ライフスタイル

好きな人のLINEの終わらせ方(終わり方)10選!終わらせたいサインも

2019年02月16日更新
好きな人のLINEの終わらせ方(終わり方)10選!終わらせたいサインも

好きな人とのLINEの終わらせ方(終わり方)10選! LINEの終わらせ方・終わり方①:また明日ね!と翌日に繋がるようにする 「また明日ね!」と翌日もLINEを繋げたいという気持ちをアピールしましょう。

LINEを続けたいけど、今日はもう終わりにしたい時におすすめの終わらせ方・終わり方です。

「また明日ね」というフレーズがあれば、相手もLINEの終わりをスムーズに受け入れる事が出来ます。

そして、実際に翌日お互いの都合の良さそうな時間帯にLINEを送る事で、再びLINEをする事が出来ます。

それに加えて、またLINEしても良いという事を相手も理解しているため、好きな人の方からLINEをしてきてくれる可能性も上がります。

LINEの終わらせ方・終わり方②:「おやすみ」と寝る前の挨拶をする 「おやすみ」と寝る前の挨拶をして終える事で、好感度が増します。

挨拶は人間関係の基本となりますね。

実際に、おはよう!こんにちは!と挨拶してくれる人には誰しも好印象を持つものです。

それがLINEであっても同じなのですね。

特に「おやすみ」は、寝る前の挨拶であるため親しい人としか交わさない挨拶です。

「おやすみ」と伝える事で距離感がぐっと近くなります。

そして、今から寝るからLINEを終わらせたいという意思が伝わるため、相手が不安になる事もありません。

LINEの終わらせ方・終わり方③:またLINEしてもいい?と聞く LINEを続けたいという意思が伝わるように、「またLINEしてもいい?」と次回の約束をしましょう。

よほど嫌われていない限り、また自分とLINEをしたいと想ってくれていると感じると相手は嬉しくなります。

今より少し距離を縮めたい時のLINEの終わらせ方・終わり方となります。

LINEの終わらせ方・終わり方④:感謝の気持ちを伝える 「LINEしてくれてありがとう!楽しかった」などと、相手とLINEを出来て嬉しかった素直な気持ちを伝える終わらせ方・終わり方です。

突然、LINEを終わると相手もLINEがつまらなかったのかと気にする事もあるかもしれません。

楽しかったと気持ちを伝える事で相手からまたLINEをしてきてくれる事でしょう。

LINEの終わらせ方・終わり方⑤:相手を気遣う言葉を伝える 「明日早いよね!そろそろ寝なくて良い?」「休憩時間、大丈夫?」などと相手の都合を考える終わらせ方・終わり方です。

相手もあなたに好意がある場合や控えめな性格の相手だと、なかなかLINEの終わりを切り出せない事もあります。

その気遣いをしてあげる事で、一緒にいて落ち着く相手・無理をしなくても良い相手であると思ってもらえる可能性も上がります。

LINEに限らず気遣い上手は好印象ですね。

気遣いの言葉がイマイチ浮かばない人は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

LINEの終わらせ方・終わり方⑥:相手の気持ちに沿ったセリフを送る 相手の性格や状況に合わせた言葉をかけるLINEの終わらせ方・終わり方です。

相手が落ち込んでいた場合は、「ゆっくり休んでね」などと気遣う言葉をかけます。

逆に、相手が大切な課題を前にしており、やる気を出している時は、「頑張ってね!応援してる!」などと相手の背中を押すような言葉をかけます。

LINE越しであっても、相手のテンションや波長は伝わるものです。

相手に合わせたセリフで締めくくる事で、安心感を与える事が出来ます。

LINEの終わらせ方・終わり方⑦:スタンプを送る スタンプを送る終わらせ方・終わり方です。

スタンプが送られてくるとLINEは終わりという風に認識している人も多いようです。

ただし、脈絡のないスタンプを送ると相手が困惑するため、「おやすみ」「バイバイ」などの文字がついているスタンプを使うと良いでしょう。

LINEの終わらせ方・終わり方⑧:デートの約束をする 「今度ご飯に行こう」「またゆっくり話そう」などと、最後にデートの誘いをする終わらせ方・終わり方です。

話の最初や途中だと相手が断りづらい・断られると気まずいなどと不安がありますね。

最後に誘って、「またね」と終わる事で、相手とまだ話をしたいという意思も伝わりますし、向こうにも返事を返すまでの余裕があります。

進展に繋がりやすい終わらせ方・終わり方です。

LINEの終わらせ方・終わり方⑨:未読にしておく LINEを終わらせてしまうと、次にLINEを送るタイミングが分からないという場合は、あえて未読にしておくという終わらせ方・終わり方があります。

後で返そうと思っていても既読をつけてしまうと、無視をされたと感じる人もいます。

相手は、未読のままだとあなたがまだLINEを読んでいないだろうと認識します。

この終わらせ方・終わり方なら、後日、都合の良い時に返信をして再びLINEを続ける事が出来ます。

ただし、あまりに返信の日にちを開けすぎると印象が悪いため、気をつけましょう。

LINEの終わらせ方・終わり方⑩:相手に次回のLINEのお願いする あまりグイグイと押したくないけれど、相手との距離を縮めたいという時におすすめの終わらせ方・終わり方です。

相手に、「時間があったら、またLINEして」などとお願いをします。

時間があったらという事なので、相手も負担になりません。

相手のスケジュールに合わせやすいですし、どのくらいの頻度でLINEをくれるかという所で脈アリ・ナシの判断材料にもなります。

次のLINEが一週間以内に来る場合は、脈アリの可能性がぐっと上がります。

男性がLINEを終わらせたい時のサインは? LINEを終わらせたい時のサイン:「また連絡する」と言う 男性が「また連絡するね!」と言ってきた時は、LINEを終わらたいサインです。

「具体的にいつ?」などと、あまり踏み込んだ質問は避けましょう。

ごく稀に、相手からは連絡して欲しくない場合に「こちらから連絡する」という伝え方をする男性がいるからです。

そういった場合は、その後しばらく連絡がくる事がないか、そのまま連絡が来ないため、その後もLINEが頻度に来るようならあまり心配はありません。

LINEを終わらせたい時のサイン:「寝る」と言う 男性が「寝る」「おやすみ」と言ってきた時は、LINEを終わらせたいサインです。

寝るとなれば、そのままLINEを続ける事は出来ませんよね。

あなたとのLINEが楽しいか嫌かは別として、寝るというセリフが来た場合は、その日はもうLINEを終わらせたいと考えていると捉えましょう。

LINEを終わらせたい時のサイン:既読・未読のまま放置 既読・未読のまま放置されている場合は、LINEを終わらせたいサインです。

忙しくて返信が出来ていない場合もありますが、一週間以上、返信が無く放置されている・既読や未読のまま返信が遅い事が頻繁にある場合は、LINEを終わらせたいと考えていると捉えましょう。

特に既読スルーをされた場合は、相手のペースを気遣うために、しつこくLINE送ったり返信を要求しないように気をつけましょう。

既読スルーされてしまう理由や対処法は、以下の記事により詳しく書かれています。

合わせて参考にしてみて下さい。

女性がLINEを終わらせたい時のサインは? LINEを終わらせたい時のサイン:スタンプを使ってくる 女性がスタンプを多く使うようになったら、LINEを終わらせたいサインです。

女性は断る事を苦手とする人が多いため、ハッキリと分かりやすくLINEを終わらせたいと伝えてくる事は少ないでしょう。

ですが、基本的にコミュニケーション好きである女性が、スタンプの活用が増えるという事は、話題がなくなったというサインと捉えましょう。

LINEを終わらせたい時のサイン:LINEの返信が遅くなる 女性が、だんだんとLINEの返信が遅くなってきたらLINEを終わらせたいサインです。

女性は、自分からハッキリと意見を言う事を苦手とする人が多いですね。

そのため、LINEが返ってきていたとして短文なのに明らかに返信速度が遅い場合は、LINEを終わらせたいサインである可能性が高いです。

あなたに好意があっても、LINEの内容があまりにも返信しにくい内容だと、相手のLINEの返信頻度は落ちてしまいます。

なかなかLINEが続かず悩んでいるのならば、以下の記事も参考にしてみて下さい。

上司・先輩とのLINEの終わらせ方(終わり方)3選! LINEの終わらせ方・終わり方①:夜のLINEはお詫びを入れる 上司・先輩へのLINEの終わらせ方・終わり方は、時間帯によって変わります。

特に、急ぎの用事などで夜のLINEであった場合、必ず最後に「夜遅くに失礼致しました。

」と付け加えましょう。

LINEの終わりも分かりやすいです。

気遣いをする事で、上司・先輩を不快にさせる事を防ぐ事が出来ます。

LINEの終わらせ方・終わり方②:「何卒宜しくお願い致します」と伝える 上司・先輩へのLINEの終わらせ方・終わり方は、「何卒宜しくお願い致します。

」と締めくくりましょう。

要件のみなどの連絡は、終わりが分かりにくい事と普段お世話になっている上司や先輩に対しての気遣いが足りない印象を受けます。

上司・先輩に要件を引き受けてもらう事への気持ちを伝えて終わりましょう。

感謝を伝えたいと思っても、正しい敬語を使えているのか心配になりますね。

以下は、目上の人に対する正しい敬語に関する記事です。

合わせて参考にしてみて下さい。

LINEの終わらせ方・終わり方③:相手の状況に合わせる 上司・先輩へのLINEの終わらせ方・終わり方は、相手の状況に合わせましょう。

相手が忙しそうな場合・返信は不要だと言われた場合、ダラダラと長文で返信する事で、かえって不快にさせてしまう可能性があります。

了解の旨を伝えてLINEを終えましょう。

ただし、久しぶりの連絡である・つい最近とてもお世話になったなどの理由がある場合は、挨拶や感謝の言葉などを付け加えると良いでしょう。

以下は、「末筆ながら」と言って、最後の締めくくりに使われる敬語です。

例文を22選ご紹介しています。

送る内容に迷う人は、この中から参考にしてみて下さい。

LINEの終わらせ方・終わり方を意識して楽しくLINEをしよう! いかがでしたか?LINEは、気軽に出来るため、いざLINEを終わろうとした時に終わらせ方・終わり方に迷う事もあるでしょう。

LINEを終わらせたいサインも知っておく事で、すぐに気遣いが出来るようにもなります。

今回ご紹介した終わらせ方・終わり方を参考にしてLINEを楽しんで下さいね。

キーワード

  • LINE
  • サイン
  • 返信
  • スタンプ
  • 連絡
  • 先輩
  • 上司
  • 挨拶
  • おやすみ
  • 未読
  • 参考
  • 可能性
  • 既読
  • お願い
  • 以下