美容

おすすめのプチプラパウダーファンデーション7選|崩れないツヤのある毛穴レス肌に!

2019年02月01日更新
おすすめのプチプラパウダーファンデーション7選|崩れないツヤのある毛穴レス肌に!

さっとひと塗りで簡単にツヤ肌になれるパウダーファンデーションは、保湿成分が入っていたり添加物が少なく肌にやさしいので、じつは乾燥肌や敏感肌の女性にもおすすめです。

この記事ではパウダーファンデの特徴や選びかた、そしてコスパがよく、美肌になれる厳選のプチプラパウダーファンデーションを肌質に合わせてご紹介します。

またパウダーファンデを崩れにくくする3つのコツや、メイク方法も合わせてお伝えします。

ぜひあなたもパウダーファンデを使って、透明感のある美肌を手に入れてください。

ここがすごい!パウダーファンデーションの特徴 パウダーファンデーションとは、粉を油性の成分で押し固めた形状の、固形ファンデーションのことをいいます。

大きな特徴としてあげられるのは、簡単に使えて仕上がりは軽くサラサラとし、肌のテカリをおさえふんわりとした印象にしてくれる点です。

ここでは、パウダーファンデーションがリキッドファンデなどと異なる特徴をご紹介します。

皮脂を吸着する パウダーファンデの1つ目の特徴は、皮脂を吸着して肌の頬やTゾーンのテカリをおさえてくれる点です。

パウダーファンデは、粉がおもな成分です。

油分性成分より粉の比率がとても多いので、肌から分泌される皮脂を粉が吸着してコントロールし、サラッとした感触にしてくれます。

そのため、オイリー肌や混合肌で皮脂による化粧崩れが気になる女性にはぴったりです。

また乾燥肌でも、スキンケアの美容液でたっぷり保湿をしていればカサカサすることもなく、使用に問題はありません。

スキンアドバイザー 乾燥がとても気になる場合には、保湿成分がたっぷり配合されたしっとり系のパウダーファンデを選ぶとよいでしょう。

▼乾燥が気になる方はしっとりするタイプの化粧下地を! 刺激になりにくい パウダーファンデの2つ目の特徴は、刺激になりにくく、肌にやさしい点です。

リキッドやクリームタイプのファンデーションには、界面活性剤や防腐剤が使われているので肌の刺激やニキビ、吹き出物の原因になりかねません。

またオフするときも肌に密着していて落としにくいので、負担がかかってしまいます。

それに比べてパウダーファンデは添加物が少ない傾向にあり、メイク落としも簡単にできるため肌にやさしいのです。

このような点から、乾燥肌や敏感肌の女性ほどパウダーファンデーションが向いているといえるでしょう。

肌の悩みを自然にカバー パウダーファンデの3つ目の特徴は、ファンデを厚塗りしなくても、肌のさまざまな悩みを自然にカバーしてくれる点です。

パウダーファンデはきめの細かい粉の粒子が毛穴にピタッと密着して、厚塗りをしなくても毛穴の開きを目立たなくしてくれます。

またひと塗りでパウダーが肌をベールのようにおおい、光を反射して肌の色ムラを自然にカバーしてくれます。

そのため脂性肌で毛穴やメイク崩れが気になる方や、頬の赤みが気になる方にもとてもおすすめです。

コンパクトで携帯しやすく手軽 パウダーファンデの特徴の最後は、なんといっても、手軽に使える点です。

使いかたが簡単なパウダーファンデは、忙しい朝でも、さっとベースメイクが完成します。

またパウダーファンデはほとんどが小さなケースに入っているので、ポーチに入れても邪魔になりません。

そしてケースに付属のパフで、ランチタイムや休憩時間にメイク直しができるのも便利なポイントです。

パウダーファンデーションは、忙しい毎日をおくる女性でも、ツヤ肌メイクを一日じゅうキープできるすぐれたアイテムです。

あなたにぴったりのパウダーファンデを選ぶチェックポイント すべての肌質の女性におすすめできるパウダーファンデーションですが、種類が多くて、どれが自分にぴったりなのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、たくさんあるパウダーファンデからあなたに合った一品を選ぶためのポイントをご紹介します。

チェックポイント(1):自分の肌色に合った色の選び方 パウダーファンデを選ぶさいにとても大切なのは、あなたの素肌の色にマッチした色味を選ぶ点です。

なぜなら色が合っていないと、首と顔の色が違ってしまったり、白浮きしたりして不自然な印象になってしまうからです。

色を選ぶときは、首の色と合わせるのがいちばん自然で失敗を避けられます。

テスターは手の甲につけるのではなく、耳の下の首筋につけてチェックしてみましょう。

チェックポイント(2):どれくらいのカバー力が必要? パウダーファンデーションのカバー力は弱いと思われがちですが、最近は肌にフィットして気になる毛穴や色ムラをしっかりカバーできる商品が増えています。

あなたがファンデーションに期待するカバー力はどれくらいでしょうか? もしナチュラルな素肌感を出したいなら、ミネラルパウダーといった薄づきのタイプがよいでしょう。

肌の悩みをしっかりカバーしながらもツヤ肌になりたいなら、「抜け感」をアピールしているものがおすすめです。

厚塗り感がでないようにマットな陶器肌になりたいなら、肌により密着する「水あり」で使えるタイプを試してみてください。

▼カバー力重視のファンデーションならこちらもオススメ! ▼ナチュラルな仕上がりを目指すならCCクリームも! チェックポイント(3):保湿成分は入っている? パウダーファンデは乾燥肌や敏感肌に向いていない、というのはひと昔前のこと。

今では潤い成分や美容成分がたっぷり配合されているうえに、お肌への刺激が少ないものがたくさんあります。

パウダーファンデに使われている保湿成分には、次のようなものがあります。

肌の乾燥が気になる方は、成分表をチェックして、上記のような保湿・美容成分が入っているか確かめてみましょう。

チェックポイント(4):UVカット効果 肌に悪影響を与える紫外線の対策に、パウダーファンデーションはじつはとても効果的です。

なぜならパウダーファンデの粉自体が、日焼け止めと同じように紫外線を散乱させて肌を守る働きをしてくれるからです。

UVと呼ばれる紫外線が肌によくない理由は2つあります。

1つ目は、紫外線をあびた肌が皮膚を守ろうとしてメラニン色素を作り出し、シミの原因となるからです。

2つ目は、紫外線は表皮の下の真皮という深いところまで到達し、真皮にある肌のハリや弾力を作るコラーゲンやエラスチンを破壊するからです。

そうすると30代、40代になったときに、シワやたるみとしてあらわれてきます。

パウダーファンデを選ぶだけでも紫外線対策にはなりますが、最近のパウダーファンデには高いUVカット機能を持っているものが多く見られます。

ですので、パウダーファンデを購入するときは、ぜひUVカット機能があるものを選びましょう。

スキンアドバイザー いつまでもみずみずしい肌をキープできるように、スキンケアで日焼け止めを塗った後、パウダーファンデを重ねて積極的に紫外線対策をしてください。

おすすめのプチプラパウダーファンデーション7選 では次にコスパ、つけ心地や質感などから選んだ化粧崩れしらずの厳選プチプラファンデーションを、本体価格が安い順に7つご紹介します。

お店にたくさんありすぎてどれを買ったらよいのかわからない!という方は、ぜひ参考にしてくさいね。

のちほど、肌タイプ別のおすすめ商品もピックアップしますのでお楽しみに。

セザンヌ「UVファンデーション EXプラス」 価格(税込) 540円(ケース付き) 内容量 11g 色 4色 紫外線対策 SPF23・PA++ 特徴 プチプラパウダーファンデのなかでもコスパ最強! UVファンデーション EXプラスはなんと、ケース込みで540円! 保湿成分のスーパーヒアルロン酸が配合され、紫外線対策機能もあってコスパは◎です。

こちらの商品には光を乱反射させる工夫がされているので、くすみが気になる女性にもおすすめします。

また水ありでも使える皮脂固定化パウダーで、お肌にしっかり密着して皮脂を吸着。

このファンデは、テカリが気になるオイリー肌や混合肌にぴったりです。

キャンメイク「マシュマロフィニッシュファンデーション」 価格(税込) 1,026円(スポンジ・ケースつき) 内容量 9.1g 色 2色 紫外線対策 SPF50・PA+++ 特徴 プチプラなのに、陶器のようなマット肌を手に入れられる! マシュマロフィニッシュファンデーションは、ケースとパフ付きで1,000円台と、セザンヌに次いでプチプラ! 毛穴をしっかりカバーするのに質感はふんわりしていて、テカリやかさつきもおさえてくれるファンデです。

この商品は、SPF50と紫外線防止効果がとても高くてコスパがよいうえに、ケースがかわいいのも人気のヒミツです。

インテグレート「プロフィニッシュパウダーファンデーション」 価格(税込) 1,404円(ケース別売り 432円) 内容量 10g 色 4色 紫外線対策 SPF16・PA++ 特徴 イオンミネラル仕様、無添加、防腐剤なしで肌にやさしいファンデ プロフィニッシュパウダーファンデーションは、肌にやさしいミネラルタイプなのに、カバー力も透明感もあるファンデです。

このファンデのつけ心地は軽く、抜け感のあるきめ細やかな肌を作ってくれます。

赤色のコンパクトをポーチに入れると、気分もアップするでしょう! ヴィセ 「リシェ ヌーディフィット ファンデーション」 価格(税込) 1,728円(ケース別売り 648円) 内容量 10g 色 4色 紫外線対策 SPF17・PA++ 特徴 簡単に肌の悩みをカバーできて、パウダー初心者さんでも使い勝手よし! ヌーディフィット ファンデーションは、伸びが大変よいので、パウダーファンデがはじめての女性でも簡単に自然な美肌を作ることができます。

このファンデは、ヒアルロン酸・スクワラン・モモ葉エキスの美容成分配合で、潤いおあるツヤ肌を演出してくれるでしょう。

レブロン「カラーステイ UV パウダーファンデーション」 価格(税込) 1,944円(ケース別売り 864円) 内容量 9g 色 4色 紫外線対策 SPF35・PA+++ 特徴 16時間落ちにくくて崩れにくい高性能パウダーファンデ カラーステイUV パウダーファンデーションは、よぶんな皮脂をしっかり吸い取り、落ちにくく崩れにくいパウダーファンデーションです。

このファンデのつけ心地は軽く、きめ細やかな肌に仕上げてくれます。

SPF35、PA+++と高い紫外線対策機能なので、外に出る機会が多い方におすすめです。

マキアージュ「ドラマティックパウダリーUV」 価格(税込) 3,240円(ケース別売り 1,080円) 内容量 9.3g 色 7色 紫外線対策 SPF25・PA+++ 特徴 ふわふわムース生まれ、カバー力がとても高いのに透明感のある肌を演出 ドラマティックパウダリーUV、別名「360度美肌パウダー」は、毛穴や色ムラをしっかりカバーして目立たなくしてくれるすぐれもののファンデです。

こちらの商品は、13時間の化粧もちをほこり、汗に強く崩れないと評判です。

カバー力は高いのに、肌へのなじみがよく、厚塗り感もありません。

細やかな7色展開で、きっとあなたの肌色にぴったりの色がみつかるでしょう。

24h cosme「ミネラルパウダーファンデ」 価格(税込) 4,212円(ケース付き) 内容量 11g 色 3色 紫外線対策 SPF45・PA+++ 特徴 肌にやさしく、メイク落としも簡単なのに紫外線対策はバッチリ! 24 ミネラルパウダーファンデは、保湿成分がたっぷり配合され、乾燥肌や敏感肌の方の皮膚にもふわっとなじみ、ツヤ肌にしてくれます。

またこちらのファンデは、クレンジング剤が不要で普通の石鹸でオフできるので、肌にとてもやさしいのが特徴です。

つけ心地は軽く、カバー力はあるのにナチュラル肌を演出できます。

紫外線対策効果も、SPF45、PA+++と大変高い商品なので、真夏のお出かけにも重宝しそうです。

肌質別のおすすめパウダーファンデーション 違った特徴のある7つのパウダーファンデをご紹介しましたが、肌悩み別に向いている商品はあるのでしょうか? 上記の肌質別に、イチオシの商品をひとつずつみていきましょう。

乾燥肌にはたっぷりの保湿成分 ファンデがうまくのらずよれてしまったり、浮いてしまうことの多い乾燥肌におすすめなのは、保湿成分が高いしっとりめのパウダーファンデです。

乾燥肌さんは、肌の皮脂と水分の量が少なく、カサカサやツッパリ感があって、小じわが目立つことがあります。

乾燥肌の悩み解消には、成分表をチェックしたうえで、保湿成分が多めのファンデを選びましょう。

またファンデーションをつける前のスキンケアの段階で、化粧水と美容オイルやクリームで肌をしっかり潤しておくと、ピタッと肌に密着してツヤ肌を目指しやすくなります。

乾燥肌の女性におすすめのパウダーファンデーションは、つぎの商品です。

こちらのファンデには、ヒアルロン酸・スクワラン・モモ葉エキスの3種もの保湿成分が配合されているので、潤いのあるツヤ肌になるとともに、乾燥から守ってくれます。

オイリー肌はカバー力と皮脂の吸着力重視 毛穴や化粧崩れが気になりがちなオイリー肌におすすめなのは、カバー力があって、なおかつ崩れにくいファンデです。

オイリー肌は皮脂と水分の量がともに多く、毛穴やテカリが目立ち、メイクが皮脂崩れしやすいのが特徴です。

そんなオイリー肌さんには、毛穴にぴったり密着して色ムラを目立たなくしてくれる商品がおすすめ。

カバー力が高く、時間がたってもパウダーがしっかりと皮脂を吸着してくれる、崩れにくいタイプを選びましょう。

オイリー肌の女性におすすめのパウダーファンデーションは、つぎの商品です。

こちらのファンデは、毛穴や肌の色ムラをしっかりカバーしてくれます。

この商品なら、透明感がありながら圧倒的な崩れにくさで、あなたの肌悩みも強力サポートしてくれるでしょう。

混合肌には保湿プラス皮脂の吸着力 Tゾーンはテカるが頬は乾燥気味という混合肌におすすめなのは、保湿力がありながらパウダーが皮脂もきっちり吸い取ってくれるファンデです。

混合肌さんは、顔の部分によって皮脂と水分の量に差があり、オイリー肌と乾燥肌が混ざっているという特徴があります。

おでこ・鼻・あごは脂っぽいいっぽう、目元や頬は乾燥気味というコンビネーション型の悩みには、しっかり保湿して水分は逃がさず、同時によぶんな皮脂は吸い取ることが重要です。

混合肌の女性におすすめのパウダーファンデーションは、つぎの商品です。

こちらのファンデなら、スーパーヒアルロン酸配合で乾燥している部分を保湿しながら、皮脂固定化パウダーで気になるテカリをしっかりおさえてくれるでしょう。

敏感肌には肌にやさしく刺激になりにくいものを 刺激が苦手で、かぶれなどを起こしやすい敏感肌さんにおすすめなのは、肌への負担ができるだけ少ないファンデです。

敏感肌は、以下の2つのタイプに分けられます。

1に該当する方は、できるだけ低刺激なスキンケアやメイクを心がけましょう。

2に該当する方は、不規則な生活を見直したり、スキンケアを見直してみることで敏感肌がやわらぐ可能性もあります。

敏感肌の女性におすすめのパウダーファンデーションは、以下の商品です。

こちらの商品は、24時間つけていても肌にやさしいミネラルが主成分のパウダーファンデです。

石鹸でオフできるファンデで、肌への負担がとても軽く、敏感肌さんにおすすめです。

崩れないメイクに仕上げるコツ では次に、汗、皮脂や乾燥でもパウダーファンデが崩れにくくなるコツを3つご紹介します。

肌の保湿をしっかりする まずは、メイク前のスキンケアの段階で、肌をしっかり保湿しましょう。

オイリー肌や混合肌の方は、皮脂や汗が多いからといって肌を乾燥させたり、さっぱりした化粧水のみつけている、ということはありませんか? しっかりした保湿は、乾燥肌の方だけでなく、化粧崩れを防ぐためにすべての肌質の方にとってとても重要です。

なぜなら、肌を保湿して潤いを与えることで過剰な皮脂の分泌を防ぎ、肌の状態が整うことでファンデーションが皮膚により密着してくれるからです。

肌質かかわらず、まずは保湿をすることを心がけましょう。

メイクはスキンケア後5分経ってから メイクアイテムをお肌にのせるのは、スキンケアが終わって最低5分たってからにしましょう。

朝の忙しい時間、メイクは一刻も早くすませたいですよね。

でもじつはスキンケアをしてすぐにファンデーションを塗ると、まだ肌になじんでいないスキンケアアイテムの油分や水分が、化粧品とまざってしまいます。

これではメイクが肌にうまく密着せず、化粧崩れの原因になってしまうのです。

化粧水や美容液、クリームを顔にしみこませているうちに朝食や着替えをすませてみるなど、工夫してみるとよいでしょう。

スキンケアから5分くらいたって成分が肌になじみ、皮膚がふっくらしっとりしたら、下地やコンシーラーを塗り、そのあとパウダーファンデをつけます。

化粧下地を使う メイクを崩れにくくする3つ目のコツは、メイク崩れ防止の下地を使うことです。

化粧下地は、お肌とメイクの接着剤の役割をはたしてくれます。

保湿成分でかさつきや乾燥を防ぎつつ、肌の凸凹などを補正したり、皮脂を吸着力したりして、格段にメイクが崩れにくくなるのです。

しかし、便利だからといって下地を厚塗りしてしまうと、かえって化粧が崩れる原因となります。

とくに動きやすい目元や口元には、薄くつけるようにしましょう。

ここでひとつ、アットコスメでも口コミで大人気の化粧下地をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ソフィーナ「プリマヴィスタ」 価格(税込) 3,024円 内容量 25ml 特徴 汗をかいても夜までメイク崩れしない下地 乾燥からメイク崩れしやすいタイプの人には、同シリーズからかさつき・粉ふき防止タイプの下地もあります。

肌質やお好みで選びましょう。

崩れにくいパウダーファンデーションの使い方 パウダーファンデーションは、ひと塗りで簡単にベースメイクができますが、以下のような順番で使うと崩れにくくなります。

オイリー肌や混合肌の方も、スキンケアでしっかり水分をおぎなって保湿しておくことで、よぶんな皮脂の分泌をおさえることができます。

乾燥肌の方は、パウダーがぴったりと吸着しやすくなるように、水分で潤したあと、美容オイルやクリームをなじませておきましょう。

コンシーラーはニキビや色ムラがとくに気になるところに、ピンポイントでパウダーの前に使います。

では次にパウダーファンデーションのツールと、具体的なつけかたの手順をみていきましょう。

パウダーファンデは付属のパフだけがツールじゃない パウダーファンデーションは、付属のケースにパフやスポンジが付いていることがほとんどですが、必ず使わないといけないわけではありません。

ここでは、パフを含めて3種類のツールのメリットをご紹介します。

簡単で使いやすいパフやスポンジ 付属のパフは、買ったファンデを最大限いかせるように作られています。

メイク初心者の方は、付属のパフを使うのが簡単で、うまくファンデーションをのせることができるでしょう。

ひとつ気をつけたいのは、パフやスポンジは清潔な状態にしておくことです。

なぜなら、パフの目に粉が詰まっていると、うまく肌にファンデがつかなくなったり、雑菌が繁殖すると肌荒れや吹き出物の原因となるからです。

パフやスポンジは1週間にいちどは中性洗剤などで洗い、しっかり乾燥させましょう。

もしもっとパウダーファンデのつけかたを工夫したい場合には、付属のパフを使うのではなく、別に購入してみる方法もあります。

上記のようなポイントを目安にパフやスポンジを選ぶと、失敗しにくいでしょう。

きれいにのせたいならブラシ パウダーファンデをのせる2つ目のツールは、ブラシを使う方法です。

ブラシを使う最大のメリットは、ふんわりと軽い仕上がりにできる点です。

パフに慣れてきたら、お好みでブラシも使ってみるとよいでしょう。

選びかたの目安は、以下のようなポイントです。

清潔を保つために、ブラシも1週間にいちどほど洗ってしっかり乾燥させましょう。

微妙な加減も自由自在の指 パウダーファンデをのせるツールの3つ目は、あなた自身の指を使う方法です。

下記のような方法で、パウダーファンデを自由に使ってみましょう。

指は顔全体ではなく、とくになじませたいところや、厚塗りしたくないところのピンポイントに使います。

つや肌が実現!パウダーファンデーションの上手な塗り方 次は、パウダーファンデーションの具体的な塗り方の手順です。

ここでは、しっかりカバーしているのに厚塗りにならず、きれいに仕上げられるパフとブラシの両方を使った塗りかたをご紹介します。

全体的に、塗るというよりも肌にポンポンとのせる感じでつけていくと、ふわっとした抜け感のある肌に仕上がります。

プチプラパウダーファンデーションで美肌になろう この記事では、パウダーファンデーションの特徴やおすすめの商品、崩れにくくするコツや塗りかたなどをご紹介しました。

最近のプチプラファンデは進化して、お値段がお手軽なのにもかかわらず、とても優秀! 肌の悩みをしっかりカバーして、希望の肌に仕上げてくれます。

あなたもさっそくパウダーファンデを使って、キレイな肌を手に入れてみませんか?

キーワード

  • パウダーファンデ
  • パウダーファンデーション
  • ファンデ
  • カバー
  • ファンデーション
  • 皮脂
  • メイク
  • パウダー
  • 商品
  • パフ
  • 乾燥
  • 特徴
  • 乾燥肌
  • スキンケア