ライフスタイル

肉まんが食べたいけど蒸し器がない!代用できる道具と蒸す方法も

2019年01月31日更新
肉まんが食べたいけど蒸し器がない!代用できる道具と蒸す方法も

肉まんが食べたいけど蒸し器がないというシチュエーションでも何とか食べたいものですよね。

ここでは蒸し器の代用ができるアイテムを紹介しつつ、蒸し器なしで蒸す方法や道具を紹介していきます。

肉まん以外の食べ物にも応用できますよ! 肉まんが食べたいけど蒸し器がない!そもそも蒸し器の原理って? 蒸し器の原理は蒸気で加熱するという蒸す調理法を実現する道具 Instagram 蒸し器の原理は蒸気で加熱することであり、蒸し器は蒸す調理法を実現する道具です。

蒸し器は蒸すことに関して非常に理にかなっている調理器具です。

蒸気が食べ物に当たりやすくなっており、食べ物に水分が行き過ぎるような状況にもならないので、美味しい蒸し料理を作ることができます。

年中蒸し料理が楽しめます。

蒸し料理のメリットは様々にありますが油を使わずに加熱できる点がその一つと言えるでしょう。

例えば中国では肉まん等の饅頭を油で焼く料理も一般的なのですが肉まんに慣れている日本人にとっては油分が多すぎてしつこく感じることが少なくありません。

肉まんは蒸すのが一般的ですが蒸すからこそ肉まんはおいしいのです。

蒸し器の代用になる道具があれば蒸し器にこだわる必要はない Instagram 蒸し器の代用になる道具があれば蒸し器にこだわる必要はありません。

蒸し料理を作る上では蒸し器は非常に便利ですが、その原理を知ることで他の調理器具や道具で代用することが可能です。

普段から凝った料理を作る習慣がなければ、蒸し器が家にないこともあるかもしれません。

急においしい肉まんやシューマイを知り合いからもらった時に、それを蒸して温める必要が出てくることが時折あります。

全く料理をしないと決めているなら別ですが、実は急に蒸し器が必要、あるいは蒸し器を使いたいを思うシーンは少なくありません。

そんな時には家にある一般的な調理器具や道具で代用しましょう。

蒸し器の代用になるのは蒸気を発生させることができる道具 蒸し器の代用になるのは蒸気を発生させることができる道具です。

上記は水を沸騰させることができれば発生させることができます。

つまり、家にある鍋やフライパンでも蒸し器の代用になるのです。

しかしながら通常の鍋やフライパンには蒸し器のような、食べ物を乗せるスペースがありません。

鍋やフライパンにそのまま水を張って食べ物を入れてしまうと、茹でるのと同じになってしまいます。

そうならないように、鍋やフライパンを蒸し器の代わりにする方法を紹介していきますが、その前に鍋やフライパン以外でも蒸し器の代わりに使える調理器具や道具がありますので、蒸す時に使える便利な道具から紹介します。

肉まんが食べたいけど蒸し器がない!代用できる道具5選 蒸し器がない場合の代用ができる道具①電子レンジ Instagram 蒸し器がない場合の代用ができる道具の1つ目は電子レンジです。

電子レンジは食べ物の中に含まれている水分子を振動させた熱で温める仕組みになっています。

そのため、電子レンジで蒸すのと同じ効果を期待することもできるのです。

肉まんの場合だと軽く水を振ってサランラップで包んで、レンジ加熱することで蒸す効果や蒸し直しの効果が期待できます。

電子レンジとサランラップの組み合わせで蒸し器代わりになり得るのです。

ちなみに、電子レンジでは肉まん等の蒸し直しだけではなく、下記関連記事にあるようなお菓子を作ることも可能になります。

電子レンジでの料理のバリエーションを増やすと料理がもっと楽しくなるかもしれませんよね! 蒸し器がない場合の代用ができる道具②ざる Instagram 蒸し器がない場合の代用ができる道具の2つ目はざるです。

ざるは蒸し器の代わりに使えます。

ざるに関しては竹であまれているものや金属でできているようなものがありますが、基本的に蒸気で熱せられることになりますので、耐熱温度が低いプラスチック製は、蒸し器の代わりには使わない方がいいでしょう。

ざるに関しては一般的に蒸し器として使われているシーンもあります。

例えば温泉地での「温泉蒸し」という料理が可能になっている地域があるのですが、これは温泉の地熱や温泉のお湯を利用して作る蒸し料理です。

そういった料理を作るさいには食材をざるに乗せて蒸しているので、蒸し器の代用品としても理に叶っています。

蒸し器がない場合の代用ができる道具③皿 Instagram 蒸し器がない場合の代用ができる道具の3つ目は皿です。

皿に関しては鍋やフライパンを蒸し器の代用をする場合に使われるアイテムであり、蒸し器代わりにするための非常に重要な道具になります。

皿については食材を乗せることになりますので、どのような材質のものを使うのか、またその形状の選択も重要になってきます。

肉まんを蒸す場合には平たいお皿がおすすめです。

何故なら少しでも深さがあるお皿だと、蒸す時間が長くなるほど受け皿に水がたまっていくので、肉まんの皮が水に浸ってしまうことになります。

しっとりとした肉まんの皮が楽しめなくなってしまいますので、蒸し器の代わりに使う場合には平たい皿を準備しましょう。

また、木製の皿だと水分をある程度吸ってくれる効果があるのですが、蒸し器の代わりとして使ってしまうとひび割れたり変形したりする可能性もあります。

また長時間蒸気に当てることで変色してしまう可能性もありますので、蒸し器の代わりには陶器製の皿を使うのがいいでしょう。

蒸し器がない場合の代用ができる道具④レンジ蒸し器 Instagram 蒸し器がない場合の代用ができる道具の4つ目はレンジ蒸し器です。

レンジ蒸し器については写真のような肉まん用のレンジ蒸し器もありますし、蒸し野菜等様々な蒸し料理に使えるレンジ蒸し器も販売されています。

また、レンジ蒸し器については今では100円均一ショップでも手に入ることがあります。

レンジ蒸し器に関しては通常の蒸し器よりも簡単に蒸し料理が出来ますので、いまではこれをメインとして蒸し料理をしている人も少なくありません。

水を張って材料を入れて、ふたをしたらレンジに入れて放っておけば料理ができているのでこんなに便利な話はありません。

簡単に油分を使わずヘルシーな料理に仕上がるのです。

ちなみに下記の関連記事では100円均一ショップで販売されている蒸し器について紹介されています。

肉まん専用もあり、また他の料理に便利な蒸し器も見つかることでしょう。

100円均一ショップで手に入るものはそこで調達して、手に入らないものは他で検討すればリーズナブルに蒸し器を揃えることができるでしょう。

蒸し器がない場合の代用ができる道具⑤粉ふるい器 Instagram 蒸し器がない場合の代用ができる道具の5つ目は粉ふるい器です。

粉ふるい器に関してはざると同じ原理で蒸し器の代わりに使うことができます。

皿と違って水が溜まらない仕組みになっているので、仕上がりも期待できることでしょう。

蒸し器代わりになるようなサイズのものがあれば、使っていきたいものです。

ただし粉ふるい器に関しては基本的に面積や高さが、鍋やフライパンに合わないものが多く、ふたが締まらずに高い温度の蒸気に当てられなかったり、そもそも鍋やフライパンとセットで使えない場合も少なくありません。

そのため、こういうものも一応代用できると頭に入れておくくらいでいいかもしれません。

肉まんが食べたいけど蒸し器がない!フライパンで蒸す方法は? フライパンで肉まんを蒸す方法①フライパンを用意する Instagram フライパンで肉まんを蒸す方法の1つ目は、フライパンを用意することです。

フライパンは高さのあるフライパンであることが重要です。

何故なら高さがないと、沸騰した水滴が直接食材に当たってしまうために、茹でた状態と同じに仕上がってしまうリスクがあるからです。

浅いフライパンだと蒸し器の代用はできません。

また、フライパンを蒸し器として使用する際には、セットになっている蓋が付いているかも重要な要素になります。

もしも蓋がなければ、その蓋の代用になるもので用意できなければ蒸し器の代わりとして使うことはできません。

もしもそういったフライパンがなければ鍋での代用を考えましょう。

フライパンで肉まんを蒸す方法②水を張る Instagram フライパンで肉まんを蒸す方法の2つ目は、水を張ることです。

蒸し時間にもよるのですが、肉まん1~2つを蒸すのであれば2cmくらいの水を張れば十分です。

水が少なければ蒸し時間が少なくなるのですが、多すぎると肉まんに水がかかってしまいふやける可能性があります。

そのため2cmくらいだとおいしく仕上がります。

フライパンで肉まんを蒸す方法③皿を2枚底面を重ね合わせフライパンに置く Instagram フライパンで肉まんを蒸す方法の3つ目は、皿を2枚底面を重ね合わせフライパンに置くことです。

1枚目の皿は底面が上に来るようにして、その上に皿の上面が上に来るように2枚目の皿を乗せて、その上に蒸したい食べ物を置きます。

そうすると写真のように、高さを得た状態で食べ物が皿の上に乗ることになります。

フライパンで肉まんを蒸す方法④蓋をして加熱する フライパンで肉まんを蒸す方法の4つ目は、蓋をして加熱することです。

加熱に関しては中火から弱火がおすすめです。

何故なら沸騰の勢いが強いと食べ物に水がかかってしまうからです。

そのため最初から中火~弱火にしておくといいでしょう。

蒸し時間に関してはその肉まんの大きさや個数、また冷凍されているのか冷蔵の状態なのかで変わってきますので、肉まんの包装に書かれている蒸し時間を確認すると良いでしょう。

また、その蒸し時間に関しては水が沸騰している状態で蒸し器に入れている時間なので沸騰するまでの時間はカウントしません。

肉まんが食べたいけど蒸し器がない!鍋で蒸す方法は? 鍋で肉まんを蒸す方法①鍋を用意する 鍋で肉まんを蒸す方法の1つ目は、鍋を用意することです。

鍋は20cm以上でなるべく深いものがおすすめです。

また、蓋が透明のものだと中の状態が見えますので、そういった仕様のものがあればそちらを選ぶようにしましょう。

鍋の方が使いやすいのですが、フライパンの方が熱効率はいいので高温で手早く完成します。

鍋で肉まんを蒸す方法②水を張る 鍋で肉まんを蒸す方法の2つ目は、水を張ることです。

ここはフライパンの時と同じように2cmほどがおすすめなのですが、鍋の方が深さがあるため、もしも長時間蒸すような料理を作る場合には鍋で蒸すようにして、食べ物に水がかからない程度の水を入れても良いでしょう。

また水は足りなくなれば途中で足すこともできます。

鍋で肉まんを蒸す方法③皿を2枚底面を重ね合わせ鍋に置く Instagram 鍋で肉まんを蒸す方法の3つ目は、皿を2枚底面を重ね合わせ鍋に置くことです。

写真を参考にしてもらうと分かりやすいかと思うのですが、フライパンの時と同じ要領で皿を重ね合わせて食材を皿の上に置くようにします。

鍋で肉まんを蒸す方法④蓋をして加熱する 鍋で肉まんを蒸す方法の4つ目は、蓋をして加熱することです。

食材を皿にセッティングしてから火をつける方法と、食材は入れずに沸騰させ、その後に食材をセッティングする方法があります。

後者の場合には蒸気で火傷しないように注意が必要です。

蒸し器以外での肉まんの蒸し方をマスターしよう! ここで紹介したことを参考に、蒸し器がない状態でも肉まん等の蒸し料理を楽しんでもらえたらうれしいです。

特定の調理器具がない状態でも何かを代用して料理を完成させるのも、料理の楽しみ方の一つと言えるでしょう。

様々な形でこれからも料理を楽しんでくださいね! 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • 蒸し器
  • 肉まん
  • フライパン
  • 代用
  • 道具
  • 料理
  • レンジ
  • 加熱
  • 食べ物
  • 蒸気
  • 食材
  • ざる