美容

男がキスをしたくなる唇を作る方法10選!上手い/柔らかい/ハムハム

2019年01月29日更新
男がキスをしたくなる唇を作る方法10選!上手い/柔らかい/ハムハム

男性がキスをしたくなる唇とはどんな唇なのでしょうか。

柔らかい唇や、ハムハムしたくなる唇を作るにはどんな方法があるのでしょうか。

上手いキスの仕方や、上唇の使い方なども紹介していきます。

参考にして彼氏からキスしたくなるような雰囲気を作りましょう! 男がキスしたくなる唇とは? 男がキスしたくなる唇①プルンとした唇 男がキスしたくなる唇の1つ目は、プルンとした唇です。

プルンとしたみずみずしい見た目の唇は、男性が思わずキスしたくなる唇と言えます。

男性がキスをしたがる唇は見た目がキスしたくなる唇かどうかが一番です。

そして、プルンとしていてみずみずしい唇は男性が一番キスしたいと思う唇なのです。

あなたがもし、彼氏や男性からキスしたくなるような唇を手に入れたいと思っているのならば、プルンとした唇を目指すのが一番です。

以下の記事は、男性がキスをする時の心理が書かれています。

そちらも参考にしてみるといいですよ! 男がキスしたくなる唇②見た目が柔らかそうな唇 男がキスしたくなる唇の2つ目は、見た目が柔らかそうな唇です。

見た目が柔らかそうな唇は、男性や彼氏を引き付けてハムハムしたりキスがしたいと思わせることができます。

しかし、逆に見た目が硬そうな唇は男性や彼氏からしたら引き付けられたりハムハムしたりキスがしたいと思わせることが出来ません。

あなたがもし、男性や彼氏の方からハムハムされたりキスをされたいのであれば、見た目が柔らかそうな唇を目指してみるのもいいと思います。

以下に柔らかい唇を作る方法も載せていますので、チャレンジしてみましょう! 男がキスしたくなる唇③肉厚のある唇 男がキスしたくなる唇3つ目は、肉厚のある唇です。

肉厚のある唇は言ってしまえばセクシーということです。

見た目がセクシーな唇は男性がキスしたくなる傾向があります。

化粧次第で肉厚のある唇にすることは可能なのでぜひチャレンジしてみましょう。

女優さんで言えば、石原さとみさんのような唇は、男性がキスしたくなる唇と言えます。

見た目が柔らかいだけでなく、肉厚です。

以下の記事には、唇の厚みと男性がキスしたくなる唇について書かれています。

参考にしてみてください。

男が上手いと思うキスとは? 男が上手いと思うキス①上唇だけ触れるフレンチキス 男が上手いと思うキスの1つ目は、上唇だけ触れるフレンチキスです。

上唇だけが触れると男性はもっと深いキスがしたいと思うようになります。

上唇だけでなく、下唇もべたっとするようなキスは男性にとってキレイとは言えません。

それに比べて上唇だけが触れるフレンチキスは、上品な女性を演出します。

キスが上手い下手関係なく、上品な女性はキスが上手いという固定概念があるので、それだけで男性はキスが上手いと思ってくれます。

男が上手いと思うキス②彼氏とキスをする時にリラックスしている 男が上手いと思うキスの2つ目は、彼氏とキスをする時にリラックスをしていることです。

リラックスをしながらキスをしているということは、余裕があるということです。

余裕があるだけでキスが上手いと彼氏や男性は思います。

自分自身も、リラックスをしてキスをすることで焦らずにキスをすることができます。

自分がキスをする時に焦ってキスをすればそれは相手にも伝わります。

どうしても下手なキスになってしまいます。

そうならないようにするためにも、キスをする時にリラックスをしてキスをするように心がけましょう。

どうしてもリラックスできない場合には、毎日イメージトレーニングをするなどの対策をとりましょう。

男が上手いと思うキス③焦らしながらキスをする 男が上手いと思うキスの3つ目は、焦らしながらキスをするです。

焦らしながらキスをするのは、キスのテクニックの1つです。

こちらからキスを求めておきながら、彼氏のキスを軽く逸らして焦らします。

我慢できなくなった彼氏に濃厚なキスをするという方法が一般的です。

また、彼氏の唇をハムハムしておきながらキスはしないという焦らし方も上手い方法です。

彼氏のキスがしたくなるという願望をしっかりと駆り立ててからキスをすることで、彼氏も満足するキスができます。

毎回ではなく、たまに行うことが効果的です。

唇を柔らかくする方法10選 柔らかい唇を作る方法①唇や上唇のマッサージをする 柔らかい唇を作る方法の1つ目は、唇や上唇をマッサージするということです。

毎日マッサージをすることで、唇が柔らかくなります。

特に入浴中や就寝前に行うと効果的です。

マッサージの方法は、唇や上唇を軽くもんだり、「う」の口にして下唇と上唇を人差し指と中指で円を描くように撫でまわします。

柔らかい唇を作る方法②毎日リップクリームを塗る 柔らかい唇を作る方法の2つ目は、毎日リップクリームを塗ることです。

リップクリームには保湿効果があり、唇を乾燥から守ってくれます。

唇は乾燥することで硬くなるので、乾燥から守ることは柔らかい唇を作る最適の方法と言えます。

特に、唇がかさついた時だけでなく、寝る前にリップクリームを塗ることが効果的で、リップクリームを塗った後にサランラップで唇を軽く覆い、温めたタオルを当てることで更に保湿効果が高まります。

柔らかい唇を作る方法③ハムハムしたり程よい力で叩く 柔らかい唇を作る方法の3つ目は、ハムハムしたり程よい力で叩くです。

上唇と下唇を閉じて開くを繰り返すハムハム運動や、強すぎず弱すぎない力で唇を叩くことは、唇の血行を促進します。

唇の血行が良くなると、通常よりも柔らかい唇を作ることができます。

気楽にできる方法なので試してみるといいですよ! 柔らかい唇を作る方法④ハムハムして口周りの筋肉を使う 柔らかい唇を作る方法の4つ目は、ハムハムして口周りの筋肉を使うことです。

前述したようなハムハム運動や、口周りの筋肉を使うために大きく口を動かしたり笑ったりすることで、口の周りの血行が促進されます。

唇の血行同様に、口周りの血行が良くなることで唇が柔らかくなります。

柔らかい唇を作る方法⑤口紅はメイク落としでしっかり落とす 柔らかい唇を作る方法の5つ目は、口紅はメイク落としでしっかりと落とすです。

口紅がついたままでいると、唇が乾燥してきて硬くなる原因になります。

最近ではリップクリームと同じような保湿効果のある口紅も多数ありますが、唇の血行のためにも、口紅はしっかりと落とすように心がけましょう。

また、柔らかい唇を作りたいならば、外出先でする口紅は保湿効果のある口紅を選ぶようにすると効果的です。

口紅は何度も塗り直すと、塗る時の摩擦で唇が硬くなってしまいます。

落ちにくい口紅を選ぶのも一つの方法です。

柔らかい唇を作る方法⑥余分な皮を除去する 柔らかい唇を作る方法の6つ目は、余分な皮を除去するです。

入浴中に唇をふやかして、軽くこすることです。

唇の皮がむけたからといってその皮をむいてはいけません。

皮をむくとその分唇は硬くなってしまいます。

しかしながら、余分な皮があればその分硬くなるのも事実です。

そこで、お風呂の中で唇の皮を除去するという方法が出てきます。

入浴中に唇をふやかして唇を軽くこすることで、余分な皮が除去できます。

この時に注意しなければならないことは、強くこすりすぎないということです。

軽くこするだけならば柔らかい唇をつくることも可能ですが、力を込めても唇は柔らかくはなりません。

柔らかい唇を作る方法⑦唇についた水分を放置しない 柔らかい唇を作る方法の7つ目は、唇についた水分を放置しないということです。

顔を洗ったりした時につく水分を放置しておくと唇が硬くなる原因になります。

また、飲み物を飲んだ時の水分やサラダなどの食べ物を食べた後の水分もしっかりと除去する必要があります。

この時、唇についた水分は拭いて除去するのではなく、柔らかいティッシュや綿で叩くようにしてふき取ります。

こすってしまうと唇が硬くなるので注意しましょう。

柔らかい唇を作る方法⑧ビタミンB2をとる 柔らかい唇を作る方法の8つ目は、ビタミンB2をとるということです。

ビタミンB2には、血行を促進する効果や唇を柔らかくする効果があると言われています。

特に、レバーやうなぎにはビタミンB2が豊富に含まれています。

進んで食べるようにしましょう。

柔らかい唇を作る方法⑨唇を舐めない 柔らかい唇を作る方法の9つ目は、唇を舐めないです。

唇を舐めるということは、前述した唇についた水分を放置しないということと矛盾します。

つまり、唾液も余分な水分ということになります。

しかし、唇が乾燥してくるとつい唇を舐めてしまいがちです。

そこで、リップクリームが登場します。

唇が乾燥しているならばリップクリームを塗って対策をし、舐めるということはしないようにしましょう。

また、唾液に含まれる成分が唇を硬くするとも言われています。

そのことも注意することを考慮するとやはり、唇を舐めるのは控えた方がよさそうです。

柔らかい唇を作る方法⑩リップクリームを塗る時は縦に塗る 柔らかい唇を作る方法の10個目は、リップクリームを塗る時と縦に塗るということです。

唇を鏡でよく見てみてください。

縦に筋が入っているのがわかるはずです。

これはお肉で言えば繊維です。

繊維に沿って切ることでお肉が硬くならないように、唇にリップクリームを塗る時も縦に塗るようにします。

唇の縦の筋に逆らって横にリップクリームを塗るということは、そこで余計な摩擦が生じることになります。

この摩擦が唇を硬くさせる原因になります。

リップクリームや口紅を塗る時は、縦に塗るようにしましょう。

また、リップクリームや口紅を縦に塗るということは、この唇の縦の筋の中にまでしっかりと塗れるということを意味しています。

つまり、しっかり塗ることができるため、より保湿効果が高まるということにも繋がります。

柔らかい唇を作ってキスしたくなる唇を作ろう! いかがでしたか?柔らかい唇を作る方法や、キスしたくなる唇について紹介してきました。

今回の記事を参考にして、男性からキスしたくなるような唇を作り、上手いキスの仕方をしっかりとマスターしましょう。

そして、より楽しい恋愛を目指してください! 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • キス
  • リップクリーム
  • 彼氏
  • ハムハム
  • 口紅
  • 上唇
  • 見た目
  • 水分
  • リラックス
  • 血行
  • 除去
  • 乾燥
  • 余分