恋愛

LINEが怖い・恐怖に感じる事7つ|ラインにまつわるホラーな話も

2019年02月02日更新
LINEが怖い・恐怖に感じる事7つ|ラインにまつわるホラーな話も

この記事ではLINEが怖い・恐怖に感じることやラインにまつわるホラーな話を紹介します。

LINE一言が重い・しつこい、翻訳機能が勝手に返事をしたなど、LINEにまつわる怖い話を知ることで自分に合った利用法を見つめ直すことができますので参考になさってください。

LINEが怖いと感じること7つ LINEが怖いと感じること①やり取りを盗み見られていないか LINEが怖いと感じることの1番目は、LINEでのやりとりを見知らぬ人に盗み見られていないかということです。

LINEでのやりとりは有名人も気軽に使う機能として知られています。

そういった有名人のLINEでのやりとりがマスコミに漏れてしまって大きな騒動となったことがありました。

LINEでのやりとりが他の人に盗み見られているのではないかと感じて怖いと思っている人は少なくないと言われています。

LINEで人の悪口や良くない噂話をする人もいることから「もしこのやりとりが盗み見られていて、回りまわって本人の目に入ってしまったどうしよう」と不安に感じる人も少なくありません。

LINEは無料で利用できるということもあり、その分何かのリスクがあるのではないかと感じている人は珍しくありません。

無料という魅力の反面、やりとりが盗み見されているのではないかと思って怖いと感じている人もいます。

また周りの人が皆LINEを使っているので簡単に辞められないという怖さを感じる人もいます。

LINEが怖いと感じること②アカウントが乗っ取られないか LINEが怖いと感じることの2番目は、アカウントが乗っ取られないかということです。

LINEでのアカウントの乗っ取りは被害に遭った人が珍しくないと言われています。

自分の知らないところで見知らぬ人が自分の知人とやりとりをする可能性があると思うと怖いと感じるという人は珍しくありません。

LINEの乗っ取りはお金をだまし取るために行われるケースが多いと言われています。

LINEを乗っ取って持ち主の知人にコンタクトをとりプリペイドカードなどを購入してもらうという手法が主な手口であると言われています。

LINEの乗っ取りは見知らぬ人がメッセージのやりとりをすることから言葉遣いが不自然になることが珍しくありません。

そういった不自然なやりとりから乗っ取りが明らかになることもあると言われています。

以下のサイトではLINEの乗っ取りについて詳しく書かれていたので参考になさってください。

LINE乗っ取りの手口と被害に遭った時の対処法、被害に遭わない対策まとめ LINEが怖いと感じること③見知らぬ人が表示されること LINEが怖いと感じることの3番目は、見知らぬ人が表示されることです。

LINEを使っていると見知らぬ人からメッセージが送られてきたという人は珍しくありません。

LINEで友達の追加をしていないにも関わらず、知らない人からメッセージが届くと不気味だと思う人は少なくないと言われています。

LINEでは自分が友達に追加しなくても、見知らぬ人が自分を友達に追加された場合にはメッセージを送ることが可能になります。

そのため自分は全く身に覚えのない人からメッセージが届くということがあります。

見知らぬ人からメッセージが届いた時には「友達追加していないユーザーです。

メッセージ内容にご注意ください」といった内容が表示されます。

以下のサイトには見知らぬ人からメッセージなどが届く原因や対策などが詳しく紹介されているので参考になさってください。

LINEに知らない人から届く迷惑トーク・電話への対策まとめ LINEが怖いと感じること④個人情報が悪用されないか LINEが怖いと感じることの4番目は、個人情報が悪用されないかどうかということです。

LINEを使っているとアカウントを乗っ取られたり、見知らぬ人からメッセージが送られてきたということは珍しくありません。

そのためLINEを利用していて個人情報が洩れ、悪用されるのではないかと不安に感じている人もいます。

LINEをスマホで利用する場合に電話番号を用いて認証を行い、携帯のアドレス帳に登録されている情報を使うかどうかが問われます。

アドレス帳に登録されている電話番号などの情報はLINEのサーバーに情報が送られて、LINEの利用者を特定します。

そしてサーバー内にある情報が合致した場合に友達同士であるといった認識がされて、友達一覧に表示されるという仕組みになっています。

これらのデータは暗号化されていると言われています。

・LINEが怖いと感じること⑤既読機能 LINEが怖いと感じることの5番目は、既読機能が怖いというものです。

LINEでメッセージのやりとりをしていると相手が自分のメッセージを読んだことがわかる既読の表示がされます。

この機能を怖いと感じる人は少なくありません。

LINEで既読の表示がされると、相手は自分がメッセージを読んでいるにも関わらず返信が来ないと感じることが珍しくないと言われています。

仕事の合間にLINEを見て既読になってしまった場合などは、既読をつけてしまったがために早く相手に返信しないと不快感を与えてしまうという思いに駆られる人もいます。

既読をつけたのに返信しないと嫌われてしまうという不安に駆られる人も多く、既読をつけてしまうと焦りを感じる人も少なくありません。

こういった既読の機能が怖いと感じる人は少なくないと言われています。

LINEが怖いと感じること⑥いじめの温床にならないか LINEが怖いと感じることの6番目は、いじめの温床にならないかというものです。

LINEはグループを作れるので、学校や職場の仲間からグループに入れてもらえないなどのいじめにつながることが少なくないと言われています。

LINEでメッセージのやりとりをしていると相手が自分のメッセージを読んだことがわかる既読の表示がされます。

この機能を怖いと感じる人は少なくありません。

しつこい嫌がらせや陰湿なやり口で巧妙にいじめをするといった話が聞こえてくることは少なくありません。

LINEは実生活に密接に結びついていることから、しつこい嫌がらせが実際の生活や人間関係に影響を及ぼして、さらにしつこい嫌がらせへと発展していくケースも少なくないと言われています。

LINEが怖いと感じること⑦LINE一言が重い・しつこい LINEが怖いと感じることの7番目は、LINE一言が重い・しつこいというものです。

LINE一言とは友達一覧のプロフィールに出る一言の文章です。

LINE一言で「明けない夜は無い」などの一言を投稿している人は少なくないと言われています。

そういたLINE一言の投稿を見て暗い・しつこい・関わりたくないといった思いを抱く人もいます。

LINE一言にこのような重い・しつこいと思われるような意味深な一言を投稿している人は自覚している人が少ないので、今一度自身のLINE一言を見直してみると良いと言われています。

LINEで勝手に友達追加されるのを防ぐ方法は? LINEで勝手に友達追加されるのを防ぐ方法①友達追加機能をオフにする LINEで勝手に友達追加されるのを防ぐ方法の1番目は友達追加機能をオフにすることです。

LINEの設定画面で友達追加機能の設定をオフにすることで自動的に友達に追加されなくなります。

こうすることでLINE上でやりとりをしたい人とだけつながることができるので上手く活用してください。

この機能を活用することで余計な人間関係のトラブルを避けることができるので役立ったという方がいる一方で、こういった機能を知らないまま不便な使い方をしている人もいます。

LINEでのトラブルは日常生活に直接的に影響を及ぼすため、できるかぎりスムーズで良好な関係を保てるように気持ち良く使いましょう。

自動的に友達追加されなくするための設定方法については以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。

勝手に友達に追加されないようにする LINEで勝手に友達追加されるのを防ぐ方法②友達追加してない人を拒否 LINEで勝手に友達追加されるのを防ぐ方法の2番目は友達追加してない人からのメッセージを拒否することです。

この機能を使うことで自分が友達追加していない人からメッセージが届かないようにできます。

メッセージの受信拒否機能を有効にし、IDでの検索を許可する機能のチェックを無効化することで設定できます。

友達追加していない人からのメッセージを受信できなくする設定方法については以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。

LINEで勝手に友だち登録させない方法とは? 迷惑メッセージも完全拒否! ラインにまつわる怖いホラー話は? ラインにまつわる怖いホラー話①しつこい罵倒に翻訳機能が返事した恐怖話 ラインにまつわる怖いホラー話の1番目は、しつこい罵倒に翻訳機能が返事した恐怖話です。

ラインには英語を翻訳するアカウントがあり、ボットによって翻訳されることから機械的に翻訳をしてくれるというアカウントです。

このアカウントを罵倒し続け、「悔しかったらしゃべってみろ」と言ったところ、機械のはずのボットから「死ねよ」と翻訳されずに日本語のまま返信があったというホラー話が有名です。

通常だとこちら側が日本語で言ったことに対して自動的に英語で返信してくれるボットなのですが、日本語で「死ねよ」と返事が来たことで絶句してしまったというホラー話です。

ちなみにボットの意味については以下のサイトを参考になさってください。

ロボットのような操作性をもつという意味がボットの語源と言われています。

ボットとは ラインにまつわる怖いホラー話②グループ内の人数以上が閲覧している恐怖話 ラインにまつわる怖いホラー話の2番目は、ライングループ内の人数以上が閲覧している恐怖話です。

ライングループには4人しか入っていないのに、あるスタンプに対して既読が5人ついているという怖いホラー話です。

5人目は誰が見ているのか?といった素朴かつ解決のしようがない疑問が頭から離れないというホラー話です。

こういったホラー話から、やはりラインは知らない人から「情報を盗み見されている」「個人情報が洩れている」と思う人も少なくないことから、ホラー話でもあり現実的な恐怖も感じられる怖い話であると言われています。

LINEが怖い原因を把握して安全に利用しましょう LINEはやりとりが第三者にばれてしまったりアカウントが乗っ取られてしまったりと、情報が流出してしまうことを怖いと感じている人が少なくありません。

スマホでLINEを使う時のアドレス帳のデータは暗号化されていると言われていますが、そういったセキュリティを破って情報を盗み取ろうとしている人もいると言われています。

そういったことを把握したうえでLINEの利用を見つめ直してみましょう。

最後に彼からLINEが来るためのおまじないについてまとめた記事を紹介します。

好きな人から連絡がきてほしいと思っている人は参考になさってください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

キーワード

  • LINE
  • やりとり
  • ホラー
  • 友達追加
  • 一言
  • 既読
  • 機能
  • ライン
  • 情報
  • 表示
  • 参考
  • 友達
  • 追加
  • 勝手
  • 紹介