ライフスタイル

ぬいぐるみ・大きい人形の洗濯・洗い方|洗濯機や手洗いは?干し方・洗剤も

2019年03月11日更新
ぬいぐるみ・大きい人形の洗濯・洗い方|洗濯機や手洗いは?干し方・洗剤も

一般的なぬいぐるみの洗濯・クリーニングの頻度は? 1ヶ月~3ヶ月に一回程度が目安 ぬいぐるみは布でできていることがほとんどで、さらに内側はダニが大好きな綿でできています。

適度な湿度と温度のある環境に置いてあることが多いので、ホコリやフケなどを吸着して内部にダニやホコリを溜め込み、アレルギーの原因となることも多いでしょう。

特に乳幼児が使う機会も多い玩具なので、適度な頻度で洗濯をして清潔にしておくことは大切なことです。

ダニやホコリを定期的に除去することで、乳幼児のアレルギーの頻度を減らす効果が期待できます。

乳幼児が使うものは頻度を多めに 乳幼児が多く使うぬいぐるみは特にこまめに洗濯をした方が安心です。

大人よりも肌が敏感なので、不衛生なぬいぐるみに触れることでアレルギーなどの疾患につながる可能性があります。

大人が使うぬいぐるみよりも、高い頻度で洗濯をするようにしましょう。

頻繁になめたり口に入れたり、床をすべらしたりするため、乳幼児が使うぬいぐるみはホコリや雑菌、ダニなどで汚れやすいです。

1ヶ月に1度は洗濯するようにしたほうが安心でしょう。

乳幼児が口に入れる場合は、口に入れても安心な重曹などを使うのがおすすめです。

ぬいぐるみや人形を洗えない場合は除菌スプレーなどで 忙しい、洗濯に向かない素材、といった理由でぬいぐるみを洗えない場合は、天然由来で口に入れても安全な除菌スプレーを使ってぬいぐるみを掃除するのもひとつの方法です。

除菌スプレーは大人用のものを使うと、子供が口に入れたときに安全でない可能性もあるので、子供用に作られた製品を選ぶと安心です。

また、下記の記事はトートバックの洗濯方法について書かれた記事です。

トートバックの洗濯方法についても詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

ぬいぐるみの洗濯方法・洗い方|洗う前の準備・注意点は? ぬいぐるみや人形が洗える種類の素材かを確認 ぬいぐるみが水洗いできるかどうかは、ぬいぐるみの素材にもよります。

アンティークのものや革製品、色落ちするタイプの布、中綿が通常の綿ではなく紙などが使われている場合などは水洗いに向きません。

また内部に電気回路が入っていたり、電池を使うようなぬいぐるみも向きません。

汚れが目立ったり気になったりした場合は、外側の布の部分をしめらせたタオルなどで拭いて汚れをふき取ってあげましょう。

大きすぎるぬいぐるみはクリーニング専門店へ 両手いっぱいに抱えるほどの大きさのぬいぐるみがありますが、あの大きさのぬいぐるみも水洗いには向きません。

浴槽でじゃぶじゃぶと洗う洗い方もできなくはありませんが、なかなか乾かないのでかえって不衛生になる可能性があります。

どうしてもぬいぐるみを綺麗にしたい場合は、ぬいぐるみもクリーニングしてくれるクリーニング専門業者に依頼するのが一番安心です。

料金はかかりますが、あまりにも汚れやホコリが気になる場合は依頼した方が安心です。

乳幼児の口に入る人形やぬいぐるみは安全に ぬいぐるみや人形の汚れがなかなか落ちない場合は、化合物が多く配合された洗剤を使って洗いたくなりますが、乳幼児の口に入るようなぬいぐるみの場合は避けた方が安心です。

しっかりすすぎを行うことが前提ですが、万が一洗い残しといったこともあります。

乳幼児のような敏感な肌にも刺激が少ないタイプの洗濯洗剤や洗濯せっけんを使う洗い方にしましょう。

また洗濯洗剤を使いすぎても洗い残しの危険があります。

ぬいぐるみの大きさにもよりますが、大量に使うより少量ずつ使っていった方が洗剤が残りにくいです。

ぬいぐるみや人形を洗う前にブラシをかける ぬいぐるみや人形を水洗いで洗濯する前に、人形やぬいぐるみの毛の部分をブラッシングして大きなゴミを取り除いておくと洗濯がスムーズです。

水洗いは細かいホコリやダニなどを取り除くのが主な目的なので、毛の細かいブラシなどを使ってあらかじめブラッシングしておきましょう。

洗剤は洗濯用洗剤を適量使用する 洗濯用の洗剤やせっけんはぬいぐるみや人形を洗う場合はそれほどたくさん必要ありません。

大きさにもよりますが、洗剤のふたにほんのちょっと、2~3ミリ程度の量で十分でしょう。

あまり多くの洗剤を使うと、すすぎ残しが発生して肌あれの原因になる可能性もあります。

使う選択用洗剤は多すぎるよりも、少ない方が良い洗い方でしょう。

汚れは落ちにくいかもしれませんが、肌が荒れないほうを優先した方が安心です。

ぬいぐるみが乳幼児の口に入るなら柔軟剤は使わない ぬいぐるみや人形を水洗いするときに、柔軟剤を使うと仕上がりがふんわりとなめらかになるのでおすすめですが、乳幼児が使うぬいぐるみの場合は洗い残しが出てしまう可能性があるので使わないほうが無難です。

ふんわりとさせたいのであれば、乾かす工程の最後の仕上げで10分くらいドライヤーをかけるか、軽く乾燥機にかける洗い方をすると、ぬいぐるみがふんわりと仕上がります。

ただし温度に敏感な素材の場合は陰干しがおすすめです。

ぬいぐるみを洗うときに用意するもの ぬいぐるみの洗濯に必要なモノ 洗濯洗剤 柔軟剤 ぬいぐるみが入るバケツ ぬるま湯 タオル 洗濯ネット 洗濯ばさみ 必要ならゴム手袋 ぬいぐるみや人形は基本手洗いでの洗い方が基本です。

手洗いのときに洗濯用洗剤を素手で触ると荒れてしまう人もいるので、ゴム手袋をはめて洗うといいでしょう。

また、下記の記事は水着の洗濯方法や洗い方について書かれた記事です。

水着の洗濯方法や洗い方についても詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

ぬいぐるみの洗濯方法・洗い方・汚れ落としの手順 シミになっているところは先に落とす ぬいぐるみや人形がひどく汚れている箇所がある場合は、先に洗剤をしみ込ませてシミ抜きしてから洗ったほうが全体的に綺麗に仕上がります。

シミは何で汚れたかにもよりますが、たいていの汚れは重曹かセスキで落ちます。

重曹かセスキのスプレーをふきかけて数秒待ち、別の布でトントンとたたくようにシミを布に移していくとシミを薄くすることができます。

ぬいぐるみの素材が丈夫なら布の上から掃除機でシミを吸い出すように吸っても効果があります。

ぬいぐるみの洗い方は手洗いが最適 ぬいぐるみは綿で形を成型していることもあり、洗濯機のように激しく動かすと綿が偏ってしまったり布が破れてしまったりといったことがあります。

洗濯機の普通コースは使わないで、やさしく手で洗うのが一番おすすめの方法です。

また、洗い方もぬいぐるみの様子を見ながらゆっくりとやりましょう。

ぬいぐるみはわりとデリケートにできています。

強くもみ洗いしてしまうと、綿が敗れたり、目などのアクセサリーが取れてしまったりする可能性があるので注意しましょう。

手での洗い方が大変なら洗濯機のドライコースで ぬいぐるみは手洗いが基本ですが、どうしても手洗いしているような時間がない場合は、洗濯機のドライコースで洗うという方法もあります。

その場合は洗剤もドライ用のものを少量使用してください。

またぬいぐるみが洗濯層で傷つかないように、タオルでくるみさらに洗濯ネットに入れてください。

洗濯層の壁に沿うようにぬいぐるみを入れて、ドライコースにかけます。

ぬいぐるみに洗剤が残らないようすすぎをしっかり ぬいぐるみは綿がたくさん入っているので、洗剤が残りやすいでしょう。

洗剤が中に残ってしまわないように、すすぎは入念に行ってください。

洗剤を洗い残してしまうと、肌への刺激になる可能性があります。

肌が敏感な人の場合、かぶれやかゆみがなどが出てしまう可能性もあるので気をつけましょう。

また乳幼児が口に入れると、洗剤も口に入ってしまうことになるので、すすぎはしっかりとやさしく行ってください。

脱水はぬいぐるみをタオルに包んで洗濯機でも 水洗い後にあまり強く絞ってしまっても、ぬいぐるみの形を崩したり傷つけたりしてしまう可能性があります。

ある程度やさしく押して水を切ったら、残りは洗濯機の脱水機能で脱水を行うのがおすすめです。

やり方は洗い終わったぬいぐるみをタオルで包んで、さらに洗濯ネットに入れます。

洗濯層に沿うようにぬいぐるみを配置して、脱水機能を短時間だけつかいます。

目安としては10分程度です。

干し方は風通しの良いところで陰干し ぬいぐるみの脱水が終わったら、風通しの良い日陰で陰干しをします。

形が崩れないように干し方を工夫して、陰干しを行ってください。

針金ハンガーを二つ使ってハンモックのようにして干すと形が崩れにくいでしょう。

ぬいぐるみは中に綿があるのでなかなか乾きません。

天気の良い日に朝から干しておく方がいいでしょう。

1日では乾かなかったら夜は一旦室内に取り込み、翌日もう一度陰干ししてください。

重曹での洗い方はつけおきがおすすめ 口に入るぬいぐるみを洗濯用の洗剤で洗うのは抵抗があるといった場合は、重曹で洗うのもお勧めです。

その場合は水に重曹を適量溶かして、ぬいぐるみを10分程度つけおきしておきます。

つけおきが完了したら、あとは洗濯洗剤で洗う手順と一緒です。

水ですすぎをして、脱水をし、陰干しをしてください。

重曹は洗濯洗剤よりも残りにくいですが、洗い残すとザラザラと白い粉がつくのですすぎもしっかりするようにしましょう。

ぬいぐるみの洗濯におすすめな洗剤は? 乳幼児の肌にやさしいタイプがおすすめ ぬいぐるみは肌に触れる機会が多い玩具です。

肌が敏感な人や乳幼児の場合は、より洗濯用の洗剤に気を使う必要があります。

ぬいぐるみの洗濯に使う洗剤は乳幼児の衣類を洗濯する用の洗剤がおすすめです。

また、合成化合物や添加物などが多く含まれる洗剤よりも、添加物がなるべく少ないもののほうが肌にやさしいことが多いでしょう。

人によって合う合わないは違うので、いくつか洗剤を使ってみて合いそうなものを選ぶようにしてください。

【P&G】さらさ Amazonで詳細を見る P&Gから発売されている肌にやさしいタイプの洗濯用洗剤です。

洗い残しやすい蛍光増白剤、漂白剤、着色料などが無添加となっています。

赤ちゃんの肌着はもちろん、敏感肌で洗剤の成分にすぐに反応してしまうような人にもおすすめの洗濯洗剤です。

ぬいぐるみの手洗い用にもおすすめの洗剤です。

キャップに少量たらして手で押し洗いすると、ぬいぐるみに染み付いた汚れを落とすことができるでしょう。

【シャボンダマ】スノールベビー Amazonで詳細を見る 無添加の商品にこだわってきたシャボンダマ石けんから提供されている、赤ちゃんの衣類用の洗濯石鹸です。

蛍光増白剤、香料、着色料など敏感肌の人が反応しやすいといわれる成分が配合されていないので、肌がまだ薄い赤ちゃんにも安心の洗濯洗剤です。

洗濯機で使えるほか、手洗いでも使いやすい石けんとなっています。

肌にやさしい成分でできているので、ゴム手袋なしでも肌荒れしにくいでしょう。

【太陽油脂】パックスベビー洗濯せっけん Amazonで詳細を見る 肌が敏感な赤ちゃんのためにさまざまな商品を提供している太陽油脂の洗濯せっけんです。

ミルク汚れや食べ残しなど、乳幼児が多くつけやすい汚れを落とすのに便利な石けんとなっています。

乳幼児が口にくわえて汚してしまったぬいぐるみの汚れも落としやすいせっけんで、肌にやさしいので敏感肌の人でも素手で手洗いができるでしょう。

【サラヤ】アラウベビー洗濯用せっけん Amazonで詳細を見る 植物素材からできており、合成界面活性剤、香料、着色料、保存料などが無添加の洗濯用せっけんです。

肌に優しいので手洗いにも使えます。

水に溶けやすいのですすぎも素早くできます。

ちょっとしたシミや汚れをささっと洗うときにも便利なので、乳幼児がいるご家庭は一本持っていると便利な洗濯用せっけんです。

ぬいぐるみの手洗いにももちろん使えます。

【ミヨシ】無添加ベビーの肌着洗いせっけん Amazonで詳細を見る 香料、着色料、防腐剤不使用など、肌への刺激となる添加物が極力排除されている洗濯用せっけんです。

赤ちゃんのミルク汚れや食べこぼしなども落としやすい配合となっています。

無添加なので素手での手洗いにも向いており、赤ちゃんが口にくわえてしまうようなぬいぐるみを洗うときにも安心です。

液体なのですすぎ残しが残りにくいのもうれしいところでしょう。

【ピジョン】赤ちゃんの洗濯洗剤ピュア Amazonで詳細を見る 赤ちゃん用の肌ケア商品などを多く販売提供しているピジョンが販売している洗濯洗剤です。

無着色、無香料、無漂白剤など肌への刺激になる添加物を極力使っていません。

液体ですすぎ残しが少なく、肌への刺激も少ないので手洗いにも向いています。

ミルク汚れや食べ残しなど赤ちゃんがつけやすい汚れもよく落ちる洗剤です。

【サラヤ】ハッピーエレファント Amazonで詳細を見る ヤシノミ洗剤を提供しているサラヤが販売している天然由来成分100%の肌にやさしい洗濯用洗剤です。

肌にもやさしいですが、環境にも配慮されている商品となっています。

石けんが苦手な人はこちらの洗剤がおすすめです。

【サラヤ】ヤシノミ洗濯用洗剤 Amazonで詳細を見る サラヤが提供しているヤシノミ洗剤の洗濯用のものです。

ヤシノミ由来の洗浄成分で汚れを落とすので、環境にもやさしい洗濯用洗剤です。

液体ですすぎがしやすく石けんが苦手な人にもおすすめな洗剤となっています。

人の肌に刺激になる添加物が無添加なので、肌が敏感な人や乳幼児にも影響が少ない洗濯用洗剤です。

また柔軟剤を使わなくてもふんわりするようなので、ふわふわに仕上げたい方に向いています。

【NSファーファ】ベビーファーファ洗濯用複合石けん Amazonで詳細を見る ファーファの販売している赤ちゃん用の洗濯用複合石けんです。

肌に刺激を与えるとされている添加物が無配合なので、肌が弱い人や赤ちゃんの触る衣類にも安心して使うことができます。

複合石けんで純粋な石けんよりも洗浄力があります。

汚れをしっかり落としたいけど石けんで洗濯したいという方はこちらの商品がおすすめです。

【東邦】ウタマロ洗濯石けん Amazonで詳細を見る 東邦から販売されているウタマロ石けんです。

衣類やぬいぐるみのほか、靴を洗うときにも重宝します。

ぬいぐるみを全体的に水洗いする前に、この石けんで汚れのひどいところを予洗いしておくと、綺麗に落ちることが多いでしょう。

ぬいぐるみの洗濯が終わった後の干し方|乾燥機はOK?NG? 洗濯が終わったら陰干しが基本 ぬいぐるみに使われている素材は繊細なものも少なくありません。

強い直射日光に当たると変色したり、生地が傷んでしまう可能性もあるので、陰干しをした方が安心です。

また陰干しのほうがぬいぐるみをふわふわな感触に乾かすことができます。

ぬいぐるみを乾かすときは、風通しの良い日陰がベストです。

またなるべく形が崩れないように、洗濯ネットでハンモックのようなものを作ってあげるといいでしょう。

仕上げだけなら洗濯機の乾燥機もOK 繊細なぬいぐるみの乾燥に洗濯機の乾燥機機能をはじめから使うのはNGです。

ただしだいたい日陰で乾かしてから、仕上げの10分程度乾燥機で乾かすだけなら大丈夫でしょう。

乾燥機を使う場合も、タオルにくるんで洗濯ネットに入れましょう。

洗濯乾燥機の乾燥機機能を使うことで、仕上がりがふわふわになります。

もちろん素材によって乾燥機を使えないものもあるので注意してください。

ぬいぐるみの洗濯・洗い方の失敗例とその対策は? 洗い方が悪いと中綿が偏って失敗 ぬいぐるみを洗濯機で洗うと、強い遠心力などで中の綿が変な方向に移動して失敗してしまいます。

洗濯機での洗濯が終わった後かわいかったぬいぐるみの面影がないと、残念な気分になるのでやめておきましょう。

また中綿を元通りに戻すのはなかなか至難の業です。

ぬいぐるみが元のかわいい形のままいられるように、ぬいぐるみの水洗いは手洗いがベストでしょう。

洗濯をしてはいけない素材だった ぬいぐるみが作られている素材によっては、水洗いしてはいけないものもあります。

革製品やシルク、アンティークの人形などは水洗いができません。

自宅で洗濯できないぬいぐるみや人形を綺麗にしたい場合は、専門の業者に依頼するといいでしょう。

色落ちしてしまった ぬいぐるみの素材によっては水洗いすると色落ちしてしまうものもあります。

色が落ちると本来の色よりもボンヤリしてしまうこともあり、注意が必要です。

また、ほかのぬいぐるみや人形と一緒に洗っていた場合、色移りもしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

色落ちするかどうかを試すには、水と洗剤につけた綿棒でぬいぐるみの目立たない部分をこすってみるといいでしょう。

色がついてきたら色落ちする可能性が高いです。

洗濯機で洗ってしまい縫製が破れてしまった ぬいぐるみは立体的に作られているので、縫製が複雑です。

縫製が強いところも弱いところもあるうえ、普段のダメージで壊れやすくなっている場所もあります。

洗濯機で強い力が加わることで破損してしまうこともあるので注意が必要です。

ぬいぐるみの洗濯は手洗いが基本 ぬいぐるみは立体的に作られているうえ、縫製が複雑なので洗濯機で洗うのは不向きです。

目や鼻などのアクセサリーが取れてしまうこともあるので、ぬいぐるみは手洗いで洗う方が安心です。

また洗濯する前に洗濯できる素材かどうかを確認しておくようにしましょう。

また、下記の記事はトイレマットの洗濯方法や洗い方について書かれた記事です。

トイレマットの洗濯方法や洗い方についても詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

キーワード

  • ぬいぐるみ
  • 洗濯
  • 洗剤
  • 乳幼児
  • 洗い方
  • 手洗い
  • 洗濯機
  • 人形
  • 赤ちゃん
  • 水洗い
  • 可能性
  • 素材
  • 石けん
  • せっけん