美容

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット方法6選!短期間で減量に成功?

2019年02月08日更新
1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット方法6選!短期間で減量に成功?

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの難易度は? 1ヶ月で10キロ痩せるダイエットの難易度は普通だが本気の覚悟が必要 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの難易度は、簡単・普通・難しいから選ぶなら普通といえます。

半年や1年かけてゆっくりと体重を減少させていくダイエットは簡単ですが、1ヶ月という期間が定められている中でマイナス10キロ痩せるには絶対に痩せるんだという本気の覚悟が必要です。

しかし1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットは、難易度が普通といえるようにダイエット初心者にもできますので安心してください。

1ヶ月でダイエットできれば肌を見せる夏の直前でも綺麗なスタイルでお洒落を楽しめますのでぜひ頑張りましょう! 30日間の短期間で10キロ痩せるには生活習慣を本気で変える必要がある 30日間という短期間でマイナス10キロ痩せるダイエットを成功させるためには、生活習慣を本気で変える必要があります。

食事を変えたり、1日の中で運動時間を作ったりとこれまでにない習慣になるため新たな習慣に慣れるまでが一番大変なポイントといえるでしょう。

それほど過酷な運動や食事変化ではないにしても日々の習慣は癖付けられているものです。

そのためカレンダーや携帯のアプリ、ToDoリスト、スケジュール帳などを活用し本気で自己管理をしましょう!今日やるべきことができたらチェックするなどしていくと30日はあっという間ですので大丈夫です。

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット方法3選【食事】 1ヶ月マイナス10キロダイエット食事法①炭水化物よりタンパク質を取る 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの食事方法1つ目は、炭水化物よりタンパク質を取るということです。

これは1日3食の人であれば3食ともというように全ての食事で炭水化物の量を減らします。

その代わりにタンパク質は摂取しても良いため食事を減らす空腹感は少ないでしょう。

まず炭水化物ですが、全く取らないというダイエット方法は健康にとってよくないため絶対にやめましょう。

目安としては1日にとっていたご飯・パンの量を半分または三分の一にします。

次に増やすタンパク質は、赤身の豊富な牛肉が一番おすすめです。

赤身肉には脂肪燃焼効果のあるLカルニチンが豊富に含まれています。

用意できない場合は、肉類であればササミ肉・鳥砂肝、魚介類はするめ・かまぼこ・アジ・イワシ、大豆類は納豆・厚揚げ、乳製品であればチーズ・ヨーグルトなど高タンパクでなるべく脂肪の少ない食材を選びましょう。

もちろんタンパク質豊富な卵の白身を食卓に添えるのもおすすめです。

1ヶ月マイナス10キロダイエット食事法②糖質はフルーツなどから取る 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの食事方法2つ目は、糖質はフルーツなどから取るということです。

飲み物であれば水やお茶など砂糖が含まれていないものや果汁100パーセントジュース、スムージーなどを取りましょう。

牛乳は脂肪分を含むためダイエットには不向きとされていますが、必須アミノ酸が含まれているため夜寝る前に摂取すると痩せホルモンと呼ばれる成長ホルモンが分泌されます。

そのため牛乳を飲んでお腹を壊さないのであれば寝る前にコップ1杯は飲むようにしましょう。

寝ているだけで痩せやすくなるなら飲むしかありませんね! また間食は砂糖を多く含むおやつは控え、カカオ70%以上のダークチョコレートやするめ、アーモンドなど栄養豊富で糖質の少ない食品がおすすめです。

特にするめやガムなどよく噛む必要のある食べ物は満腹中枢を刺激し空腹感を抑えられるのでダイエットに最適です。

1ヶ月マイナス10キロダイエット食事法③次の日の朝食まで12時間あける 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの食事方法3つ目は、次の日の朝食まで12時間あけるということです。

水などの飲み物以外を食べない断食ダイエットがありますが、12時間あけると体がプチ断食状態になります。

すると胃腸が休まり基礎代謝をアップさせられるため体に溜まった脂肪を自然に燃焼できます。

12時間何も食べないと考えるととても辛いダイエットのように思いますが、夜寝る時間を利用すれば結構簡単に実行できます。

例えば夕食を食べ終わった夜6時〜朝6時までやお仕事の都合で夕飯が遅い方であれば夜9時〜朝9時までなど自分のスケジュールに合わせて食べない時間を作りましょう。

その時に先ほどご紹介した牛乳を寝る前に摂取するとさらに効率よく脂肪を燃やせます。

さらにホットミルクにして飲むと寝つきも良くなり深い睡眠を得られるでしょう。

ダイエット中はこれまでとは違う生活習慣になるためストレスも溜まりやすくなります。

ストレスはダイエットの大敵ですので睡眠はしっかり取りましょう。

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット方法3選【運動】 1ヶ月マイナス10キロダイエット運動法①早歩きを30分以上 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの運動方法1つ目は、早歩きを30分以上するということです。

有酸素運動は始めてから30分以上経つと脂肪が燃焼し始めます。

その時普通にウォーキングするより早歩きの方が2倍も消費カロリーが大きくなりダイエットに最適です。

また30分という時間であれば忙しい毎日でも続けやすいですね!電車通勤など普段から歩く習慣があれば、いつもより少し早めに家を出るなどしてその時間を活用するのもおすすめです。

ただし早歩きをする場合は、背筋をしっかり伸ばし前を向いて歩きましょう。

車通勤やデスクワークなどで歩く習慣がない方は、30分朝早く起きて早歩きを実践しましょう。

夜でも大丈夫ですが、暗い中の早歩きは視界も悪く危ないためなるべく太陽の出ている時間帯がおすすめです。

毎日続けているとどのぐらいの距離を歩けばちょうど30分たつかという感覚もわかってきますよ! 1ヶ月マイナス10キロダイエット運動法②スクワットを10回3セット 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの運動方法2つ目は、スクワットを10回3セットするということです。

筋トレをすることで体の代謝が良くなり脂肪を燃焼しやすい体作りができるため1ヶ月で10キロ減量するためには、筋トレが欠かせません。

またスクワットは太りやすい下半身を引き締めてくれます。

10回3セットの計30回は1日の中でどの時間に行っても構いません。

また30回以上できるのであれば徐々に回数を増やしていき、最高50回までにとどめましょう。

1日30回のスクワットはそれほど難しくないため本気で取り組みましょう! 1ヶ月マイナス10キロダイエット運動法③全身ストレッチを1日1度 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの運動方法3つ目は、全身ストレッチを1日1度するということです。

ストレッチをする時間は朝やお風呂上がり、寝る前など自分の都合の良い時間で大丈夫です。

肩や脇、背中、足、股関節など順番に伸ばしていきましょう。

特に日頃デスクワークなどで座っている時間が長い方は、股関節周りを重点的に時間をかけてしっかりストレッチします。

股関節が固まると全身の血液の流れが悪くなり、下半身に脂肪がたまりやすくなります。

しっかりストレッチをして体全体を柔らかくすることで血液の流れが良くなり、体にたまっている余分な水分を排出してくれます。

ダイエットで減らさなければならないものは脂肪と水分です。

水分が減るだけで2、3kgは簡単に減量できるため頑張って毎日本気で取り組みましょう! 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット!成功のコツは? ダイエット成功のコツ①ダイエット前に自分の美容体重を知る 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの成功のコツ1つ目は、ダイエットを始める前に自分の美容体重を知るということです。

美容体重とはBMI数値を基準としBMIが20の人を美容体重と呼びます。

美容体重は、健康的で少し細めの美容において理想的な体重ですので始めに知っておきましょう! 美容体重の計算方法は、「身長(m)×身長(m)×20(BMI)」をすることで出てきます。

自分の美容体重を知っておくと、目指すべき体重の目標設定が明確になります。

またBMI22の体重は、一番病気が起こりにくい理想体重といわれています。

そのため始めの自分の体重を元に美容体重まで10キロ以上ある場合は、まずこの理想体重を目指し本気でダイエットに励みましょう!理想体重も計算方法は同じで最後に掛けるBMI数値のところを22にすることで導き出せます。

ダイエット成功のコツ②体を冷やさない 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの成功のコツ2つ目は、体を冷やさないということです。

体を常に冷やさないことを意識するだけで基礎代謝がアップし痩せやすくなります。

また体の冷えは万病のもとといわれているように、体が冷えてしまうと風邪がひきやすくなりダイエットどころではなくなります。

また体は首を温めるとつらい肩こりや冷え性を改善させられます。

ダイエット中でなくても肩こりや冷え性があると夜も寝にくいですし辛いですよね。

次項は、体の不調を改善する方法を詳しくご紹介しているためぜひ参考にご覧ください。

ダイエット成功のコツ③サプリメントを活用する 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの成功のコツ3つ目は、サプリメントを活用するということです。

普段の栄養は、食事から摂取する方法が一番で忙しくバランスの良い食事がとれない場合はマルチビタミンなどのサプリメントで足りない栄養を補助しましょう。

またLカルニチンは脂肪燃焼効果を高める働きがあるため用意できるのであればぜひ活用しましょう。

Lカルニチンを摂取する場合は、1日200mgから500mgを基準に毎日飲みます。

同じ運動をするのであればサプリメントを活用してより効率よく減量しましょう! ダイエット成功のコツ④自分の体重変化を頻繁に見ない 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットの成功のコツ4つ目は、減量中に自分の体重変化を頻繁に見ないということです。

ダイエット中は、どれだけ自分の体重が減ったか気になるところですが、ダイエットには停滞期間もあるため毎日見てしまっては体重が減っていないと落ち込む原因になります。

そこで体重計を見るのは1週間に1度のお楽しみとし、体重の変化より気をつけるべき食事やこなすべき運動に気を配るとダイエットが成功しやすくなります。

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット!NG行動は? ダイエットのNG行動|痩せたいからと栄養の偏った食事はNG! 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットのNG行動1つ目は、痩せたいからと栄養の偏った食事はしないということです。

野菜だけを食べたり、水だけ飲んで断食したりといった無理なダイエットは、健康状態が悪くなりリバウンドを起こしやすくなります。

ダイエットのNG行動|筋肉痛になっても運動を続けるのはNG! 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットのNG行動2つ目は、筋肉痛になっても運動を続けるということです。

筋肉をつけるには、筋トレ続けた後休ませる期間が必要です。

筋肉痛は体を休めるサインですので、筋肉痛が起った場合は3・4日を目安に筋トレを休みます。

休んでいる間はダイエットが進まないのではないかと不安に思うかもしれませんが、休む期間に着々と筋肉が育っていると考え安心して休みましょう。

また次項では、筋トレをするおすすめのタイミングをご紹介していますのでダイエットの参考にぜひご覧ください。

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット!見た目はどのくらい変わる? 1ヶ月でマイナス10キロ減量すると見た目では顔や腕回りがほっそりする 1ヶ月でマイナス10キロ減量は、その人の元の体重にもよりますが、見た目では顔や腕回りがわかりやすく全体的にほっそりとします。

自分の顔は毎日鏡で見るため変化に気づきにくいと思います。

そのため30日前の自分の顔を写真にとってフェイスラインを比べてみてください。

また下半身の体重が多く落ちるとウエスト周りが細くなり、ボトムスなどの洋服を買い替える必要があるでしょう。

足回りがスッキリしているとタイトなスキニージーンズなどもかっこよくキマるため、スクワットをして下半身痩せに取り組みましょう! マイナス10キロの減量は一瞬誰かわからなくなるほど周囲から驚かれる! マイナス10キロの減量ができると、周囲からは一瞬誰かわからないほど驚かれることでしょう。

自分より周りの人の方が体重減少の変化に気づきやすいため周囲の反応も楽しみにしながら頑張って本気のダイエットに取り組みましょう! 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエット!リバウンド防止方法は? ダイエットのリバウンド防止方法|停滞期に食生活を元に戻さない! 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法1つ目は、停滞期に食生活を元に戻さないということです。

1ヶ月で体重を10kgも落とそうとすると体は驚いて体重を減らさないように必ず停滞期が訪れます。

この時は体がいつもより栄養やエネルギーを欲しているため食欲も豊富です。

ここで体重が減らないからと元の食生活に戻してしまうと一気に体がエネルギーを吸収しリバウンドしてしまうため注意しましょう!リバウンドは早いですが、リバウンドを元に戻そうと思うとまた時間がかかるためダイエットの意欲も低下してしまいます。

ダイエットのリバウンド防止方法|ダイエットに対してストレスをためない 1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットのリバウンド防止方法2つ目は、ダイエットに対してストレスをためないということです。

ストレスを感じながらダイエットしていると痩せた後でストレス解消に一気食いしてしまう恐れがあります。

そのためダイエットでは、健康的に綺麗になる自分を想像し、楽しく行いましょう。

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットに成功し、食生活や運動が習慣化した後もなるべくそのままの習慣を維持しましょう。

1ヶ月間だけは糖分豊富なスイーツや脂肪分豊富なジャンクフードなどは我慢しますが、ダイエットが成功し食生活に関してどうしても食べたいものは、無理して我慢せず食べるのも良いでしょう。

1ヶ月でマイナス10キロ痩せるダイエットを本気で成功させよう! 1ヶ月でマイナス10キロ痩せる減量方法は、何も食べないといった過酷なものではないため本気の覚悟があれば誰にでも成功させられます!習慣を変えることは簡単ではありませんが、ご紹介した成功のコツなどを活用して美しく綺麗な理想の体を手に入れましょう! また1ヶ月という短期間で10キロも減量すると気になるのは皮の余りですよね。

次項では、ダイエット後のたるみの原因やその解消方法を詳しく解説しています。

たるみの原因を知っておくとダイエット中からたるまないように予防できるためぜひ参考にご覧ください。

キーワード

  • ダイエット
  • マイナス
  • 1ヶ月
  • キロ
  • 成功
  • 体重
  • 運動
  • リバウンド
  • 本気
  • 減量
  • コツ
  • 食事
  • 脂肪
  • 習慣
  • 美容体重