おもしろネタ

大泉洋40代で感じた「自分の使命」

2019年02月03日更新
大泉洋40代で感じた「自分の使命」
ERIKO KAJI 北海道の農村を舞台にした映画「そらのレストラン」(1月25日公開)で主演を務めた大泉洋。愛する家族と仲間に支えられながら、理想のチーズ作りに奮闘する酪農家を演じた。45歳となった大泉自身も、家族と仲間に支えられながらキャリアを積み重ねてきた。「TEAM NACS」という仲間と出会い、ノリと勢いで突っ走った20代。役者として、将来の不安に襲われた30代。震災後、自分の使命について考えた40代。年齢と共に仕事への姿勢も変化してきたと語る。平成を代表する稀代のエンターテイナーに「これまで」と「これから」を聞いた。故郷・北海道...

キーワード

  • 仕事
  • 北海道
  • 不安
  • 役者
  • 家族
  • ころ
  • 大泉
  • 映画
  • 大泉洋
  • 40代
  • 30代
  • お仕事
  • 就職
  • 教員免許
  • テレビ