ライフスタイル

高速音読でコミュ障が治る?効果ややり方・おすすめの本3選も

2019年02月27日更新
高速音読でコミュ障が治る?効果ややり方・おすすめの本3選も

高速音読って何? 高速音読とは|朗読や音読の一種 高速音読とは、本の読み方の朗読の一種です。

本の読み方は大きく2種類に分けることができます。

声を出さずに読む「黙読」と声に出して読む「朗読」や「音読」です。

その中で細かく分けると10種類以上にもなります。

高速音読は声に出して読む「朗読」や「音読」の一種となります。

他には、始めから終わりまで読み通す「通読」やじっくり読み込む「熟読」、斜めに読む「斜め読み」、文字を一字ずつたどって読む「拾い読み」などがあります。

小さな子供ができる読み方や、練習してできるようになる読み方など様々です。

自分に合った読み方を見つけると、本を読むのがより楽しくなります。

高速音読とは|黙読よりも脳の活性化が期待できる読み方 高速音読とは、黙読よりも脳の活性化が期待できる読み方です。

黙読の場合、本の文章や内容を視覚を通して頭に送り込みますが、音読は資格と聴覚を通して頭に届けることができます。

そのため、黙読よりも脳が活発に動き、活性化が期待できます。

目と口を早く動かしたり、耳から入る音が早ければ早い程、脳がその早さに追いつこうとして活発に回転します。

そのため高速音読は脳の様々な部分に刺激を与え、活性化するといわれています。

大人だけでなく子供にもおすすめの本の読み方です。

高速音読の身体的な効果・メリット3選 高速音読の身体的な効果・メリット①頭の回転が早くなる 高速音読の身体的な効果やメリット1つ目は、頭の回転が早くなるということです。

高速音読は、目からの情報と耳からの情報を組み合わせて脳で理解することになります。

そのため、本を高速音読している間だけでなく読み終わった後も脳が活発に動いています。

頭の回転が早い人の特徴に、理解力や記憶力が良いといったことが挙げられますが、高速音読で本を読むことで理解力や記憶力を高めることができるといわれています。

そのため、高速音読を行えば頭の回転が早くなることに繋がるでしょう。

高速音読の身体的な効果・メリット②コミュニケーション能力が上がる 高速音読の身体的な効果やメリット2つ目は、コミュニケーション能力が上がるということです。

コミュニケーション能力とは対話する相手と上手く会話ができたり、相手の気持ちを読み取る力のことを指します。

高速音読では、頭で考える暇がない程早く文字を読んでいるため、脳に瞬発力がつきます。

高速音読で身につく脳の瞬発力とは、とっさの出来事に対応できる力のことですので、予測できない相手の発言などに対しても素早く対応することができるようになります。

高速音読を行うことでコミュニケーション能力が高くなり、どんな人とも上手く付き合っていくことができるようになることがメリットでしょう。

高速音読の身体的な効果・メリット③記憶力が高くなる 高速音読の身体的な効果やメリット3つ目は、記憶力が高くなるということです。

視覚と聴覚から同時に脳へ刺激を与えることで、記憶する力が増すといわれています。

脳の一部を使うよりも全体的に使う方が、色々な能力を上げることができます。

高速音読は、受験勉強などにも良いとされています。

これは、短時間で理解する能力が上がり、更なる勉強時間を生み出すことができるからです。

視覚と聴覚から一気に頭に叩き込むことで、理解しなくては追いつけないと脳を騙しているともいわれています。

そのため高速音読をするだけで、記憶力が高くなるのです。

高速音読のメンタル的な効果・メリット3選 高速音読のメンタル的な効果・メリット①自分に自信が持てる 高速音読のメンタル的な効果やメリット1つ目は、自分に自信が持てるということです。

本をたくさん読んでいる人は知識も豊富で、視野も広く持っています。

そのため高速音読を取り入れることで、どんな場面でも萎縮することなく自分を持っていられるという効果やメリットを得ることができます。

自分に自信がある人は、人にも気を配ることができます。

自分だけでなく相手の気持ちもわかるようになるので、性格も穏やかで優しくなれる効果も期待できます。

心に余裕もできるので、自信を持って色々なことに取り組むことができるようになるという効果とメリットがあります。

高速音読のメンタル的な効果・メリット②社交的になれる 高速音読のメンタル的な効果やメリット2つ目は、社交的になるということです。

本を読むというこは知識が増えるということであり、今まで知らなかった言葉や物事を知る効果があります。

高速音読はこの効果をより効率良く取り入れることができるので、大きなメリットといえるでしょう。

頭の中に取り入れた言葉や知識の多さは、様々な人と会話をする場合にも役に立ちます。

どんな話題にも乗れる知識があれば、付き合う人の幅も広がり社交的な性格になれるでしょう。

高速音読で色々なことを知り、社交的になれるという効果やメリットを生み出します。

高速音読のメンタル的な効果・メリット③ポジティブ思考になる 高速音読のメンタル的な効果やメリット3つ目は、ポジティブ思考になるということです。

高速音読には頭の回転を良くしてくれる効果があるため、困難な状況に遭遇した場合でも解決方法をすぐに見つけることができます。

何事もポジティブに考えることができるので、嫌なことから目を背けずにチャレンジできるようになる効果やメリットもあります。

ポジティブ思考は自分に自信を持つことや、社交的になれることへも繋がります。

高速音読のやり方は? 高速音読のやり方①好きな本から始める 高速音読のやり方1つ目は、好きな本から始めます。

高速音読は始めようと思ってすぐにできるものではありません。

高速音読のやり方はまず、早く読むのに慣れることから始めなくてはならないため、好きな本や何度も読んだことのある本から始めましょう。

初めての高速音読のやり方は、あまり文字数の多くない本をいつも通り普通に朗読します。

読み終わったら連続で同じ本を少し早口で朗読します。

途中で読み間違えたり詰まってしまった場合は、一度休憩しましょう。

このやり方を繰り返し行うことで高速音読に慣れていきます。

高速音読のやり方②知らない本にチャレンジする 高速音読のやり方2ステップ目は、知らない本にチャレンジしましょう。

好きな本や何度も読んだ本を上手く高速音読できるようになったら、次は読んだことのない本にチャレンジしましょう。

読んだことのない本は先の文章を予測ができないめ、高速音読が難しくなります。

早く高速音読ができるようになるやり方として、読もうとしている文章の少し先に目をやりながら読み進めていきます。

このやり方を習得できれば、すぐに高速音読ができるようになります。

読み間違えたり詰まってしまわないように滑舌にも気をつけましょう。

高速音読のやり方③最大速で読む 高速音読のやり方3ステップ目は、最大速で読みましょう。

高速音読の最大速度は人それぞれで、早さを求め続ければキリがないといえます。

高速音読の最大速度とは、滑舌良く読み間違えたりつまらずに読むことができる速度です。

この最大速度で本がスラスラと読めるようになった時には、高速音読による様々な効果やメリットを実感できるようになっているでしょう。

早く読めば読むほど脳の活性化に繋がります。

限界は決めずに毎日速度を上げる努力をしましょう。

高速音読による効果は人それぞれですが、速度を上げることでより効果が増します。

高速音読でコミュ障が治ると言われている理由は? 高速音読でコミュ障が治る理由①自分の気持ちが整理できる 高速音読でコミュ障が治る理由1つ目は、自分の気持ちが整理できるということです。

コミュ障とは、簡単にいうと会話が上手くできないことを指します。

コミュ障は、会話する相手に上手く合わせることができなかったり、話が上手く噛み合わなかったりするなどの特徴があります。

しかし高速音読をすることで得られる効果やメリットで、コミュ障から抜け出すことができます。

コミュ障は知識や言葉の少なさや、会話の予測ができないことで起きます。

高速音読には知識を豊富にしたり頭の回転を早くする効果があるため、コミュ障を治すのに最適といわれています。

相手の考えいることを予測できるようになったり、自分の伝えたいことが整理できるので、相手の気持ちなどを理解しながら話すことができるようになります。

高速音読を続けることでどんどん頭の回転が良くなり、人と上手く意思疎通ができるようになることがコミュ障が治る理由です。

高速音読でコミュ障が治る理由②焦ることがなくなる 高速音読でコミュ障が治る理由2つ目は、焦ることがなくなるということです。

コミュ障といわれる人の特徴に、会話をいきなり振られたりすると焦ってパニックに陥ってしまうことが挙げられます。

しかし、高速音読の効果によりこの症状を治すことができるといわれています。

高速音読は知識を豊富にする効果があります。

このことは自分に自信が持てることにも繋がるため、会話で焦ったりパニックになることもなくなります。

知識の豊富さや自信は、気持ちを落ち着ける効果もありますので、高速音読をすることはコミュ障が治る理由といえるでしょう。

高速音読でコミュ障が治る理由③伝えることが上手くなる 高速音読でコミュ障が治る理由3つ目は、伝えることが上手くなるということです。

コミュ障の人は相手の話を聞くことはできます。

しかしその話に入っていったり、自分の意見をいうことはできません。

ですが高速音読で得られる効果により、相手の会話に入り自分の思っていることを伝えられるようになります。

高速音読では記憶力が高まるため、色々なジャンルの話をするこもができるようになります。

また、その場の雰囲気や相手の気持ちを理解することもでき、会話中に適切な言葉選んで話せるようになります。

自分の気持ちも自分の言葉で上手く伝えられるようになるので、自信も得られます。

高速音読には様々な効果やメリットがあり、続けることでより能力を高めることができます。

コミュ障の人は元々人見知りだったり、自分に自信がなく人見知りになってしまったという人もいます。

人見知りを治す方法を紹介している記事もありますので、こちらも合わせて読んでみてください。

高速音読する本の選び方は? 【初級編】高速音読する本の選び方①興味のあるジャンルの漫画本 初級編の高速音読する本の選び方1つ目は、興味のあるジャンルの漫画本です。

高速音読を始める場合、続けているうちに飽きてしまうことが多いので、まずは興味のあるジャンルの漫画本から始めましょう。

漫画本なら文字数も多くないですし、セリフが多いので楽しみながら高速音読に取り組むことができます。

高速音読の初めは慣れることが重要ですので、漫画のセリフに感情を入れて声優気分で読むのもおすすめです。

読書が苦手な人も漫画から入ることで読書が楽しくなり、高速音読や他のジャンルの本にも興味が湧いてきます。

その頃になれば高速音読にも慣れ、どんな本でも楽しく読めるようになっているでしょう。

【中級編】高速音読する本の選び方②起承転結がはっきりしている小説本 中級編の高速音読する本の選び方2つ目は、起承転結がはっきりしている小説本です。

漫画本を高速音読できるようになったら、文字だけの小説本にチャレンジしましょう。

小説は字が細かく小さいものが多いので、集中力が高まります。

起承転結がはっきりとしているので、楽しみながら読み進めることができます。

小説は他のジャンルの本とは違うステキな表現方法や難しい言葉を知ることができます。

ですので、高速音読で得られる効果をより高めてくれるメリットがあります。

小説の場合、先を予測するような推理小説や、ドキドキしながら読み進めるホラー小説がおすすめです。

脳に刺激が加わるので、より高速音読の効果が期待できます。

【上級編】高速音読する本の選び方③理解するのが難しい参考書 上級編の高速音読する本の選び方3つ目は、理解するのが難しい参考書です。

参考書は1ページ目から続けて読み進めるような本ではないので、他の本よりも理解することが難しい本です。

そのため高速音読にのみ集中することができます。

慣れてくると参考書の内容が勝手に頭に入ってくるようになります。

学びたいことや勉強で使う参考書など興味のあるものを選びましょう。

高速音読は紙の本で行うのが一般的ですが、嵩張ることのない電子書籍で行う人も増えています。

おすすめの小説サイトを紹介している記事がありますので、気になる人は覗いてみてください。

高速音読におすすめの本3選 高速音読におすすめの本①100万回生きたねこ Amazonで詳細を見る 高速音読におすすめの本1つ目は、佐野洋子の「100万回生きたねこ」です。

読んだことがなくてもこの本のタイトルを聞いたことがある人も多いでしょう。

生きることや死ぬこと、愛するということが描かれており、絵も可愛らしいので高速音読初心者におすすめの本です。

高速音読におすすめの本②そして誰もいなくなった Amazonで詳細を見る 高速音読におすすめの本2つ目は、アガサクリスティーの「そして誰もいなくなった」です。

孤島に10人が集めら、次々に殺人が起こるミステリー小説です。

ミステリーが初めての人でも読み進めやすいのでおすすめです。

高速音読におすすめの本③葉桜の季節に君を想うということ Amazonで詳細を見る 高速音読におすすめの本3つ目は、歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」です。

巧妙なトリックや、最後に訪れるどんでん返しにドキドキするようなミステリー小説です。

読み始めたら最後まで止められないような構成になっているので、高速音読におすすめです。

高速音読をする場合の注意点は? 高速音読をする場合の注意点①声の音量に気をつけて行う 高速音読をする場合の注意点1つ目は、声の音量に気をつけて行うということです。

高速音読は集中して行うため、気づかないうちに声の音量が大きくなってしまうことがあります。

自宅ではあまり気にすることはありませんが、隣近所に迷惑がかからない程度の音量で行うように注意しましょう。

高速音読をする場合の注意点②毎日行う 高速音読をする場合の注意点2つ目は、毎日行うということです。

どんなことでも続けることで効果や成果を出すことができ、そこから自分にとってメリットとなるものが生まれます。

高速音読も毎日行うことで上達が早くなり、得られる効果やメリットも増えます。

少しの時間でも構わないので続けることを心がけましょう。

高速音読のやり方を理解してコミュニケーション能力を高めよう! 高速音読には様々なプラスになる効果が期待できます。

読書好きな人も高速音読にすることで、新しい発見ができるでしょう。

コミュ障の人はもちろん、自分に自信のない人も高速音読のやり方を理解してコミュニケーション能力を高めてください。

キーワード

  • 高速音読
  • 音読
  • コミュ
  • 高速
  • やり方
  • 理解
  • 小説
  • 理由
  • 会話
  • 能力
  • 知識
  • メンタル