韓国

実は歌もダンスも経験ゼロ⁉︎BTSメンバーの意外な過去と唯一の願いとは?

2019年02月23日更新
実は歌もダンスも経験ゼロ⁉︎BTSメンバーの意外な過去と唯一の願いとは?

@ibighit_official) みなさん、こんにちは! 字幕なしで韓国ドラマを見ることが夢。

韓国語を勉強中のamikoです。

今やワールドスターとなったBTS。

7人の息がピッタリ合った激しいダンスが有名ですよね? でも、そんなBTSですが実はデビュー前には ダンスも歌も経験がなかったメンバーがいるのを ご存知でしょうか?すごく意外ですよね? 今回は意外なメンバーの過去と 彼の唯一の願いを見ていきたいと思います。

ダンス経験ゼロのメンバー、実は3人も!? @ibighit_official) BTSといえば完璧な舞台、息があったダンス! デビュー前から全てが完璧だったはず!! と思われている方が多いと思います。

でもダンス経験ゼロだったメンバーが…実は3人いるんです! それは誰かというとジン、シュガ、RMです! この3人は実際にも「ダンスが苦手」と言っています。

@ibighit_official) シュガ @ibighit_official) RM シュガとRMはデビュー前から 既にラッパーとして有名だったそうです。

そのため、この3人の中で歌とダンス両方経験ゼロ!なのは ジンただ一人ということになります。

意外ですよね!? @ibighit_official) ジン そんなジンはBTSの中では最年長。

おっとりした面もありますが、 まるで末っ子のようにやんちゃで明るく メンバーを支える印象が強いです。

そのため、苦労している姿をあまり見せたことがありません。

しかし実際はどうなのか? 彼が作曲に参加したソロ曲『awake』の歌詞に 本当の想いが込められているのでは? とファンの間で話題になった内容をご紹介します! まわりに見せない苦労があった?ソロ曲に見るジンの本当の姿とは? @ibighit_official) ジン BTSのアルバム、『wings』の中にはメンバー全員のソロ曲があります。

それぞれが作詞作曲に関わり、各自の内面を反映させた曲だそうです。

その中でもジンのソロ曲『awake』の歌詞を早速見ていきましょう。

(一部を抜粋します) “信じているんじゃない。

耐えているんだ。

僕ができることは、これしかないから。

このままでいたい。

もっと夢を見ていたい。

” “全身傷だらけだ But it’s my fate It’s my fate それでも足掻きたいんだ Maybe I, I can’t never fly そこの花びらみたいに 羽が生えたみたいにはできないんだ Maybe I, I can’t touch the sky それでも手を伸ばしたい 走ってみたい 少しでも” @ibighit_official) この歌詞を見るとまるでこう言っているように感じます。

「信じてるのではない。

傷だらけになるまで頑張って耐えてるんだ。

僕には他のメンバーみたいに高く空を飛べるような才能はないかもしれない。

それでも追いつけるように足掻きたい」と。

いつも明るいジンが実は自分の才能には 限界を感じているかもしれないことが垣間見えます。

その限界への気づきこそが『awake』の題名の理由かもしれませんね。

続く歌詞にはメンバーへの想いも @ibighit_official) ジン そして、歌詞はこんな風に続きます。

“この暗闇の中をただ歩いて、また歩いている 幸せだった時間たちが僕に尋ねた おまえは、おまえは本当に大丈夫なのかと 僕は答えた。

いいや、僕はとても怖い。

だけど6つの花を手にギュッと握って 僕は、僕はただ歩いているだけだと” 今でこそワールドスターのBTSですが、世界で人気が出はじめたのは この曲が収録されたアルバムが出る前後のことでした。

そのため、グループの最年長として 将来への不安や先が見えない暗闇の中で「このままでいいのか?」 という思いがあったのかもしれません。

しかし、ここに出てくる「幸せ」とは恐らく彼が 「BTS」として「7人」で歩んで経験したことや 「BTS」でいることそのもののように思えます。

そして、「6つの花」をギュッと握っていたい。

弟たち(メンバー)を僕が守るという強い想いが見えてきます。

いつ終わりがくるかもしれない。

でも「今」この時が大切であり守り続けたいということだと思います。

@ibighit_official) 左からV、ジン 普段は明るく振る舞うジンですが、最年長として背負っているものや 弟たちをいかに大切に思っていて、 「BTS」でいることが幸せであるということが 伝わってくる曲にみえませんか? ジンの高音で美しい歌声とクラシックの厳かな雰囲気が 切なさと苦しさを感じさせる『awake』。

一度聞いてみるとよりジンの想いが伝わると思います!! 出典:youtube BTS (방탄소년단) WINGS Short Film #7 AWAKE 「7人の」BTSを誰よりも願うジン @ibighit_official) ジミンからのプレゼントのパーカーを着るジン ジンのソロ曲にも「7人」でいることへの強い想いが垣間見えますが、 実際に彼の言動からも見ることができます。

@ibighit_official) ジョングク 15歳でデビューした末っ子ジョングク。

幼くして実家のある釜山を離れたため 寂しさと閉鎖された環境に耐えられず デビュー前に辞めたいと決意したことがあったとか。

その際に彼を引き止め、 ソウルから近い自身の実家に「自分の家族だと思って」 と紹介し一緒に食事に連れて行ったのはジンだったそうです。

@ibighit_official) 左からジミン、ジン 他のメンバーも “誰よりも7人でいることを願っているのはジンさん。

ありがたい” と話していたそうです。

@ibighit_official) ジン グラミー賞の直後のVLIVEでも “このメンバーでここに来れたことが嬉しいしありがとうと言いたい” と言っていたジン。

彼の唯一の夢や願いは輝かしい賞の受賞よりも この「7人」のBTSがずっと続くことかもしれませんね。

メンバーはジンをどう思っている? @ibighit_official) 左からRM、ジン RMはアルバム『wings』の ビハインドストーリーで『awake』に触れ、 “デビュー前、僕はジンさんのことが一番理解できなかった。

いつも余裕があって、頑張ってないように見えた。

僕とはあまりに違うから ジンさんと話しているうちに僕自身も変わったと思う。

” とし、さらに “この曲(awake)の作業時にすごく努力してるのを見た。

実は裏で相当努力している。

頑張ってないわけじゃないんです。

この曲はジンさんらしい曲だし ジンさんの実力を証明するきかっけになるのでは?” と話しました。

@ibighit_official) 左からジミン、ジン、J-HOPE ジミンはVliveでジンについて以下のように言っていました。

“いつも明るく振舞ってくれていることに感謝している。

簡単なことじゃない” また、別の際にはこのようにも話しています。

“幸せについて一番考えているのはジンさん。

幸せならそれでいいと思っている。

初めはそういうのが理解できなくて衝突もしたけど、 今思えばジンさんがいつも正しかった。

” @ibighit_official) 左からジョングク、ジン ジョングクは “デビュー当初いつも自分のことばかり 考えていたけどメンバーからいろんなことを学んだ” と言っています。

最近では “ファンの皆さんが幸せであればそれでいいです” と発言することが増えていますが、 これもジンの影響かもしれないですね。

@ibighit_official) ジン もともと暗い雰囲気が苦手だと言っていたジンですが、過去には ”暗いところがない人なんいない。

僕にもそういうところはある。

” という発言も。

メンバーには見えないところで 血のにじむような努力をしながら表向きは 明るいお兄さんとして接していたのかもしれないですね。

それが伝わり、メンバーの心にも変化をもたらした ジンの存在は大きいのではないでしょうか。

普段はあまり見せない彼の想いを想像すると 熱いものがこみあげてきますね。

「7人」のBTSが永遠でありますように @ibighit_official) さてファンの間で話題になった ジンの意外な過去から唯一の願いまでを見てきました。

いかがだったでしょうか? 彼はもしかしたら密かに劣等感や焦りを感じていたのかもしれませんが、 その裏には相当の努力があったと思います。

それは彼のステージ上でのパフォーマンスを見れば伝わること。

だからこそメンバーやファンからも愛されているんですよね⁉︎ BTSにとってなくてはならない存在のジン。

そんな彼の願い「7人のBTSがずっと続くこと」はファンの願いでもあります。

彼らがずっと一緒にいられるようこれからも応援していきたいと思います! ありがとうございました。

キーワード

  • ジン
  • メンバー
  • BTS
  • デビュー
  • ダンス
  • awake
  • 幸せ
  • ファン
  • 歌詞
  • ソロ曲
  • 意外
  • ジミン
  • RM
  • 唯一
  • 過去