ライフスタイル

夜中にLINE・メールを送るのは脈ありサイン?深夜に連絡する心理5選

2019年02月12日更新
夜中にLINE・メールを送るのは脈ありサイン?深夜に連絡する心理5選

夜中にLINE・メールを送るのは脈ありサイン? 夜中や深夜にLINE・メールを送る脈ありサイン:明日の心配は脈あり 夜中や深夜にLINE・メールを送る脈ありサインは、明日の心配をしてくれる場合です。

夜中や深夜にLINEやメールを送るということは、次の日に起きるのが辛くさせる可能性があるということです。

遅い時間帯に返信が返って来たら嬉しい反面、気になる人ならば心配にもなります。

もしもあなたと夜中や深夜までLINEやメールをしている人が、「明日大丈夫?」などを聞いてくる人がいるならば、その人はあなたのことを気になっている証拠かもしれません。

自分からアプローチしてみましょう。

夜中や深夜にLINE・メールを送る脈なしサイン:スタンプは脈なし 夜中や深夜にLINE・メールを送る脈なしサインは、スタンプで返してくることです。

あなたとLINEをしている時に向こうからスタンプが返ってきた場合は、面倒臭いと思っている可能性が高いです。

基本、好きな人や気になっている人に対して面倒臭いと思うことはありません。

ですから、もし深夜にLINEを送った時、向こうからスタンプしか返ってこなかった場合は脈なしと言ってほぼ間違いありません。

また、スタンプが返ってくるということは、そこで会話を終えたいという心理が働いている可能性があります。

そこでだらだらと続けると、面倒な人という印象を与えてしまうので、すんなりと会話をやめるようにしましょう。

夜中深夜にLINE・メールを送る脈ありなしどちらもとれる反応:おやすみ 夜中・深夜にLINE・メールを送る脈ありなしどちらもとれる反応は、おやすみの連絡です。

おやすみを気になる人に送る場合には、心配して送っています。

喜んでいいです。

しかし、気になっている人ではない人に送る場合には、早く連絡を終わらせたいという心理が働いています。

つまり、おやすみという連絡だけでは、脈ありか脈なしかは判断しにくいということになります。

以下の記事は、脈ありと確信していい雰囲気について書かれています。

そちらも是非参考にしてみてください。

夜中にLINE・メールを送る心理5選 夜中にLINE・メールを送る心理①もっと話していたい 夜中にLINE・メールを送る心理の1つ目は、もっと話していたいです。

人は、好きな人や気になる人とはずっと話していたいと思います。

そして、好きな人や気になる人と話していると時間があっという間に過ぎてしまい、気がついたら深夜になっていたりします。

つまり、あなたのことを好きでいるため自分でも気づかない内にいつの間にか夜中になっており、その夜中でも気が付かないでLINEやメールを送っている可能性があります。

しかし、夜中になったことにいずれは気づくはずです。

それでもLINEやメールが来ることがあります。

そのような場合には、あなたともっと話していたいと思っているのです。

夜中になっても深夜になっても話していたいと思ってくれています。

あなたもその人のことが気になる場合にはたくさんLINEやメールをしてみるとうまくいくかもしれません。

夜中にLINE・メールを送る心理②暇つぶし 夜中にLINE・メールを送る心理の2つ目は、暇つぶしです。

平日は早く寝る人が多く、夜中まで起きていると暇になってしまいます。

その時誰か暇つぶし相手になってくれる人を探してLINEを送る場合もあります。

この場合、脈ありか脈なしかと言えば、今のところは脈なしという判断をしましょう。

しかし、その暇つぶしに構ってあげることで今後恋愛に発展する可能性はあります。

もしも暇つぶしにLINEやメールを送られてきていても、その人が気になる人ならば続けてみるのもありかもしれません。

夜中にLINE・メールを送る心理③気を引くため 夜中にLINE・メールを送る心理の3つ目は、気を引くためです。

簡単に言えばあなたへのアピールです。

LINEやメールなどの連絡が来れば嫌でも気づきます。

それを気づかせるためにわざとLINEやメールを送っているという可能性があります。

その人のことが気になる人ならば、あなたもその人のLINEやメールに返事をしてあげることで二人の距離が縮まるでしょう。

以下の記事は、男性が女性の気を引くために行う行動などが書かれています。

そちらも参考にしてみましょう。

夜中にLINE・メールを送る心理④試す 夜中にLINE・メールを送る心理の4つ目は、試すです。

夜中にLINE・メールを送ってその人の反応を伺っているのです。

嬉しそうな反応をしているならば好意があるととり、嫌そうな反応ならば、好意がないととります。

反応を見て伺い、試しているということです。

夜中にLINE・メールが来ることは、基本的にはいいことではありません。

通知音で起きてしまうこともあります。

しかしこれを何回も繰り返しても怒らない場合は、ほぼ自分に気があるからだと判断するのです。

半分迷惑のような行為なのに怒られないということが、自分を好いていると判断させるのです。

夜中にLINE・メールを送る心理⑤友達だと思っている 夜中にLINE・メールを送る心理の5つ目は、友達だと思っているです。

前述したように、あなたの明日の心配をしてくれる人は、あなたに気がある可能性があります。

反対に、あなたの明日の心配をしてこないのに夜中にあなたにLINEを送って来る人は、あなたのことを友達だと思っていると言ってほぼ間違いありません。

もしもあなたかが気になる人がいて、その人から夜中にLINEやメールが来ていた場合で、ただ友達のような会話が続いている場合には、残念ながら望みは薄いかもしれません。

しかし、長く連絡を取り続けることで友達の関係から一歩進むことができる可能性はありますので、諦めないでください。

深夜の遅い時間帯のLINEは迷惑?夜中に受信した人の気持ち5選 深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ち①眠い 深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ちの1つ目は、眠いです。

純粋な素直な気持ちです。

ただひたすらに眠いのです。

一般的にほとんどの人が皆、眠いという気持ちになります。

夜中にLINEやメールを送るのは迷惑というよりも眠いから寝たいという気持ちが勝つようです。

深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ち②今送るのか 深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ちの2つ目は、今送るのかという気持ちです。

これは迷惑だからやめて欲しいという気持ちがこもっています。

例えば、「テスト範囲教えて」や「〇〇日空いてる?」などの内容は、何も夜中や深夜に送らなくてもいい内容です。

つまり、それは送られて来た人もそう思っているということになります。

わざわざ今聞かなくてもいいような内容ならば、夜中や深夜に送らないで、次の日に送るようにした方がいいです。

しかし、緊急な内容の場合には、夜中でも問題ないので、遅くにごめんね。

などの一言を添えましょう。

深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ち③正直迷惑 深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ちの3つ目は、正直迷惑です。

深夜の遅い時間帯にLINEやメールが来た場合にはそれの通知音で起きる可能性や、見てしまった場合に、どのタイミングで返せばいいのかわからなかったり、前述したような気持ちになることもあります。

つまり、正直言うと迷惑な行為なのです。

わざわざ深夜という遅い時間帯に送る必要性がない限り、時間をずらすのが世間一般の常識というものです。

特にLINEやメールは電話と違い、時間がある時に見てもらうことが多いです。

そんな内容のものを夜中に送るという行為は、よほど親しい仲でもない限り嫌がられます。

逆に言えば、深夜にLINEやメールを送り合える仲の場合には、よほど親しい仲ということが言えます。

深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ち④気にしない 深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ちの4つ目は、気にしないです。

多くの人がこのタイプの可能性があります。

気にしないか、迷惑に思うかのどちらかです。

しかし、そのほとんどの人が実はそこまで時間帯を気にしていません。

そもそも現代において時間は自由であり、深夜や夜中が必ずしも寝ている時間とは限りません。

夜勤のお仕事もあれば、学生であっても夜中に起きている人はたくさんいるのが現状です。

つまり、夜中や深夜にLINEやメールを送っても基本的には送られた相手も起きているので迷惑ではなく、なんら気にもとめないのです。

深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ち⑤嬉しい 深夜の遅い時間帯のLINEを夜中に受信した人の気持ちの5つ目は、嬉しいです。

気になる人から連絡が来た場合、夜中でも深夜でも昼間でも嬉しいものです。

時間帯には関係なく、気になる人からの連絡は嬉しいということです。

しかし、だからといって、お互い好意を持っている同士でも毎回夜遅くまで連絡を取るということはオススメできません。

いつの日か嫌がられる可能性があります。

基本的には、たまに夜遅くまで連絡を取るから嬉しいという気持ちになるということを忘れないようにしましょう。

夜中に届いたLINEの返信はいつするべき? 夜中に届いたLINEを返信する場合①基本的には気づいた時 夜中に届いたLINEを返信する場合の1つ目は、基本的には気づいた時です。

夜中にLINEが届こうが、深夜にメールが届こうが、それが昼間の時間だろうと、基本的には自分が気づいた時に返信をすれば問題ありません。

特に、LINEの場合には読んでしまうと「既読」というマークが出てしまいます。

メールならば内容を読んで後から返信という方法も出来ますが、LINEの場合は内容を読んでから後から返信という方法が出来ません。

既読を付けたまま返事を後回しにする行為は、いわゆる既読無視に値するからです。

よって、一番いい返信のタイミングは気づいた時、もしくは既読を付けた時ということになります。

そもそも夜中にLINEを送ってくるということは、基本的には夜中に返信をしても迷惑ではない。

ということになります。

なので、そこまで気にせず気づいた時に返事をしましょう。

夜中に届いたLINEを返信する場合②気になる人に合わせる 夜中に届いたLINEを返信する場合の2つ目は、気になる人に合わせるです。

夜中に気になる人からLINEやメールが来た時に返信するタイミングに困っている場合には、その気になる人の生活リズムに合わせるようにしましょう。

例えば、気になる人が朝早く起きるタイプの人ならば、夜遅い時間にLINEやメールを送るのは控えた方がよいでしょう。

逆にその気になる人が夜遅くまで起きているタイプならば深夜や夜中にLINEやメールを送っても問題ないということになります。

あなたが気になる人から嫌われたくないと考えているならば、連絡や返信をする時間帯は相手の生活リズムに合わせるのが無難でしょう。

しかし、前述したように、最近では連絡が来る時間帯にそこまで敏感な人は少ないです。

あまりにも気にしすぎない方がいいのかもしれません。

夜中に届いたLINEを返信する場合③遅くなった時は素直に謝る 夜中に届いたLINEを返信する場合の3つ目は、遅くなった時には素直に謝るです。

返信をするタイミングが遅くなってしまうことは誰にでもあります。

自分にとってはどうでもいい内容でも相手にとっては重要な内容の可能性もあります。

あまりにも遅くなった場合には、きちんと謝ることでいざこざを避けられます。

夜中にLINEやメールを送る心理を理解して意中の人の気持ちを確かめよう いかがでしたか?夜中や深夜にLINEやメールを送る人の心理について解説してきました。

今回の記事を参考にして、意中の人が夜中にLINEやメールを送ってきている心理についてしっかりと把握をし、その人がどういう心理で自分に深夜という時間帯に連絡をしてきているのかをチェックする必要があります。

その心理を読み違えると、自分だけ浮かれてしまったり、逆にせっかくのチャンスを逃すということにもなりかねます。

相手の行動だけでなくその心理をしっかりと読み解くようにして、自分の恋愛のチャンスを逃さないようにしましょう!

キーワード

  • LINE
  • 夜中
  • メール
  • 深夜
  • 心理
  • 時間帯
  • 返信
  • 連絡
  • 可能性
  • 受信
  • 反応
  • 心配
  • サイン
  • スタンプ
  • 迷惑