エンタメ

山下敦弘監督のせめぎ合い「こだわり」は武器であり、呪い

2019年02月21日更新
山下敦弘監督のせめぎ合い「こだわり」は武器であり、呪い
アート作品から工芸品、料理まで、ものを作る上で重要になってくる作り手の「こだわり」。北欧の「クラフトマンシップ×最先端技術」をテーマにした『Fika』では、さまざまな作り手の「クラフトマンシップ」、もの作りに対する「こだわり」の姿勢を明らかにしている。 今回、インタビューに応じてくれたのは映画監督の山下敦弘。『リンダ リンダ リンダ』や『もらとりあむタマ子』など、社会のはぐれものに対する温かなまなざしを持った作品を次々生み出し、2018年11月に公開された最新作『ハード・コア』も話題となっている山下監督は、どんな思いでもの作りに取り組んでいるのか? インタビューの中で、彼が「こだ...

キーワード

  • 監督
  • 映画
  • 山下監督
  • ハード・コア
  • なに
  • 演出
  • タマ
  • いま
  • 向井
  • 感情
  • 主人公
  • 物語
  • アメリカン・ニューシネマ
  • フェイクドキュメンタリー
  • 感動