすめです。

次にトップスですが、トップスの丈は短いものを選ぶと足を長くすらっとした印象を与えてくれます。

逆にロングニットなどだぼだぼな服装にしてしまうと逆効果になります。

また最近ではサッシュベルトをスカートやパンツと合わせて高い位置で付けることで足を長く見せてくれるスタイルも人気となっていますね。

足を長くする方法9選その7:女性はハイヒールを日常的に履こう こちらの足を長くする方法は女性限定になって来てしまいますが、ヒールを履くことで足が細くきれいに見える効果があるのです。

なかなか普段からヒールを履かない場合には難しいかもしれませんが、綺麗な女性らしさも演出してくれるので効果的です。

出来るだけ高めのヒールを選ぶことで、さらに足首を細く見せてくれますし身長が必然的に高くなりますのでスレンダーな印象を与えてくれます。

更にヒールは歩きながら足の筋肉をとても使います。

そのため足のシェイプアップにもつながるのでおすすめです。

足を長くする方法9選その8:ヒップアップ お尻の筋肉が弱くなっていたり、お尻が下がっているとどうしても足が短く見えてしまいます。

また下半身に脂肪が付きやすいタイプの人では知らず知らずのうちにお尻が重くなり下がっているかもしれません。

足を長くするにはヒップアップをしてみましょう。

ヒップアップによってお尻の位置を高く見せることで足を長くすることができます。

お尻の筋肉を引き締めて美尻をめざし更に足を長く見せられるので一石二鳥ですよね!ヒップアップに最適なストレッチは、まずお尻を地面につけます。

その後お尻で歩くイメージで前に数歩進み、元の位置に戻ります。

これを繰り返しましょう。

足を長くする方法9選その9:歩き方を意識する 足を手っ取り早く長く見せたいようであれば日々の歩き方にも注目して見てください。

モデルさんなどではない限り早々歩き方を意識したりしませんよね?日常生活では少し意識を変えるだけで足を長く見せることが可能なのです。

しかし「意識」をしないとだらしなく座ったり歩いたりしてしまうのでこれがまた重要なのです。

座るとき両膝をくっつけて座るように意識してみてください。

けっこう足の力が必要だと思います。

立って歩くときもなるべく両足の隙間を見せないように意識すると結構大変だったりするのです。

足が開いてしまうとだらしなく見えたり帰って足が短くなってしまうので日々の日常から意識を変えてみましょう。

小学生でやっておくべき足を伸ばすストレッチや運動方法 男女ともに小学生から高校生の間の成長期に足を伸ばす! 足を伸ばす方法で肝心なのが「成長期」です。

どうしても大人になってしまうとこれ以上の成長は見込めません。

足を長くする方法にはストレッチや運動、ファッションスタイルの改善などになってしまいます。

しかし小学生くらいの場合はそうではありません!まだまだ足を長くする希望があるのです。

そもそも体の成長に関しては遺伝的な部分は二割程度、後の八割から七割は後天的な変化となるので、小学生くらいの成長期で、どんな生活をしていたかによって身体の成長具合は異なってくると言われています。

そのため成長期の子供であれば十分生活スタイル次第で足を長くすることが可能なのです。

寝る子は育つ 寝る子は育つと言う言葉があるように成長期の子供にはきちんと睡眠をとらせるようにしましょう。

最近ではスマートフォンの普及により小学生でも簡単にアプリゲームなどできるようになりましたが、遅くまで起きていることがないようにしましょう。

特に子供の体を成長させる「成長ホルモン」は夜の十一時から深夜二時ごろにたくさん分泌されます。

その頃までに深い眠りについていることが好ましいのです。

寝る前のゲームやスマホは禁物と言われています。

また明るい部屋での睡眠も質のいい睡眠を妨げてしまうので避けてくださいね。

適度な運動を忘れない もちろん寝るだけでは育ちません。

小学生の頃から適度に運動をさせるように心がけましょう。

家族でアウトドアに出かけるだけでもいいですね。

激しすぎる運動はかえって筋肉を傷つけてしまう恐れがあるのでおすすめできませんが、かけっこしたりバスケやバレーなどで遊んだりするのが最適です。

是非家族一緒にストレッチをしながら、バスケをして楽しんでみましょう。

家族として絆を深めることも出来ていい思い出になりますね。

栄養が偏らないように! 小学生や成長期の子供に気を付けたいのが栄養の偏りです。

食生活は成長期においてとても重要です。

特に成長ホルモンの分泌を促してくれるのが「大豆」や「レーズン」「ナッツ類」などが効果的と言われていますので意識して食生活に加えていきましょう。

正座は控えましょう 日本人はどちらかと言うとテーブルよりも床に座るスタイルが一般的と言われており、正しく座るときは正座を行いますが成長期の子供にはあまりおすすめしません。

正座によって足に負担がかかってしまうのです。

膝を曲げて座りますから、足の血行を妨げてしまします。

これは足を組んで椅子に座ってしまうことと同様です。

姿勢や生活スタイルに気を付けて 常に同じ体勢でいることや、かばんを左右どちらか同じ肩にいつもかけているなど生活スタイルにも気を使いましょう。

また片足に重心をかけて立ってしまったり猫背がちで前かがみになってしまうのも好ましくありません。

足の成長を妨げてしまう可能性があります。

足を長くするには一日にしてならず! まずは自分の原因を探ろう ここまで男女ともに共通して言える原因や男女別で改善できる方法など見てきました。

やはりまずは自分はどうして足が短いと感じてしまうのかを一度考えてみましょう。

それ次第では改善方法が変わってきますね。

いやかもしれませんがコンプレックスと思う部分と一度向き合ってみるのも大切です。

どうしても「足を長くする」と考えると、大人になってしまったらもう遅いのではないか?遺伝なのだから仕方がないこと。

と言うように諦めてしまいがちですが、そんなことは決してないのです。

生活習慣や小さな心がけで改善できる しかし足を長くするには、魔法でもない限りすぐに足を長くすることはできませんよね。

まずは生活改善やストレッチなどで日々の努力からチャレンジしましょう。

簡単に足を長くする方法などありませんから、生活習慣の見直し、ファッションスタイルの変更など出来ることから取り入れるだけでいいのです。

女性であればあまり普段から履かないようであればヒールにチャレンジしてみたり、男女ともに足の太さが原因であるとわかればちょっとした運動やストレッチからはじめてみるなど簡単な事でも改善が目指せますね。

毎日の習慣でコンプレックスを無くそう いかがでしたでしょうか?原因別に見た足を長くする方法に迫りました。

また小学生のときからやっておきたい足を長くする方法も見てきました。

この足で生まれてきたのだからしょうがないと諦めてしまうのはまだ早いかもしれません。

どうしても足が短いことでコンプレックスに感じてしまう人は少なからずいるでしょう。

しかし誰しも足が短い原因と言うのがあります。

自分の原因がわかれば後は改善に向けて頑張るだけです!私たちは日々の生活の中でそれぞれ癖がついてしまうことがあると述べました。

これはとても重要な事ことのです。

この「癖」のせいで男女問わず、体が歪んでいたり太って見えたりとさまざまな弊害が生まれてきます。

毎日コツコツと習慣を見直すだけでも十分足を長くする事ができます。

そうしてコンプレックスを無くして日々の生活を楽しみましょう。

キーワード

  • 改善
  • 男女
  • 運動
  • ストレッチ
  • 意識
  • 日々
  • 姿勢
  • 成長期
  • コンプレックス
  • 日本人
  • 小学生
  • 生活
  • お尻
  • 太もも