美容

メイクが下手な方の特徴?濃く見えるメイクを薄く!上手なメイク方法

2019年02月28日更新
メイクが下手な方の特徴?濃く見えるメイクを薄く!上手なメイク方法

もしかしてメイクが下手? なんでメイクが下手に見えるの? 私ってメイクが下手?ふとそう思ったことがありませんか?キレイに見せようとメイクをしているのに、気になる部分を隠すために厚化粧に見えてしまったり、アイメイクが濃くみえてしまったり。

メイクが下手に見えてしまう方には特徴があります。

特徴を知ることでメイクを改善することができます。

また、実際は濃くしっかりメイクをしていても薄く見せる上手なメイク方法もあるんです。

メイクが下手を卒業!メイク上手と言われるベース、ポイントメイクのコツをご紹介します。

ぜひ、毎日のメイクに取り入れてみて下さい。

メイクが下手な方の特徴 やり過ぎ!作りすぎ! 今では様々なメイクのアイテムが揃っています。

まつ毛エクステなどもその代表ですが、実はエクステはあまり男性ウケもよくありません。

もちろんナチュラルな地毛のようなエクステなら別ですが、明らかにつけまつ毛とわかるようなまつ毛はよい印象を与えず、メイクが下手という印象を与えてしまうようです。

他にもアイシャドウが濃く塗られていたり、チークが濃くなっていたり、アイラインが太すぎたり、やり過ぎメイクはいくらキレイにメイクされていてもメイクが下手という印象を与えてしまいます。

しっかりメイクをしていても、作り過ぎずナチュラルに見えるメイクの方はメイク上手という印象を与えます。

顔と首などの肌色のバランスが悪い 街でもよく見かけることがありますが、顔だけ白く浮いているように見えてしまうとメイクが下手だという印象を与えてしまいます。

ファンデーションなどを塗り、顔と首やデコルテラインなどの肌の色が合っていないためそう見えてしまいます。

顔がいくら白くてキレイでも浮いていてはメイクが下手に見えてしまうのです。

老け顔に見せている 普段何気なくベースメイクをしているという方も多いと思いますが、ファンデーションなどを顔全体にまんべんなく塗っていたりしませんか?ファンデーションを顔全体に塗ってしまうとお面のような顔に仕上がります。

これもメイクが下手という印象を与えてしまう原因になります。

また、ファンデーションを全体に厚く塗ってしまうとほうれい線やシワなどに入り込み老け顔に見えてしまいます。

ファンデーションの塗り方一つで見た目が大きく変わります。

間違ったファンデーションの塗り方で、自分で老け顔を作ってしまっているのです。

メイクが下手という方はファンデーションは薄くを心がけましょう。

フルメイクをしている メイクは、ベース、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、リップを塗ると基本のフルメイクです。

しかし、全ての人にフルコースが合うというわけではありません。

人それぞれチャームポイントは違いますので、それぞれのチャームポイントを活かすメイクをしましょう。

また、目元を濃くメイクしたら、リップは薄くする、マスカラは上をしっかり塗ったら下は塗らないなど、どこか濃くしたら他の部分は薄くするなど、パーツごとに主張するメイク方法を取り入れるとメイク上手に見えます。

左右のバランスが悪い 人の顔は元々左右対象ではありません。

しかし、メイクが下手な方はメイクをすることで、さらに左右のバランスを崩し違和感のある顔を作り出していることがあります。

1番多く見かけるのが、眉毛のバランスの悪さです。

眉毛の長さ、太さ、高さが違いバランスの悪い顔に見えてしまいます。

眉毛に限ったことではなく、バランスの悪さはリップ、チーク、アイラインなどでも左右のバランスはとても大切です。

メイクをする時には左右のバランスを意識し、鏡でこまめに顔全体のバランスを確認しながらメイクをしていきましょう。

メイク上手な方は、眉毛テンプレートなどのお助けアイテムを使っている方もいます。

メイクが下手になる原因 メイク道具が汚れている メイクをキレイに仕上げるにはメイク道具をいつも清潔な状態に保つというのは基本中の基本です。

メイク道具が汚れていると、メイクが濃くなりすぎる原因にもなりますし、思った通りに発色しないということもあります。

メイク道具を清潔な物に変えるだけでメイクの仕上がりが全然ちがいます。

メイク道具が汚れていると、雑菌なども繁殖しやすいため肌荒れの原因にもなってしまいます。

チップやパフなどは中性洗剤で洗い、乾燥させましょう。

また、付属しているチップやパフは粉をよく含み濃くなりすぎてしまうことがあります。

そういった時は、チップやパフを変えたりブラシなどを使うと良いでしょう。

明るいところでメイクしていない 暗いところでメイクをしていると、ファンデーションやアイシャドウなど、どれだけ付いているのかがわかりにくく、厚化粧になりがちです。

また、明るくても左右で光にムラがあると左右で付ける量が違ってしまうため、注意が必要です。

先ほどメイクが下手な方の特徴でもご紹介したように、厚化粧はほうれい線やシワにファンデーションが入り込み老け顔に見せたり、ヨレやテカリの原因にもなります。

また、アイシャドウが思っている通りに発色しているかわからないと濃く塗りすぎてしまいます。

色味によっては、アイシャドウが目の周りを引き締めて見せるため、目が小さく見えてしまうこともあります。

メイクをする時にはできるだけ均等に光が当たる明るい所でメイクをしましょう。

晴れた日には窓際でメイクするのがおすすめです。

ナチュラルメイクをする時にはぴったりの光の加減です。

鏡が小さい 鏡はどの位の大きさの物を、どの位の位置にして使っていますか?鏡が小さかったり、鏡の位置が近いと顔の一部しか見えず、顔全体を確認することを忘れがちです。

顔全体がどのように仕上がっているかわからないまま外出し、外で見たら残念なメイクになっていたということもあります。

また、メイクを正面からばかり見ていると左右上下から見た仕上がりがわからないということもあります。

眉の長さが左右で違う、ファンデーションにムラがあるなどの失敗に繋がってしまうこともあります。

メイクをしている時は鏡に近づきがちですが、こまめに顔全体を確認しながらメイクすることも大切です。

1箇所メイクをしたら鏡を離して、顔全体を確認すると今まで気が付かなかったような自己流メイクが見えてくることもあります。

メイクが下手?濃く見えるメイクって? 寒色系のアイシャドウ メイクによって、本来人の顔にはありえない色味を加えることで違和感が生まれます。

その違和感はメイクが濃いという印象を与えます。

青など寒色系のアイシャドウは血色系とは違い、どんなに薄くメイクしたとしても、目の形を変えるなどのメイク方法ではなくてもメイクが濃いと思われがちです。

スモーキーな囲みアイ グレーやブラックなどの色味で囲んだメイクも当然濃く見えます。

スモーキーな囲みアイは、元々大きな魅力的な目をしている人であっても、メイクを落としたら目が小さいのでは?という錯覚も与えてしまいます。

さらに、きりっとした強い印象を与えるのできついという印象を与えてしまうこともあります。

太い黒のアイライナー 特に黒の太いアイラインは目元を強調することもでき、目力が増すので魅力的なアイテムですよね。

毎日のメイクで欠かせないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、黒の太いアイラインはすべてのメイクを濃く見せます。

どんなにアイシャドウを肌なじみの良いナチュラルな色味にしたとしても、黒のアイラインの主張が強いためメイクが濃く見えてしまうのです。

メイクを薄く見せるには、アイラインを細く引く、部分的に引くなどの工夫が必要です。

赤リップ 赤のリップは以前からも人気がありますが、最近では血色メイクなども流行っていますので、毎日のメイクに取り入れているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、赤は色味が強く普段の唇の色ではありえない色味になりますのでメイクが濃く見える原因となります。

濃く見えるメイクを薄く!上手なメイク方法 ベースメイク:肌のトーンに合う色を ベースメイク、重ねすぎれば厚化粧になるのは当然ですよね。

しかし、ちゃんと肌のトーンにぴったりと合う物を選ぶとそれほど厚塗りに見えないのです。

そして、ファンデーションを塗る時には顔全体に塗るのではなく、おでこから鼻筋、頬骨、顎に乗せたファンデーションを全体的に引き延ばすようにつけていきましょう。

最近では透明感のあるメイクというのが主流になっているため、肌のトーンよりもワントーン明るい色味を選ぶという方も多いですが、首やデコルテラインとあまりにも色味が違うと顔が白く浮いてしまいます。

自分の肌のトーンに合うファンデーションを選ぶことで重ね塗りしても濃くならず、気になる部分もカバーできます。

アイメイク:アイブロウはパウダーで 眉毛を描くのが苦手という方も多いのではないでしょうか。

眉毛がうまくいかないという方はパウダーアイブロウがおすすめです。

パウダーアイブロウで軽く眉毛をなぞるだけで、ふんわりとした自然な眉毛になります。

パウダーである程度眉毛を描いた後で薄い部分や足りない部分をペンシルなどで足しましょう。

また、眉毛の長さや太さなど左右のバランスが悪いとメイクが下手という印象を与えてしまいます。

そのため、眉毛を描く時にはテンプレートなどのアイテムを使って描くのもおすすめです。

この時にも濃くなりすぎないようパウダーアイブロウをメインで使い、足りない部分にペンシルを使いましょう。

アイメイク:茶色のペンシルライナーを賢く使う 特に二重の幅が広い方などはアイラインやアイシャドウが目立ち過ぎてしまうこともあります。

でも、アイラインを引かないと目元が引き締まらないですよね。

そんな時におすすめなのが茶色のペンシルアイライナーと締め色のアイシャドウです。

茶色のペンシルならしっかりとラインを引いてもナチュラルな仕上がりになります。

リキッドアイライナーの方がラインを引きやすいので、どうしても黒のリキッドライナーを使いたいという場合には、目の際だけにまつ毛を埋めるように細く入れるようにしましょう。

もしくは、目尻だけなど部分的に引くようにしましょう。

これなら目力は出ますが、メイクが濃く見えることはありません。

アイメイク:アイシャドウは肌なじみの良い色で アイシャドウは肌なじみの良い色を選ぶようにしましょう。

無難なベージュやブラウンなどがおすすめです。

ベージュは肌色に近いため肌なじみが良いのはもちろん、ブラウン系のアイシャドウは不思議とメイクが濃いという印象を与えず、目元に自然な立体感を与えます。

もちろんアイシャドウに他のカラーを使いたいという方もいると思います。

他のカラーを使う場合には、自分の目や顔、髪の毛の色に似合う色を見つけて使うようにしましょう。

目が腫れぼったい印象になってしまう色味もありますので、色々試してみて下さい。

リップメイク:ベージュピンクで清楚に 先ほど赤リップはメイクが濃く見えてしまうということをご紹介しましたが、あえて赤リップを使った血色メイクもありますので赤を使ってはいけないというわけではありません。

ただ、ナチュラルなメイクに仕上げるには、本来の唇の色に近い色味を選ぶのがおすすめです。

本来の唇の色に多少の血色感や光沢感をプラスすることでナチュラル感のあるメイクに仕上がります。

ベージュなどが似合わないという場合には、サーモンピンクなどの自然な血色を思わせる優し気な色を選ぶようにしましょう。

まとめ いかがでしたか?メイクが下手に見えてしまうのはショックですよね。

メイクが下手に見えてしまう方には共通した特徴があります。

まずは、その特徴を知っておくことも大切です。

メイクが下手と言われる原因を知り、メイク方法を改善しましょう。

メイクが下手になってしまう原因はメイクの方法だけではありません。

どんな所でどんなメイク道具を使っているかもメイクが下手に見える原因となります。

メイク道具は清潔に、明るい所で大きな鏡を使いメイクするよう注意しましょう。

濃く見えそうなメイクも、メイク上手な方の手にかかれば薄くナチュラルなメイクに見えます。

それは、ナチュラルメイクに見えるポイントを抑えたメイクで、しっかりメイクをしているからです。

ただ、単にフルメイクをするのではなく、ポイントやコツを抑えてメイクしましょう。

ぜひ参考にして下さいね!

キーワード

  • メイク
  • ファンデーション
  • アイシャドウ
  • バランス
  • アイライン
  • 眉毛
  • 色味
  • 左右
  • ナチュラル
  • 顔全体
  • 上手
  • 道具
  • 特徴