ヘアスタイル

【ブリーチなし】くすみ感がかわいい...♡アッシュヘアカラーカタログ2019

2019年02月10日更新
【ブリーチなし】くすみ感がかわいい...♡アッシュヘアカラーカタログ2019

そもそも”アッシュ”って...? 一般的に美容室などで飛び交う”アッシュ”とは、寒色系のヘアカラーのことを言います。

キレイなアッシュヘアーを叶えるためのお薬はブルー、グリーン、グレーなど数種類に分かれているのですがなりたい髪色に合わせてお薬を調合し、作っていきます♡赤みが強いと言われている日本人は、赤みとは真逆のアッシュのお色みはとても出しにくいため様々なお薬を使って赤みを消しながらアッシュを作っていくのです!透明感、透け感、くすみ感、軽さなどを出したい場合もアッシュにすることによって叶えることができますよ♡明るいトーンにすればくすみがかった透明感ある仕上がりに、暗めのトーンにすれば重たすぎない透け感を残した暗髪にできます♡外国人のようなやわらかくてお洒落な印象にすることができるのも不動の人気を誇るアッシュの特徴♡ただ、すこし色が抜けやすいのも特徴です。

トーンやお色味、持続期間などについては美容師さんとしっかり相談して決めていってくださいね♩ それでは、START♡♡ → ash brown ♡ こちらは王道のアッシュブラウン♡通常のブラウンよりも、適度なくすみ感があるのがアッシュブラウンのポイント♩こちらは比較的トーンは明るめです。

髪質によってはブリーチなしでも叶えることができます♡透明感もあり、髪が綺麗に見えるヘアカラーなので幅広いジャンルの方におすすめできます。

アッシュブラウンは、奇抜なヘアカラーではないので万人受けも狙えちゃいます!◎ → olive beige ash ♡ くすみ感が可愛いこちらのヘアカラーは赤みを消しながら綺麗なアッシュを叶えたい方におすすめ!髪質によっては、一度のヘアカラーで赤みを消すことは難しい場合があります。

その場合は、完全に色が落ちる1ヶ月半〜2ヶ月に1回のペースで赤みを消すヘアカラーを何回か繰り返していくと赤みがないアッシュのヘアカラーを作ることができるようになります♡色の落ち方も、赤みがない綺麗な落ち方に変わっていくので色落ちの経過も楽しくなっていくこと間違いなしです☆ → ash brown ♡ こちらは、明るめのアッシュブラウン♡日本人な髪色は、赤みが強いのが特徴です。

このくらいの明るさになると、赤みが残ってしまう場合が多くあるのでキレイなアッシュを作るためにも赤みを極力消してもらいながら染めていきましょう!数回ヘアカラーを繰り返す場合もありますが、かわいい♡は努力の先にあるもの!根気よく、アッシュヘアーを作っていきましょう♩ → dark mat ash ♡ しっかりトーンを落として作る、こちらのヘアカラー。

マットを多めに配合してあげて、色落ちもキレイに...♡次のカラーに響かない”黒染めもどき”で、がっつり暗くできちゃいます!アッシュも混ぜているからこそ、暗髪の中にも透け感が♡かわいい髪色にしたいけど制限があってできない...そんな方にもオススメのアッシュヘアカラーです♩ → ash brown ♡ 透明感がとってもキレイなこちらのヘアカラー♡王道のアッシュブラウンですが、やはり間違いない!どんな場面でも怖いものなしのアッシュヘアカラーです♩明るすぎず暗すぎず、しっかりと透明感がわかるトーン。

色落ちも早すぎないくらいのトーンなのでかわいい色を保たせたいけど暗くしすぎたくない!という方にはぴったりなトーン設定かなと思います☆どんな方でも失敗がないような、挑戦しやすいヘアカラーでもあると思うので初めて髪を染める方にも、アッシュブラウンはオススメです♡ → dark ash ♡ こちらは、暗めのアッシュブラウン!やっぱり色落ちがきになる!はやく落ちるのは困る!でも、キレイなヘアカラーがいい!という方におすすめ♩室内では暗髪、屋外では透明感のある透け髪に見えるので明るすぎるのはいやだけど暗すぎるのも...という”欲張り女子”の願いも叶っちゃうヘアカラーです!♡ → pink ash ♡ こちらは柔らかい印象のピンクアッシュ。

♡ピンクとアッシュを混ぜることによってピンクのかわいさと、アッシュのくすみ感のいいとこ取りヘアカラーを作ることができちゃうんです!無敵すぎませんか、、欲張り女子にぴったり♡ですよね♩カラーしたいけど、今の気分はがっつり暖色でもないしがっつり寒色でもない、、そんな時にももってこい!のかわいいヘアカラーです♡ → blue ash ♡ 不思議なお色に見えるこちらのヘアカラーは、ブルーを多めに入れた、ブルーアッシュ。

光の当たり具合でいろんな見え方に変化するのが特徴です。

もっとがっつりブルーを入れたい!という方には、ブリーチがおすすめですが髪質によってはブリーチなしでもここまでできる場合があります☆赤みが強い方の場合は、ちょこっとマットを入れてもらうとよりアッシュ味の強い透明感を出すことができますよ♩ → ash brown ♡ ブラウンベースにちょこっとアッシュを混ぜた、こちらのアッシュブラウン。

ロングヘアーの暗めアッシュブラウンは、本当に髪がキレイに見えます♡♡でも、ロングになればなるほどケアはとっても大事。

いくらキレイに見えるヘアカラーにしても台無しになってしまいます。

ホームケア用品やドライ方法をいつもよりすこし意識するだけでも髪の毛は見違えるほど変わってきます!肌や身体とおなじで、髪の毛もなかなか結果が出ずらく、諦めてしまう方も多いですがキレイな髪の毛を手に入れるためにも、一緒にがんばりましょう!♡ → ash brown ♡ こちらのヘアカラーは、↑のアッシュブラウンからくすみ感を抜いたようなイメージのアッシュブラウンです。

お薬にくすみ感を入れず、ツヤたっぷりに調合してあげると本当に髪の毛がツヤッツヤになります、、♡ヘアカラーでツヤツヤになった後はアフターケアのホームケアも忘れずに♩ 新しいヘアカラーで一足先に春気分に♩ 今回は、ブリーチなしでできるアッシュヘアカラーを10スタイル紹介させていただきましたがお気に入りのスタイルは見つかりましたでしょうか?♡”アッシュ”とひとくくりにしても、様々なアッシュカラーがあります♩こちらの記事では、いくつか”アッシュブラウン”を載せていますがすべて違うようなヘアカラーに見えませんか??髪質、髪の状態、長さ、配合、明るさによっておなじ”アッシュブラウン”でも、全く違うヘアカラーができあがります。

おなじ配合で、別の髪質の方を染めても全くおなじヘアカラーになることはありません。

だからこそ、どんな雰囲気になりたいのかしっかり美容師さんとカウンセリングをして、”なりたい”を叶えましょう♡ブリーチなしでは叶えられない!と諦めずブリーチなしでも可愛くなれるアッシュを探してみてくださいね♩

キーワード

  • ヘアカラー
  • アッシュ
  • アッシュブラウン
  • 赤み
  • トーン
  • キレイ
  • ブリーチ
  • 透明感
  • 髪質
  • 髪の毛
  • 色落ち
  • 特徴
  • お薬
  • カラー
  • アッシュヘアカラー