恋愛

毎日仕事をしたくない人の心理6選!意欲がわかない時の対処法は?

2019年02月23日更新
毎日仕事をしたくない人の心理6選!意欲がわかない時の対処法は?

仕事をしたくない心理・原因6選! 仕事をしたくない心理・原因①人間関係 仕事をしたくない心理・原因の1つ目は人間関係のトラブルがあります。

仕事をしたくなくなる1番の原因に上がるのではないでしょうか。

多くの仕事は他者とのかかわりが大いに関係してきます。

意思疎通が上手くいかなければトラブルの種になります。

トラブルになった相手が会社にいるだけで憂鬱になり出社したくなくなります。

毎日職場にいることが辛くなってしまい日々のストレスになります。

信頼できる職場の上司や同僚など相談をして新しい解決策を見つけることが必要です。

仕事をしたくない心理・原因②給料が安い 仕事をしたくない心理・原因の2つ目は給料が安いと感じることです。

給料が納得のいくものではなかったら仕事への熱意が薄れる原因です。

仕事をどれだけ頑張っても対価として給料が上がらないとやる気がなくなります。

給料に対する不満がある場合は、収入を増やす方法を考えましょう。

まず考えられるのは、今の職場で必要とされる資格を取りキャリアアップを図ることです。

興味がある資格を取って思い切って転職するのも給料アップの方法です。

仕事をしたくない心理・原因③仕事のトラブル 仕事をしたくない心理・原因の3つ目は仕事のトラブルです。

大事な仕事なのに、書類の不備や発注ミをしてしまうと大変なことが起きてしまいます。

そういった仕事で起きたトラブルがあると逃げ出したい感情がわきます。

先に紹介した職場の人間関係のトラブルと同じですが、上司や先輩・同僚に相談し助言をもらうことでトラブルの終息にもつながります。

仕事をしたくない心理・原因④毎日の仕事内容 仕事をしたくない心理・原因4つ目は毎日の単調な仕事内容です。

会社に入った当初は新鮮に感じた仕事でも、毎日することが同じ仕事になると単調になってしまいます。

仕事に対する慣れ意識が仕事に対する意欲を失う原因です。

毎日の単調になってしまった仕事を抜け出すためにも、資格をとるなどしてキャリアアップを目指します。

給料アップにもつながり、新しい仕事にも幅を広げられます。

仕事をしたくない心理・原因⑤労働時間が長い 仕事をしたくない心理・原因の5つ目は労働時間が長いことです。

残業や休日出勤が当たり前のようになっている場合もあります。

毎日終電でまで仕事をすることは心身ともに疲労してしまいます。

また職場環境によっては、給料カットや残業や休日手当てが出ない会社もあります。

労働時間と給料内容が見合っていないと体力に限界を感じ仕事をしたくない原因になります。

仕事をしたくない心理・原因⑥労働する意欲がわかない 仕事をしたくない心理・原因の6つ目は労働意欲がわかないことです。

労働意欲がわかない事はそもそも働きたくないと思う心理です。

仕事をしなくても生きていけるなら仕事をしたいとは思わないでしょう。

休日の翌日など、仕事をしたくない人は憂鬱な気持ちでいっぱいです。

「好きなことだけして暮らして生きたい」は半数の人は一度は思ったことがあるでしょう。

仕事をしたくないけど働く人の心理は? 仕事をしたくないけど働く人の心理①休めない環境 仕事をしたくないけど働く人の心理1つ目は休めない環境が原因です。

人手がいなくて周りが働いているのに自分だけ休むことができないと感じているのでしょう。

また会社の雰囲気で休むと言い出しにくい場合もあります。

休みたくても休めない状況では、身も心も疲れ果ててしまいます。

仕事の状況にもよりますが、無理をしすぎるとかえって体調を崩してしまうことがあります。

仕事をしたくないけど働く人の心理②責任感を感じる 仕事をしたくないけど働く人の心理2つ目は責任感を感じて休むことができません。

自分しか把握できない仕事などを任されていると休みを取りにくくなってしまいます。

先に紹介した「休めない環境」の原因にもなります。

責任を持って仕事することは大切です。

しかし無理をして仕事をする前に、職場で他の人でもカバーできるよう把握する、または人材の育成をするように提案するのもいいでしょう。

仕事をしたくないけど働く人の心理③向いている仕事がわからない 仕事をしたくないけど働く人の心理3つ目は向いている仕事がわからない状況です。

なんとなく仕事をしていたり、違和感を持ったまま仕事を続けています。

どこかで違和感を感じているならば「やりたい仕事」かを考える必要があります。

仕事をしていくなかで「やりたい仕事」を見つけ出したならば、思い切って行動に移すのもいいでしょう。

まだ見つけていない場合も「興味がある」ことから初めてみるのはいかがでしょか。

仕事をしたくない心理|意欲がわかない時の対処法は? 仕事をしたくない心理|意欲がわかない時の対処法①休暇を取る 仕事をしたくない心理・意欲がわかない時の対処法1つ目は思い切って休暇を取ることです。

今ある仕事から離れることで旅先でリフレッシュした後、新しい気持ちで仕事に打ち込めます。

旅行をすることで新しく見えてくるものもあるでしょう。

今ある仕事に疑問を持っているならば、仕事に対する考えを整理するきっかけにもなります。

仕事をしたくない心理|意欲がわかない時の対処法②大声をだす 仕事をしたくない心理・意欲がわかない時の対処法2つ目は大声をだすことです。

すぐに仕事を休めないときなどにいいストレス解消法です。

カラオケで歌うのもよし、マイクを使って叫ぶのも気分転換になります。

忙しすぎて休暇をとりにくい場合にできるストレス発散方法です。

同僚や友人とカラオケに行って発散をするのもいいですね。

最近は一人でカラオケできるカラオケ店も増えています。

自由に好きなように歌いたい人には一人カラオケがおすすめです。

一人カラオケができる店を紹介した記事があるのでご覧ください。

仕事をしたくない心理|意欲がわかない時の対処法③運動をする 仕事をしたくない心理・意欲がわかない時の対処法3つ目はできる範囲で運動をすることです。

簡単にできるウォーキングや軽めのジョギングなどを行います。

運動をすることで自律神経のバランスを整える「セロトニン」が分泌します。

「セロトニン」が不足するとイライラしたり精神が安定をしません。

太陽の光を浴び軽く運動をすることでよりよい睡眠が得られます。

精神のバランスが保たれるようになると仕事をする意欲も出てくるでしょう。

運動する時間が持てない場合は通勤するときに1駅余分に歩くなどして少しでも体を動かし運動時間を確保しましょう。

仕事をしたくない心理|意欲がわかない時の対処法④新しいことにチャレンジ 仕事をしたくない心理・意欲がわかない時の対処法4つ目は新しいことにチャレンジです。

新しいこととは今まで興味があったことや、取りたい資格試験に挑戦することです。

資格を取って給料アップを狙えます。

また今より条件の良い職場への転職のきっかけにもなります。

ブログを開設や、投資などの金融商品の勉強をしてみるのもよいでしょう。

仕事以外での収入があれば気分的にも余裕があった生活ができます。

仕事をしたくない気持ちがあるなら興味を持っていることを今すぐ始めましょう。

仕事をしたくない・働きたくない人におすすめの仕事は? 仕事・働きたくない人におすすめの仕事①作業好きに向いている内職 仕事をしたくない・働きたくない人におすすめの仕事1つ目は地道な作業好きに向いている軽作業の内職仕事をすることです。

「シール貼り」「箱詰め」などの仕事です。

家ででき、淡々と一人で作業ができるので自分のペースで仕事を進められます。

副業から始めるにはおすすめの仕事です。

手先が器用であったり、単調作業が苦にならない人がおすすめです。

軽作業は単価が安いですが、数をこなせるようになると安定した収入に繋がります。

こつこつと無心になってできる仕事です。

仕事・働きたくない人におすすめの仕事②クラウドソーシング 仕事をしたくない・働きたくない人におすすめの仕事2つ目はクラウドソーシングで仕事をすることです。

インターネット上で仕事の受注。

発注業務の仲介を行うことです。

クラウドソーシングを利用して仕事をする人のことをクラウドワーカーと呼びます。

多くの仕事の中から選択して仕事ができ、自分にあった仕事を探せます。

仲介が入ることで金銭的にも分かりやすい仕組みになっています。

仲介手数料が高いことがデメリットですが、在宅で仕事ができメールやチャットワークでのやり取りになるので人間関係に振り回されずに働けます。

労働時間も自分で調整できます。

構成やwebライターなどや、テープ起こしなど幅広く仕事があります。

ちょっとしたアンケートの募集もあるのでコツをつかめば高収入を見込めます。

PCを使った作業や文章を書くことが得意な人に向いているおすすめの仕事です。

仕事をしたくない・働きたくない人におすすめの仕事③ハンドメイド 仕事をしたくない・働きたくない人におすすめの仕事3つ目はハンドメイドの販売です。

モノを手作りすることが好きな人に向いているおすすめの仕事です。

作成したものをネット上で販売をして収入を得ます。

趣味で作成したものが販売して必要としている人が購入してくれます。

販売方法はホームページを開設、フリマアプリで販売する方法があります。

フリマアプリはホームページの作成の手間が省けるので便利です。

労働としては手数料や商品発送の手間がかかりますが、趣味で作ったものを販売でき高収入を得る可能性もあります。

小さな小物やアクセサリーや大きなものは家具なども売られています。

DIYで作ったものが売れるとやりがいにもなります。

購入者とのやり取りがありますが趣味を生かせる仕事です。

モノ作りが好きな人は始めてみるのもいいでしょう。

フリマアプリで有名なメルカリのルールや初心者の対処法を書いた記事があります。

ぜひ参考にしてくださいね。

仕事をしたくない・働きたくない人におすすめの仕事④フリマアプリで販売 仕事をしたくない・働きたくない人におすすめの仕事4つ目はフリマアプリで販売することです。

基本的に不用品販売を目的としているので職業にするのは難しいでしょう。

長期的に稼ぐのは難しいですが、「次の仕事が見つかるまで一時的に」という目的ならばと考えている人に向いている方法です。

家にある不用品を売ることで「断捨離」にもなり部屋がすっきりとします。

家の中がモノであふれかえっていると気持ちもすっきりしない人に向いていることでしょう。

着なくなった洋服などの断捨離を始めてみましょう。

関連で服を断捨離するコツを書いた記事がありますので参考にしてください。

仕事をしたくない心理から抜け出そう! 仕事をしたくない心理や、働きたくない意欲がわかない時の対処法を紹介しました。

人間関係や給料、今ある仕事の待遇から仕事をしたくないと思う心理が出てきます。

しっかりと自分の内面に向き合って何に対して不満があるのかを探すのも必要です。

自分で見つけた解消法や気分転換をして不満を残さないことが仕事にも取り組めることでしょう。

心のバランスを崩さないように周りや、自分の心と相談し無理をせずできることから初めて行きましょう。

キーワード

  • 仕事
  • 心理
  • 意欲
  • 対処法
  • トラブル
  • 給料
  • 職場
  • 運動
  • 人間関係
  • フリマアプリ
  • 販売
  • 資格
  • 労働時間
  • 紹介
  • 興味